えて吉さんとハシゴ(大阪・大国町あたり)

11月初めにちょっくら大阪の日本橋に行く用事があったので、そのあとえて吉さんと普段余り行かないゾーンでってことでハシゴしてきました。

◎一軒目:みつわや酒店
2016-11-02 18.23.34
名前は知ってたけど行ったことなかった木津卸売市場の向かい側。卸売市場の近くってことだけで期待度が上がります。

2016-11-02 18.31.47
店頭のテントに書いてあるとおり「安くておいしい飲み処」。生大を除けば食べ物飲み物とも高くても300円台ですもんね。

2016-11-02 18.26.29
まずはあれば注文するポテサラ150円に、きずし300円・チョイトロ300円。チョイトロはこの値段とは思えない代物でした。

2016-11-02 18.43.55
鶏じゃないほうのまぐろのねぎま塩焼き300円。シンプルにうまい。

2016-11-02 18.58.51-1
ミノ250円を頼んでみたら、今まで余り記憶にない食感。ごりっとした噛み応えだけでなく、ちょっとクニュっとしてて面白かったです。ミノって特に好きではないんだけど、これはかなり好みでした。

2016-11-02 19.06.25
安いんで天ぷらもイっときましょうで、かきあげ80円・穴子100円・紅生姜70円。奥の小鉢は「おでんみたいなもん」200円。
テント表記に偽りなし。どれも安くておいしくて、いい店ですなあ。

◎二軒目:立呑 二劫
2016-11-02 19.34.05
店内写真撮影禁止のキャッシュオンデリバリーな立ち飲み。ほとんど愛想のない店主(全然嫌いじゃないです)一人で切り盛りされていて、食べ物も酒類もジャンルが幅広く激安。いただいたのはポテサラ・テリーヌ・レバームース・牡蛎のコンフィ(以上、各100円)・もつ煮込み・タンのトマト煮(以上各200円)などなど、アテは100円か200円、酒類は200円か400円と凄まじい価格設定。この値段値段なのに?料理はすごく本格的で、特にレバームースとコンフィはちょっとびっくりしました。その場で調理するものはなさそうで、保温鍋(シャトルシェフ)を複数活用されています。
店内のラックにはCDが並んでいて、僕らが行ったときにはハードロックがかかっていました。かなり偏屈そうなご主人(スミマセン)ですが、どういう人なんか興味あるなあ、話をしてみたいなあ。
※お店のサイト、かなり面白いです→「立呑 二劫

◎三軒目:Bar89
2016-11-02 20.43.26
えて吉さんとハシゴするときは、最後にバーで〆めるのがパターン。どっか良さげなバーはないかなあ、でもこのあたりにはバーなんてないやろなあと思っていたら、忽然と良さげな店に出くわしました。

2016-11-02 20.53.09
こんなこと書いたら失礼ですが、店内に入ってみたら超意外にも特にスピリッツ系充実の立派なバックバー、そして店頭にも書いてあったようになんとジンだけで60種類以上も揃えてるんだとか。えて吉さんは毎晩ジントニック飲んでるくらいだし、僕も最近特にジンに興味があるので、まさにうってつけ。

2016-11-02 20.51.40
好みを伝えてジンを選んでもらいました。2本ともこんなボトル見たこともないや。

2016-11-02 20.55.53
時が経っているのと酔っぱらっていたので記憶があやふやですが、ジントニックを飲んだはず。こんなグラスで出てきてびっくりしたんですが、こういう飲み方もあるってな説明を聞いたような気がします。

難波の中心部からは離れているので大丈夫なんかといらぬ心配をしてしましますが、スピリッツが好きならわざわざでも行ってみたいバーでした。また行きたいけど迷わず行けるかなあ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.