「大阪」カテゴリーアーカイブ

ラクサ@梁亜楼(大阪・なんば)


1年半以上も来てなかったかなあという気もしながら、なんばのシンガポール料理屋・梁亜楼(りゃんあろう)へ。残念ながら今回はマダムには会えず。昼時だったのでラクサだけにしましたが、ここのシューヨ(皮付きチャーシュー)も長いこと食べてないのでまた来たいなあ。

{お店データ}
住所:大阪市中央区難波千日前13-6 電話:06-6631-7979
営業時間:11時~15時(水~日) 17時半~23時半(火~日)
定休日:月曜


函太郎(大阪・梅田)

20141119函太郎
「函館に遊びに行って現地の友人と食事をすることになり、回転寿司屋へ連れて行かれた。なんでまた回転寿司なんかに…と思ったが、食べてみたらヘタな店よりよっぽどおいしくて安かった」という話を聞き、いつか北海道に行った時のためにと思って調べてみたら、なんと大阪にあるじゃありませんか。ということで、早速行ってみました「函(かん)太郎」グランフロント大阪店。平日の13時頃ということもあり、行列もなくすんなり入れてラッキーでした。

20141119函太郎
通されたのは入ってすぐのカウンター席で、目の前にはお寿司がぐるぐる、その向こう側にはボックス席。グランフロント大阪がオープンして1年半、店内もまだ新しくて綺麗です。

20141119函太郎
100円じゃないほうの回転寿司なんで最低125円から680円まで、3種盛りも各種あります。函館出身ゆえ北海道ネタが豊富にあるところが一つのウリでしょうか。

20141119函太郎
アテ系も色々。ゆっくり腰を落ち着けて飲みたくなるような雰囲気ではないでしょうが、昼から夜まで通し営業なので、サクッと一人での昼酒にも使えそうです。ザンギ(鶏唐揚げ)という表記があるのが北海道らしいですなあ。

20141119函太郎
こちらは日替わりメニュー。道産率5割といった感じでしょうか。

20141119函太郎
回転してるのを取るのではなく、以下全てオーダーして握ってもらいました。まずは盛り合わせ系をということで、日替わりの中からいちおし三昧(うに・いかソーメン・カンパチ/630円税別・以下同じ)。第一印象としてはネタがきれい、でかい。いかはかちっとした噛み心地、カンパチはさわやかなうまみ、うにはまあこんなもんか。

20141119函太郎
鹿児島産活け〆ぶり(380円)は、さっきの以上にネタがでかい。サービスしてくれているんでしょうが、個人的にはネタが大きすぎるお寿司ってのはあんまり好きじゃないんですよねえ。分厚すぎるのはもっとダメ。とはいいつつ、とてもおいしくいただきました。

20141119函太郎
こぼれたらばがに軍艦(480円)。大きさに続き、盛りの良さで目を惹くプロモーション展開とでも申しましょうか。かに身そのものはおいしかったんだけれど、これはお寿司じゃなくってネタだけで食べたかったかなあ。ちなみにこの日はこの後仕事だったので飲めなかったんです(-_-)

20141119函太郎
僕の一番好きなネタなので、釜煮穴子(300円)は必須。けっこう薄めなネタでしたが、脂が乗ってるのでバランス的にはこれくらいのほうがいい感じでした。焼穴子のほうが好きなんだけどメニューにはなし、北海道では焼穴子はないんでしょうかね。

〆にとろたく(とろと沢庵の巻き寿司・250円)をオーダーして、合計2203円。昼ご飯としてはかなり豪勢になりましたが、意識的にやや高い目のネタを選んだ結果なので納得。晩ご飯だったらこれにアルコール類が加わってもう少し食べても5000円以内に収まりそうだし、安めのネタにしても全然オッケーだと思われます。グランフロントの飲食ゾーンってけっこう繁盛してるみたいだから、タイミング的に並ばずに入れるかどうかが問題かもしれませんね。

{お店データ}
住所:大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 南館7F
電話:06-6485-7168 営業時間:11時~23時
定休日:不定休(グランフロント大阪南館に準ずる)


ほるもんBarおかだ(大阪・大正)

20141007おかだ
ネット上でもリアルな飲み会でも色々やり取りをしている「B級的・大阪グルメ!ブログ」のこばやしさんのある日のツイートを見て、その2日後だかに速攻で行ったのが「ほるもんBarおかだ」。JR大正駅下車、環状線の外側方向に歩いて数分のところにあります。

20141007おかだ
お店は細長くカウンターのみの立ち呑みスタイルで、テーマは店名のとおりホルモン。メニュー見ても、一部サラダ等を除いてホルモンオンリーのシンプル一直線が潔いです。

20141007おかだ
カウンターバックの黒板にはさらに詳細な部位ごとメニューが書かれていて、これだけ見ると10人ちょっとで満席になるカウンターのみの店とは思えず、まるでフツー(でもないか)の焼肉屋のようでもあります。

20141007おかだ
ワインもお手頃・その日ごとのお得銘柄もあり。つい先日オープン1周年を迎えられたばかりだそうです。

20141007おかだ
こばやしさんのツイート見てすっ飛んでいった目的は、このハラミのカツサンド(1100円)。とにかくこれが食べたい一心でやって来たんですが、1日あたり限定2食なもんでもし売り切れだったらどうしようかと思ってました。
ご覧の通り、見事なミディアムレア。ガブッとかぶりつくと、少しサクッと感があるハラミの歯応えがあり、噛むごとに旨味がドクドク。控えめ量なソースとのマッチングも良く、ヘタな洋食屋のカツサンドなんて目じゃありません。この日のお得赤ワインをグビッとやりながら、思い通りありつけた幸福感に浸ることしばし。

20141007おかだ
レバーカツなんちゅう魅力的なメニューもありましたが、揚げ物ばかりになるので自粛、代わりに選んだのがホルモンの油かす煮(420円)。ハラミのサクッと感とは違い、クチュクチュ噛みながらこれもワインをグビり。深〜い味わいでこれもいいですなあ。
カツサンドのボリュームが結構あるうえホルモンもたっぷりめだったもんで、こばやしさんおすすめのホルモン串までたどりつけませんでした。次回はまず生もん行って串ですな。(けどカツサンドもレバーカツも食べたい…)

参考リンク:
 ◆「立呑みほるもんBar店主のブログ
 ◆「立呑みほるもんBar 店主のツレ日記」 ←店主の奥様のブログ。こっちも面白いです。

{お店データ}
住所:大阪市大正区三軒家西1-25-10 電話:06-6553-2359
営業時間:16時半~23時半 定休日:第2・第4火曜(とのことですが、変更もあるようです)


うを卯(大阪・千日前)

20141027うを卯
道頓堀付近でお昼を食べることになったものの、観光客てんこ盛りでごちゃごちゃし過ぎててこりゃいかんと待避。なんか良さげなところはないかと探していたら、良さげな鰻屋さんがあるじゃないですか。

20141027うを卯
恥ずかしながら当初店名が読めませんでしたが、「うを卯(う)」と読むそうです。店名リンク先によると、大正14年堀江に創業し昭和24年この場所に移転、今が三代目で、あと少しで通算90周年を迎えられるとのこと。道理で店構えにも店名にもどこかしら年季が感じられるはずです。

20141027うを卯
見にくい写真で申し訳ありませんが、メニューはほぼ鰻一本槍で昼夜統一。鰻重や丼、定食に白焼きもあります。

20141027うを卯
オーダーしたのは鰻重(竹・3500円)。高級品となった昨今、このサイズは妥当な線だと思います。江戸焼きということですが、注文してからそれ程時間はかからず(いい意味で)それほど柔らかくもなく、関西風だといわれてもわからないかも知れません。タレはちょっと記憶にないくらい、(これもいい意味で)甘さ控えめのけっこうな辛めでした。余分な脂を感じることなく締まった身で、とてもおいしくいただきました。
道頓堀の喧噪から離れ、落ちついた店内の雰囲気は別世界。うなぎを食べるという意味合いだけでなく、昼夜問わずこのあたりでゆったり食事したい時に、手駒として持っておきたいお店です。

{お店データ}
住所:大阪市中央区千日前1-8-22 電話:06-6211-7686
営業時間:12時〜21時半 定休日:毎月奇数日の日曜・盆休みと正月休みは不定休


島添食堂のカレーランチ(大阪・大正区)


カレーがおいしい店があると同僚に連れて行ってもらったら、以前から某所でしょっちゅう名前を聞いていた島添食堂でした。
マイルドな辛さのキーマは、ほっこり家庭っぽい味。セットのサラダはボリュームがあり、人参?風味のドレッシングが特に美味しく感じました。このたっぷりサラダ付きで600円、プラス100円で各種ソフトドリンクを追加することもできて、とてもリーズナブルです。

写真 2014-10-07 12 53 39
ランチタイムはカレーだけですが、夜は各種メニューあり。自家製トマトソースを使ったパスタや、サンドイッチ類に魅力を感じます。こぢんまりしていてアットホームな雰囲気なので、ゆるりだらりとくつろいでしまうとけっこうハマりそうなお店ですな。

{お店データ}
住所:大阪市大正区三軒家東1-13-7 電話:06-6555-8238
営業時間:11時半~13時半、18時~23時 定休日:土日