「中華」カテゴリーアーカイブ

長崎に行って来ました(3)〜出島の後にちゃんぽんと皿うどん

DSC03161
旅先なんだから早起きして行動すりゃいいのに、夫婦そろってのんびり屋なもんで、10時前にホテルをチェックアウトして路面電車で移動。といっても行く先は3駅先(^_^;

R0035725
行き先は、かつて日本史でも学んだ出島。恥ずかしながら今も海に突き出してるもんだと思ったら、それは当時の話で、時が経ち周囲が埋め立てされて今やどこが島だったのかわからん状態になっていました。でも復元されて一般公開されてからまだ1年半しか経ってないだから、知らなくてもしょうがないか。

DSC03167
入場したら運良くボランティアさんによるガイドが始まったところだったので、ちゃっかり合流。話は面白いし、へえそうやったんか〜の連発。

DSC03166
明治期に役割を負え、埋もれていたものを60年程前から復元に着手されたのだとか。思っていたよりも見所が多くもっとゆっくりしたかったのですが、帰りの飛行機の時間とか昼ご飯のことを考えるとガイドの途中で離脱せざるを得ず、とても残念でした。
 

DSC03177
長崎市内から空港までのバスは混み合うので(しかもこの日は日曜)、確実に乗るためにはJR長崎駅付近から乗るのが堅い。そちらへ向かう途中でブランチをと思っていたら、かの有名なカステラの文明堂本店に遭遇。神戸でも買えるんだけど、オーラを放ってる建物だったのでちょこっとお土産を買いました。
 

DSC03196
今回の長崎旅行での最後の食事はぜひちゃんぽんと皿うどんでと思い、出島を出てから2軒ほどトライしてみたものの縁がなく、時間がなかったのでしょうがなく長崎駅の駅ビルへ向かい、選ぶ余裕もなく「皇上皇(こうじょうこう)」へ飛び込みました。上の写真は帰りに撮ったものですが、けっこう待ち列できてたのでもう少し入るのが遅かったらヤバいところでした。

DSC03179
この手の点心系にも惹かれたけれど、悠々とこんなの食べてる場合じゃない。

DSC03178
迷うことなくちゃんぽんと皿うどん(細麺)のギョーザセットとビールをオーダー。
 

DSC03182
ちゃんぽんの具は、キャベツ・人参・もやし・きくらげ・豚肉・げそ・牡蛎・蒲鉾二種。具だくさんで彩りきれい〜

DSC03191
太麺で白濁したスープは見た目よりあっさり。友人に訊いたところ、ちゃんぽんに牡蛎は地元では当たり前なんだとか。

DSC03187
皿うどんも具はほぼ似たような感じで、牡蛎の代わりにあさりが入ってたかと。味付けはやや甘め、最初はこのままで・途中からは地元流にウスターソースをちょっとかけていただきました。

DSC03189
細い揚げ麺が、最初はパリパリ・時間が経つにつれアンを吸ってしんなりしてくる変化も魅力の一つ。ビールのアテなら、ちゃんぽんより皿うどんですな。
歴史あるちゃんぽん皿うどんが世代交代により味が変わり、地元でもリンガーハットを勧める人がいるとか。確かにリンガーハットは美味しいけど、地元ならではのお店を大事にしたいですねえ。

この後駅からバスに乗って空港に向かい、昼過ぎの便で関空に戻りました。滞在時間ほぼ24時間、全くの駆け足だったので観光も食事も全く物足りませんでしたが、久しぶりの長崎はやはりいい街でした。是非また再訪するぞ!
 


長崎に行って来ました(2)〜寿司割烹 松ふじで地物色々

DSC02943
昼食の後はバスに乗ってグラバー園へ移動。斜行エレベーターに乗りたいという妻の希望に従って第2ゲートから入ったら、坂を登らずに済んでラクチンでした。

DSC02954
坂の上から見渡す港の風景は、神戸と似た感覚があります。港にはでっかい客船が停泊していました。

DSC03057
ウロウロしているうちに日が暮れてきて…

DSC03076
暗くなったら園内はライトアップでいい雰囲気でした。グラバー邸でプロジェクションマッピングのショーもありましたが、そっちはなんだかなあな感じ。

DSC03090
工事中の大浦天主堂のそばをとおって坂を下り、港に向かうと…

DSC03101
グラバー園から見えた客船が目の前に。マンション5棟分くらいありそうなものすごいデカさです。

DSC03107
乗客定員4180人のクァンタム・オブ・ザ・シーズという客船だそうで。豪華ですなあ〜

DSC03110
港から再びバスに乗って移動。(せっかく路面電車乗り放題のチケット持ってるのに〜)

DSC03124
長崎ロープウェイで稲佐山に登って、世界三大夜景を堪能します。ちなみに浦和レッズサポーターさんも多数いらっしゃいました。
 

DSC03152
宿に戻って荷物を置いて遅めの夕飯に出たのが22時前。友人お勧めの店・「寿司割烹 松ふじ」がたまたま宿から近く、24時までの営業なのでラッキーでした。

DSC03129
旅行客が事前知識なしにたまたま見つけることはまずないだろう路地の奥にあり、ジモティ率高そう。割りと若めのお客さんが多かったのがちょっと意外でしたが、この値付けなら確かに気軽に入れそうです。

DSC03136
ドリンクも安い。左下・焼酎のグラス売り欄に載ってる銘柄は、なんと三岳と魔王(@_@)

DSC03146
基本は寿司屋でネタ色々。キープは芋なら三岳、麦なら「壱岐」って焼酎が人気のようですね。

DSC03150
カウンター席には大皿料理の数々が。ちょうど目の前だったので、これはなんだろう、あれ食べてみたいと興味津々。

DSC03131
まずは瓶ビールをお願いして、突きだしをアテに何を食べようか検討。昼ご飯のボリュームが凄かったので、それ程お腹が空いてなくってちと残念。

DSC03133
大皿に載っかってた海老が綺麗だったので、塩焼きにしてもらいました。でっかくて身がブリブリで、盛りつけたっぷり。

DSC03135
これも大皿料理から酢の物。ちょっと寒かったので、この辺から三岳のお湯割りにチェンジ。

DSC03140
大皿料理の右端にあったデカい薩摩芋サイズの魚卵の煮物がずっと気になったので訊いてみたら、左・ヒラメ/右・ブリの子を合盛りにしてくれました。ヒラメのほうがきめが細かく、ちょっとネットリした感じ。どっちも焼酎が進む〜

DSC03143
揚げ物はカキフライと迷った結果、珍しい甘鯛フライ(650円)を最初は塩だけで、途中からちょっと醤油をつけていただきました。あっさりしていて旨味があって、贅沢な気分。

DSC03147
ぼちぼちお腹が膨れてきたので、〆に茶碗蒸し(400円)をお願いして…

DSC03149
予習してきた長崎風の鉄火巻きを。こちらでは鮪ではなく、ブリ・ハマチ・ヒラマサなどを使うのだそうで、これはこれでうまし。海苔の香りがくっきりして良かったのも印象的でした。

DSC03151
妻と二人でそれなりに飲んで7500円ほど、もっと色々食べたかったのにあんまり食べられなくて残念でした。リーズナブルで大将親切で地のものが色々味わえていいお店、長崎に来たらまた来てみたいです。教えてくれた友人に感謝。
 

DSC03154
宿への帰り道、深夜にもかかわらず持ち帰り客の列ができている長崎ぶたまん・桃太呂に遭遇。お腹一杯だったけど、せっかくなのでちょっとだけ買ってみたら、小振りで皮はやや柔らかめであん(中身)はあっさり。僕の前のお客さんは50個買ってはりました。神戸にもあちこち豚饅は売っていますが、こんな時間に売ってるのは見たことがありません。さぞや地元で親しまれてるんでしょうねえ。
 


やはりいい店だった「楽関記」(神戸・元町)

2018-02-25 14.45.04-2
昨年6月にオープンした時からいい店オーラを放ちまくっていた「楽関記」、ずっと行く機会を狙っていたのですが、年が明けてランチを始めたことを知り、やっと妻と二人で行くことが出来ました。
 

2018-02-25 13.56.13
ランチはセット4種・定食・コースの計6種類。250円追加でここのウリである小籠包3個を付けることが出来ます。
 

2018-02-25 14.00.05
各種ソフトドリンク・アルコール類に加え、中国茶もあり。赤星置いてる店はいいお店。
 

2018-02-25 14.07.34
僕が選んだランチセットは小皿前菜3種・ご飯か麺・本日のスープで、これにもちろん小籠包を追加しました。まず小皿前菜は、ピリ辛もやし・キクラゲとクコの実の冷製・生ザーサイ、これが出てきた時に、あ、ここはアタリと思いました。どれもいい意味で洒落ていてアテになる。っていうか、これでアルコール抜きは考えられないッス。特に生ザーサイうまし。

2018-02-25 14.08.04
妻はお魚定食を選択、小皿前菜4種・天然魚の清蒸・ご飯・本日のスープ・生ザーサイ、これに小籠包を追加。こちらの前菜は上段はもやしとキクラゲ、下段は蒸し鶏・鹵水叉焼(ロスイチャーシュー)。鹵水料理って名前は聞いたことありましたが、食べるのは初めてでした。
 

2018-02-25 14.11.57
本日のスープは、玉子とレタス。このスープを含めいずれの料理も素材を活かした薄味で、妻も僕も好みな路線です。

2018-02-25 14.21.14
追加の小籠包は、なんちゅうか一言で言えば、すごくちゃんとした小籠包でした。一つ目はレンゲに乗せてそのままで、二つ目は黒酢を少しかけていただきましたが、結論としては何も足さずにここままが一番。一人三個じゃ全然物足りませんw
 

2018-02-25 14.23.59
お魚定食の清蒸、魚の種類は聞き漏らしました。ちゃんと一皿ずつ蒸し器で蒸して出してくるのが、当たり前っちゃあ当たり前なんだけど、ランチでこの価格でそれをきっちりやるのが好印象。
 

2018-02-25 14.26.35
ランチセットの麺orご飯は鹵肉飯(ルーローファン)を選びました。いい意味でイメージしてたのとは違って、豚肉の角切りがゴロゴロ。ミンチや薄切りじゃなくて角切りならではの豚肉の旨味と醤油ベースのタレ、アクセントの白髪葱と香菜、それらがご飯と一緒くたになって、かなりハイレベルな載っけご飯、ウメ〜!
 

2018-02-25 14.34.22
どれもこれも出てくるなりがっついて、それに加えて’前菜に出てきておいしかった生ザーサイを単品で追加してしまいました。
 

2018-02-25 14.44.46
お店の夜メニューを見てみると、ランチメニューはそのダイジェスト版というかプロモーション版というか、「昼で試して是非夜も来て!」ってメッセージが感じられます。まんまとそのとおりハマったというか、予想どおりというか、これは日を改めて是非夜にも来ねばなりません!

{お店データ}
住所:神戸市中央区北長狭通3-6-5
電話:078-334-7172
営業時間:11時半~15時 17時半~22時
定休日:火曜
 


5ヶ月振りに「いち」(神戸・JR兵庫駅南側)

2018-01-27 17.36.37
そんなにご無沙汰やったっけと後になってわかった久しぶりの「立ち呑み厨房いち」。一度妻と行って満員で入れなかった時を挟んでの5ヶ月振りで、今回は早めの一人飲み。
 

2018-01-27 17.38.202018-01-27 17.41.09
18時前の入店だったので、まずはワンコインセットを頼んでメニュー検討。この日のセットは枝豆と水餃子・魚の蒸し物でした。蒸し魚、おいち。
 

2018-01-27 17.39.522018-01-27 17.51.00
どうしようかなあ、毎度ながらやけど迷うなあ〜
 

2018-01-27 17.55.09
迷ったあげく、まずは今まで記憶になかった柚子胡椒と高菜の白麻婆豆腐(360円)。いつもの麻婆豆腐とは違う種類の辛味と、高菜と豆腐の組み合わせが面白く、なんとなく素朴さも感じます。思わずハイボールから紹興酒にスイッチしました。
 

2018-01-27 18.09.11
続いて、あればほぼ自動的に頼んでいるエビ天。メニューでは四川揚げ葱フレークがけ(360円)になってましたが、敢えてシンプルにお願いしました。
 

2018-01-27 18.21.29
〆は以前食べてすごく好みだった、台湾ミンチと焦がしラー油の油そば(390円)。卵黄を潰してグワーッと混ぜて、ちょい濃いめで辛くてパンチのある味付けが、酒のアテとしても合うんですよ。やっぱうまいなあ。これ。

今回は一人だったので、これだけで限界。人数揃えてもっと食べたいなあと思っていたら、この数週間後に同級生と3人で行くことが出来ました。前回は満席で入れなかった妻ともまた来なければ。
 


しんどい仕事に備えて王将へ(神戸・JR兵庫駅北)


僕が担当している仕事の中で一番しんどい&難しい仕事が昨日終わりました。年1度の難関に備え、その仕事が始まる前日に帰宅してすぐ、妻と一緒に近所の王将でパワー注入してきました。時々あることで、餃子が食べたくてたまらなかったんです。うちの近所の王将は割りとあたりだったと思ってるんですが、この日の餃子がいつも以上においしく感じたのは、焼き方が上手だったのか食欲のせいなのか。
 

2018-02-08 19.43.42
続いて創業50周年感謝メニュー・2月限定の鶏肉の四川風炒め(584円税別)。鶏肉・さつまいも・人参・ピーマンを炒めて、豆板醤の効いたタレを絡めたものとのことでしたが、辛味は全然大したことなし。店内のメニュー写真と見た目もかなり違っていたものの、これはこれであり。ビールのアテにしてたら白ご飯が欲しくなりました。
 


上記だけでは足らないし白ご飯も欲しかったので、日替わりサービスセット(ライススープ付き639円税別)を追加、おかずはエビフライ2匹と肉団子甘酢で、特段どうってことはないけれどさすがお得感ありました。

ビールも2本飲んで大満足。こうして徐々にテンションを上げていって、しんどい仕事も無事完了。無事やりきれたのも、王将の餃子が幾分貢献してくれたんだと思っています。