「大阪」カテゴリーアーカイブ

「酒仙房 金生」でプチ宴会(大阪・千鳥橋)

IMG_8479
都道府県をまたいでの移動もOKとなったのでぼちぼちええやろということで、*あきこさん*・こばやしさん・だいこんさん・えて吉さん・僕の5人で、何ヶ月ぶりかで集まって宴会をすることになりました。場所は「酒仙房 金生」。ここって一品の量が多いので何人か集まりたい、でもちゃんと予約しとかないと入れないかもなお店なんです。
 

IMG_8485

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

一品の量が多いだけでなく、おいしいくてしかも安い。有名なのは、板で出てくるウニといくら丼でしょうか。お酒も種類は少なくても、いいものを安く揃えています。
 

IMG_8481
ちょっと僕が遅刻して、到着した時にはすでにこのお造り盛り合わせがでてきてました。まぐろ・ホタテ貝柱・ぶり・すずき・鯖・キングサーモン・剣先イカ。多分僕は今回が4度目くらいだと思うんですが、ここってこんなにお刺身がおいしかったんやったっけ。ちゃんと寝かして旨味を引き出したお刺身を久しぶりにいただいた気がしました。
 

IMG_8483
こちらカニミソ豆腐は、変な臭みがなく小さくても旨味がぎゅっと詰まって280円、安ぅ〜
 

IMG_8493
お惣菜系のアテは、ポテサラ(230円)・ほうれん草白和え(200円)・タケノコの甘酢漬け(280円)。タケノコって甘酢漬けもできるんですね。
 

IMG_8495
ちゃんと人数分5切れにしてくれている穴子天は、伝助かと思うくらい身が厚くて、なんと380円の値打ちもの。でかいだけじゃなくって味が濃い。
 

IMG_8497
僕の好物・西京焼は銀だら(580円)。飲み物は最初はみんなビールで、すぐに日本酒にチェンジ。燗は何だか忘れたんだけど、冷やはなんと十四代、続いて多摩川アイスブレーカー。芋焼酎頼んだら「佐藤」しかありませんでした。いずれもすごくリーズナブルでびっくり。
 

IMG_8499
ちょっと舌休め的にトマトの塩麹漬け(180円)。
 

IMG_8488
小皿をもらったら、京都の都をどりの時の団子皿でした。これ、昔うちにもあったんやけどなあ。なんでこれを使ってるのか、お店の人に訊けば良かった。
 

IMG_8501
個人的にこの日一番驚いたのが、この琵琶湖産・天然稚鮎の天ぷら(5尾380円)。だいたい5尾380円ってだけですごいのに、これ全然稚鮎とちゃうやん!ってな立派なサイズ。ほろ苦甘いはらわたの香りがふわっときて、値打ちものでした。ありがたやありがたや〜
 

IMG_8502
肉系もということでステーキを頼もうとしたら売り切れだったので、牛肉レアあぶりたたき風(580円)。
 

IMG_8506
〆のご飯ものはいくら丼(880円)を2つとってワケワケ。ウニは売り切れだったけど、これで〆られたので全然オッケー。

何食べてもおいしいし安いし、お酒もいいし文句なし。人数が揃っていたので色々食べられて余計に良かったです。ちょっと交通の便が悪いところなのでなかなか行けませんが、また何人か揃って行きたいなあ。

[お店データ]
住所:大阪市此花区梅香3-26-11
電話:06-6461-0164
営業時間:[平日]17時~21時[日・祝]~20時
定休日:月曜・第3火曜
 

昨夜「畑分店」にて(大阪・大正)

IMG_6001
昨夜は久しぶりに「さのや」に行ったら臨時休業で、それならそれでということで「畑分店」にチェンジ。ここはここで大好きな店なので全く問題なし。芋焼酎お湯割とおからでスタート。
 

IMG_6003
このご時世にも関わらず、大繁盛。さすがやなあと思っていたら、その前数日はがら空きだったとか。何にしても満遍なくとはならんもんですなあ。体重を気にしつつ、おでんは大根とこんにゃく。特にこんにゃくうまし。
 

IMG_6004
メニューには上がってなかったけど訊いたらあるってことだったので、かす汁を。ここのかす汁、好みなんです。芋焼酎をお代わりし、某所への差し入れにおでんを6つ持ち帰りにしてもらって、全部で2000円ちょっと。やっぱりいい店です。

…これだけしか食べてないのに、今日になったら体重増えてました。納得できんが、家に帰ってからちょこっとつまんだ後で、屋台の夜鳴きそば食べてしもたからなあ。まあめったに食べられへんから後悔してないけど。
 

鰻 にしはら(大阪・天満橋)

天満橋に野暮用で行くことになり、近所でなんかいい店ないかなあと事前に探してたら見つかった「鰻 にしはら」。しかしながら座席が全部で9席しかないので予約が取りにくく、その上電話になかなか出てくれないそうで、トライしたものの結局予約できませんでした。

IMG_4735
まあそれでもとりあえず場所だけ見ておこうと12時前に行ったら、11時開店のはずなのにまだ準備中の札がかかったまま(注:上の写真は食べた後で撮ったものです)。たまたま入口が開いていたので中を覗いてみると何故だか先客は誰もいなかったので、恐る恐る「すみません、予約でいっぱいですよね?」と声をかけてみると、「一人だけなら行けますよ」との予想外の返答で、こりゃラッキ〜! 開店11時のはずなんだけど、時間が変わったのかたまたま11時台に予約が入ってなかったのかは不明。でも入れたんだからまあいいや。
 

IMG_4705

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

IMG_4708
店内に流れているのは何故だかカントリー&ウエスタン、メニューは鰻関係と飲み物のみでストイック。昨今の情勢からしてそこそこのお値段になるのは仕方がないとしても、この席数で大丈夫なんだろうかと余計な心配をしてしまいます。
 

IMG_4707
関東風と聞いていたので、出来上がるまで時間がかかるのは承知の上。
IMG_4713
この日は仕事だったのでアルコール類は我慢して、骨せんべい(塩味で美味しい)とお茶をいただきながらゆったり出来上がりを待ちます。
 

IMG_4706
僕が店に入って以降、12時過ぎに4人の予約客が来店、予約してると早く出てくるようで、僕のより先に出て来ました。その後、持ち帰り客が一人、予約なし飛び込み一人客が来るも満席で入店できず。12時40分ごろ僕がお勘定を済ますまで、店の動きは以上でした。予約でいっぱいってことは、その後お客さんが来たんでしょうかねえ。
 

IMG_4715
そんなこんなと色々思いを巡らしていれば30分なんてあっという間に過ぎていき、見事なうな丼(中4100円)が登場。さすが丸々一匹使用だけあって迫力あります。

IMG_4720
見ただけで極上を予感させる見事な焼き目、待ち時間が長いだけに鰻食べたい欲は存分に膨れ上がっています。ちまちませずグワバっと頬張ると、鰻は香り高く脂も柔らかさもほどよくふわふわ。ご飯は固めで、タレ辛めの少なめと僕好み。
当たり前な表現ですが、鰻だけ食べてもおいしい・ご飯だけでもおいしい、それを合わせるともっとおいしいと感じるうな丼。蒲焼単品とか白焼きも食べてみたいけれど、ここではストレートにうな丼を食べるのが一番じゃないかと思います。僕はビールを飲むとすぐお腹が膨れてしまうほうなので、次回もし飲めたとしたら絶対日本酒。飲めないならお茶だけでも充分。余分なものは口にせず、うな丼と骨せんべいと肝吸いとお漬物だけをいただきたいです。
いい加減な記憶ですが、僕が食べた近畿圏の関東風うな丼では一番じゃないでしょうか。飛び込みで入ることができて、つくづくついてたなあ。

{お店データ}
住所:大阪市中央区北新町4-12
電話:06-6926-4478
営業時間:11時~14時 17時~21時
定休日:月曜・第2火曜
 

安いうまい楽しい穴場「B.B.QホルモンMOU」(大阪・大正)

IMG_5338
ちょくちょく行ってる「さのや」近くをうろついている時に見かけて気になるなあと思っていたら、某氏から「ここええで」と勧められました。事前に検索してみたら食べログ未掲載(後でわかりましたが固定電話がないため?)でその他にもあまり情報がなく、ともかく昨年9月にオープンしたことは確か。当たりかハズレかようわからんけど、こういうのが好きそうなえて吉さんと一緒にビニールカーテンを開けてともかく入ってみることにしました。
 

IMG_5340

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

ビニールカーテン内はL字型のカウンターがある立飲みで、15人程で満席でしょうか。レギュラーメニュー以外に中央上部は手書きの日替わりメニュー、「白ごはんだけ持ち込OK!!」はちょっと珍しい。そして何よりかにより、ともかくどれも値段が安い!
 

IMG_5341
まずはカクテキとキムチ(各150円)で生ビール(250円)。値段が値段なもんでどんなものが出てくるかと思ったら、生ビールは発泡酒ではなくサイズはいわゆる中ジョッキ。キムチ類も150円とは思えないボリュームで、辛味はそれほどではなく、適度な甘味・酸味・旨味が感じられて好みなバランス。出だしから、おー、ええやんって感じでした。
 

IMG_5343
本命のホルモンの前に、日替わりメニューからせっかくなので牛上ハラミ(500円)を頼んでみたところ、こちらも予想を超える量と質。昨今赤身ブームでハラミが品薄とも聞きますが、これが500円で出てくるとは驚き。
 

IMG_5347
そして一番気になっていた牛ホルモンが登場。これ、写真では伝わりにくいんですけど、結構な盛りなんです。ホルモンも質がいいのは値段が上がっているそうですが、臭みなく噛むほどに質のいい旨味が沁み出してくるこれが150円とは驚愕。一人ならこれだけで酒3杯くらいイケてしまうこと間違いなしの、高コストパフォーマンスな一品です。大正駅の反対側にあった「ほるもんBarおかだ」が閉店してしまい、あの店のホルモン串を恋しく思っていただけに、その後継が見つかってとてもうれしく思いました。
 

IMG_5349
もう一品ということで牛あかせん(300円)で〆、こちらも安くてうまい。この後もう一軒行くことになっていたので今回はここでお勘定でしたが、これだけ食べて二人とも生ビールと焼酎を1杯ずつ飲んで、トータルなんと2150円のまさにセンベロ。久々に内容も価格も大当たりで、これはトライした甲斐がありましたねえ。
 

IMG_5335
肉やタレ、なかなかお目にかかれない油カスまで安価で販売しているということは、よほどのルートがあるんでしょう。焼酎のお湯割を頼んだら、好みの濃さで飲めるようにポットを持ってきてくれたり、その他諸々見かけによらず(失礼)細やかな心遣いが感じられるのもなんだかホンワカ楽しくて、こりゃいいお店に巡り会えました。他に食べたいものいっぱいあるし、安いうまい楽しいでリピート確定。

{お店データ}
住所:大阪市大正区三軒家東1-2-4
電話:080-8318-0093
営業時間:月〜金17時〜23時 土13時〜23時 日13時〜21時
不定休
 

「さのや」ダイジェスト(大阪・大正)

IMG_4082
さのや」には相変わらずちょくちょく行っています。毎回あげてるときりがないので、今回は5回分の中から出来るだけレギュラーものでないのを選んでみました。
 

IMG_3059
9月の末に行った時、メニューを見たら仙鳳趾の牡蠣を使った酢牡蠣があったので、速攻で注文しました。

IMG_3064
ネギにまみれてよくわかりませんが、結構でかいのが2つ分入ってて280円。関西でどれだけメジャーになってるか知りませんが、仙鳳趾の牡蠣ってうまいんすよね。
 

IMG_3165
こちらはたまにあるメニュー・ハンバーグと目玉焼き(330円)。ここのハンバーグ、かちっとしてて好みなんです。
 

IMG_3814
サンマのお造りは生姜醤油で400円。器が小さめで見た目からしてそんなに大した量には見えないけど、一尾分入ってるので掘り返せばどんどん出てきました。艶々のピカピカで甘〜い。
 

IMG_3820
じゃがいもとほうれん草とベーコンのグラタン(300円)。グラタン好きなもんで、見かけるとつい注文してしまいます。この手の洋風メニューもあるのが、さのやの好きなところの一つ。
 

IMG_4085
以前飲んだことがある芋くさい芋焼酎・山猪を見かけたので、この日はバリキングの後はこればっかり飲んでました。
 

IMG_4090
写真だけではなんだかようわかりませんが、すごくでっかい粒のカキフライが2個で300円。どこ産とは記載されてなかったものの、他のメニューからおそらく宮城県産「もちかき」かと。うまかったなあ、このカキフライ。今んとこ今シーズン一番のカキフライです。
 

IMG_4417
そして、茶碗蒸し(280円)。細いけど、本物のカニ足が一本刺さってます。

IMG_4421
その他の中身は、ゆりね・三つ葉・ゆば、鶏肉も入ってたかも。湯葉が入ってる茶碗蒸しって初めてだけど、どこかでそういう習慣あるんですかね。ま、茶碗蒸し好きなんで具が何であれいいんですが、湯葉もとても良かったです。こういうのはやはり日本酒ですなあ。