「神戸」カテゴリーアーカイブ

単なる餃子屋ではない「餃子屋 社領」(神戸・三宮)

20151030餃子屋 社領
しんどい仕事帰り、大好きな赤萬に寄って帰ろうとしたらタッチの差で閉店。すでに餃子モードだったので、しょうがないと言っちゃあ失礼ですが、そういやこの辺りに餃子の看板を見かけたことがあったなと記憶を辿ると、ちょい西側の路地を入ったところにすぐ見つかったのが「餃子屋 社領」。これまで遠目に提灯を見た程度だったんですが、近くで見たらかなりな仮設感。店の正面向いてオープンエアーで調理してて、ほぼ屋台感覚なのがおもろいなあ。

20151030餃子屋 社領
店外では一押しで餃子をアピールしつつ、お店に入ればその他メニューも豊富。メニューの全部を撮れなかったのですが、例えばこちらのブログを参考にしていただければその豊富さと安さがお分かり頂けるはず。ラフな建物の造りにふさわしく?リーズナブルな値段設定が嬉しいです。

20151030餃子屋 社領
卓上の調味料は唐揚げ用の塩・ラー油・にんにく醤油・味噌。味噌は神戸でよくある餃子用の緩めの白味噌タイプかと思いきや、固め・辛目のにんにく味噌系(小皿にちょっとついてるのがそれです)。焼き餃子食べる時に酢醤油ラー油に加えてというより、別用途でしたな、これは。

20151030餃子屋 社領
何はともあれ餃子。水餃子も気にはなってたけれど、すでに焼餃子(1人前5個300円)モードに入ってたので2人前とビール。立派な羽根つきですが、個人的には羽根は不要なんです。アンたっぷり充実、値段に比してボリュームたっぷりで美味いしお得感満載で、これはお値打ち。焼きもいいけれど、次回は是非とも水を食べてみたいものです。

20151030餃子屋 社領
餃子だけで済ますのもちょっと物足らなかったので、唐揚げ3個(350円)を追加。えびせん付いて中身もコロモもソフトな感じ、予想通り1ピースが結構なサイズ。周りを見渡しても注文率が高いようで、そりゃこれなら人気あって当然って感じです。

1人前あたりの量が多いので、ありがたくも一人ではあまり種類が食べられまん。次回は是非とも人数集めて色々食べてみたいものです。候補としては、水餃子・蒸し鶏・上海焼きそば・チャーハン・台湾風卵焼きetc,etc・・・

{お店データ}
住所:神戸市中央区北長狭通2-3-4
電話:090-9275-8957
営業時間:18時~24時(日祝23時)
定休日:月曜日(祝日の場合は営業・翌日休み)


らーめん「会」・元町店(神戸・元町)

20151101会
ここんとこしばらくラーメン食べたいモードなのは、急に寒くなったのも一因かも知れません。外ではめったに食べないんだけど、以前神戸駅近くの本店でつけ麺食べて気に入ってた「会」が、元町に支店を出したのはだいぶ前から気になってました。

20151101会

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

前回食べたつけ麺がおいしかったのでそれに惹かれつつも、同じもの食べるのもなんだし少し寒かったので、基本となる豚鶏節ラーメンをイってみることにしました。メニューに「豚鶏節ラーメン3.7」って書いてあるのは何かいなと思ってたら、数字はバージョンナンバーだそうで。常に進化してるんですね。

20151101会
メニューの裏にはそれぞれのメニューの紹介が詳しく書かれています。前回は酔っぱらってたのでただひたすらに食べただけだったんですが、チャーシューは2種使ってるんですね。また左端に、スープを熱々で提供できない理由を書いてあるのが興味深かったです。

20151101会
やってきたのは豚鶏節ラーメン3.7(700円)に、半熟味玉(100円)追加。2種のチャーシューと海苔が添えられていますが、毎度ながら個人的にはラーメンに海苔は不要なんだけどなあ。また半熟味玉はビジュアル的にもいい仕事してくれてますが、あれば嬉しいって感じでしょうか。
それははさておき、まずはスープをズズッ。多くの方々が書かれているように、クリーミーで濃厚。濃厚ではあっても豚骨のウエイトが高くないので臭みはなく、魚介系が前に出すぎない程度にブレンドされていてバランスが取れています。あっさり系ではなく、ややパワー注入系のラーメンが食べたいと思っていたこの日の気分に旨くマッチするラーメンでした。できればもうちょっとネギが欲しかったけれど、予想通りこのラーメンは僕、好きです。って、今さらか。

{お店データ}
住所:神戸市中央区北長狭通3-4-10
電話:078-391-3077
営業時間:11時半~14時半、17時半~22時半
定休日:水曜


想定外の「加奈井」(神戸・板宿)

20151022加奈井
先日のこと。朝からヤボ用を片付けて、さあ昼飯だと姉兄との三人。このメンバーだとどこに食べに行くか決めるのはいつも僕なので某所を提案したところ、珍しく姉から強い要望で「鰻が食べたい」と。このメンバーでそうなったら行き先は自動的に「加奈井」で決まり。うーん、嬉しいけどこの日こういう展開になるとは予想してなかったなあ。

20151022加奈井
お昼少し前に入店、予約してないので焼き上がりまで小一時間待たなければならないのは承知の上。その間小上がりに座ってなんだかんだ話すことが出来るので、1時間くらい待つのは全く苦になりません。

20151022加奈井

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

お昼の定食もありますが、やはりここではノーマルの丼を食べたいところ。今回うちの姉も勘違いしていましたが(何回来てんねん)、ここの丼は松竹梅の梅のほうが上位で普通とは反対なのにご注意を。昨年末に比べて、200円ほど値下がりしているようです。

20151022加奈井
待つことしばし、ここでは初めてのう巻き(2000円)をわけわけ。デカい、フワフワ、薄味。原価率考えると高めですが、技術料込みと捉えるべきでしょうか。

20151022加奈井
続いて白焼きもわけわけ。ここの白焼きのことは何度も絶賛してるので別角度からいいところを書きますと、ここは鰻がおいしいのはもちろんのこと、脇役も抜かりないんです。例えばこの白焼きに添えてあるワサビは、天然物を恐らくは鮫皮でおろしたもの。きめが細かくクリーミーで辛くて甘くて、これだけでも充分酒のアテになるレベルです。お漬け物だってお茶だって、ちゃんとおいしい。なかなかありませんよ、そういうお店って。

20151022加奈井
で、待望の鰻丼登場。蓋からしっぽがはみ出しているルックスに、開ける前の期待感が余計にそそられます。ワクワク。

20151022加奈井
蓋を開けたらドッカーン。ここの鰻丼は松竹梅の三段階のうち梅が一番量が多く、こちらは真ん中の竹。値段の違いは蒲焼きの大きさの違いで、質には変わりはありません。
先日四国に天然うな重を食べにいったし、まだエントリにはあげていませんがこの間に某飲み会で蒲焼き食べたので、ここんとこ超・鰻づいています。とはいえ、加奈井の鰻は僕の日常の生活圏で食べられる最上位の鰻。これだけ鰻が続こうとも、もちろん大喜びでいただきました。見かけ濃そうですがあっさりしたタレなので、鰻の旨味がストレートに伝わってきます。程良い焼加減、いい香り、肉厚な食べごたえ。ご主人もおかみさんもそれなりのお歳なので、いつまでこの鰻丼が食べられるかわかりません。もしなくなったらどうしよう、そうなったらものすごい喪失感を味わうだろうなあ。それなりの値段がするので勇気が入りますが、どうぞ皆さんも是非召し上がってみて下さい。


「グリル一平」で香美町カニ洋食を連チャン(神戸・三宮)

20151027グリル一平
12月1日まで三宮・元町の洋食屋さん10店で実施されている香美町カニ洋食フェスタのことを知り、月曜日には下山手のマルシェに行って来ました。期間中に僕が行けるのは火曜のみ。連チャンになってしまおうが後悔はしたくないってことで、昨日はグリル一平三宮店に行ってきました。

20151027グリル一平
店頭のメニューはいつも通りで特別な表示はありません。13時過ぎに到着したら満席だったので店内で少し待ちましたが、この時渡されたメニューにも記載なし。お店の方に「あのー、カニのメニューってまだありますか」って聞いたら、残り3食とのことでギリギリセーフ、迷うことなくオーダーしました。

20151027グリル一平
席について店内を見ると、壁に「期間限定 カニ・エビクリームコロッケ」の表示がありました。回りの方のオーダーを観察していると、普段通りのメニューの中からオーダーしている方がほとんどで、あまりこのメニューのことは気にしていない様子。まあ、ビフカツ食べたいと思ってここに来たら、やっぱりビフカツ注文するだろうなあ、僕も。

20151027グリル一平
そして出て参りました、カニ・エビクリームコロッケ。子供の握りこぶしくらいのが2つドーンと載っかってて、付け合わせはポテサラ・トマト・キャベツの千切りと普段通りのラインナップ。マルシェのほうがお祭り的な要素が感じられますが、果たしてどうかとワクワク。

20151027グリル一平
2個のうちどっちかがカニでどっちかがエビかと思ったらそうではなくって、エビカニミックスでした。お箸でサクッと割ってみると、とろっとしたペシャメルにほぐしたカニ身が一杯見えます。カニ身って繊維質だから見た目わかりやすいですよね。
マルシェのとは違うけれど、ここのペシャメルもこれまたおいしい。マルシェよりは全体的にややあっさり目って感じでしょうか。具材に関しては、僕の舌が鈍いんでしょう、エビっぽさはあまり感じず。言い換えればそれだけカニがたっぷり入ってるってことで、これを2個いただくとかなり「カニコロッケ食った感」に浸れます。確かにマルシェのは僕の好みにドンピシャだったけど、同じものを2個食べるとちょっとくどく感じるかも知れないなあ。
一平は基本的にライス付きで、大中小どれでも同じ値段。中でそれ程の量ではないと記憶していたので大をお願いし、コロッケ2個でぺろっと平らげてしまいました(withビール)。いい洋食屋さんはどこでもそうなんだけど、ここのご飯は特に美味しく感じるんですよね。

2日続けて贅沢なものをいただいてしまいましたが、これにて僕のカニ洋食フェスタ参加は終了(T_T) カニコロッケだけじゃなくて、カニグラタンも食べてみたかったなあ。12月1日までやってるので、三宮・元町近辺にお越しの際は、皆さんも是非お楽しみ下さい!


「マルシェ」で香美町カニ洋食フェスタ特別メニュー(神戸・下山手通)

先週の土曜日のこと、ツイッターでキテン館主さんの下記ツイートを見かけました。

ん?なんじゃこれ?と思って調べてみたら…、そうか、こういうことだったのか!

上記ツイート内のリンク先にあるように、兵庫県美方郡にある香美町特産の香住ガニを使ったオリジナルメニューが、神戸市内の洋食屋さん10店で味わえるというもの(11月1日までの期間限定)。参加10店の顔ぶれは、グリル一平(三宮店)・プリモぐりる・帝武陣・L’Ami・ロイン三ノ宮店・グリルミヤコ・マルシェ・グリル末松・双平・洋食の朝日とそうそうたるメンバー。10月19日から始まってるんで、早くから知ってりゃ片っ端から行けてたのにと思いつつ、香美町役場神戸営業所のFacebookページを参考にしながらさてどこに行こうか品定め。

20151026マルシェ
で、昨日行って来たのは下山手の「マルシェ」。ここねえ、行かないといけない・行きたいとずーっと思いつつ、初めて行ってからのなんと8年半ぶりなんですよ。日曜祝日は休みで昼間のみの営業、しかもこのあたり、ヴォーングストとかますだとか洋食の朝日とか、レベルの高い洋食屋さんが多いんですよねえ。

20151026マルシェ

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

11時半から15時までしか営業してないので、ヘタな時間に行くと行列必至。計算通り開店して間もなく到着したので、まだ行列はなし。店頭メニューの上の方に、期間限定メニューが貼ってあります。

20151026マルシェ
もちろん今回の目的はカニ料理なんだけど、ここの料理はどれも魅力的なんですよねえ。「マルシェ食べ尽くし」なんて偉業にチャレンジされた方がいらっしゃって、職場が近くな方がうらやましいです。

20151026マルシェ
入り口入ってすぐのカウンター席に座りました。目の前には「香美町カニ洋食フェスタ」のポップが飾られています。

20151026マルシェ
オーダーは迷うことなく「香住がにクリームコロッケ&渡りがにクリームコロッケの定食」(1200円)。レギュラーメニューで「フォアグラ男爵と渡りがにクリームコロッケ定食」ってのもあるので、お間違いなきよう。それにしても、隣のお客さんに運ばれてきたカツカレーの香りの魅力的なこと、旨そうなこと。こりゃカレー食べに近々再訪せねばなりません。

20151026マルシェ
待つことしばし、「香住がにクリームコロッケ&渡りがにクリームコロッケの定食」が登場!

20151026マルシェ
スープはシンプルなカニ風味、ワカメの隙間からカニ身が見えます。カニ身はちょっとだけかと思ったら、実は意外にたっぷり底に沈んでて予想外にゴージャス。まだコロッケに手をつけていないのに、早くも1200円の価値アリと確信してしまいました。

20151026マルシェ
肝心のコロッケは、左が香住、右が渡りでチョコッとカニ足が突き出ています。プレート後方にはサラダが盛られていますが、写真を撮ってる時にはそこまで気が回らなかったんだけど、実はこれもカニサラダでちょっとした量のカニ身が入り。すごいな嬉しいなあさすがフェスタだなあ〜♪

20151026マルシェ
で、左側の香住のほうからイってみた訳ですが、結論から言うと絶品。僕はめったにこの言葉使わないんだけど、今まで食べたカニクリームコロッケの中で間違いなく一番です。まず、基本となるベシャメルソースが濃厚でコクがあってメチャ旨い。これだけでも充分おいしんやないかと思えるくらいなのに、そこにほぐしたカニ身がたっぷり入ってるんですからね。カニとペシャメルが一体となって、尋常じゃない旨味だわ・香りはすごいわ・思わず笑ってしまうような自然な甘味がやって来るわの大重奏。いやー、これはええもん食べさせてもらいました。
これだけでもすごいのに、お次は渡りがにコロッケ。こちらはどっかというとカニ身のウエイトが高め。香住とはまた別種の風味でこれはこれでおいしいんだけど、個人的には前者があまりにダイナマイトなので、正直なところ割食ってる感じでした。渡りはいつでも食べられるようなんで、お祭り騒ぎじゃない時に再度いただきたいものです。

これまで一度しか来たことがないくせに、マルシェのシェフはスゴ腕に違いないと思ってるんですが、今回の特別メニューは本当に素晴らしいものでした。31日まではまだ味わえます。是非とも都合をつけて食べに行かれんことを、強くオススメします!…僕は僕で近々カレー食べに来ないといけませんな。

{お店データ}
住所:神戸市中央区下山手通6-4-6
電話:078-341-3811
営業時間:11時半〜15時
定休日:日曜・祝日