「洋食」カテゴリーアーカイブ

初めての レストラン菊水(京都・祇園四条)

2018-06-27 16.09.59
京都の四条大橋から祇園方向に向いたこの光景、見覚えのある方も多いのではないでしょうか。右に南座、左には見るからに歴史がありそうな洋風の建物。

2018-06-27 16.06.54
その建物は、大正5年創業・瓦せんべい屋から洋食屋に転身、大正15年に建てられたレストラン菊水。平成8年には国の登録文化財に指定されたのだそうです。

2018-06-27 14.59.40
神戸っ子の僕でさえこの建物は子どもの頃から見覚えがあるし、1階の窓の向こうで演奏会をやってるのが見えたりとか屋上でビアガーデンやってたりとか、色々記憶に残っています。でも特に理由も無くこれまで入ったことはありませんでした。
 

2018-06-27 14.59.01

(エントリ内の写真は二度クリックなどで大きくなります)

2018-06-27 14.58.49
店頭のメニューを見ると、喫茶系からランチセット・ディナーコースなど、幅広く色々。一等地だしこの建物だし、なんとなく敷居が高そうと思い込んでいたけれど、1000円アンダーのメニューなんかもあって意外と気軽に入れそうです、
 

2018-06-27 15.02.36
建物は4階プラス屋上のビアガーデン。一人だったし中途半端な時間だったので、1階へ。通し営業なのでいつでも入れるのがありがたいです。

2018-06-27 15.08.23
創業以来102年というのは京都ではそれほどでもないかもしれませんが、歴史が浅い洋食ジャンルではやはりご立派。現在で3代目だそうで、とにかく継続していくだけでも色々とご苦労があることだと思います。
 

2018-06-27 15.06.22
むっちゃ暑かったのでまずはビール。四条通を行き交う人を眺めながらちびちび飲るのもなかなかいいもんです。
 

2018-06-27 15.06.47
2018-06-27 15.08.12
オーダーしたのは、終日オーダー可能なハイカラグリルスペシャルセット(1250円)。本日のスープ・ハンバーグ・エビフライ・クリームコロッケ・グリルチキン・サラダ盛り合わせ・ライス・コーヒー。いい意味で普通で真っ当な洋食で、この内容・立地でこの価格はすごく良心的に感じました。980円のランチorイブニングセットならさらにリーズナブルかも。

メニューをじっくり読むと気になるのがいくつかあって、例えばビフカツ・タンチュー・ハイシライス・海老ライスグラタンなどなど。京都に住んでたら色々食べに来るんだけど、たまにしか来ないのにここで色々食べるのはなかなか難しいなあ、けどまた来たいなあ。

{お店データ}
住所:京都市東山区四条大橋東詰南座前
営業時間:
1階 10時~20時45分 (土 ~21時半)
2階 11時~20時半 (土 ~21時)
ビアガーデン(5月7日~9月30日)17時~23時
定休日:無休
 


今日の晩御飯


久々の海老フライカレーそば。
前日から弁当屋のおばちゃんに明日は注文するよと予告しておいたお陰か、海老フライはデカかったし出来立て熱々だったし、きっちり満足させてもらいました。
今度はカツカレーそばにしてみようかな。
 


振られて正解 グリル一平(神戸・三宮)

2018-06-11 19.39.55
この日は妻と一緒に唐子へ水餃子を食べに行ったら、あいにく定休日。しょうがないので他の店に餃子を食べに行こうとしたら、すぐ向かい側にある一平でもいいよとのこと。なんと妻は三宮店は行ったことないそうで、僕に異論あるはずもなく即変更となりました。
 

2018-06-11 19.40.08

2018-06-11 19.49.55
まずはの一品は、当然のごとくのビフカツ・ノーマルサイズ(ライス付1600円)。

2018-06-11 19.51.28
この価格でこの肉質、この厚さはすばらしい。揚げ加減は完璧だし、ドミグラスソースもビター系で好みだし、今神戸で僕が一番好きなビフカツがここ三宮店のかもしれません。
隣のお客さんがビフカツのオールドスタイルのを注文してて、そうそういつかあれにしようと思いながらいつもノーマル選んでしまうので、次回こそ忘れないようにしないといけません。
 

2018-06-11 19.50.48
そしてもう一品はオムライス(800円)。洋食屋でビフカツとオムライスって、あまりにもベタな組み合わせやなあとは思ったけれど、食べたかったんだからしょうがない。

2018-06-11 19.52.54
プレーンオムレツ載っけてトローンと開くタンポポスタイルよりも、この手の薄焼き包みタイプのほうが好きなんです。一平では一つのオムイスに使われる玉子は、LLサイズ半個分なんだとか。薄いがゆえの口当たりを生むためのその技術、半端ないですねえ。
 

平日夜のそれなりの時間にも関わらず、店内はほぼ満席。客層は一人客からグループ客まで、年齢層も性別も様々でした。三宮店のシェフは、本店のシェフの息子さん。本店の味を引き継ぐお店は一平支店以外にも複数あります。大勢の若い人たちが三宮店で楽しそうに美味しそうに食べている光景を見て、お客さんもお店も、次の世代にしっかりと受け継がれているんやなあと実感、洋食好きの一人としてとても嬉しかったです。
 


宿題を片付けにPopBoyへ・後編(神戸・板宿)

*このエントリは、「宿題を片付けにPopBoyへ・前編」の続きです。
 

2018-06-12 13.12.50
このブログでも、先代のブログでも、「赤ひょうたん」カテゴリを作っているほど、かつて神戸三宮にあったサラダをメインとしたお店・赤ひょうたんについては色々と書いてきました。その内容は僕だけではなく、たくさんの赤ひょうたんファンからのコメントで成り立っています。

以下、先代・現ブログの赤ひょうたんカテゴリへのリンクです。このエントリを含め、これまで・これからの赤ひょうたんカテゴリのエントリが全てピックアップされます。
ただし、新しいエントリから順に表示されてしまいますので、読んでやろうとお思いの場合は、日付が古いほうのエントリから順に、また先代foodish赤ひょうたんカテゴリからお読みいただくことをおすすめします。

 *先代foodish赤ひょうたんカテゴリへのリンク
 *現foodish赤ひょうたんカテゴリへのリンク

ご存じの方もいらっしゃるでしょうが、こちらPopBoyのマスターは赤ひょうたんで修行された方。現在77歳で後継者がいらっしゃらず、ご高齢にもかかわらず「お客さんが来てくれるから」と頑張っておられますが、体力にも限りがあります。
こちらのお店のことを知ったのは、12年前に僕が書いた、写真もなくほんの数行のエントリがきっかけ。書いた当時はなーんも考えておらず、頻繁ではないものの息長く色んな方からコメントをいただく(今もなお)なあと思っていただけで、その後あんなことやこんなことやいろんなことが起こるなんて夢にも思っていませんでした。

そのエントリがきっかけで出会ったもう一つのお店が、東京・新高円寺にあるリスタ2。詳しくはこちらのエントリをご覧いただきたいのですが、こちらのお店も元赤ひょうたんの方がやってらっしゃるんです。そして一昨年の12月、二度目に伺った時にこんなものをいただいてしまいました。
 

赤ひょうたんメニュー
赤ひょうたんファンの方なら見覚えがあるかも知れません。創業時のメニューです。
リスタオーナーのお母様=赤ひょうたん創業者のうちのお一人の奥様の、自宅食器棚の下敷きに使っていたそうで、何枚かあるのでおみやげにどうぞと、軽〜く差し出されてしまったんです。「こ、こんなものをいただいていいんですかっ!」といいつつ、折り目がつかないように大事に持って帰り、以降自宅で大事に保存していました。

…ところがですね、時が経つにつれ、写真でこのブログでも公開したとは言え、果たして僕が持ってていいのか?このブログを知らないファンの方にもみていただいたほうがいいんんやないのか?とだんだんと思うようになってきました。
そんなこんなで先日久しぶりにPopBoyに行ってシェフとお話ししたら、ぼちぼち引退したいが、お馴染みさんから新しい人までまだまだお客さんが来てくれるのでやめられない・体力が落ちてきているので定休日を増やしゴルフで足腰を鍛えてる、なんてことをお訊きしました。

その帰り道、うすうす思っていたことを実行しようと決めました。
「リスタでいただいた創業時の赤ひょうたんメニューをPopBoyにお渡ししよう」と。

PopBoyに残された時間はあと数年でしょう。でもその間に確実に赤ひょうたんのファンがいらっしゃいます。僕が持っているより、そのほうがこのメニューが生きるに違いない。こりゃちょっとでも早くメニューを渡しにいかねば!
…そう思うんなら当日にでも出直してメニューを持っていけばいいようなものなのに、根がいい加減なもんでなんだかんだで日にちがあいてしまい、今回やっとお店に持っていってやっと「宿題」を片付けたという次第。

ということで、要するに
PopBoyに行けば創業時の赤ひょうたんメニューが見られます!

というお話でした。
毎度ながら文章長くてスミマセン。
 


宿題を片付けにPopBoyへ・前編(神戸・板宿)

2018-06-12 13.12.50
先日4年ぶりに行ったPopBoyにまたもや。久しぶりに食べてやっぱりおいしいなあと思ったもんで再びという理由に加えて、以前からうすうす思っていた宿題を片付けに来ました。
 

2018-06-12 13.24.05
前回食べたミックスセットのハンバーグ・エビフライ・クリームコロッケのどれもおいしかったんだけど、以前から好きだったクリームコロッケのおいしさを再認識したもんで、単品のセットメニュー(1000円・14時までならコーヒーか紅茶付き)にしようと店に着く前から決めていました。(レバーステーキとかビフカツとかほかにも食べたいものはいっぱいあったけど…)

2018-06-12 13.24.58
こちらでは、ベシャメルもソースもスープも全部手作り。このクリームコロッケのベシャメル、舌触りが滑らかで自然でほのかな甘味があって、何より最初に割った時にホワ〜ンと香ってくる香りが抜群なんです。
上にかかってるお店オリジナルなトマトソースは揚げ物系をメインに幅広く使われていて、これとのコンビネーションもむっちゃ好み。今回は一人だったので、やっぱりおいしいなあとじっくり味わいながらいただきました。

僕がお店に入ったのは平日の13時ころで、満員とは言えないけれど各テーブルともほぼ埋まってる状態。その後店を出る1時間くらいの間にも、子どもから初老まで・1人客から4人程度まで・高校生の女の子も僕より年上のオッサンも・常連さんもご新規さんも、いろんなお客さんが出入りしてて、幅広い層に愛されてるんだなあと改めて実感しました。
僕同様のオッサンで、クリームコロッケオーダーが一人・ポークチャップが二人あり、後者はメニューにあるのは知ってたけど注文している場面に初遭遇だったので、興味津々でした。

でも、前回の時のエントリに書いたように、残念ながらあと数年後にはこちらのお店はなくなってしまうんですよねえ…

(後編・宿題編に続く)
 

{お店データ}
電話:078-611-7734
住所:神戸市長田区庄山町1-5-9
営業時間:11時半~15時 17時~20時
定休日:水・木・日