スポンサーリンク

ちょい飲み手帖で「ロイエット」(神戸・北野坂)

IMG_9979
今回のちょい飲み手帖活動はタイ料理。「ロイエット」って店名は、タイの地名にちなんだものなんでしょうかね。以前はアユタヤという有名な地名が店名だったそうで。
 

IMG_9984
平日の13時前の入店時で店内は僕だけ、程なくして男性一人客が入ってきました。お店はシェフ・フロア係とも女性でお2人とも恐らくタイの方。店内には国王の写真が貼ってあったりタイのテレビ番組?が流れていたりと、全体的にすごく現地っぽいムードが一杯です。(一度だけですがバンコクに行ったことがあります)
 

IMG_9982 2

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

ランチメニューはこちらの6種。クイッティアオ・クア・ガイ以外は、日本でもわりとメジャーな料理ですよね。ガパオライスとかも最近ちょくちょく耳にしますし。
 

IMG_9993-2
で、こっちはおすすめメニューなんだけど、もうこの時点で名前聞いただけでは全くなんだかわからないw これ以外にもメニューが色々あって、全部で16ページくらいありましたかねえ。タイ料理って辛いイメージがあるんだけど、このおすすめメニューを見る限りでは唐辛子マークがあんまりついてなくて日本向けなんでしょうか(辛さは調整可能だそうです)。
 

IMG_9994
こちらでのちょい飲み手帖セット1000円のパート1。この日は休肝日だったので、ドリンクはチャ・イエンというタイ風ミルクティーにしてみました。底にコンデンスミルクがたまってるのは予想どおりで、料理の辛さに備えたつもり。料理はまず右の揚げ春巻きで、まあこれはとくにどうってことなし。ビールだったらもっと良かっただろうなあ。

IMG_0001
で、左側は春雨スープのはずなんだけど、何故だか春雨が入ってないw まあなんかそういうのもいいかって感じだったので、特にお店にもいいませんでした。鶏ベースのスープに大根・薄揚げ・ネギ・セロリが入ってて、割りとナンプラーが効いていました。
 

IMG_0004
続いてちょい飲み手帖セットパート2はパッタイ。具は海老・ニラ・玉子で、砕いたピーナッツ・干し海老と生のもやし載せ。さぞや辛いだろうと思っていたら大して辛くはなく、ちょっと拍子抜け。これはこれでおいしかったんだけど、辛くしてってリクエストしておけば良かったかなあと思いました。
ところがこのエントリを書くのに調べてみたら、パッタイは辛くないんだとか。

辛さが苦手な人も大丈夫!辛くないタイ料理ベスト8|エクスペディア
辛さが苦手な人も大丈夫!辛くないタイ料理ベスト8の記事です。エクスペディアでは、旅のヒントになる旅行情報を発信中です。

上記以外でも辛くない料理と書いてあるのばかりで、僕の持っていたイメージとは違っていました。タイ料理の経験値が低い僕の基準が、元町のノルブリンカのなんで(メニューに「特に大辛」って書いてある)、地域とかによって違うのか、食べる時に個々で辛くアレンジするのかどうなんでしょうかねえ。イメージ違いだったけど、結果的に興味が沸いてきました。

{お店データ}
住所:神戸市中央区加納町4-7-3
電話:078-321-5108
営業時間:11時半~14時半 17時~23時
定休日:火曜
 

コメント

  1. ぽら より:

    こんにちは!
    私もタイ料理=辛いとばかり思っていたのですが、以前立ち寄った現地の方の経営するタイ料理店はゲンキョワーンも辛くなくて
    「日本人向けの味にされてるのですか?」という話をすると「いえ、これは現地そのままの味ですよ☺️」とのこと
    なんでも東北地方はラオスと接していてあまり辛くないのだとか
    辛いのは南部の特徴らしく、日本で売られているゲンキョワーンなどの素は南部のメーカーなので辛い味なのだそうです
    ちなみにその店は東北地方のメーカーのものを使用している、というか販売もしていました
    独立したばかりのところにコロナ直撃で、どうされてるのかなぁと気になります

タイトルとURLをコピーしました