「神戸」カテゴリーアーカイブ

「哈爾濱」でおまかせ大宴会(神戸・大開通)

20140210哈爾濱
鳥頭ブログのやっさんから「また哈爾濱(はるぴん)で宴会するので参加しませんか」とのお誘いがありました。大開通にあるこのお店、正直見かけはパッとしませんが、実はかなり安くておいしくて本格派。大将のルーツ・中国東北地方の料理を食べようと、初めて宴会したのが3年半前。参加者4人でお腹はち切れんばかりに食べまくったその再現をということで、参加費4000円・飲み物別・料理はおまかせの会に参加してみたら、なんと今回は総勢14名(だったと思う)が一つの円卓をギチギチに囲む大宴会となりました。いやあ、すごかった。
以下、会話を楽しんでたのと品数がメチャクチャ多いのとメニューがなかったので、食べたものの写真あげまくって感想のみ記していきます。

20140210哈爾濱
最初はサラダ。キャベツ・人参・きゅうり・キクラゲなどごくフツーの食材だけれど、食べてみたらちょっぴりパクチー風味があってドレッシングもおいしかったです。

20140210哈爾浜
厚めカットの自家製チャーシュー、真ん中は酢漬けキャベツ。

20140210哈爾濱
豚の皮?を元にした煮こごり。臭みや脂っこさは全然なく、すごく淡泊な味わいのプルンプルン。底に豚皮のみじん切りが仕込まれていたりゆずがかすかに香ってきたりと、なんちゅうことない見かけなのにけっこう手が込んでいます。

20140210哈爾浜
前回同様、中国東北料理でないのも出て来るし、料理が出て来る順番はセオリー無視でなんかようわかりませんが、とにかく春巻。あんまりこういうフツーなのはあえてオーダーしないんだけど、ここのはおいしいんです。何もつけずにこのままで。

20140210哈爾浜
続いてエビチリ。前回はうずら玉子入り、今回はなしだったけれど、これもうまいんです。けっこう大きなブリブリエビ使用、ご飯が欲しいとの声多数。

20140210哈爾浜
干し豆腐を使った炒め物。お惣菜ぽくっていいですねえ、これは中国東北地方料理かも。

20140210哈爾浜
煮豚、皮付きトロトロ。こっくり味がしみこんでいて紹興酒に合う合う。赤身部分もいいけれど、皮や脂身部分のほうに魅力を感じました。これもご飯に乗っけたらおいしいだろうなあ。

20140210哈爾濱
この日一番印象に残った料理。豚肉(だったと思う)とじゃがいもの炒め煮みたいなもので、味を吸ったじゃがいもがやたらうまい。そもそもいも自体が旨味を持ってるようで、帰りに大将に聞いたところによると、じゃがいもを(揚げたあと?)ガチガチに干したものを使ってるんだそうで、厚めにスライスしてあって、戻す前のを囓ってみたら歯が折れそうなくらいでした。寒い地域ならではの保存方法であり保存食なんでしょうねえ。

20140210哈爾濱
腸詰めときゅうりの炒め物。お惣菜感バリバリ。

20140210哈爾濱
春雨炒め。これもお惣菜なんでしょうなあ。

20140210哈爾浜
青梗菜入りのコーンスープに見えますが、つぶつぶは小さなすいとんのようなもの。素朴な味わいでしたのリセット。

20140210哈爾浜
前回も出てきたなすとピーマンの炒め物に今回はじゃがいももプラス。単純な味噌味ではなく、何を使ってるのかようわからん味付けで、これもご飯が欲しくなるぞ。

20140210哈爾浜
ここでいかにも中国東北料理チックな、羊肉の炒め物クミン風味。いい塩梅に野趣が残してあって、マントウに挟んで食べたくなりましたねえ。これも印象的でした。

20140210哈爾浜
めっちゃピンボケですんません。エビと山芋他色々野菜の炒め物だったと思います。

20140210哈爾浜
牛タンの炒め物・にんにくの芽と赤ピーマン。うー、なんぼほど出て来るねん。

20140210哈爾濱
イカとロマネスコの炒め物、ここでこれが出て来るかって感じでしたが、あっさり塩味でいけてしまいます。
みなさん相当健啖家揃いのようでしたが、さすがにギブアップ。なんだかまだ用意してた料理があるような様子でしたが、このあと苺が出てきて終了。全部で16品のおまかせコース、圧巻でございました…(といいつつ、個人的には最後に麺か炒飯食べたかったんだけどw)

20140210哈爾濱
円卓ギチギチで狭苦しかったけれど、2つに別れるより1つのテーブルで初めての方とも顔合わせながら、楽しく食事が出来て良かったです。やっぱこれだけ人数集まると、中華はお得感満載ですなあ。欲を言えば、前回うまかったフカヒレスープも食べたかったっす。
コース料理じゃなくっても、お昼間に海老玉子とじご飯とか肉飯だけでもさくっと食べに来て下さい。水餃子もおいしいですよ。

{お店データ}
住所:神戸市兵庫区大開通10-3-9シャトー第3神戸101
電話:078-578-2186 営業時間:11時~22時 お休み:1月1,2日


S.B.DINER-KOBE(神戸・三宮)

昨日の休日はガッツリ肉を食いたい気分。お昼時の元町三宮方面で、その欲求を満たしてくれそうな店を頭の中で数軒ピックアップしておき、自宅を出ました。
ところが元町駅に着いたところで、ある店のことがパッと頭にひらめき、慌てて下車。

写真 2015-02-02 12 31 52
ガッツリ肉というテーマからは少しずれますが、以前からの課題店・S.B.DINER-KOBEでガッツリとハンバーガーを食べたい欲に突如変化してました。

写真 2015-02-02 12 44 24
到着したのは12時半頃。すでにお2人店の前で待っていましたが、まあこれくらいなら大して時間は掛からんだろうとその後ろに着いたところ、予想以上に進まず、入店できたのは30分ほど後。やっぱいつもどおり13時をめざして来るべきやったなあ。

写真 2015-02-02 13 09 14
店内はテーブル席のみの20席と狭く、あちこちにポップな絵が描いてあるアメリカンな雰囲気。予想以上に女性率が高かったのが意外で、平日昼間と言うこともあるにせよ客層はほとんど20代で、おっさんなんて僕1人しかいませんでした。

写真 2015-02-02 13 07 39

(エントリ内の写真はクリックで大きくなります)

ハンバーガーメニューはベーシック以外に、チーズ・ブルーチーズ・アボカド・スパム・パイナップル等のバリエーションあり。バーガーにはポテトとサラダがついてて、ドリンクを最低1種オーダーすることになっています。Sサイズってのは付け合わせのサラダがなくなるだけで、バーガーサイズは変わりません。(バーガーのみのオーダーが出来るとの情報もありましたが、それはなし)

写真 2015-02-02 13 07 21
ドリンクメニューの下方に注意。平日なら学割あり、またセットにすると安くなります。ただし僕はビール(ハートランド)を頼んだんですが、500円のままでした。セット用のビールとかが別にあるのかな?聞いときゃよかった。

写真 2015-02-02 13 15 13
テーブルの上には、グレービーソースみたいなの・塩・マスタード・ケチャップ。ハンバーガーが出てきたらフォーク&ナイフで切ってもよし、グラスに入っているバーガー用のペーパーに入れてこぼれにくくしてガブッとかぶりつくのもよし。

写真 2015-02-02 13 23 51
オーダーしてから15分ほどかかって、プレーンバーガー(830円)登場。あらかじめネットで見ていたのでポテトの量が多いのはわかってたんですが、やっぱりそれなりの量ですね。

写真 2015-02-02 13 22 52
全景ではハンバーガーがどんなのかわかりにくいので、横からのショット。パティはさすがの厚みで、見るからに食べ応えありそう。バンズは弾力があるけれど、柔らかすぎることはなく密度高めで、これならしっかりパティを支えてくれそうです。

20150202SBdiner
やっぱハンバーガーはかぶりつかないとおいしさが半減するような気がするので、紙で包んでまずは何もつけずにガブッとイってやりました。
最初に感じたことは、パティがうまい。塩胡椒が引き出す肉の旨味だけでハンバーガーとして十分おいしく、なんか味を足したいという欲求が沸いてきませんでした。このままで何口か、続いてちょっとグレイビーかけてみたりマスタードかけてみたり。結局ケチャップは試す気にもならず、このバーガーは何もつけないままが一番僕の好みに合いました。
また、ボリュームも肉食べた感もしっかりあるのにあっさりしてて、見た目の割りにはぺろっといけてしまうんですね。熱々ポテトはおいしいんだけど、こりゃあ全部は無理やなあと最初は思っていたのに、なんの無理もなくスルッと胃の中に収まってしまうくらい、「軽い」というか「負担が掛からない」んです。

内容と質を考えたらこの価格はすごく安いと思います。プレーンのSならポテト付きで680円、これならマクドの凝ったメニューのセットものにちょっと足したくらいですもん。たかがハンバーガーなんて思わずに、若い人たちだけでなくもっと幅広い年代の方に食べてもらいたいですねえ、これは。んー、かなり前から知ってたのに、なんでもっと早くから来なかったんかなあ。
初めてだったので今回はプレーンを選びましたが、次回は是非ともバリエーションを試してみたいです。チーズもアボカドもいいし、パイナップルも食べてみたいなあ、迷うなあ。(実は本命は、ブルーチーズのダブルなんだけど…)

{お店データ}
住所:神戸市中央区北長狭通2-4-5 電話:078-391-8577
営業時間:12時~15時、17時~21時 定休日:水曜


神起(JR神戸駅山側)

20140114神起
某日、つけ麺が食べたくなって「」に行ったら麺切れ。辺りをうろついていたら目についたのがこちら「神起」。向かい側にもラーメン屋はあったけれど、なんとなくこっちを選択しました。

20140114神起
最近は外でラーメン食べるとそれなりの値段なのであんまり食べないから全然詳しくないんですが、後で調べたら基本のラーメンは鶏ガラトンコツ・山盛り野菜・自家製超太麺だそうで、味噌やとんこつ醤油もあり。

20140114神起
この日は軽めにしたい気分だったので、麺は少なめでお願いしました。その代わり味玉子がつくのも魅力的だったし。

20140114神起
マジックで消してありますが、つけ麺には無料トッピングは出来「ます」。各種増量はちょい増し・増し・増し増しの3段階制で、一瞬野菜増しにしようかと思いましたが、他のお客さんの山盛り状態を見てビビってやめときました。フツーならイっといたんやけどなあ。

20140114神起20140114神起
麺は太くてやや平べったく、つけ麺のスープは魚介系でチャーシュー入り。僕みたいなおっさんはこれくらいの量に留めといた方が無難です。麺がしっかりしてて強めのスープにあってかなり好みに合いました。通常の腹具合なら、麺の量を普通にして野菜ちょい増しくらいが僕にはいい感じだろうと思います。他のサイトで色々拝見したところ、ここでつけ麺じゃなくってラーメン食べるのは、個人的にはやめといた方が良さそう。もう若くないんだから、食べたとしても増量なしのノーマルかなあ。なんかちょっと寂しいですが…

{お店データ}
住所:神戸市中央区相生町4-2-24 電話:078-351-6510
営業時間:11時半~14時(土日は15時まで)、17時半~22時45分
定休日:なし


一人ではんなり祇園(神戸・平野)

20150114はんなり祇園
家族とだったり友人とだったり、これまで何度も来たことがある「はんなり祇園」に、いつか一人で行ってみたいとかねてから思っていました。品数限られるしお造り盛り合わせ頼めないし、色々デメリットもあるんだけど、一人で来ることで新しい楽しみがあるような気がしてたんです。

20150114はんなり祇園
で、先日決行。その気になればいつでも来れたんだけど、背中を強く押してくれたのはこの「くらかけまめ豆富」という鞍掛豆という豆で作った豆腐。店主の安藤さんが某所で強力にプッシュしてたもんで、気になって仕方がありませんでした。長野県の小海町で作られているこの豆腐、今のところ地元以外で扱っているのは東京で一軒とここはんなり祇園だけだそうで。

20150114はんなり祇園
写真ではうまく表現できていませんが、うっすら緑色。まずは何もつけずにそのまま食べてみると、ほんのり海苔の風味が感じられます。鞍掛豆は通称「のり豆」と呼ばれているそうで、大豆の自然な甘さと相まって、これは面白い味。塩をちょこっとつけていただくと輪郭がクッキリする感じで、これはもういきなり日本酒しかありませんなって感じです。

20150114はんなり祇園
一人で開店即入店だったので、席は厨房に面したカウンター席でした。普段はテーブル席がほとんどなので、そっち方向の写真を撮ってみました。このカウンター席、目の前に店主の安藤さんとサービス担当のHさんがいるので、手が空いている時に色々と話が出来るのもいいんです。

20150114はんなり祇園
くらかけまめ豆富をアテにちびちび飲みながら、今日は何食べようかなあとメニューを検討していたら、お通しに出てきたのが「三種の出汁のマヨネーズを使わないポテサラ」。おー、これ好きなんですよ。以前メニューにあったんだけどしばらくご無沙汰で、数年ぶりのご対面じゃないでしょうか。師匠直伝でレシピは秘密、何だかわからんがうまけりゃいいです。

20150114はんなり祇園
いつもならお造り盛り合わせは必須なんだけど、一人で盛り合わせをお願いするのは手間が掛かりすぎで申し訳ないので、悩んだ結果「サバのきずしフルーツソースで」。盛り合わせにもよく登場するので初めての味ではありませんが、一人前をたっぷりいただくのはまた別物。脂の乗ったサバに勝たず負けずのフルーツソースが相まって、いつも通りのバランスが取れた一品を堪能できました。

20150114はんなり祇園 20150114はんなり祇園

 

20150114はんなり祇園 20150114はんなり祇園
(エントリ内の写真はクリックで大きくなります)

当初はくらかけまめ豆富とお造りだけいただいて、軽く飲んでさっと失礼するつもりだったのに、いざとなったら弾みが付いてしまって、歯止めが利かなくなってしまいました(笑) なんだかんだ話ながらおいしいもの食べてるとお酒もすすみ、この日はグラスで4種。普段にごり酒はあんまり飲まないんだけど、この日は後半2杯ともにごり。左下の「竹泉 一陽来福 運盛」は縁起物だそうで、好みに合いました。

20150114はんなり祇園
なんだかんだ話していると、定休日前のサービスということで、特別価格でお造りを軽く盛り合わせてくれることになりました。ウレシー!あれだけお酒がすすんだのは、これが出てきたせいもあるんです。毎度ながらどれもこれもパワーに満ちている中、なんか知らんがふぐ皮がうまく感じたなあ。みなさん、水曜の夜(定休日は木曜)のはんなりでは、こんなサプライズがあるかも知れませんよ。

毎度ながら料理もお酒もおいしい上に、安藤さん・Hさんとも色々話が出来てとても楽しい一人酒でした。それは良かったんだけど、「一人ではんなりになんか行って!」って嫁さんがご機嫌斜めなんです(笑) まあそう怒らないで、また近いうちに一緒に行こうね。


ミュンヘンでから揚げちう(神戸・三宮)

image
貴重な休日を、ミュンヘン大使館でのんびり過ごしました。ランチタイムのピークを過ぎたお昼と夕方の間の中途半端な時間を、名物唐揚げ食べながらビール飲んで過ごすのは至福。…なんだけど、一人で食べるにはここの唐揚げ多すぎるなあっていつも思うんですよ。小サイズとかあればええねんけどなあ。