「洋食」カテゴリーアーカイブ

「KOBE CINEMA PORT フェス」チケットで飲み食い歩き・後編(神戸・湊川/新開地)

2018-09-22 13.23.31
稲荷市場から新開地・湊川公園・荒田公園近くのロケハンとだいぶ歩いたお陰でようやくお腹もこなれてきたので、この日3軒目の湊川にあるCOZY COFFEEへ。

2018-09-22 13.30.07
ここではフェスの共通チケット1枚でコーヒーとチュロス3本のセットが出てきます。チュロスは作り置きだと思っていたら、揚げたてアツアツ。休憩がてら3人でゆったりダベらせてもらいました。
 

2018-09-22 15.24.10
そしてラストの4軒目は、妻の強い要望により新開地のボートピア内にあるレストラン・ピア。諸事情により僕は経験あるけど、ボートレースの舟券売場は妻も友人も初めてなんでキョロキョロしてました。

2018-09-22 15.28.55
ここでは一般では800円のタンポポセット(オムカレー・サラダ・ソフトドリンク)が、共通チケット1枚=500円でいただけるんです。さすがに一人一つずつは多かったので、妻と僕は1つを半分こしましたが。

2018-09-22 15.30.41
ご飯の上のプレーンオムレツを開いた図。トロトロでないとこうできないので、当然焼きたてが載っかっています。これで500円は価値ありましたねえ。
レストラン内を見渡すと、舟券購入の間に食事をしている人以外に、どう見てもここで食事をしてダベるのが目的だろうと思われるおばちゃん集団がいてはりました。通し営業だしピーク時を外せば混んでないし、ゆっくり粘れてなるほどこういう使い方もあるんやなあと思いました。

レストラン・ピア内ではアルコール類を売ってなかったので、すぐ近くにある冨月でアテは申し訳程度にしてちょい飲みで〆。この日の万歩計は14,000步、よく歩いて食べて飲んでしゃべった一日でした。
 


機嫌直しに「神戸一」(神戸・JR兵庫駅山側)

2018-09-18 12.30.25
昨日は某役所に手続きに行っておりました。その余りに理不尽な結果に「クソ〜〜やけ酒でも飲んでやるかっ!」と憤懣やるかたない思いで帰路につく途中、例の550円日替わりランチで有名な「神戸一」の前を通りかかりました。
 

2018-09-18 12.35.46

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

こちらが店内メニュー。左上の日替わり定食550円は月木チキンカツ・火金トンカツ・水土ハンバーグ、そして月〜土いつでもミンチカツ、安い・うまい・ボリュームたっぷりの素晴らしい内容。この店に来る方は、かなりな率でこの日替わり定食をオーダーしていると思います。
 

2018-09-18 12.30.38
やけ酒でも飲みたいけど午後からは仕事だし飲めない、その上頭に血が上ってはいたものの、店頭のこの看板はきっちり補足していました。普段は800円のエビフライ定食が、本日のスペシャルで650円。これまで2,3度食べたことがあるのでここのエビフライ定食がお値打ちなのは経験済み。こりゃあ見逃すわけにはいかんでしょ。
 

2018-09-18 12.36.29
店に入るなり席に着く前に「スペシャル!」とオーダー、しばし待ってドーンと大エビ3本が載っかったエビフライ定食が登場。付け合わせ野菜もたっぷりだしご飯は自家精米、具だくさんのお味噌汁もおいしくて、これで650円はほんまにすごい。
 

2018-09-18 12.36.51
どうっすか、この迫力。先っちょコロモだらけで長さをカサ増しなんかしてないっすよ。ガブッと噛んだらブリっとした歯応えが帰ってきて、「エビフライ食べた感」が満ち満ちで大満足のお腹ポンポコリン。できればビール飲みたかったけど、これ食べられたお陰でやさぐれモードはかなり解消されました。

日替わりより100円高いとはいえすごくお値打ちだと思うのに、スペシャル定食のオーダー率は予想外に低めでした。皆さんやっぱり肉系のほうがいいのかなあ。
 


やっぱり「さのや」(大阪・大正)

今週はなんだかんだあってなかなか更新できませんでしたが、相変わらず元気に飲食活動?は続けております。
 

2018-08-11 18.40.32
ぼちぼち独自カテゴリを作ろうかと思っている「さのや」には、ふと気がついたら足を運んでしまいます。たまたまなのか、一人で行って満員で入れないことは一度もなく、混んでいても詰めてくれるのでなんとか潜り込めています。入店したらまずはバリキング、軽めのアテを一つ二つ取って(この日は玉子サラダ・120円とハモ皮胡瓜・200円)メニュー検討するのがパターン。
 

さのや1
お造りメニューにとり貝(450円)がありました。とり貝のおいしいのってあんまり食べたことないんですよね。お皿が小さいので出てきた時は少なめに見えますが、実はけっこう入ってて、肉厚でいい具合のぶりんとした弾力があって、さすがここのはネタがいいです。
バリキングはすぐなくなり、最近ここでのお気に入りの「鼻つまみ焼酎」ロックにチェンジして、もう一品は蓮根エビしんじょう(280円)。生・焼き・揚げ・和・洋・中・エスニックと、店は狭いのに料理の間口が広いのが魅力の一つです。
 

2018-08-11 19.27.47
こちらは鶏白キモ炙り(280円)。軽くねっとり纏わり付く旨味が、どっしりした芋焼酎にめっちゃ合ってて、お替わりせざるを得ません。
 

さのや2
そして別の日、この日もバリキングとポテサラ(120円)とサンマお造り半身(330円)でスタート。サンマの脂の旨味が、確実に秋に移りつつあるなあと実感させてくれます。もう一品は生春巻き/ゴイクン(280円)、この価格でいいエビ入ってて、野菜たっぷりで値打ちありあり。
 

さのや3
サンマを食べたせいで気分が秋っぽくなったせいか、焼き茄子(値段忘れた)を頼んだら、値段の割りにえらく立派なのが出てきて、隣のお客さんも思わず後追い注文してはりました。本来ならぬる燗をいっときそうなアテですが、この日は思うところあってバリキングから赤ワインへチェンジ。メニューにあったらつい頼んでしまうつくね(塩・180円)もうまし。
 

2018-08-31 20.12.38
なんで赤ワインかといえば、初めて見るビーフシチュー(350円)を食べてみたかったから。カウンターの大きな鉢に入っているのを見て他のお客さん何人かが「カレーですか?」と訊いてはりましたが、まさにそう見えます。
価格からして本格洋食的なものは期待するはずもなく、食べてみたら和風の牛すじ煮にトマトペーストその他を加えたバリエーションものって感じでしょうか。コクはそれほどではなくサラッとした感じ、でも旨味は充分溶け込んでいるし肉はトロトロ。うーむ、おもろいなあ、こんなものも出してくるかぁと、ますますこの店が楽しみになって来ました。
 


以前お伝えしましたたように、6月から不定休になりました。9月の予定はこの通り、赤字がお休みで土日休みなし以外は全く規則性なし、このタイプのカードを作るのはヤメになったようで、ちょっと残念。
 


東京一人旅(6)〜旅の〆はLista/リスタ②で(東京・新中野)

2018-06-20 12.30.32
最終3日目の朝は宿でゆっくりし、遅めのランチタイムに新中野のリスタ②へ。去年の冬以来で通算三度目なのにすでに常連気分で、東京に来たら必ず寄りたいお店になったのも、「赤ひょうたん」が取り持つ縁。雨模様だったので、写真に傘が写ってしまったけど、まあこれはこれでいいか。
 

2018-06-20 12.35.53
シェフとマダムにご挨拶して、何はともあれ泡。他のお客さんもいらっしゃるので、とりあえずおとなし〜くちびちび飲みながらメニュー検討開始。
 

2018-06-20 12.33.15

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

新中野の青梅街道からちょっと路地を入った立地で、この内容のランチが1000円とはひいき目なしですごくリーズナブルだと思います。基本イタリアンのお店なのに、若布とかニラとか使ってるのが面白い。
 

2018-06-20 12.40.16
まずは前菜・具だくさんの野菜サラダはほんとに具だくさん。野菜サラダの上になんだかんだ載っかっている具で、充分お酒のアテにもあります。トマトソースっぽいのはカポナータ、これが特に旨かったです。
 

2018-06-20 12.51.162018-06-20 13.00.45
最初の泡だけで足りるわけもなく、おまかせで赤ワインをお願いしました。昼間っから飲めていい気分〜
 

2018-06-20 13.14.07
そしてパスタは、旬のニラと豚バラ 黒胡椒パルミジャーノ リガトーニ(ペンネを太くしたようなショートパスタ)。シンプルに素材をぐわっと盛り合わせただけといえばそれまでなんだけど、具材の組み合わせと加減が達者なんですよねえ(生意気言ってスミマセン)。ニラがいいアクセントになってて、面白い一皿でした。
 

2018-06-20 14.28.08
別途食後のデザートをいただく頃には、ランチタイムの営業時間は終了。他のお客さんがいなくなってからシェフもマダムも僕のテーブルに座って、なんだかんだと積もる?話を色々おしゃべり。結局お店には2時間くらいいたかなあ。おっとりしたマダムはもちろん、一見強面に見えるシェフも実はすごく面白い方。もし僕が東京在住なら、しょっちゅうここに来てると思います。

これにて東京エントリは終了。一人旅とは思えないほど、いろんなものを食べていろんな人に会えた2泊3日でした。東京に住みたいとは思わないけれど、年に2,3回遊びに来られるのがベストなんだけどなあ。
 


二度目の洋食SAEKI(神戸・阪神岩屋駅)

2018-08-19 13.44.46
妻と昨日兵庫県立美術館に行ったので、お昼ご飯は洋食SAEKIへ。14時前に着いて、店外待ち列は5組程度。待ち列が日陰側だったし回転早かったので、それほど待たずにお店に入ることができました。
 

2018-08-19 13.44.01

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

前回のランチメニューとの違いはカキフライの有無。売り切れていたのはエビカツ&ハンバーグとステーキ。

2018-08-19 14.05.26
ところが店内メニューを見ると、塩で食べるポークカツとプレーンオムレツがありました。たまたま書き忘れなのか、敢えてなのか、さてどっちなんでしょうかw
 

2018-08-19 14.05.12
前回はテーブル席で今回はカウンター席、こんな説明書が貼ってありました。憶えておきましょう。
 

2018-08-19 14.13.02
外で並んでいる間に人数とオーダーを訊いてくれるので、席に着いてから料理が出てくるまでそれほど時間はかかりません。前回と同じのは面白くないなあと思いつつ、価格に引かれて妻はクイックランチ(ハンバーグとチキンカツ)、僕はミックスフライランチ(有頭エビフライ・チキンカツ・ミンチカツ・クリームコロッケ)と、やっぱり同じのにしてしまいました…ただし、前回の経験を活かし、僕はご飯大盛りに。
二人ともオーダー内容が前回と同じだったし、改めて書き足すこともないのだけれど、ここのデミグラスソースってもうちょっとビターだったような気がなんとなくします。一人で来てビフカツ食べてる女性もいましたが、次回こそ別メニューにトライで、ビフカツかあるいはポークカツか。
 

2018-08-19 14.05.52
ランチ以外のメニューにスモークしたノルウェーサーモンフライがレギュラー入り、別メニューのミラノ風カツレツやチキンキエフは今でも食べられるのでしょうか。ポークチャップとポークカツの材料が、神戸ポーク雌肉からスペイン産栗豚に変わっているのが気になります。ということで、次回はポークカツに決定。(忘れていなければ)