バンコク旅行記(4)〜ローカルレストランでランチ

忘れた頃にエントリされる、去年のバンコク旅行記の続きです。

P9121441

3日目の午前中はオプショナルツアーに参加して、昼からは自由行動。今回の旅ですごく役に立ったガイドブック「タイ行ったらこれ食べよう!」に載っていたレストランへランチを食べに行くことにしました。
ところが、ガイドブックの地図を見ながらiPhoneのGoogle Mapを頼りに探すも、なかなか目的の店にたどりつけない。
(ちなみに写真左上の蜘蛛の巣みたいなのは電線です)

P9121445
ここかなと思った場所には別のお店があるっぽくて、でもよくわからず何度か前を通り過ぎました。

P9121487P9121490
探していたのは「クルアヌンソーン」というお店なのですが、英文表記ではおよそわからず(あとで調べたらクルア=台所=kitchenだった)、結局ここで正解だと判明。

P9121461
お店に入ったら、インテリアがカラフルでポップ、お昼時だったのでご近所のオフィスワーカーっぽい皆さんで一杯。

P9121459P9121456

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

テーブル上にメニューがありましたが、何が書いてあるのかさっぱりわかりましぇん〜

P9121466
でも、「タイ行ったらこれ食べよう!」に出てた料理写真を指差して、難なく目的のカオクルックガピを注文。

P9121471
カオはごはん・クルックは混ぜる・ガピはタイの発酵した海老味噌だそうで、ご飯とその上の具をグワーッと混ぜていただきます。観光客なので辛さは控えめにしてくれたのでしょう、旨味の濃い海老味噌味と野菜他の具とご飯が一帯となって、あっさりおいしい。

P9121480
具はここで載せて作ってくれました。

P9121476
もう一品はメジャー料理のパッタイ、盛りつけもお皿もすごく整っててセンスが感じられます。もちろんこれもおいしかったけど、もっと辛目が良かったなあ。

P9121484
2品を食べ終わる頃、お店のおばちゃんがジェスチャーでこれをデザートに食べていいよと教えてくれました。

P9121479
でっかい豆が入った甘いぜんざい風。辛いのを食べたあとに、それをクールダウンさせる効果もあるんでしょうか。

どちらも現地ではメジャーな料理なのでフードコートでも食べられるんでしょうが、ローカルな雰囲気が味わえてわざわざ探していった甲斐がありました。他の料理も食べたかったっす。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.