「神戸」タグアーカイブ

リクエストにお応えして金時食堂へ(神戸・元町)

IMG_9082
「まだ行ったことない」と妻からリクエストがあり、元町の金時食堂へ。この日は日曜だったのでひょっとしたら定休日やないかと思って行く前に調べてみたら、祝日以外は営業とのこと。昼から通しで夜まで飲めるし、使い勝手のいい店ですなあ。
 

IMG_9065
ここの揚げ物をこれまでトンカツイカフライ・チキンカツといただいてきたけど、野菜もたっぷりでどれもはずれなし。今回は妻チョイスでカキフライ(4個550円)、これもコロモサックリ・カキの火の通り加減もばっちりで上出来でした。
 

IMG_9067
これも妻チョイスの砂ずり(360円)。店に入ったのが16時頃までだったので、サービスタイムが適用され(18時まで)瓶ビール大瓶が570円のところ450円でした。
 

IMG_9069
最後にもう一品ということで、前から気になっていたオムレツ(550円)をば。これも野菜たっぷりです。

IMG_9071
中にミンチ肉とかネギとかが混ざってるタイプで、ふわとろ。ここのだし巻きとかネギ入りだし巻きを洋食寄りにした感じで、昔母が時々作っていた「味付けミンチを巻き込んだタイプ」を思い出しました。ドミグラスソースとの相性も良く、これもいいなあ。
 

様々なお客さんがいて明るい店内の様子を見て、妻は「これなら一人でも全然抵抗なく来れるわ」とのこと。既に一人デビューを済ませているうちの娘に続き、妻の一人デビューもそう遠くないようです。
 


ちょい飲み手帖でKyo(神戸・三宮)

IMG_8889
色々楽しませてもらってるちょい飲み手帖ですが、一つ残念なのは昼飲みできる店が少ないこと。まあ昼から飲む人自体が少ないだろうからしょうがないんですけどね。そんな中この「Kyo」は昼夜二部制でやってるので助かります。
 

IMG_8909

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

この日行ったのは15時頃、昼の部はカレー等のランチ類もあれば飲むのも可。後で聞いたら昼の部と夜の部とではお店をやってる人が入れ替わるそうです。
 

IMG_8906
一部値段表記があるもの以外は、昼夜ともドリンク300円均一は驚きです。芋焼酎なら三岳・赤兎馬なんかもあるし、バーボンも色々、生ビールもアサヒの熟撰だし。
 

IMG_8895
ドリンクは三岳のお湯割りをお願いしました。セットのアテその1はのれそれ。

IMG_8898
アテその2はお造り盛り合わせで、サーモン・ぶり・さわら。

IMG_8902
おでん3種盛りは大根・糸コン・玉子で、ちょい飲み手帖セット(1000円)としてはかなりなボリュームの部類に入るんじゃないでしょうか。大根むっちゃでかいしお腹一杯…
 

IMG_8910
個人的にはちょっとおでんが甘めかなあとは思いましたが、お造りも(失礼ながら)予想以上にがんばってはる感じです。昼から深夜までやってる・ドリンク(一部を除き)300円均一・料理もお手頃価格と使い勝手良さそう。このあたりなかなか面白い店が揃っているのですが、またもう一店レパートリーが増えた感じです。

{お店データ)}
住所:神戸市中央区北長狭通2-8-11
電話:(昼営業)090-5363-7313(夜営業)090-1221-1286
営業時間:11時~17時 18時~24時
定休日:火曜
 


ちょい飲み手帖で「三宮麦酒」(神戸・三宮)

IMG_8403
北野坂を三宮駅からちょいと北上、三宮麦酒の存在は前から知っていました。でも地下にあるし様子がわからないので入ったことがなく今回が初めて。
 

IMG_8407

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

ちょい飲み手帖の内容としては、まずこれらのビール(定番4種・本日のBeerのうち星がついている5種)の中から3種選んでのび比べができます。

IMG_8410
グラスのサイズは一口でも、色々比べることが出来て楽し。選んだビールの説明がコースターに書かれていて、これなんやったっけという心配はありません。ちょい飲み企画でなくても通常780円で飲み比べできて、なかなかいいんじゃないでしょうか。
 

ちぃのみビール
アテは枝豆とソーセージの盛り合わせ。枝豆は茹で加減堅め・ソーセージはそれぞれ味付けが違っており、テケトーじゃなくちゃんとやってる感が感じられて好印象でした。
 

IMG_8428
なかなか良かったので、後日妻と再訪しました。前回は一人だったのでカウンター席、今回はテーブル席。店内結構広くて宴会も出来ます。
 

IMG_8413
妻はちょい飲み手帖を楽しんでもらい、僕は別メニューでという算段。こちらのお店、キリンビールの直営ではないけれど一番搾りコラボショップだそうで、先のクラフトビールメニュー以外にも色々あるんです。

IMG_8415
ビールだけでなくカクテル系も色々あり。ジョニーウォーカーのあまり見たことないバージョンにもちょっとくすぐられたりして。
 

IMG_8848
でもやっぱりビールいっとこ、ということでキリン一番搾り樽生詰め(380円)。僕は普段は瓶ビールが多いんですが、おいしいとこの生ビールってやっぱりおいしいですねえ。
 

IMG_8843

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

ドリンクだけでなく、食べ物も神戸を意識したものとかもつ鍋とか、色々試してみたいものがあります。
 

IMG_8846
ちょい飲み企画の枝豆とソーセージに加えて、海老とアボカドのコブサラダ(530円)とSABARの炙りトロさば(680円)を追加して大充実。もちろんビールをお替わりしたことはいうまでもありません。

この後もう一度ちょい飲み手帖で使わせていただき、3回コンプリート。気に入った理由はごく単純で、ビールがうまい・料理がうまいただそれだけ。駅からも近く営業時間も長いし無休だし、おかげでいい店に出会うことが出来ました。

{お店データ}
住所:神戸市中央区加納町4-3-5 シャトー北野坂ビル B1F
電話:078-327-7672
営業時間:15時〜24時
定休日:無
 


家族揃って小小心縁(神戸・元町)

IMG_9022
家族のスケジュールがなんとか揃ったので、南京町の福建・広東料理「小小心縁(シャオシャオシンエン)」に行ってきました。
 

IMG_9041
かなり以前、鯉川筋だったかトアロードの上の方にあった時に数度行ったことがあるけれど、南京町に移転してきてからは僕は初めて。何かと賑やかしいメインの通りからはちょっとはずれていて、落ち着いた雰囲気があります。

IMG_9055
移転してからもうそれなりの年数が経っているはずなのに、店内は改装したてのように綺麗。高級店に見えるのに、ランチは1000円アンダーだし夜はコースなら一人3000円からで、今回は4000円のコースをお願いしました。
 

IMG_9039
まず前菜は、クラゲ・焼豚・蒸し鶏・ピータン・酢れんこん・海老・セロリ。中華の前菜で酢れんこんはちょっと珍しいかな。どれもおいしかったけど、太めのクラゲが特に好みでした。
 

IMG_9042
スープは福建岩海苔入りフカヒレ。お正月以降ちょっと胃が疲れ気味だったので、淡泊なスープとフカヒレの食感が嬉しかったです。
 

小小1
季節野菜と海鮮の炒め物は、野菜シャクシャク・海老プリッとイカ柔らかく。揚げ物盛り合わせは春巻き・カキ・なす。薄めでカリッとしたコロモで特にカキがうまし。
 

IMG_9053
肉料理はスペアリブの福建紅麹風味煮込み。紅麹はくせもなくやさしい風味で、スペアリブはホロホロ。
 

IMG_9056
福建式海鮮のお好み焼は、期待通り嬉しいことにカキ入り、表面カリッと中ふんわりにカキが抜群にマッチしてます。別館牡丹園のとかこばやしさん作のとか何度か食べたことあるけど、やっぱりこれはいいなあ。
 

小小2
自家製飲茶点心は、これもまた嬉しいことに小籠包。スープたっぷりウマウマ。最後の鮭とキャベツのチャーハンでもうお腹一杯の大満足。
 

IMG_9064
別腹のデザートはマンゴープリンか仙草ゼリーの選択で、僕は前者をいただきましたが、甘さ控えめでボリュームもたっぷりでした。

ぶっちゃけ、今の南京町メインストリートは行きたいと思う店がどんどんなくなってしまい、観光客向けには盛り上がっていても地元民としてはなんだかなあと思うばかり。そんな中、今回のコースは質も量もコストパフォーマンスがよく、あのゾーンに残る今や貴重ないい店だなあと思いました。今度ランチも行ってみようっと。

{お店データ}
住所:神戸市中央区栄町通1-2-26
電話:078-321-3434
営業時間:11時半~15時 17時~22時
定休日:水曜(祝日は営業)
 


ちょい飲み手帖でパーラークニヲ(神戸・元町)

IMG_8631
今回の「パーラークニヲ」、元町のエビアン金時食堂の間にあってよく通るところなので、以前からなんか面白い店やなあと気になっていました。でもオサレーな感じなので、まさかおっさん一人では入れないし。
 

IMG_8633

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

と思ってたら、なんと今回のちょい飲み手帖に掲載されました。え、ここって飲めるんと?と思ったら、ビール・ハイボール・チューハイなんかもあるそうな。

IMG_8636
いくらちょい飲み手帖に載っているとはいえ、やはりおっさん一人では入りにくい。そこで、例の京都在住時々神戸に帰ってくる友人(彼もちょい飲み手帖を持っている)を誘って、おっさん二人で行ってみることにしました。二人なら多少恥ずかしさは薄れるんとちゃうか、でも周りから見たら場違いさは倍増以上でしょうなあ(爆)
 

IMG_8637
恐る恐る入ってみると、どうやら1階は雑貨屋さんのみで、声をかけても誰も出てこず。なかなか面白い品ぞろいなのはいいけど、ええんかいなこんな不用心で。しょうがないので階段で2階へ上がってみると…
 

IMG_8644
そこには予想を超えるオッサンには似合わないスペースが広がっていました。市松模様の床がレトロでモダン、調度にももちろん色々こだわりが感じられ、そこここに飾られたオブジェがいい感じでアートしてます。似合わんのは承知ながら、個人的にはこういう空間好きやなあ。
 

IMG_8643
ちょい飲み手帖のドリンクは、3種のビールから1種類をチョイス。

IMG_8657
そしてそれにこちらオリジナル・ビターなココアビスケットクラッシュが載っかった2トーンチーズケーキがつくという組み合わせ。多くの飲み助にとっては「えー、ケーキでビール!!」って感じでしょうが(僕も多少)、甘さ控えめでけっこうかっちりしたチーズケーキだったので、重みのあるビールとの組み合わせはそんなに変じゃなかったですよ。
 

IMG_8660
お店の人にメニューを見せて下さいとお願いしたら、タブロイド判の新聞みたいなのを持ってきてくれました。面白いですねえ、こういうところも。できればスイーツでビールっちゅうのは遠慮したいので、喫茶orアテとアルコールのどっちかはっきりさせて是非また来てみたいです。近くの森谷商店のメンチカツ/コロッケ・トアロードデリカテッセンのソーセージ・和田岬メゾン・ムラタのパンなど、メイドイン神戸の材料を使っておられるところも好印象。なんか知らんけどここ気に入りました。オッサンじゃなかったらもっと行きやすいのになあ。

こういうお店と出会えるのが、ちょい飲み手帖の面白さの一つでしょうなあ。

{お店データ}
住所:神戸市中央区元町通1-7-2 ニューもとビル 1・2F
電話:050-5338-3145
営業時間:7時半(土日は9時)〜L.O.21時
定休日:不定休