「大阪」カテゴリーアーカイブ

えて吉さんと京橋でハシゴ(大阪・京橋)

えて吉さんと和歌山まで洋食を食べに行った後、車を置いてから京橋に飲みに出かけました。以下備忘録としてあげておきます。

◎一軒目:岡室酒店
2017-05-09 16.34.12
だいぶ前にこばやしさんと来たことがあるので、2回目。京橋に来ること自体あんまりないのでよく憶えています。

2017-05-09 17.20.29

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
定番メニュー、安い。セットものはさらにお得です。

2017-05-09 16.37.27
筑前煮とスパゲティサラダで、まずはビール、続いて酎ハイ。

2017-05-09 16.45.32
この串焼き盛り合わせが300円とはすごい。

2017-05-09 16.54.25
続いてこのおでん盛り合わせ300円もすごい。やっぱり大阪にはかないまへんなあと思わざるを得ません。


◎二軒目:たちのみねこ
2017-05-09 18.10.25
昨年3月にオープン、比較的新しいお店でえて吉さんが少し前から気になってたとか。店主が猫好きなのでその手のグッズは店内にありますが、猫がいるわけではありませんでした。

2017-05-09 17.26.02
ここも安い。銘柄にこだわらなければドリンクは180円、食べ物は最高でも鶏唐揚げの300円。こんな値段だったらそりゃ会社帰りに寄りますわなあ。

2017-05-09 17.27.15
個人的定点観測メニューのポテサラは200円。

2017-05-09 17.30.01
極旨ホルモン煮(280円)はその名の通りかなり旨かったです。

2017-05-09 17.44.52
カレー(250円)はバゲットつき。安くてもちゃんとそつなく心配りきいてて、好感が持てました。


◎三軒目:六華(りっか)
2017-05-09 20.23.19
こちらはさらに新しく、昨年11月にオープンとのこと。暖簾くぐったら和装のおかみさんがいて、後で伺ったところによるとカウンター内にいる料理長?の母上だとか。

2017-05-09 18.57.45
これまでの2軒に比べれば高いかも知れんが、こっちのほうがフツーじゃないかと。

2017-05-09 18.58.38
燻製チーズ豆腐(250円)はわさびと岩塩添え。けっこう凝った料理を用意してくれているなあという第一印象。

2017-05-09 19.03.25
焼き湯葉巻そぼろあんかけ(200円)は、こちらの定番メニューな様子。息子さん、ちゃんとしてきてはるなあって感じ。

2017-05-09 19.13.12
牛すじトマト煮(150円)、蕗と筍の塩きんぴら(350円)もそれぞれきちんとおいしい。この店なかなかやるなって印象でした。時間をおいて是非また来てみたいです。

常々思ってることですが、やはり大阪は幅も広いし奥行きも深い。定番から創作メニューまで安いのは当たり前で、如何においしいものを出すかの競争レベルが段違い。他にも気になる店だらけの京橋で、つくづくそう感じました。




「天天,有」再び(大阪・住之江)

20170518天天ノ有
やっとこさ行くことが出来た「天天,有」にまた行ってみたいと思い続けて3ヶ月、うまい具合にタイミングが合ったので再訪してきました。

20170518天天ノ有
19時前に到着したら、お客さんはおらず。そんなもんかなあと思っていたら、そこからどんどん席が埋まっていって、僕が出る頃には待ち列まで出来ていました。常連さんの注文を観ていると、ライスを一緒にオーダーしてこのニラキムチを盛っておかずにしているパターンが多数見受けられました。

20170518天天ノ有
僕は並(600円)。隣の学生さんのチャーシューメンは150円アップでチャーシューだらけ、ちょっとうらやましかったです。

20170518天天ノ有
つるりとしたストレート麺に、やっぱりこのスープがうまい。近所にあったら絶対週一で通ってます。

20170518天天ノ有
今回はギョーザも頼んでみました(200円)。普段ラーメン食べる時はビール飲まないんだけど、やっぱりギョーザ食べるならどうしても欲しくなって小瓶(350円)を追加発注。ガッツリにんにく効いてました。

やっぱり好きやなあ、ここのラーメン。昔々の学生時代の頃を思い出すから、余計にそう感じるのかもしれません。その頃一緒に食べにいってた友人といつか一緒に来てみたいもんです。


こんなに久しぶりとは思わなかった「ほるもんBarおかだ」(大阪・大正)

2017-03-26 19.53.43
いつも心の片隅にある店の一つ・「ほるもんBarおかだ」。なのになんとなく機会がなく、間があいてしまっていました。


2017-03-26 19.59.53

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
店内に入ってびっくりしたのは、立ち飲みじゃなくなっていて椅子があったこと。お店の人に訊いたら、もう半年くらい前からとのことで、調べてみたら僕が前回来たのは10ヶ月も前でした。お客さんの年齢層が比較的高めでw「立ち飲みはしんどい」との声に応えたんだとか。


2017-03-26 20.05.47
なにはともあれいつものようにホルモン串(140円)と、軽口中口重口と3種類あるグラス赤ワインのうち、中口のスペイン産ヴァルデエルモソ・ホーベンの(500円)を。ワインのことはさっぱりわかりませんが、ここでは赤の中口と決めています。


2017-03-26 20.32.39
箸休め的にセロリのナムル(300円)をいただいて、メインの登場を待ちながらワインちびちび。


2017-03-26 19.58.16
何がメインかっちゅうと、本日のオススメの中にこれがあったら自動的に決定のハラミカツサンド。以前に書いたとおり、このカツサンドは毎日あるわけではなくてハラミが入荷した時(今回は前日)だけの限定品なんだけど、何故か僕は遭遇率が異様に高いそうです。


2017-03-26 20.18.36
相も変わらずすばらしいルックス、しかもこれだけでアテにも食事も充分なボリューム。


2017-03-26 20.18.51
余計なものは無し、ハラミカツとドミグラス系のソースとパンだけのド直球。肉はレアでも熱で活性化されていて、旨味も甘味も立ちまくり。これが1200円とはほんまにすごい。毎度の事ながら、大満足いたしました。

久しぶりにここのハラミカツサンドをいただけて嬉しかったんだけど、これ食べるとほとんど他のモノは食べられなくなるので、贅沢ながらちと欲求不満になりました。もつ鍋とかタンシチューとかレバーのパテとかも食べたかったな。


念願の「天天,有」でかつての味に再会(大阪・住之江)

生まれてこの方一番食べた回数が多いラーメンはと問われたら、僕は「天天有」と即答することが出来ます。初めて食べたのはウン十年前、京都一乗寺で学生時代に下宿していた頃。当時は週に2,3回食べてたんじゃないでしょうか。その後社会人になって機会は減ってしまったけれど、ここのラーメンに関しては語りたいことが山ほどあります。(それでなくても文章多めのブログなので控えますがw)
*以前のブログに書いたこのエントリをご参考いただければ幸いです。
旧foodish:「ある京都ラーメン

その他前ブログでは天天有に関していくつかエントリをあげていますが、ここ数年はテンション下がり気味。その理由としてはチェーン店が出来たり(本店とはちと立場が違うそうですが)、味が変わってしまったと感じたり。まあ人間の味の記憶なんていい加減なもんですが、この件に関してはとても興味深いネタがありますので、是非下記リンク先の、そのまたリンク先をご参照下さい。
旧foodish:「僕の大好きなラーメン屋に関する超気になるエントリ


さて、ここまでが前説。(長くてスミマセン)


20170119天天ノ有
京都一乗寺の天天有の現ご主人は創業者の息子さんで、その創業者の弟さんが大阪でラーメン屋さんをやっているってことは、かなり以前から知っていました。それがこちら「天天,有」(天天ノ有との表記も一部ではあり)。現在はこちらも息子さんが継いでおられるようで、ちなみに福岡県粕屋町では現店主のごきょうだいが「天天,有」を営まれています。
住之江の店のことはずっと前から知ってたんだけど、けっこう行きにくい場所なのと、昼夜それぞれ2時間半しか営業してないのでハードルが高かったんです。でもこばやしさんのこのエントリ読んで、これは是非行かねばと思った次第。(それから1年経ってますが…)


20170119天天ノ有
年季を感じさせる店内はカウンター席のみ、正々堂々一本勝負なラーメン屋のメニュー。今日び一杯1000円近いのが当たり前の昨今、並600円とお安いのも好印象、余分なものなど一切なく潔さを感じます。


20170119天天ノ有
一乗寺の天天有の薬味はにんにく唐辛子ですが、こちらではニラキムチ。福岡の店も同様で、先代からの味なんでしょうね。僕はラーメン食べるときにビールは駄目なんで餃子は頼まなかったんですが、めったに来れないんだから食べれば良かったとちょっと後悔しています。


20170119天天ノ有
ついにご対面のラーメン(並)。ネットで画像は見ていましたが、現物を眼の前にしてちょっとウルウル。チャーシューのタチがちと違うような気がするものの、たっぷりなのは一乗寺同様。嬉しかったのは、スープの香りと色。そう、僕がしょっちゅう食べてたのはまさにこんな感じだったんです。(というような気がする)


20170119天天ノ有
臭みがなく白濁したまろやかな鶏ガラスープは少しとろみがあり、やや細めのストレート麺もこれまたかつての記憶通り。ニラキムチ以外はほぼ昔と同様で、自然に笑みがこぼれてきてしまいます。味の記憶なんていい加減なものとは思いつつ、ここのラーメンって以前の一乗寺のラーメンとほぼ同じなんじゃないでしょうか。かつての味に近いかどうかは別にしても、これで600円とはとても価値があると思います。

もう二度と食べられないと思っていた大好きなラーメンに、何十年ぶりかで再会できました。もっと早く来たらよかったなあと後悔しつつ、今度はいつ行こうかな。


{お店データ}
住所:大阪市住之江区南加賀屋4-4-22
電話:06-6682-0327
営業時間:11時~13時半 18時~20時半
定休日:月曜、第3日曜


偶然遭遇「鮨処こに志」(大阪・あべの)

2016-12-14 18.00.44
昨年12月のことですが、えて吉さんと新規開拓ということで大阪あべのの某店に行ってみました。ひょっとしたらハズレるかもとの予感があたり、特にどうってことなかったので早々にお勘定。付近はあまり飲食店がなくやや広めに二軒目を探索していたら、偶然出くわしたのがここ「鮨処こに志」。なんの情報もなしに寿司屋に入るのってかなりな冒険ですが、この店があるあべのポンテ付近は再開発ゾーンでありながらちょっと寂れた雰囲気で、ここ含む数軒だけが頑張ってはる雰囲気。ぶっちゃけ人通りもあまりなく、にもかかわらずいいオーラも感じていたのでこれなら大丈夫だろうと入ってみることにしました。


2016-12-14 18.13.46
店内に入ったらジャズが流れてて、カウンター席以外にお座敷席もありアテ類も豊富。前の店では軽く食べただけなので、仕切り直しということでまずはセコガニを頼んでみたら、なんとまあこんなに丁寧に美しく盛られて出てきました。器もいい感じだし、一発目でアタリを確信。


2016-12-14 18.27.50
続いてお造り盛り合わせ(2人前)は7種。iPhoneでちゃちゃっと撮っただけなので詳細わかりづらいですが、ぱっと見でネタの良さがわかるほど輝いてます。先のセコガニ同様、仕事が丁寧。


2016-12-14 18.24.27
続いて大根よりブリ重視のブリ大根もきっちりした仕上がり。カウンター席にメニューがなく店内に貼ってあるだけだったので、他にどんなメニューがあるのか値段はいくらなのか記録できなかったのが残念ですが、日本酒の品揃えも豊富で総じてリーズナブルでした。


2016-12-14 19.03.48
適度にお腹も膨らんできたので寿司モードにスイッチして、まずはしめ鯖。個人的にはもう少し浅め加減が好みなんだけど、これも全然オッケー。


2016-12-14 19.10.48
〆はお店の自慢の一つでもあるらしい蒸し穴子。濃厚な旨味と脂が口の中でとろけます。

まったくの飛び込みでしたが、とてもいい店で我ながら大当たりでした。帰ってから調べてみたら、少なくとも2011年には既にオープンしていたにもかかわらず、検索してもあまりヒットしません。周囲が寂れた雰囲気なのが気がかりとはいえ、店内の雰囲気もとても良く安心して使えると思います。あべのは僕の行動範囲からはちょっとはずれているのでなかなか行く機会はないでしょうが、是非とも頑張っていただいと思います。


{お店データ}
住所:大阪市阿倍野区旭町2-1-2-109
電話:06-6634-5240
営業時間:17時~23時
定休日:月曜