「おみやげ」カテゴリーアーカイブ

青春18きっぷで浜松日帰り一人旅(後編)〜小ネタ集

2018-09-03 12.40.37
この日目覚めてからまだ天丼しか食べてなかったとは言え、さすがに連発で何か食べる気にもならず、散歩がてら駅の北側ゾーンをうろついてみました。あとで調べたら有楽街とか肴町あたりのようで、飲み屋が多く昼間はそれ程賑わいを感じませんでした。そんな中、ちょっとオーラを感じる店が目に入ったもんで寄ってみたら、あの「夜のお菓子・うなぎパイ」で有名な春華堂の本店でした。うなぎパイは当然知ってるけど、店名知らなかったなあ。もちろんお土産に買って帰りましたよ。
 

2018-09-03 13.04.40
その後駅の南側に移動して、本来なら天丼のあと昼飲みに来ようと思ってたのに直前で定休日だと判明した「いりかま」をロケハン。残炎やなあ、ええ店っぽかったのになあ〜
 

2018-09-03 13.22.27
昼間開いてる店が少なく月曜定休が多いようで、開いてる店がそもそも少なく、適当に入った店でせっかくなので浜松餃子とチューハイ。茹でもやしを添えるのが定番なんでしょうかね。ま、なんちゅうか可もなく不可もなく。
 

2018-09-03 14.03.42
その後駅の北側に戻って、線路沿いにずんずん東へ。

2018-09-03 14.42.06
行ってみたかったのは、浜松市楽器博物館。浜松と言われて思い浮かぶのは、一にうなぎ二に楽器。ヤマハ・河合・ローランドなど、著名楽器メーカーが集まっているんです。

2018-09-03 14.43.022018-09-03 14.44.102018-09-03 14.44.58
弦・打・管など色々、世界各国・古いものから新しいものまで幅広く揃えて展示されています。試奏コーナーもあり、ちょっとお琴を弾いてみたり。一番面白かったのは、ピアノの構造(弦を弾く仕組み)を断面模型で歴史を追って展示してあるコーナーかなあ。(ちなみに僕はピアノは猫踏んじゃったしか弾けません)

2018-09-03 14.47.24
電子楽器も色々揃っています。こちらは一世を風靡したフェンダー・ローズ。これで思い出すのはデイブ・グルーシンとかジョー・サンプルとか。

2018-09-03 14.48.19
こちらはムーグ・シンセサイザー。これで思い出すのは、キース・エマーソンとリック・ウエイクマン。つまみが多いのだけを見ても単純に「おっ、スゲッ!」と思ったものでした。
(すんません、古くて)
 

2018-09-03 22.16.36
帰り時間が遅くなると台風の影響が心配なので、余裕を持って帰路に。浜松まで来てうなぎを食べない手はないのでどこかで持ち帰ろうとは思ってましたが、結局駅ナカにあった浜名湖養魚漁業協同組合直営店でちょっと上等な「直虎」といううなぎ弁当を購入。値段をちゃんと記録してないんですが、2500円前後だったと思います。

2018-09-03 22.17.10
家に帰って妻と半分こ。浜松では関東風と関西風と両方あるそうで、こちらは前者。温めずにそのまま食べたせいか、柔らか過ぎることがなく妙に脂が多すぎることもなく、期待以上のおいしさでした。この価格とボリュームなら値打ちものじゃないでしょうか。
こういうのを食べると、持ち帰りじゃなくてお店で食べたくなります。今度浜松に行ったら鰻屋のハシゴしたいなあ。
 


自宅で味噌煮込みうどん

2018-08-14 12.21.02
所用で名古屋に行った妻におみやげに味噌煮込みうどんを買ってきて欲しいと頼んだら、けっこう上等な山本屋総本家の生味噌煮こみうどんを買ってきてくれました。リンク先とパッケージは違いますが、中身はこれと同じ。鍋に沸かしたお湯にだしパックを入れて数分煮たあと、味噌を入れうどんその他を加えてしばらく煮るだけでOK。

数十年前、初めて名古屋で味噌煮込みうどんを食べた時、「なんやこれ、うどんが生煮えやんか」と思いました。後でわかったのですが、地元の人以外はほとんどそういう反応だそうで、火が通りきってない堅いまま食べるのがディフォルトだなんて全く知りませんでした。その後名古屋に行くたびにトライしてみたけれど、なんでこれがおいしいのかわからない。
でも10回くらい食べた時でしたかねえ、なんかちょっとおいしいなと思えるようになって来たんです。以降回数を重ねるごとに、どんどん堅いのが好みになり、今やうどんを入れたら即食べてもいいとまで思うほどになりました。(←極端)
 

2018-08-14 12.00.26
今回は自宅で作るので、自分の好みどおりにできます。具はネギと薄揚げをそれぞれたっぷりめに加えて、鶏肉は入れず仕上げに玉子。味噌味は濃いめに、うどんはかなり堅めにしました。このクソ暑い中、冷房なしの室内で汗だらだらかきながら食べようと思ったら、意外にもそれほど汗はかかず。普段からクーラーを入れてないので、熱いものを食べてもどうってことなくなってるのかも知れません。
味噌煮込みうどんを食べるのは1年半以上ぶりだったし、味噌味の濃さもうどんも具も自分の好みにできたので、大満足。やっぱり濃いめの堅めがおいしいなあ。
近場でどうしても食べたくなったら、梅田の「あまの」で食べられるのはかなり前から知ってるんだけど未訪。今年こそ行ってみて、名古屋風で作ってもらいましょうかね。
 


2泊3日で新潟・松本(2)〜ぽんしゅ館(新潟駅店)

2017-10-16 18.46.44
2軒回ったあとは、是非とも行ってみたかった「ぽんしゅ館(新潟駅店)」へ。いくつかのゾーンに分かれてて、ここは貸し切り。

2017-10-16 18.47.54
でもいいいのだ。一番の目的はこの「利き酒番所93」なんだから。

2017-10-16 18.49.20

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

こちらでは、新潟越後の酒蔵93箇所の日本酒がすべて利き酒出来るんです。

2017-10-16 18.48.09
システム的には、500円でコイン5枚とおちょこ1つと交換、コイン1枚でおちょこ1杯分利き酒出来ます。「コインってなんじゃらほい」って感じですが…

2017-10-16 18.48.57
こんな風に小さなコインロッカーみたいなのが壁側に93個ずらっと並んでいて、各酒造所から1種類ずつ選ばれた日本酒がスタンバイ。

2017-10-16 18.49.56
利き酒してみたい銘柄ラベルの下におちょこをセットし、コインを入れると一杯分が注がれるというとてもわかりやすい仕掛けです。

2017-10-16 18.53.16
あくまで利き酒が目的なので料理はありませんが、味噌や国内外各種の塩がアテとして無料提供されており、さあ飲めとばかりに準備万端。

ぽんしゅ館
知ってる銘柄はほとんどなくても、どれにしようかなあと見て回ってるだけでもおもしろい。ミーハーなもんで「越乃寒梅純米大吟醸」なんてのを見つけたら即コインを投入してしまいました。1人1セット5枚では足らなかったので、もう1セット追加してえて吉さんと分けて全部で8種類。寒梅と上善以外は全く初めての銘柄を選んで、充分楽しませてもらいました。

2017-10-16 19.06.02
写真で見たことはあったけれど、やはり93銘柄がずらっと並んだ光景はインパクト大。システムもよくできてるし楽しいし、すごくよくできている思います。
 

2017-10-16 19.35.16
利き酒晩所を出ると「日本酒番所」が待ち構えていて、気に入ったお酒を即刻買うことができます。

2017-10-16 19.37.11
そして「越後乃醤油三十蔵」もあり、ここでも味見が可能。
 
2017-10-16 19.44.43

((上の写真はスライドショーになっています。ポインタ合わせれば矢印が現れます))

越後乃醤油三十蔵を始めとする食品コーナー「越後魚沼商店」も、とても魅力的で充実したコーナーでした。一言で言ってしまえば「地元産品を一堂に集めたコーナー」で、酒器・お米・米菓・スナック・スイーツなど幅広く品揃え豊富。欲望をかなり抑えたつもりでしたが、けっこう買い物してしまいました。

利き酒と買い物だけでもけっこう楽しめて時間がかかったんですが、このエントリを書くにあたってぽんしゅ館のサイトを見ていて、1階に飲食スペースがあることを初めて知りました(*_*) 僕もえて吉さんもテケトーなので気づかなかったんでしょうが、言い訳すると、新潟駅構内って構造もサイン表示もちょっとわかりにくかったんですよ。(←負け惜しみに過ぎない) 惜しいことした… ここでも越後湯沢店でもいいから、また行ってみたいなあ。
 
(続く)
 


道の駅で買った「あんぼ」

20171017_133405274
今回の旅の3日目、松本から中津川へは敢えて高速道路を使わず国道19号線をのんびり南下しました。道中はやたら道の駅が多く、急いではいなかったので見かける度に寄っていたのですが、そのうちの道の駅・信越さかえで見かけたのが「あんぼ」。信州名物「おやき」は数十年前にたまたま出会って以来ファンなのですが、一見それに似たあんぼは見るのも名前を聞くのも初めてでした。

20171017_133351838

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

おやきの皮は小麦製。小麦が採れないこの辺りの地域では、米粉を使った皮で野菜やあんこなどを包んであんぼを作るのだそうです。

2017-10-20 09.15.44
お土産に買って帰って、オーブントースターで焼いてみました。米粉なのでもう少しお餅っぽいかと思ったら、さほど粘りっ気はないけれど、おやきの皮よりはモチッとしています。黙って出されたらあんぼかおやきかわからないかも知れませんね。
中身の甘辛きのこがいかにも信州っぽくっていい。香りがよくシャキッとした食感も残っていて、味噌味もいい塩梅。おやきも買っていたので一個しか買わなかったのがちょっと悔やまれます。またいつかどこかで出会えるかなあ。

◎参考動画


名古屋名物あんかけスパゲッティを作ってみました

2016-10-10 12.52.52
天気がいいので外出しようかとノソノソしてるうちにお腹が空いてきて我慢できそうになかったので、急遽先日名古屋のスーパーで買ってきたヨコイスパゲッティソースと2.2mmの太麺で、あんかけスパゲッティを作ってみました。

2016-10-10 13.24.49
とはいってもまだ本物を食べたことがなく自己流。タマネギと茄子をカットして炒めてソースを投入後、残り物の野菜炒め&麻婆豆腐少量を追加。電子レンジじゃなくてちゃんと鍋で茹でた太麺に、これも冷蔵庫にあった総菜の豆腐ハンバーグをチンしたのを載せて、具を加えたソースをぐわっとかけました。
2.2mmスパゲッティの太さはやはり半端なく、ほぼうどん並みなフィーリング。色々混ぜる前にソースを味見してみたところ、もっと甘いのかもと思っていたらそうでもなく、むしろ酸味がしっかり効いているのが少し意外でした。オリジナルとは全然違うものになってしまったけれど、おいしくいただきました。ソースももう一袋残ってるし、また機会を見て作ってみます。