「山陽」カテゴリーアーカイブ

「うまいけん」で広島(県)風お好み焼(神戸・板宿)

「お前が作ったわけわからん料理なんて見たないわい!」との声が聞こえてきそうなので、少し前に行ったお店のネタをあげておきます。
 

IMG_6549
2,3度行ったことがあって好きだった「がんぼ」が大分に移転してしまったけれど、そのあと「うまいけん」という同じく広島風お好み焼の店になったのは数年前から知っていました。うまいけんって、ナントカ軒みたいなニュアンスと広島弁を当然かけてるんですよね。
 

IMG_6570
お店に入ってみると、日曜日昼営業の閉店少し前だったので、貸し切り状態。各席に鉄板がなかったのでお皿から食べるのかと思いきや、鉄板付きのステーキ皿みたいなので持ってきてくれることが後に判明して良かった良かった。

IMG_6559

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

まだ若くてハンサムなご店主(テレビ左の似顔絵参照)はちょっと調べたところ広島出身だそうで、店内はカープ色が強くファンも多いそうです。特に近辺に多そうな黄色と黒の縦縞関係の方はご注意下さい(^_^;
 

IMG_6552

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

メニューは広島風&オリジナルなお好み焼とそのトッピング(鉄板焼やその他アテもあります)、珍しいことに広島市街から離れた尾道・府中・三次風があるじゃないですか。こりゃ面白そう!
 

IMG_6561
注文して出来上がりを待つ間、テーブルに置いてあった学研の学習マンガ「お好み焼のひみつ」を発見。これ、市販してないけどWEBで無料で読めるとはすごいやん。
 

IMG_6563
ビール飲みながら妻とウダウダしているうちに焼き上がってきました。こちらは僕の府中焼(940円)。広島風お好み焼は好きなので何度も食べてるけど、府中焼は初めて。

IMG_6567
敢えてどんなのか事前に聞きませんでしたが、そば&イカ天はディフォルトでした。特徴はミンチ肉を使っていることだそう。面白かったのは、焼き上がってから別途作ったトロトロのスクランブルエッグを載せてくることで、これはご店主に訊いたらこの店オリジナルのやり方だそうです。
 

IMG_6565
続いてこちらは妻の尾道風。話には聞いていたけれど、実際に食べるのは初めて。こちらもそば&イカ天(多分)はディフォルトでした。

IMG_6569
尾道風の特長はわかりやすく、具が砂ずりなこと。昔の神戸のお好み焼屋さんで鶏のキモを具にしていたところが何軒かあったけど、砂ずりは初めて。これ、いいです。砂ずりってコリコリした食感と噛みしめた時の肉汁が濃いので、お好み焼のその他要素(小麦粉とかキャベツとか)とすごく合う。ちょっと味見させてもらっただけなので、次回はこれメインで行きたいです。

そもそもお好み焼そのものが好きだし、広島風も好きなので、現地で何度も食べたことがあります。職場近くにも広島風の店があったんだけど最近はご無沙汰だし、神戸で食べられる店もあまりないのでこちらのお店はすごく貴重。広島出身の方にとってはなおさらでしょうし、そりゃカープファンが集まりますわなw 僕は特にどこのファンっちゅう訳ではないので、純粋にお好み焼をいただきに是非また伺いたいです。

{お店データ}
住所:神戸市須磨区平田町1-1-15
電話:078-778-9607
営業時間:17時半~22時 ※短縮営業中
定休日:月曜(祝日の場合は火曜)
 

「山東水餃子大王」へハシゴ〜日帰り日生(2)(岡山県備前市)

IMG_5893
都合よく、「もりした」では満腹にならなかったので、こちらも15年前に初めて出会って以来ちょくちょく行ってる「山東水餃子大王」へハシゴしました。昔はアーケードがあったのに、辺りもすっかり様変わりしました。12月は発送が忙しくお店で食べられないので持ち帰ったり、たまに通販で取り寄せたりしてたのでそんなにご無沙汰感はないのに、お店で食べるのはなんと7年振り。マジか?
 

IMG_5895
メニューはほぼ変わらず。7年前に比べて増税のせいもあって若干値上げしたのみのようです。

IMG_5899
…と思いきや、壁に別メニューが貼ってありました。せっかくなので、水餃子とこの香味野菜水餃子をそれぞれ2人前ずつ注文。
 

IMG_5903
出会った時はなんで日生で水餃子?って思いましたが、台湾で5年修行の後、地元・岡山産の黄ニラを使ってはるとかの必然性があるんです。小籠包のようにスープを含んだアンと、ツルンツルンの皮。冷凍してある持ち帰りや取り寄せでもほとんど変わりなく味わえるとはいえ、お店で食べるとよりおいしく感じます。

IMG_5905
外観では違いはわかりませんが、初めての香味野菜水餃子は、ノーマル水餃子に食感を残したままの香味野菜がプラス。シャキシャキした食感とライブな香りが加わって、面白いアプローチやなあと思いました。
ノーマルも香味野菜入りも、やはりここの水餃子はおいしいなあと改めて再認識。たまにしか食べられないけど、これからもすっとカキオコとともに楽しみにしたいものです。
 

今年のカキオコは「もりした」で〜日帰り日生(1)(岡山県備前市)

15年前に初めて行って以来、ほぼ毎年日生にカキオコを食べに行っています。今シーズンはえて吉さんと妻との3人で、いまだに未訪問の「タマちゃん」にいく予定でした。僕もえて吉さんもテケトーなもんで、行こうと思っても定休日だったりなんやかんやでこれまで縁が薄かったんです。昨日も平日の開店直後だったら大丈夫だろうとタカをくくってたら、駐車場は溢れ返ってるわ順番待ちの人は何十人といるわで、こりゃあかんわと速攻で撤退を決断。やっぱちタマちゃんとは縁がありません。
 

IMG_5892
その代わりにというには贅沢なんですが、日生で最もお気に入りの「もりした」にダメ元で移動してみたら、ギリギリで店内に入れました(上の写真は食べ終わってから)。駐車場に停める事も出来たし、早めに予定変更して大正解。

IMG_5869
ここは鉄板前で食べるのが基本で、焼き上がりに時間がかかるため入店して間も無く注文します。繁盛店なのに急かされてる感がなく、かといってダラダラしてるお客さんを見かけることもなく、そういうところもいい店だなあと思います。
 

IMG_5864

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

冬季メニューはほぼ牡蠣がらみのみ。カキオコは2シーズン前と同じ価格でした。

IMG_5867
夏季でも冷凍ながらカキオコが食べられるしエビオコも美味しいので、冬よりは混んでないだろうから夏場にも来たいなあ。
 

IMG_5874
ご主人も奥さんもお元気そうで何より。特にご主人は次々入れ替わるお客さんにハキハキと食べ方を説明されていて、これまで以上の気力を感じました。娘さんに加え、男性も加わり(お婿さん?息子さん?)、お店のオペレーションもよりスムース。

IMG_5873
シーズンが深まっているからか生育がいいからか、牡蠣の粒はかなり大きめ。そのせいか、お好み焼が例年より分厚いような気がしました。
 

IMG_5883
もりしたのカキオコの特徴のひとつが、豚バラ薄切りと一緒に焼くこと。牡蠣そのものの旨みと豚肉の旨味の相乗効果で、よりおいしくいただくことができます。

もりした
個人的には牡蠣大盛りにせずノーマルで十分。そもそもここはお好み焼のコナが美味しいので、牡蠣いっぱいだともったいない気がするんです。焼きあがったら、半分は醤油で・もう半分はソースで。それぞれ山椒・七味唐辛子で味変して、4種類の味を楽しめます。どれもおいしいけど、醤油に山椒が一番好きかなあ。
いつも思うのは、カキオコ1枚だとちょっと物足らない、でも大盛りはもったいない。できればカキオコ大ってのがあればええねんけどなあ。でもちょっと物足りないくらいがいいのかも知れませんね。
 

「割烹 美鶴」でかき三昧(兵庫県・播州赤穂)

R0002821
義母と妻との3人で牡蠣料理を食べに行くことになり、いろいろ調べた結果、青春18きっぷを使って播州赤穂まででかけてきました。ここ数年「アホほど牡蠣を食べる宴会」に参加しているので坂越の牡蠣はよく食べていますが、現地で食べるのは僕も初めて。
 

R0002757
赤穂産牡蠣の味めぐり」ってパンフレットを事前に入手(左記リンク先からダウンロードもできます)し、検討の結果選んだのは創業50年を迎える「割烹 美鶴(みかく)」。駅から近いので移動が楽だし、お店のサイト見て良さげだったのが決め手でした。

R0002792R0002793
店内はカウンター10席、小上がりには4人がけのテーブル席が3卓あり、足が楽で助かりました。2階には座敷もあるそうで、外観より思った以上に席数があります。
 

R0002764

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

レギュラーメニューはこちら。アテ・定食・単品・会席など間口広く品数豊富です。

R0002759

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

黒板メニューだけでもけっこうな品数。これだけでも充分な品揃えじゃないでしょうか。いい感じのラインナップなので、こりゃこの店アタリだと確信しました。
 

R0002763
そしてこちらが目当てのかき料理メニュー。かきの単品メニューは8種類あり、そのうち3種が味わえるかき三昧セットは3000円。500円追加でかき釜飯に変更できるのでこのセットを1つと、あとは単品を追加することにしました。
 

赤穂2
まずはセットから。(左上)小鉢は牡蠣の佃煮でした。アテにもご飯のおかずにも合ってておいしい。(右上)酢牡蠣。今シーズンは寒さがそれほどでもなく牡蠣の粒がまだ小さいと聞いていましたが、この数日前からやっと大きくなってきたそうです。(左下)蒸しがき。僕はレモンを絞らずそのままで。シンプルにうまい〜(右下)かきフライ。あつあつだしモノがいいからもちろんうまい。
 

R0002790
セットの釜飯にはかきが5,6個入ってて、3人で分けてもお茶碗一杯ずつ余裕で食べられるボリューム。500円追加でこれが食べられるならぜひものです。

R0002794
そしてお吸い物=お味噌汁にもかきが入ってました。味噌とかきは合うとはわかっているけど、お味噌汁は初体験かも。なんてことないんだけどこれが意表を突かれるおいしさで、かなり気に入ってしまいました。
かき料理3種と思いきや、小鉢とお吸い物もかき使用だったので5種。それに釜飯も加えたので、合計6種のかき尽くし。これで3500円は価値ありますなあ。
 

R0002785
以降は単品で、どうせ足りないだろうからとカキフライ。たまたま1つ食べるのが遅くなったんですが、妻曰く「モノがいいからかさめてもおいしい」とのこと。かき宴会の時に持って帰ったカキフライもおいしいもんなあ。
 

R0002787
こちらはかきのバター焼。バターでブーストされたかきの旨味が熱で凝縮されてて、旨味の塊。これはワイン欲しかったです。
 

R0002799
セットの蒸しがきがおいしかったので、単品追加。素材がいいからシンプルイズベスト。下に敷いてるワカメまでおいしい。
 

赤穂
シメは義母の希望でかきグラタン。こちらもかきたっぷりで、あつあつベシャメルとの相性は相変わらず鉄板。

特に目新しい料理ではなく定番ばかりでしたが、やはり定番だからこそ素材の良さがより感じられ、わざわざ赤穂まで来た甲斐がありました。どれもおいしかったんだけど、特に良かったのは蒸しがき。あと、佃煮とお味噌汁も妙に気に入りました。心残りは、赤穂の店ごとに調理法が違う「かきのぷりテキ(かきのぷりぷりステーキ)」が食べられなかったこと。単品メニューでは鍋も未食だし、またいつか再訪するとしましょう。いいお店でした、おすすめします。

{お店データ}
住所:兵庫県赤穂市加里屋53-6
電話:0791-42-5187
営業時間:11時半~13時半 17時~22時
定休日:日曜 ※金土祝の夜は定食なし
 

姫路駅の駅弁・台湾/日本鶏めし味くらべ(JR姫路駅)

IMG_4859
昨日は青春18きっぷでちょいと西の方に行ってたんですが、途中姫路駅のホームで、「えきそば」で有名な「まねき食品」の駅弁売店に出くわしました。
 

IMG_4864

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

けっこう種類豊富、さすが日本で初めて幕の内を売り出した駅弁屋だけのことはあります。ここの「名代あなご寿司」は昔から好き。

IMG_4866
「炙り煮穴子と焼き穴子のあいのせ重」とか「牡蠣ごはん弁当」とか、気になるのが色々あり。
 

IMG_4860
そんな中、一番気になったのがこちら「台湾/日本 鶏めし味くらべ」。そういやまねき食品が台北で駅弁を売ってるって話を聞いたことがありました。

IMG_4878
気になったので買って帰りました。台湾は排骨風、日本は照り焼風。

IMG_4874
左・排骨風は八角(五香粉?)が効いた甘辛味の揚げ煮で煮卵添え。中央に辛子高菜を挟んで、右・照り焼風は鶏肉の下にそぼろが敷かれており、錦糸卵・獅子唐・パプリカ載せ。今日びの駅弁としては980円というのはやや安い部類に入ると思いますが、価格の割には予想以上の出来。とにかく鶏肉のボリュームがたっぷりで、台湾・日本の違いもちゃんと感じられます。強いて言うなら、なんらかの辛味(一味とか)で味変させたくなるのと、全体的に味付けが濃いので、弁当というよりもむしろ飲むときのアテに向いてるってことくらいでしょうか。いやー、なかなか楽しい駅弁に出会うことができました。