待望のせいこ蟹コロッケなど「トミー」で洋食満喫/後編(福井市)

20151117トミー
せいこ蟹のクリームコロッケを楽しんだ後も、いくつか選んだ料理を3人でワケワケ(参考リンク:トミーのメニュー)。もう少しフライものが食べたいということで、2番手は僕も初めてのポークカツが登場しました。アラカルトで970円とこちらでは安いメニューながら、サイズが立派でびっくり。長辺で20cm位ありましたかねえ、とりわけしやすいように予めカットしてくれていて、ドミグラスソースではなくトンカツ用ソースがかかっています。


Pork cutlet at Tomiy Fukui Japan 20151117
断面はこのとおり。けっこうな厚み、ギリギリ赤味が残らないよう火が通っていて、噛みしめると質のいい肉汁がたっぷり溢れ出てきます。失礼ながらそんなに期待してなかったんだけど、こりゃあかなりコストパフォーマンス優秀で、京阪神のちょっとした洋食屋だったら1500円は下らないでしょう。大きさは違えど、これと同じ豚肉を使ったカツサンドをお土産に持って帰ったんですが、これまた1000円とは思えないほどのボリュームと味で家族に大好評。こちらの週替わりランチではちょくちょく豚肉料理が出てくるので前から興味があったんですが、ますますランチを食べてみたくなりました。


20151117トミー
今回の主たる目的は、せいこ蟹料理とドミグラスソース。えて吉さんは初回のハンバーグで経験しているけれど、初トミーのこばやしさんにとってはこちらも大きなテーマです(むしろこっちがメインかも)。ソースを味わうならやはりシチューだろう、ビーフかタンかどっちにしようかと思ってたら、両方味わえるセットを単品で出してくれるということで、即決。


20151117トミー
出てきたビーフ&タンシチューを見てのこばやしさんの第一声は「黒いなあ〜」。僕のエントリの写真を見てはいても、やはり実際現物を見てみないとその黒さはわかりません。3人で代わる代わる急いで写真を撮って、各自小皿に取り分け。で、こばやしさんが口に含むやいなや、「うまいっ!」と声を出したのにはちょっと驚きました。これまで色々一緒に飲み食いしてきて、こういう反応をするケースは記憶になかったもんで。僕がうまいうまいとさんざん煽っていたもんでwそれが逆効果になりはしないかと少し心配していたんですが、このソースのおいしさに共感してもらえてホッとするやら嬉しいやら。
えて吉さんと僕にとっても、今回初めてこのソースとワインを一緒にいただきました。無論合わないはずはなく、ワイン一本あっという間に空。別途パンをオーダーして、余すことなくソースをぬぐい去りました。


20151117トミー
もう少し何かいただきたかったので、これまた僕も初めてのカレー。こちらのお店の歴史をたどっていけば、神戸のホテルのレストランにたどり着くので、恐らくそっち系がベースではなかろうかと。当然インド料理系ではなく、お家カレーでもない一種独特のカレーでした。ご飯を大盛りにしていただいたのに、食べきれずに申し訳なかったです。


20151117トミー
そして、またしてもお店からのサプライズが。初めてえて吉さんと来た時もめったにない牛タンクリームコロッケをいただいたんですが、今回もたまたま週替わりランチのうちの一つがこのコロッケ。わざわざ遠くから来てくれたので是非味わって欲しいと、お店からプレゼントしていただきました。うれし〜


20151117トミー
2回目だけどやっぱり何度食べてもおいしい〜 せっかくバスで福井まで来たんだから帰りまでに別の店にちょこっと寄れるかなあと思ったいたのに、これでとどめを刺されてしまった感じです。ラストに嬉しい誤算でした。


今回もマダムを始め、お店の方と少しお話しできる時間がありましたので以下小ネタ。

  • お店の名前トミー(TOMIY)は、初代シェフが好きだったお酒からとったとのこと。
  • ただし、どんなお酒なのかは不明。
  • 「トミーのハンバーグ(もちろんデミグラスソースがけ)じゃないと嫌」というお子さんも多いそう
  • 3代目シェフは、学生時代に初代シェフのお弟子さんの店(福井市内)でアルバイトしていた
  • 3代目は「このソースは絶対に守り継いでいく、でもそれ以外は自由にさせて欲しい」とご両親に言っているとか
  • 例えば、日本酒とのマリアージュを楽しむ食事会など新しい試みも
  • 参考サイト:福井市の宝石屋さん・ジュエリー土屋さんのブログ

こんなに手間のかかる(コストがかかる)ソースがいまだに生き残っているのは、こちらのお店が家族でやってるからというのが大きな理由の一つだと思います。そういう意味では、この3代目がいる限りまだまだ安泰。もちろんお店にその技術があっても、それを求めるお客さんがいなくては商売として成立しません。ここのハンバーグじゃなきゃ嫌!って子供がいる限り、こちらもまた安泰かと。お店もお客さんもすごいなあ。




「待望のせいこ蟹コロッケなど「トミー」で洋食満喫/後編(福井市)」への4件のフィードバック

  1. う~ん、良いですねえ。なかなかタイミングが合わないですが、次回は私も是非「おいしさに共感」させていただきたいと思いますw

    1. LAKSAさん>
      今回はタイミング合わずで残念でした。
      当たり前ですが、いくら写真見ても文章読んでも食べないことには絶対わかりませんので、是非ご体験下さい!

  2. かにさん入りのグラタン食べたい! 来年の今頃 食べに行けたらええな。
    今度 友達に会ったら 誘ってみよっと。

    1. ぶっちゃこさん>
      わずかな期間しかやってないので、スケジュール調整して来年是非行ってみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.