「洋食」カテゴリーアーカイブ

久しぶりに塚本マルヤ(神戸・JR兵庫駅北側)

2017-12-11 13.20.19
洋食食べたいんだけど体調いまいちで遠出はしんどいなあと思っていたら、そうや塚本マルヤがあるやんかと思い出しました。近くにあるのでいつでも行けるからついつい忘れがちで、調べてみたら去年の9月以来。そんなに来てなかったっけ。
 

2017-12-11 13.22.062017-12-11 13.22.21

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

お店に入ると、前回と変わらずドン突きには水槽・厨房には大将とセコンドさん。メニューを前回と比べてみたら一箇所だけ変わっていて、オムライスの横に書かれていた「夜の部のみ」の文字がなくなっていました。今度昼ご飯に来たら忘れることなくこれにしよう。

 
2017-12-11 13.27.11
毎度毎度ビフカツばかりもナニなので、今回は「ランチ(700円)」にビールをいっときました。ハムにはマヨネーズ、エビフライとトンカツにはいつものように黒みが強いヘビーなドミグラスソース、その上には目玉焼き。ちょっと濃いめに味付けされたスパゲティも相変わらずで、ほんとにここはいい意味で変化がありません。エビフライにタルタルソースとかじゃなくて、堂々と?デミグラスがかかっているのも、プライドが感じられていいですなあ。
僕的にはここは殿堂入りの店なので、ソースさえ変わらなければ何喰ってもこれでオッケーとしか思えません。ずっとずっとこのままであって欲しいです。

 


なんちゅう角打ち!「北浦酒店」(大阪・天六)

カキフライがどうの仙鳳趾がどうのとツイートしていたら、こばやしさんからこんなリプライがありました。カキフライはもちろんのこと、リンク先の画像も超魅力的。

 
2017-11-14 14.15.12
こういうことには反応が早い。その1週間後に早速えて吉さんと天六駅からほど近い「北浦酒店」に馳せ参じました。地下鉄の地上出口から数分とはいえ、大通りから路地に入ったところにあるしこんな外見なので、知ってる人でないとここで飲めるなんて全くわからないでしょう。
 

2017-11-14 14.19.17

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

店内に入ると、女将さんがいらっしゃってカウンター席テーブル席とも椅子あり。表示されたメニュー以外にも、冷蔵庫には各種アテがあったり乾き物があったり訊かないとわからないメニューがあったりと、常連さんでないとようわからん仕様。いいなあ、ここの常連になりたいなあ。

 
2017-11-14 14.18.02
手始めに、冷蔵庫からポテサラを持ってきて、女将さんにおでんの大根と厚揚げをお願いしました。

2017-11-14 14.41.00
で、一見なんちゅうことないんだけど、なんだかこのおでんが無性においしい(ポテサラも)ので豆腐とすじを追加。

 
2017-11-14 14.32.52
ビールから日本酒にスイッチしたら珍しくスルメが食べたくなったので、メニューには書いてなかったけど女将さんが「これはちょっとええやつなんやで」と炙って出してくれたのが、これまたやたらおいしい。どうやらスルメイカではなく剣先イカのスルメだったようで、恥ずかしながらこんなにおいしいと思ったスルメは初めてでした。

 
2017-11-14 14.24.282017-11-14 14.53.49
白菜のぬか漬けを頼んだら、なんだか懐かしい味。気に入って胡瓜の古漬けを追加したら、これまたいい。ここまでどれもまったく珍しくないフツーのアテが、全て何故だかおいしいって、なんかすごいじゃないですか。

店に入った時は女将さんだけでしたが、程なくして料理担当の息子さんが仕入から帰ってこられたので、いよいよ目的のものを注文。予め写真では見ていたけれど…
 
 
 
beef cutlet
現物が目の前に出てきてびっくり、なんちゅう肉質とボリューム!(是非写真をクリックしてみて下さい) こんなもんが角打ちで出てくるとはどないなっとうねん。ここまで厚くてレアなビフカツは洋食屋でもなかなかお目にかかれません。見かけ倒しでなくちょっとサクッと感があって噛み心地がある肉質で、ジューシーかつ肉々しい。ソースはいろんな調味料のミックスだと思われますが、これで充分。たぶんこれで1400円なんですから驚異的です。
 

2017-11-14 15.26.13
そして、問題の超贅沢な仙鳳趾のカキフライ。メニューには書いていませんでしたが、訊いてみたら作ってくれました。写真ではボリュームがわからないんだけど、全部で3個のうち1個が半分にカットされています。1個が10cm弱ありましたかねえ。
大きさもすごいんだけど、もっとすごいのはその中身。生でも半端なくクリーミーなカキなのに、熱で活性化しているのでさらにトロトロかつ旨味アップ。こばやしさんいわく「フグの白子フライにイメージ近いかも」とのことでしたが、それも然り。僕的には「カキのスフレ」って感じでしょうか。なんかすごいもん食べたって感じです…(これで800円?聞き間違い?)

個々の値段は不明ながら、二人でほぼ満腹になるまで食べて飲んで合計6800円。角打ちにしては高いように思えても、内容的にはどれもハズレなしの「なんかおかしいんとちゃうか」と思うほどのレベルなので、満足度はめちゃ高いです。世の中にはこんな店があるんですなあ、とこばやしさんに大感謝。今度は4人くらいでもっと色々食べてみたいものです。

{お店データ}
住所:大阪市北区本庄東1-12-18
電話:06-6371-1876
営業時間:[月〜土]9時〜22時[日祝]10時〜18時
 


洋食みやもと(神戸・新長田)

2017-11-13 12.23.52
今年の7月にオープンした「洋食みやもと」。JR新長田駅南側すぐのビルの2階にありますが、入り口はビルの裏側ってことはWakkyさんとこで予め知っていました。洋食屋が増えてファンとしては嬉しいです。

 
2017-11-13 12.24.02
聞くところによるとランチはボリュームたっぷりだそうで、その上ご飯のお代わり可能。いい加減「いっぱい食べてこそ男だ!」みたいな考えからは脱却しないといけない年齢なので、量が多いのは嬉しいけど悩ましいです。

 
2017-11-13 12.25.46

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

2階に上がり店内に入りカウンター席へ。オーソドックな洋食メニューが揃う中、舌平目のフライとかムニエルがあるのがそそります。

 
2017-11-13 12.32.14
といいながら、やはりここでは数量限定ビフカツセット(1300円)をいっとかなあかんでしょう。かなりなサイズでやっぱり嬉しい〜 ご飯は少なめだけど、お代わり出来るので問題なし。(ちなみに我慢しました)

2017-11-13 12.33.11
デミグラスソースはやや軽めか。コロモに絡んでもおいしいんだけど、ソースは下に敷いて欲しいところ。カツはたまたまかもしれませんが、少し赤味を残して欲しかったです。…などと注文ばかりつけてますが、もちろんおいしく完食しましたよ。
他の料理も色々食べてみたいので、次回はセットものにしたいです。他のお客さんが食べてた多分Bセットの盛りがかなりすごかったけど、あんなの食べきれるかなあ。

 
{お店データ}
電話:078-641-6363
住所:神戸市長田区若松町4-2-15 ピフレ新長田 2F
営業時間:11時半~14時 17時半~21時半
定休日:水曜
 


「きなこ」でアレを(神戸・JR兵庫駅北側)

2017-10-23 14.20.09
久しぶりに娘とタイミングが合ったので、昼ごはんを食べに行くことに。何を食べたいか希望を訊いたら、目的を果たすためには我が家の近所では「きなこ」が最適でした。
 
2017-10-23 13.35.10

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

13時過ぎてから行ったんだけど、店内はほぼ満員。僕らが入ってからもちらほらお客さんが入ってきて、人気のほどが伺えます。お昼のピークタイムは凄まじいことになってるそうで。
 
2017-10-23 13.35.38
こちらのメニューボードがメイン。当然ながら小杉はなんの関係もありませんw
 
2017-10-23 13.53.25
湯気で曇って見にくい写真ですが、僕が選んだのはチキンカツとハンバーグの盛り合わせ定食(850円)。前者は一口かつタイプ(と言っても一口では到底無理)、後者は煮込み系。どちらもボリュームたっぷりキャベツもたっぷりで、ソースが美味しい〜
 
2017-10-23 13.54.29
娘が希望したのがエビフライだったので、一日限定5食・有頭エビフライ定食を。頭から尻尾まで全部食べられる、めっちゃでっかいのが3尾の豪華版、これなら当分エビフライは欲しくならないでしょう。これで900円なんだから驚きです。流石に一人で全部は無理なので、二人でわけわけしていただいてお腹ポンポコリン。

今回で2度目だけど、ここに来るお客さん、性別問わずみんなよう食べはります。もちろんボリュームがあるのがわかってて来てるんだろうなあ。気分的にはビールが欲しいけど、ここで定食食べたら僕の場合はビール一本はお腹一杯すぎて無理っす(^_^; 
 


女将さんと一緒にトミー(福井市)

神戸・元町にある、おまかせ料理のみのお店「佳景」には、たまに寄せてもらっています。毎回行く度にエントリはしていませんが、それというのもこちらの女将さんの話が面白いもんで、写真撮ったり料理のメモを取るのがそっちのけになってしまうからなんですよね。
で、夏の初めににえて吉さんと一緒に佳景に行った時になんでだったか福井のトミーの話になって、えらく盛り上がったと思ったら、えて吉さんが「運転手を買って出るから3人で一緒に行きませんか」って言わはったんです。これには僕も驚きましたねえ。だって運転する=飲めないってことですから、僕以上に食事時にはアルコール類ほぼ必須のえて吉さんにとっては半分ゴーモンみたいなもんですから。まあそれだけえて吉さんがお店と女将さんを気に入ってるからで、それならってことで早速その場で日取りを打ち合わせ、トントン拍子で「女将さんと一緒にトミー」ツアーが決定してしまいました。

DSCF6586
その日からほぼ2ヶ月後、大阪からわざわざ神戸まで車で迎えに来てもらい、女将さんと僕が乗り込んで福井へ。こういう場合には大概僕が助手席なんですが、お店以外で僕らが女将さんと顔を合わすのはほぼ初めてなので、今回は並んで後部座席に座らせてもらいました。えて吉さんがわざわざお父さんのいい車を借りてきてくれていたので、座席は革張り。まるで運転手付きの重役気分にさせてもらって、えて吉さんには申し訳なかったです。

20170911トミー20170911トミー
メニュー選択はほぼ僕に任せていただいて、まずは週替わりランチ(1350円)のサラダをば。女将さんに是非味わってもらいたかったので、300円プラスしてスープもお願いしました。

20170911トミー
えて吉さんはノンアルコールビールで我慢、申し訳ないけど女将さんと僕はいつもどおりお店におまかせで選んでもらった赤ワイン。うー、すんませんなあ〜

20170911トミー
せめてもの罪滅ぼしに、ペシャメル好きなえて吉さんのために通常メニューにはないエビクリームコロッケを事前に頼んでおきました。僕は前回に続いて2回目、前回はランチの一品だったせいか小判型、今回は俵型でどっしりボリュームあり。ドミグラスはもちろんのこと、ここのペシャメル系もすごくおいしいんですよ。

20170911トミー
週替わりランチを選んだのは、メインがこのトミーオリジナルの「ポークベロア」だったから。この料理、かなりの名作だと思っています。

20170911トミー
その実態は、豚肉にトミー特製タンクリームコロッケの中身(ベシャメル)を貼り付け、パン粉をまぶしてオーブンで焼き上げた初代シェフのオリジナル。フツーにポークカツだけでもおいしいのに、それに加えてレギュラーメニューにはない牛タンクリームコロッケのおいしさがプラスされ、そこに例のドミグラスソースがかけられているという手間の固まりみたいな料理です。毎度ながら思うことですが、こんなのがメインで1350円のランチってほんとにすごい。

20170911トミー
そしてメインはもちろんタンシチューとビーフシチューの相盛り。これを女将さんに食べてもらいたくって、わざわざえて吉さんが運転手を買って出てくれたんです。女将さんは子供の頃から、今も元町にある洋食屋さんでよく食事をされていたとのこと。ああだこうだ説明しなくてもこのシチューの意味は食べればわかってもらえるはず。でも気に入ってもらえるかどうかは好み次第。(プロに感想は聞きにくい)

20170911トミー
シチューを食べ終わって、さて〆にあと一品どうしましょうかと言ったら、ハヤシライスが食べたいとのことで特製オムハヤシを。ハヤシライスが食べたいってことはこのソースを気に入ってくれた証、良かった良かった。

20170911トミー
そしてデザートにはサプライズで、季節限定巨峰のゼリーが登場しました。僕は一度食べたことがあって、「巨峰の実が巨峰のゼリーに封じ込められていてその上に巨峰のソースがかかったアイス」という、仕込みの時にナンボほど巨峰の皮を剥いてることやらな一品。いつものことながらデザートまで隙なくビシッと決まっていて、ほんとにすごいレストランです。
行ってから1ヶ月近く経ってこのエントリを書いてると、またトミーに行きたくなってきます。数えたら今年になって4回目。そうかあ、それくらいしか行けてないのかあ…次回のトミー行きは、セイコガニコロッケの時期でしょうかねえ…

帰りにに神戸まで送ってもらうのはさすがに申し訳ないので、えて吉さんの最寄り駅まで送ってもらってお別れ、あとは女将さんと二人で電車で神戸まで。プロの料理人の方と一緒に食事をする機会なんてめったになくて、でもお店と変わらず気さくな女将さんからいろんな話も伺えて楽しい一日でした。お店でも、お店以外でも、機会があればまたご一緒したいものです。