「豚饅」カテゴリーアーカイブ

応援します 三宮一貫楼(神戸・三宮) ※追記あり

IMG_6799
神戸にはおいしい豚饅を売ってる店が色々あるので、神戸っ子にはそれぞれ自分のひいきの豚まんがあります。三宮一貫楼のは僕のひいきの豚まんの一つで、物心ついた時からの馴染みの味。自分の体の中に擦り込まれている食べ物の一つと言いきれるでしょうね。
お店でアツアツを食べるのが当然一番なんだけど、うちで温め直す時は軽く水をかけてから豚まん蒸し器に入れて電子レンジでチンします。アンの玉ねぎの甘味が効いてるので、辛子をつけてあんぐり。ノーマルサイズで一個210円は価値ありますなあ。

今さらながら、ふと思いついてこの店の歴史を検索してみたら、すごく興味深いサイトが引っかかってきました。

◎食と農の楽しさを伝えるウェブマガジン Mog-lab(モグラボ)
 〜店ものがたり「三宮一貫楼」編 (第1章から最終の第4章まであります)

昭和29年創業から現在に至るまでのこの店の歩みに関するインタビューなんですが、ものすごく面白く、そしてものすごく壮絶な内容で、第4章まで一気読みしてしまいました。語り手である常務さんのお話しは基本的にはユーモラスではあるものの、意外な話やら息を呑みような話やら、驚きの連続。551蓬莱との関係とか知らなかったし、そりゃ神戸なんだから震災の被害も受けてるだろうけど、こんなにもやったんかとか、考えられないほどの危機を何度も乗り越えられてきたことがよくわかります。ぜひご一読を。
 

IMG_6769
そして世界全体が新型コロナウイルスと闘っている今、三宮一貫楼もレストランの営業を休止し、豚まん以外にも様々な料理がテイクアウトできるようになっています。これまでの経験を活かし、今回の難局も必ず乗り切ってくれるに違いありません。微力ながら、応援しますよ、当然!
 

(以下4/25追記)

三宮一貫楼の常務さんが、下記ツイートされていました。
神戸を離れている神戸っ子さん、ぜひ!

台北に来ています


今朝関空を出発し、木曜まで台北に来ています。出発前に軽く食べただけなのでかなり腹ぺこで、ホテルにチェックイン後とりあえず何か食べようとホテルの前に出ていた点心っぽい屋台に並びました。


美人の奥さんは予め作っておいた皮を伸ばすのと接客。ご主人は専ら調理役。並んでいるうちに気づいたのですが、タネは二種あって、野菜系は奥さんが伸ばした皮で包み、肉系は伸ばさずご主人がテケトーに手で広げて包んでる様子。


皮伸ばしたて・包みたて・蒸したてを袋に入れてくれて、好みでタレ類を袋に直接入れて立食い。アツアツであるからとはいえ、アンも皮もメチャウマ!


見てる限りではこっちのほうが人気有りげなニラまん(でした)も、メチャウマ!
出だしからこんなに美味しくてどうする台湾、宿の近くだから毎日でも食べられるぞ、これは!
 

圓記(ユンキー)二度目(神戸・元町)

IMG_1001
初めて行ってめっちゃ気に入った圓記
◎関連エントリ:もっと早く来れば良かった「圓記(ユンキー)」・前編 そしてその後編
まだまだ未食のものが一杯あったので、今度は姉・兄と一緒に行ってきました。
 

圓記
まず初めは僕がここで既に食べたことがあるもので、海老餃子(600円)・海老入り香港焼売(600円)・「もち豚のスペアリブ豆豉蒸し」(1200円)。これらについては上記関連エントリをご覧下さい。
 

以降は前回食べられなかったものばかりガンガンイってみました。

IMG_0971
まずは前回メニューを見落としていた、一日限定10食・香港式皮付きパリパリチャーシュー(1500円)。注文した時にもう売り切れって言われたらどうしようかと心配してたんですが、あって良かった〜
こんがり焼き色のついた皮の下に赤身と脂身が層をなしており、見惚れてしまうほどの魅惑的なルックス。サイコロ状のチャーシューを噛んでみると、まずはパリッとサクッとクリスピーな皮の食感と香ばしさ、続いて脂の旨味がやって来て、後を追って良質の豚肉のいい香りとドーンとした食感、噛むほどに次々と旨味がやって来ます。できることなら、いつまでも噛み続けていたい〜
僕が皮付きチャーシューを好きなもんで、かなりしつこい表現ですが、ほんとにこれはうまかった。個人的にはこれだけ食べに来てもいいと思えるくらい、むっちゃ良かったです。
 

IMG_0980
といってもまだ始まったばかり。どんどん行きますよーでチャーシュー饅頭(480円)は、甘めのチャーシュー入りお馴染みの一品。これは2個でしたが、頼めば個数は増やしてもらえます。

IMG_0978
特に期待せずに注文した春巻き(600円)は、フツーに見えるのになんか知らんが皮も中身もええやん。

IMG_0985
こちらはキノコ入り海老の餅餃子(600円)。なんで餅って字が入るのかよくわからなかったけど、こちらの店としては標準的なレベルのおいしさ。(ほめてるんです)

IMG_0988
威水角=ハムスイコー=香港式ピロシキ(600円)は、中身もだけどそれを包んでいるお餅がカリッともちっとしてて、いい意味で大きく予想を裏切られました。

IMG_0991
湯気でピンボケの写真でスミマセン、こちらは蓮の葉で包んだちまき(700円)。注文してから蒸すので20分ほどかかって出てきました。蓮の葉のいい香りが移った薄味糯米ご飯が極上、豪華ではないけど素朴においしい。元々台湾ちまき(バーツァン)とかも好きなこともあるけど、今回食べた中では先のチャーシューに並ぶお気に入りでした。

IMG_0994
デザートその1・蓮の実餡入り胡麻団子(600円)は、揚げたてアツアツ・胡麻香ばしく・カリッと甘い。

IMG_0997
デザートその2・マンゴープリンタピオカ入りマンゴーミルク掛け(750円)。前回食べたマンゴープリンに比べて何でもありって感じで、見た目も食感もゴージャスでリッチ。プルンとしたプリンにタピオカプリっと感がプラスされて、楽しさおいしさ倍増でした。

神戸で飲茶の店は何軒か行ったけれど、今のところ個人的にここはトップクラスです。といいつつ何軒か未訪の飲茶課題店があるので、近々そっちも行ってみなければ。
 

春陽軒でおやつタイム(神戸・新開地)

IMG_0944
ここんとこ新開地率がちょっと高くなっております。この日もちょっと小腹が空いたので、僕の好きな神戸の豚饅ベスト3のうちの一つ・春陽軒でちょっくらおやつタイム。
 

IMG_0947
持って帰って食べてもおいしいんだけど、やはりお店で蒸したてを食べると生地のおいしさが違います。ここの豚饅はアンに濃いめの味がついているので、個人的にはソースや醤油はなしで、ここ特製のピリ辛味噌をちょっとつけていただきます。これがビールに合うんよなあ。家用にも持ち帰って今は冷凍庫に入っているので、これで当分はいつでも食べられます。
 

長崎に行って来ました(2)〜寿司割烹 松ふじで地物色々

DSC02943
昼食の後はバスに乗ってグラバー園へ移動。斜行エレベーターに乗りたいという妻の希望に従って第2ゲートから入ったら、坂を登らずに済んでラクチンでした。

DSC02954
坂の上から見渡す港の風景は、神戸と似た感覚があります。港にはでっかい客船が停泊していました。

DSC03057
ウロウロしているうちに日が暮れてきて…

DSC03076
暗くなったら園内はライトアップでいい雰囲気でした。グラバー邸でプロジェクションマッピングのショーもありましたが、そっちはなんだかなあな感じ。

DSC03090
工事中の大浦天主堂のそばをとおって坂を下り、港に向かうと…

DSC03101
グラバー園から見えた客船が目の前に。マンション5棟分くらいありそうなものすごいデカさです。

DSC03107
乗客定員4180人のクァンタム・オブ・ザ・シーズという客船だそうで。豪華ですなあ〜

DSC03110
港から再びバスに乗って移動。(せっかく路面電車乗り放題のチケット持ってるのに〜)

DSC03124
長崎ロープウェイで稲佐山に登って、世界三大夜景を堪能します。ちなみに浦和レッズサポーターさんも多数いらっしゃいました。
 

DSC03152
宿に戻って荷物を置いて遅めの夕飯に出たのが22時前。友人お勧めの店・「寿司割烹 松ふじ」がたまたま宿から近く、24時までの営業なのでラッキーでした。

DSC03129
旅行客が事前知識なしにたまたま見つけることはまずないだろう路地の奥にあり、ジモティ率高そう。割りと若めのお客さんが多かったのがちょっと意外でしたが、この値付けなら確かに気軽に入れそうです。

DSC03136
ドリンクも安い。左下・焼酎のグラス売り欄に載ってる銘柄は、なんと三岳と魔王(@_@)

DSC03146
基本は寿司屋でネタ色々。キープは芋なら三岳、麦なら「壱岐」って焼酎が人気のようですね。

DSC03150
カウンター席には大皿料理の数々が。ちょうど目の前だったので、これはなんだろう、あれ食べてみたいと興味津々。

DSC03131
まずは瓶ビールをお願いして、突きだしをアテに何を食べようか検討。昼ご飯のボリュームが凄かったので、それ程お腹が空いてなくってちと残念。

DSC03133
大皿に載っかってた海老が綺麗だったので、塩焼きにしてもらいました。でっかくて身がブリブリで、盛りつけたっぷり。

DSC03135
これも大皿料理から酢の物。ちょっと寒かったので、この辺から三岳のお湯割りにチェンジ。

DSC03140
大皿料理の右端にあったデカい薩摩芋サイズの魚卵の煮物がずっと気になったので訊いてみたら、左・ヒラメ/右・ブリの子を合盛りにしてくれました。ヒラメのほうがきめが細かく、ちょっとネットリした感じ。どっちも焼酎が進む〜

DSC03143
揚げ物はカキフライと迷った結果、珍しい甘鯛フライ(650円)を最初は塩だけで、途中からちょっと醤油をつけていただきました。あっさりしていて旨味があって、贅沢な気分。

DSC03147
ぼちぼちお腹が膨れてきたので、〆に茶碗蒸し(400円)をお願いして…

DSC03149
予習してきた長崎風の鉄火巻きを。こちらでは鮪ではなく、ブリ・ハマチ・ヒラマサなどを使うのだそうで、これはこれでうまし。海苔の香りがくっきりして良かったのも印象的でした。

DSC03151
妻と二人でそれなりに飲んで7500円ほど、もっと色々食べたかったのにあんまり食べられなくて残念でした。リーズナブルで大将親切で地のものが色々味わえていいお店、長崎に来たらまた来てみたいです。教えてくれた友人に感謝。
 

DSC03154
宿への帰り道、深夜にもかかわらず持ち帰り客の列ができている長崎ぶたまん・桃太呂に遭遇。お腹一杯だったけど、せっかくなのでちょっとだけ買ってみたら、小振りで皮はやや柔らかめであん(中身)はあっさり。僕の前のお客さんは50個買ってはりました。神戸にもあちこち豚饅は売っていますが、こんな時間に売ってるのは見たことがありません。さぞや地元で親しまれてるんでしょうねえ。