「神戸」タグアーカイブ

家族そろってペルドマーニでディナー(神戸・北野)

R0001602
GWのこと。家族そろってディナーへ行くことになり、ここんとこ中華が続いていたので久しぶりにペルドマーニを提案したところ、全員大歓迎。

R0001609
北野に移転する前、大開駅の近くにあった時は家族でちょくちょく行ってたんだけど、妻と僕は北野に移転してから二度目、娘達なんかなんとこれが初めて。気にはなってるんだけど、離れてしまうとついついご無沙汰になってしまいます。

R0001626
娘達が小学生の頃から知ってるシェフは「大きなりましたねえ〜」と言ってたけど、シェフんとこの娘さんも大きくなってるやんw ま、お互いみな元気そうでなにより。
 

R0001612

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

この日のメニュー。癖のあるフォントみたいな筆跡は相変わらず。この字みたらペルドマに来たなあって思います。
 

R0001613
飲み物は泡をボトルで頼んで、まずはオードブルの盛り合わせ。田舎風オムレツ・ワカサギのエスカベッシュ・ブリ白子燻製サラダ・じゃがいもとゴルゴンゾーラのオーブン焼・蒸し鶏バルサミコ・川津海老マリネ・レバーのパテ(だったと思う)、相変わらずどれも手間暇かかってます。以前からの定番だと記憶している田舎風オムレツやら、手前の蓮根を使った一品(蒸し鶏バルサミコ?)が特に記憶に残っています。(メニュー説明はiPhoneで録音しとくのがいいかもですなあ)
 

R0001620
この日の明石直送の魚はウマヅラ・ヒラメ・オコゼ・アブラメなどで、どれにしようかと思っていたらシェフがバットに入れて見せに来てくれました。写真撮りかけたら、見栄えがいいようにとわざとらしくブロッコリーが加えられていますw

R0001623
で、出来上がったのがこちら舌平目の貝柱ムース巻。黒くて個性の強いお皿にも負けない迫力あるルックスです。

R0001625
断面はこんなの。話弾んでたし細かいことはあんまり覚えてないんだけど、とにかくおいしかったのには間違いないです。
 

R0001629
そして、個人的にこの日もっともインパクトがあった料理である、ピチというかなり太めなパスタのイカスミバージョンを、丹波イノシシのラグーソースで和えたもの。力強いラグーソースと味濃いイカスミ(ノーマルも選べた)パスタが、バランスを崩すことなくがっぷり四つって感じで、ヘヴィ級の味わいでした。この凝り方、ペルドマさんらしくて好き。
 

R0001636
肉々しかったパスタに続き、黒毛和牛イチボのロース 洋わさびのソース。焼けた牛肉の良い香り、噛みしめるほどに出てくる赤身の旨味はむしろさっぱりした感じ。シンプルにまとめてはります。
 

R0001640
締めくくりのデザートは、イチゴのミルフィーユ・オペラ・洋梨とカラメルのシブースト・ティラミスを選択。ここはデザートまで手が込んでておいしいんですよ〜

記憶があいまいなので、もしシェフがこれ見たら間違いを指摘されまくられるかも知れんなあ。まあそれはともかく、相変わらずの凝り凝り料理を家族みんなで久しぶりに楽しめたのが何より。何年ぶりかで来ても「よう一人でここまでするわ」と思わざるを得ません。ひねっても破綻することなく、どれもこれも計算通りきっちりバランスが取れてるのはさすが。やっぱりいいなあペルドマーニは。近くにあったらとか今さら言わず、もっと通わねば。
 

駆け足で「丸萬」(神戸・湊川)

IMG_0910
この日は妻とパルシネマしんこうえんで二本立て映画を観に行ってました。見終わったあとお腹が空いていたので、ほぼ真向かいの丸萬へ行くことに。調べてみたら3年ぶりって、そんなに行ってなかったっけなあ。
 

IMG_0912
お店に入ったのが20時半頃で、「21時前でオーダーストップですけどいいですか」とお店の人に言われたけれど、もちろん承諾。食べたいものどんどんイっとかねばということで、まずはビール(大瓶580円)とポテサラ(300円)頼んで続いて若竹煮(500円)。今シーズンは割りと色んなところで若竹煮にありついているような気がします。
 

IMG_0914
お造りはまったりした旨味の鯛昆布じめ(800円)。白身の昆布じめって好きなんです。
 

IMG_0915
いかにも僕が注文しそうだけど、妻リクエストのチキンカツ(500円)。これ正解。ここは焼鳥も各種やってるので、チキンカツも安くておいしいんです。
 

IMG_0917
そして〆のご飯もの穴子箱寿司(500円)は、もちろん注文してから作ってくれます。ここんとこしばらくちゃんとした穴子箱寿司食べたかったので、嬉しかった〜

以上、在店時間30分弱の駆け足でしたが、満足度高し。とはいえ今度はゆっくりしたいです。
 

復活したカフェキッチンことぶき(神戸・新開地)

ここんとこ神戸に関するエントリは新開地専門になっておりますが、今回もまた。

IMG_0955
行こう行こうと思っていたのに行けず終いだった「コトブキ」さんが、紆余曲折ののちすぐ近くに「カフェキッチンことぶき」(今度はひらかな)として再オープンされたということで、行ってきました。
 

IMG_0952

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

店頭メニューに再オープンの旨記述あり。以前の店はもうちょっと洋食屋っぽい雰囲気もありましたが、今回は喫茶にウエイトかけてる感じです。
IMG_0956
食事メニューは11時から。この他にオムライス小サイズ550円・エビフライ定食850円もあります。
 

IMG_0957
店内は4人掛け/2人掛けテーブル各々2卓と、カウンター6席。以前の店からのお客さんがけっこういそうな気配、今んとこ全席喫煙可なのはしゃあないんですかねえ。
 

IMG_0958
僕は珍しいことに?和風定食。じゃこの出汁がきいたお味噌汁がおいしく、おかずはそれぞれいい意味で「おかん」の味。ぱっと見ではボリューム不足かもなあと思ったけれど、食べ終わったらけっこうな満足感があり、野菜が多くて品目数稼げました。

IMG_0963
こちらは妻チョイス・ランチのおかずプレート(プレート以外は和風定食と同じ)。ちょっと味見させてもらったところ、焼肉はしっかりした味付けでご飯ススム系、サラダが多めなのでバランス良さげでした。どちらの定食も見た目カワイイですねえ。

年配の姉妹お二人でやってらっしゃることもあって、なんか知らんが妙に落ち着きます。競艇の新聞持って入ってきたおっちゃんがオムライス注文したら、どうやらご飯を炒めるところから作ってる様子。次回は是非それをイってみねば。

{お店データ)
住所:神戸市兵庫区新開地6-2-17
電話:078-578-5101
営業時間:8時〜17時
定休日:月曜
 

春陽軒でおやつタイム(神戸・新開地)

IMG_0944
ここんとこ新開地率がちょっと高くなっております。この日もちょっと小腹が空いたので、僕の好きな神戸の豚饅ベスト3のうちの一つ・春陽軒でちょっくらおやつタイム。
 

IMG_0947
持って帰って食べてもおいしいんだけど、やはりお店で蒸したてを食べると生地のおいしさが違います。ここの豚饅はアンに濃いめの味がついているので、個人的にはソースや醤油はなしで、ここ特製のピリ辛味噌をちょっとつけていただきます。これがビールに合うんよなあ。家用にも持ち帰って今は冷凍庫に入っているので、これで当分はいつでも食べられます。
 

めっちゃ久しぶりなMARUI(神戸・新開地)


妻と2人、連休中21時過ぎの新開地。ちょっと小腹が空いていたので、軽めになんかいっときたい。
となったら、MARUIしか思い浮かびませんでした。
 


ブログ調べてみたら3年半ぶり。そんなに来てなかったのか、エントリし忘れてたのか。
 


まずは餃子(450円)。尖ったところがなく軽快でまぁるい感じ。ここの料理は何食べてもそんなイメージがあります。
 


そして食べたかったぜこのワンタン麺(950円)。ワンタン麺と言いつつワンタンが見えてませんが、海苔とねぎの下に隠れてました。引っ張り出してから写真撮れば良かったな。
チャーシューもメンマもたっぷり、細くてしゅっとした麺に、柔らかくて自然な甘みがあるクリアなスープ。なんちゅうかなあ、すごく真っ当なおいしさと言えばいいんでしょうか。何年ぶりかで来ても、当たり前のようにやっぱり変わらず旨いってすごいなあといつも思います。