「洋食」カテゴリーアーカイブ

久しぶりにアレが食べたくなってグリル一平(神戸・三宮)

IMG_7701
ここんとこしばらくアレを食べていなかったので、いくつもある選択肢のうちからグリル一平三宮店を選択。ヘタな時間に行ったら混んでるだろうとゆっくり目に行ったら、平日14時前なのに店外に行列ができててびっくりしました。観光客の皆さんかなあと思いきや、割りと地元の方が多かったみたい。
 

IMG_7699
魅力的なランチメニューもあったけれど、初志貫徹。回転がいいし一人だったので、数分待つだけでカウンター席に案内してくれました。
 

IMG_7703
カウンター5席のうち、男性は僕だけ。店内を見渡すと圧倒的に若めの女性の方が多く、8割くらいだったんじゃないでしょうか。洋食ファンとしてはこういう若い世代の方が足を運んでくれるのは、とても嬉しいことです(変な意味じゃなく)。
 

IMG_7709
食べたかったアレとはもちろんビフカツ。ここでは何度食べてるんだけど、多分食べたことがないオールドスタイルを食べてみたかったんです。

IMG_7713
ヘレビーフカツ(100g1600円)は分厚めで中はレア、それに対してこのオールドスタイル(1300円)は薄くたたき伸ばされており、揚げ加減はウエルダン。イメージ的には、お肉屋さんで売ってるビフカツっぽいっとでもいいましょうか。
相変わらずのビター目なドミグラスソースは一級品、このソースがかかった薄めのビフカツとご飯がすごく合ってて、一つのザ・洋食って感じです。願わくばこのオールドスタイルに限ってはもっとソースが欲しい、そのほうがよりご飯に合うと思います。反対にビフカツにウエイトを置くなら、薄くないヘレタイプを選べばいいなと。
いずれにせよ、相変わらず活気があってレベルが高いおいしい洋食を食べさせてくれるいいお店ですなあ。
 


青春18きっぷで洋食三昧@トミー(福井市)

2018-09-09 11.05.42
もう1ヶ月少し前のことになりますが、各所からのご要望により(もちろん僕も)今年も「青春18きっぷで福井市にあるトミーで洋食三昧ツアー」に行ってきました。参加者はWakkyさんご夫妻・えて吉さん・だいこんさん・*あきこ*さん・LAKSAさん・僕の総勢7名。、今回は青春18きっぷを各自で入手してもらい、それぞれの最寄り駅から列車に乗ってもらって車中集合、福井駅からはコミュニティバスに乗ってトミーまで行きました。前回も乗ったバスに間に合わず一瞬焦りましたが、駅の反対側に回ってくることを思い出して無事クリアし、お昼前に無事トミーに到着。久しぶりの大人数だったので、かなり色々食べることができましたよ。
 

DSC03900

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

メニュー選びは皆さんのご希望を伺った上で、常連(笑)の僕がまとめ役を勝手に買って出ました。まずはオードブルの盛り合わせをおまかせでお願いしたら、帆立貝柱のエスカベッシュ・マグロ・スモークサーモン・鴨の燻製などの豪華盛りが登場。事前に頼んでいなくてもいきなりこういうのが出してくれるのは、いつもながらさすがです。
 

DSC03911
僕の独断で、一人1カップずつポタージュをお願いしました。何でもないように見えるこのスープ、おいしいんですよねえ。コンソメもおいしいんだけど手間がかかるのがわかってるので、なかなか事前にお願い出来ません。
 

DSC03915
続いては、事前にお願いしておいたこちらのスペシャリテの一つ・ポークベロア。ノーマルのままでもおいしいここのポークに、牛タン入りのベシャメルを貼り付けたポークカツとでも申しましょうか。なんてことないフライものに見えても、実は大変な手間がかかっている一品。こんなのが週替わりランチに出てくる時もあるんだから、ほんとに近くの人がうらやましいです。

DSC03923
人数が多いので2つオーダーしたら、付け合わせを変えてくれていました。こういうじゃがいものソテーってワインにも合うんですよねえ。でもお腹が張りすぎると他のが食べられなくなるし…
 

DSC03919
続いて、事前にLAKSAさんからリクエストがあってこれも特別にお願いしていた、牛タンのクリームコロッケ。

DSC03921
タンシチューを仕込む際のタンの一部を刻んだもの等が入ったコロッケで、それ自体がおいしいベシャメルに、タンの旨味が溶け込んでめちゃウマ。僕は何度か食べてますが何度食べてもおいしい、これも時々週替わりランチに登場するといううらやましさ!
 

DSC03930
そして、こちらに来たからにはマストなメニュー、ビーフ&タンシチューの相盛り。いつ見ても驚き、かつ吸い込まれるようなこの漆黒のドミグラスソースのルックスには、うっとりさせられます。このソースの写真を見たのが僕がトミーに来るようになったきっかけ。今でも僕にとってこの店での一番はここのドミグラスソースです。当然ながら、食後のお皿はパンできれいにソースがぬぐい去られておりました。黒すぎて写真を撮るのが難しいんだけど、今回はまあまあちゃんと撮れたかな。
 

curry with rice , beef & vegitables
お次は、昨年に続き期間限定メニューとして復活したトミー特製ブラックカレーのビーフバージョン(他にシーフードもあり)。ご想像の通りカレールーはドミグラスソースとのブレンドで、独特の深みがあるこれまた他にはないスペシャルなカレー、来年の夏にはまたきっと復活するんだろうなあ。
 

DSC03942
続いてWakkyさんリクエストにより。ハンバーグ。なんだかんだで僕は食べ逃してしまったんだけど、すごく気に入ってもらえたようなのでまっいいか。
 

DSC03948
複数のリクエストにお応えして、〆にはこの日の週替わりランチメニューだった鉄板焼きナポリタン。以前から僕も食べてみたかったんですよね〜。食べてみたらまさに王道、ある意味普遍・ある意味懐かしくクラシックなあの味。参加メンバーの皆さんにも好評で、あっという間になくなってしまいました。
 

DSC03954
人数多いとは言えよく食べたなあと思っていたら、お店からサプライズのデザートが登場。一杯のグラスにアホほどぶどうを使ったこの時期限定のもので、丸ごとの実・ゼリー・ソースなどオールぶどう尽くしで大変手間がかかった贅沢品なんです。何度か食べたことがある僕も毎回感心してるけど、初めて食べたWakkyさんの奥さんは「ずっとこれ食べていたい〜」と大げさじゃなく感動してくれていたようでした。しかし、どれもこれもようこんだけ手間かけはるわ、ホンマ。
 

DSC03959

DSC03956
レギュラーなデザートもおいしいので、追い打ちをかけるように注文。ベイクドチーズケーキもプリンもシャーベットも、専門の洋菓子店に負けず劣らずなんだからほんとにもう。
 

僕がトミーと巡り会って3年と4ヶ月、調べてみたら今回でなんと14回目でした。神戸に住んでる人間が福井のレストランまでこんなに通ってるとは、自分でもアホちゃうかと思いますが、それだけここを気に入ってる証。近くにあったら週2回ぐらいは行ってるでしょうからねw もう1ヶ月ほどすれば、今年もまたあのセイコガニコロッケが始まります。さて今シーズンも食べられるかなあ。
 


越後屋を偲んで「さのや」(大阪・大正)

しょっちゅう一緒に飲み食いしてるえて吉さんとこのネコ・越後屋が先日亡くなってしまいました。人んちのネコなんだけど、僕が初めてえて吉さんに会った日、いきなり家に泊めてもらう展開になり、その時が越後屋との初対面でもあるんですよねえ。それ以来14年、自宅に伺った時に会ったりえて吉さんのブログで拝見したりで、とても親しみを感じていただけに本当に残念でなりません。
 

2018-09-20 16.12.50
でももうけっこういい歳だったし、最後はそれほど苦しまなかったそうなので、これでヨシとするべきなんでしょう。早いうちに越後屋の弔い酒をしたいなあと思っていたら、たまたま仕事が早めに片付くことがわかったので、えて吉さんに声をかけて二人ともお気に入りの「さのや」に開店即飛び込みしてきました。
最初はいつものバリキングでスタート。一足先に到着したえて吉さんがオーダーしていたへちまと豚のチャンプル(240円)はいい塩梅の塩味、ポテサラ(120円)は玉子たっぷりで、いつおどおりちょっとしたアテでも魅力が一杯です。
 

2018-09-20 16.29.21
僕はペットを飼ったことがないんだけど、過去に色々経験してるえて吉さんからして、越後屋はかなり個性が強くて頭がいいヤツだったそうです。買い主に似て?食い意地が張っているので晩年は超巨大ネコと化しており、病院に連れて行くのも一騒動だったようですが、それもまた傍観者からすればちょっと笑かしてくれるネタでした(ゴメン)
色々思い出話をしながら飲んでたら、お願いしていた刺身の盛り合わせが登場。とらふぐのぶつ切り・ボタン海老・鯛の肝・カンパチ・シマアジ・ハマチ・まぐろ・炙った貝柱にウニを挟んだものと、これまでの中でも一番の豪華さ。盛り合わせ価格が書いてないのでいくらかわかりませんが、ものすごい満足感でした。
 

2018-09-20 16.31.25
豪華なものが出てきたので、ちょっと中休み的にゆりねチップ塩昆布和え(280円)を頼んでみたら、なかなか面白い組み合わせ。塩昆布で味付けするってのは簡単で色々応用きくなあと改めて思いました。
 

2018-09-20 16.32.04
最近日本酒は控えているんだけど、今日はせっかくの弔い酒なんで解禁。金澤屋の夢の香秋あがりなんちゅうのをいただきました。
 

2018-09-20 16.55.58
メニューには食べてみたいものが一杯あるので、よくよく考えて注文せねばなりません。鰻好きとしては見逃せない国産鰻炙り串焼きと揚げ山芋と野菜天(380円)は狙いどおりの大ヒット。これで380円はほんとに素晴らしいです。

2018-09-20 17.05.49
えて吉さんリクエストで鯨のさえずり生姜醤油(380円)、かに味噌クリームチーズ(240円)とミョウガスライス(200円)はリセット的に。
 

さのや
もともとしんみりしたのは好きじゃないし、盛大に越後屋を送り出すためにも食べたいものをバンバン注文しました。ラストを飾る揚げ物3連発はローストポークのブリトー(350円)・ブルーチーズとジャガイモのピュレ春巻き(300円)・エビフライ(350円)。和食だけでなくこの手のメキシカン・スパニッシュ系みたいなのがあるのもこの店の魅力で、一人ではなかなか注文しにくいものも食べられて、大満足でした。弔いの会なのに、なんでかえて吉さんにごちそうになってしまいなんか申し訳なかったけど、明るく送れたからヨシとさせて下さい。
 
 


この世で出会えたら来世でもまた出会えると、どういう訳か僕は信じています。
越後屋、先に行って元気で待っててな〜(=^..^=)
 


「KOBE CINEMA PORT フェス」チケットで飲み食い歩き・後編(神戸・湊川/新開地)

2018-09-22 13.23.31
稲荷市場から新開地・湊川公園・荒田公園近くのロケハンとだいぶ歩いたお陰でようやくお腹もこなれてきたので、この日3軒目の湊川にあるCOZY COFFEEへ。

2018-09-22 13.30.07
ここではフェスの共通チケット1枚でコーヒーとチュロス3本のセットが出てきます。チュロスは作り置きだと思っていたら、揚げたてアツアツ。休憩がてら3人でゆったりダベらせてもらいました。
 

2018-09-22 15.24.10
そしてラストの4軒目は、妻の強い要望により新開地のボートピア内にあるレストラン・ピア。諸事情により僕は経験あるけど、ボートレースの舟券売場は妻も友人も初めてなんでキョロキョロしてました。

2018-09-22 15.28.55
ここでは一般では800円のタンポポセット(オムカレー・サラダ・ソフトドリンク)が、共通チケット1枚=500円でいただけるんです。さすがに一人一つずつは多かったので、妻と僕は1つを半分こしましたが。

2018-09-22 15.30.41
ご飯の上のプレーンオムレツを開いた図。トロトロでないとこうできないので、当然焼きたてが載っかっています。これで500円は価値ありましたねえ。
レストラン内を見渡すと、舟券購入の間に食事をしている人以外に、どう見てもここで食事をしてダベるのが目的だろうと思われるおばちゃん集団がいてはりました。通し営業だしピーク時を外せば混んでないし、ゆっくり粘れてなるほどこういう使い方もあるんやなあと思いました。

レストラン・ピア内ではアルコール類を売ってなかったので、すぐ近くにある冨月でアテは申し訳程度にしてちょい飲みで〆。この日の万歩計は14,000步、よく歩いて食べて飲んでしゃべった一日でした。
 


機嫌直しに「神戸一」(神戸・JR兵庫駅山側)

2018-09-18 12.30.25
昨日は某役所に手続きに行っておりました。その余りに理不尽な結果に「クソ〜〜やけ酒でも飲んでやるかっ!」と憤懣やるかたない思いで帰路につく途中、例の550円日替わりランチで有名な「神戸一」の前を通りかかりました。
 

2018-09-18 12.35.46

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

こちらが店内メニュー。左上の日替わり定食550円は月木チキンカツ・火金トンカツ・水土ハンバーグ、そして月〜土いつでもミンチカツ、安い・うまい・ボリュームたっぷりの素晴らしい内容。この店に来る方は、かなりな率でこの日替わり定食をオーダーしていると思います。
 

2018-09-18 12.30.38
やけ酒でも飲みたいけど午後からは仕事だし飲めない、その上頭に血が上ってはいたものの、店頭のこの看板はきっちり補足していました。普段は800円のエビフライ定食が、本日のスペシャルで650円。これまで2,3度食べたことがあるのでここのエビフライ定食がお値打ちなのは経験済み。こりゃあ見逃すわけにはいかんでしょ。
 

2018-09-18 12.36.29
店に入るなり席に着く前に「スペシャル!」とオーダー、しばし待ってドーンと大エビ3本が載っかったエビフライ定食が登場。付け合わせ野菜もたっぷりだしご飯は自家精米、具だくさんのお味噌汁もおいしくて、これで650円はほんまにすごい。
 

2018-09-18 12.36.51
どうっすか、この迫力。先っちょコロモだらけで長さをカサ増しなんかしてないっすよ。ガブッと噛んだらブリっとした歯応えが帰ってきて、「エビフライ食べた感」が満ち満ちで大満足のお腹ポンポコリン。できればビール飲みたかったけど、これ食べられたお陰でやさぐれモードはかなり解消されました。

日替わりより100円高いとはいえすごくお値打ちだと思うのに、スペシャル定食のオーダー率は予想外に低めでした。皆さんやっぱり肉系のほうがいいのかなあ。