「バー・パブ」カテゴリーアーカイブ

再開した「肉バルSow」のちょい呑みセットがいい(神戸・新開地)

IMG_8008
「KOBE CINEMA PORT フェス」チケットで初めて来て、その後もう一度。また行きたいと思ってたらここしばらくコロナで自粛だったんですが、6月1日から営業再開とのことで「肉バルSow」に妻と二人で行ってきました。
 

IMG_8012

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

肉バルっちゅうくらいなんで、肉料理もアルコール類も各種豊富に揃ってます。がしかしここはとりあえずドリンク・肉料理・サラダを選択肢から選べて1000円の「ちょい呑みセレクト3点セット」をいっとかねば。
 

IMG_8015
ドリンクは生ビールを頼んだら、ギンギンに凍ったそこそこサイズのグラスに入って出てきました。ウメ〜
 

IMG_8018
妻と二人だったので、当然料理は別の組み合わせにしました。こちらスジ煮込みとポテサラ。ポテサラは(悪い意味じゃなくて)フツーにおいしいんだけど、スジ煮込みがバカウマ。味付けもいいしとにかく肉質抜群で、トロッとしてて旨味ジュワジュワ。しかもセットで1000円なのにけっこうボリュームあるんです。
 

IMG_8020
こちらはサルサラダ(豆などが入ったサラダにサルサソース)とサイコロステーキ。ぶっちゃけいいますが、僕はサイコロステーキなるものには経験上期待はしないことにしています。でもこれは違った。ややさっくりしてたのでハラミ系かも知れませんが、脂が甘い。これってほんとに1000円セットもの?って思うほどで、適度な脂分と新玉ねぎとの組み合わせもむっちゃおいしい。さすが肉バルを名乗るだけのことはあるなあ、けどこれってお得過ぎひんか?
 

IMG_8022
中途半端な時間だったので軽めにサクッと切り上げましたが、その他メニューも色々。レギュラーメニューを撮り忘れたのでオススメメニューのみあげておきます。

IMG_8023
新開地にしては外観内観ともおしゃれだし、食べ物飲み物のラインナップも周囲の他店に比べて個性的。オープンしてまもなく1周年なのに、しばらく休業で大変だったことでしょう。是非ともこれからガンガン頑張っていただきたいです!

{お店データ}
住所:神戸市兵庫区新開地3-3-4
営業時間:17時0~23時
定休日:日曜
 

再開した「ニューミュンヘン 神戸大使館」でアレを(神戸・三宮)

IMG_7930
しばらくお休みしていた「ニューミュンヘン神戸大使館」、5月16日から営業再開していたそうです。これでようやく例のアレにありつくことが出来ます。
 

IMG_7942
1階のカウンター席のつもりだったんですが、妻と二人だったせいもあるのか「3階にどうぞ」と案内されたので、素直に従いました。

IMG_7937
平日の15時前にもかかわらず、思ってた以上の入り。ビールを飲みながら楽しまれている女性グループ客の率が高めでした。
 

IMG_7932

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

IMG_7941
僕はいつも通りサッポロ生ビールの大ジョッキ(1034円)。喉が乾いていたもので、最初の一口でグハ〜ッとここまで飲んでしまいました。
 

IMG_7933
当面は営業時間もメニューも縮小とのことで、食べ物メニューはこれだけ。看板メニューの唐揚げはもちろんあるので問題なし、できれば単品のザワークラウトは置いといて欲しかったなあ。

IMG_7948
ということで丹波地鶏の唐揚げ(レギュラー1100円)、これが食べたかったのよ〜なんでこんなにうまいのか。かつては裏メニューだったスモールサイズも晴れて表メニューになり、以前よりいっそう一人でも来やすくなりました。これから暑くなるに従ってどんどんビールもおいしくなりますしね!
 

昨夜は「abuはち」(神戸・元町)

IMG_6162
年に数度しか行ってないのでとても常連とはいえないけれど、僕が最も長く通っているバーであることは間違いない「abuはち」。店の存在を知ってから扉を開けるまで、10年かかりました。入口がわかりにくいし中がどんな雰囲気なのか分からなかったし、何よりその頃は僕もまだ若くて、扉を押し開ける度胸がありませんでした。
 

IMG_6163
でも、一度勇気を出して開けてしまえば、全然どうってことなし。若い人でも女性一人でも、全く抵抗なく通える、気さくで居心地のいいバーです。分からないことがあれば、飄々とした雰囲気のマスターになんでも聞いてみてください。
生きていくのに、バーは必須ではない。でも、「バーみたいなもの」がない生活なんて、面白くないと思いませんか?コロナだからって家に篭ってないで、たまにはバーで気持ちを解放させましょうよ。なんか知らんがプラスアルファが欲しい気分になった時、ほっこりしたくなった時、あるいはなーんも考えてない時。僕は「今日はabuはちに行こう」って思ってしまうんです。

{お店データ}
電話:078-331-2798
住所:神戸市中央区元町通2-7-8
営業時間:17時~23時半
定休日:日祝
 

おがちゃんと(控えめに)ハシゴ(2)〜プティソムリエ・毎日喫茶(神戸・新長田)

◎2軒目:プティワインソムリエ

IMG_3192
2軒目の心当たりがあるかとおがちゃんに聞いたところ、特に無いと言うので僕が以前行ったことがある店に行ってみたら、なんか様子が変わっていました。

IMG_3194
以前は「ワインも飲めるが買える店」(マイソムリエ)だったのが、「ワインも買えるが飲める店」(プティワインソムリエ)に変貌、女性店主さんはそのまま。
 

IMG_3197
テーブル席もありましたが、店主さんが面白そうな方だったのでカウンター席へ。表に看板が出ていたグラスワイン付きおまかせプレートをお願いしました。

IMG_3201
色々載っかったプレート、ソーセージは茹で立て、角切りのローストポーク(紅茶豚)は自家製。色々楽しく話しながら飲んでたら、グラス一杯じゃ当然足りません。

IMG_3206
ランチもやってはるそうで、食べ放題のバゲットはなんと和田岬のメゾン・ムラタのを使用。ちゃんと押さえるところを押さえてると言うか、店の方針転換などなかなかしたたかさも感じます。

IMG_3204
希望を伝えて選んでもらい、赤ワインをもう一杯。

IMG_3210
最近おがちゃんが凝ってることもあって、自家製カレーを注文。添えられているのはメゾンムラタのバゲット。スパイスの香りが豊かなカレーでした。

IMG_3209
おがちゃんは日本酒にチェンジしてから、お土産用にワインを一杯買ってました。
先客は1組だけだったけど、ワインもアテもおいしく手軽なせいか、色んな年齢層のお客さんがやって来られます。こんな感じのお店は神戸の西の方でないんとちゃうかなあと話していたら、店主さんが「近隣に競合店ナシです!」って笑ってはりました。
 

IMG_3213
希望を伝えて選んでもらい、僕は赤ワインをもう一杯。

IMG_3220
それなりにお腹は膨らんできたので、チーズの盛り合わせをアテにちびちび飲りながら、さらに色んな話で盛り上がります。

IMG_3226
で、その話に出てきたarbois vin jaune(アルボワ・ヴァン・ジョーヌ)。ヴァン・ジョーヌ=黄色いワインってことで、結構レアものだそうです。黄色いワインといっても黄味が強い白ワインで、かなり辛めで個性的な味わい。説明なしに飲んだらワインとは思わなかったでしょうね。ソムリエのテスト問題に出てきたりもするそうで、なかなか貴重な体験をさせてもらえました。

{お店データ}
住所:神戸市長田区腕塚町6-1-31 アスタくにづか2番館南棟104
電話:078-612-1210
営業時間:12時~23時(日曜は19時まで)
定休日:月・木

ぼちぼち閉店時間が近づいてきたのでお邪魔することにし、近所で飲めるところがないか試しに店主に訊いてみたところ、面白そうなお店を教えてくれました。
 

◎3軒目:毎日喫茶

IMG_3229
アーケードを南に抜けて西に数メートル、「MAINICHI」と看板が出ているだけでなんの店だかさっぱり分かりません。
 

IMG_3231
扉を開けると、壁には各種お酒とCDがいっぱい。人見知り激しげなマスターがリクエストに応えて音楽(主としてロック系?)を流してくれます。お店の片付けが終わったプティワインソムリエの店主さんも合流、3人でまたしても話に花が咲き、危うく終電を逃すところでした(^_^;) こんな時間にこんな所でこんな店があるとは思わなかった〜教えてもらえて良かった〜

{お店データ} 詳細不明
 

おがちゃんとのハシゴ、今回は控えめに3軒だけでしたが、なかなか内容濃く充実していました。テケトーに行ってもなんとかなるもんですなあ。
 

銀座ライオンにて(羽田空港)


月曜からの東京旅行もあと少し。出発時間までまだ余裕があるので、羽田空港の銀座ライオンで遅めの昼飲み中。妻チョイス・彩り12品目のスプリングシーザーサラダ(980円)はなかなか正解、黒ラベル大ジョッキ(1050円)は飲みごたえあります。
 


唐揚げは小サイズ(510円)にしたら、ちょっと足りませんでした。

今回の東京旅行は事前にあまり予定を決めずテケトーな旅だったので、知り合いに連絡しなかったのがちょっと心残り。でもその分あちこち知らない街をうろつけて、桜もいっぱい見られたし、色々食べられたしで、また後日エントリします。