「ランチ」カテゴリーアーカイブ

「肉の松山」でランチ(滋賀県東近江市)

IMG_3842
信楽のミホミュージアムまで妻と行くことになり、じゃあ昼ごはん食べてからにするべということで色々調べた結果、東近江市に肉系のお店が色々あると判明。ちょっとコースからは外れるけど時間もあるし、その中から「肉の松山(しょうざん)」を選んでみました。あたり一面田んぼや畑の中、ここと隣の建物だけポツーンとある感じ。開店11時半のところ15分くらい前に着いたら、駐車場はすでに残り2枠ほどしか空いてなくて危ない危ない。
 

松山1

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

入口には牛の固体番号や野菜・果物の産地、店内には全て無添加の調味料の産地が記載されている、意識高い系。都会じゃなくてもむしろ産地でこういうところが増えつつあるんでしょうかね。
 ◎参考:近江牛の定義
僕らがついた頃には入口に順番待ちの名前を書くボードがありましたが、開店少し前に下げられました。入店の順番は、予約あり→ボードに記名あり→早いもん順。
 

松山4
お店のサイトを見ると、焼肉・ステーキ・すき焼きなど様々な食べ方で牛肉を頂けるお店ですが、ランチタイムは焼肉抜きなメニュー構成。まあでも言えば焼肉も食べられんことはないでしょう。皆さんの注文を見ているとエビフライ付きが人気のようで、常連らしきサラリーマンさんは牛ではなくとんかつとエビフライの合い盛りを食べてはりました。もう牛肉は食べ飽きたんかなあ。
 

IMG_3852
通された席が厨房丸見えのカウンターなので、調理の様子をじっくり見ることができました。写真中央のグリルで次々とステーキが焼かれ、保温用の鉄板に乗せられて写真右側でサラダなどがセットされ、客席に運ばれていきます。プロなんだから当然なんだけどめっちゃ手慣れていて、大量の注文を次々さばいていく姿がカッコいい。
 

松山2
こちらが妻の和牛A5やわらかステーキ(2060円)で

松山3
こちらが僕の和牛A5がっつり赤身ステーキ(2700円・ソフトドリンク付き)。肉質と量の違いだけなのであんまり見た目変わらん写真ですが、共通して言えることは結構しっかり噛みごたえがあったこと。僕のほうは赤身なので当然だけど、妻のほうはメニューに書いてあるほど柔らかとは感じませんでした(悪い意味で書いているのではないです)。どう感じるか個人差はあるにしても、妙に柔らかい肉は好きじゃないので、この手のしっかり噛んで味が濃い肉質は大歓迎。特に赤身のほうはサクッと感もあって食べ応えがありました。この肉でビフカツにしたらうまいやろなあ。あと、野菜サラダが美味しかったです。無農薬どうこうに関係なく、野菜そのものもドレッシングも良かったです。
 

IMG_3873
平日の昼間でも予約がいっぱい入ってて、結構席数あるのに速攻で満席。日替わりランチにドライエイジングビーフが出ることもあるそうで、この価格と内容ならそりゃ人気あって当然ですわな。車だったので飲めなくて残念だったけど、いい店に巡り合えてラッキーでした。やっぱり滋賀は牛肉レベル高いなあ。

{お店データ}
住所:滋賀県東近江市木村町50
電話:0748-26-2988
営業時間:11時半~14時、17時半~21時半 土・日の夜は17時~21時半
不定休
 

おやつタイムに「よつばや」へ(神戸・新開地)

IMG_4045
中途半端な時間に小腹が空いたので、妻と一緒に「よつばや」に寄りました。かつての「おやつセンター」との関わりはよう知りませんが、昔からあるお店です。

IMG_4016

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

明石焼・ピロシキ・串カツ・おでんとおやつとしてもアテとしてもいけるメニューが揃っているし、通し営業なので何かと便利なんです。
 

IMG_4018
ピロシキはロシアとカレー(各165円)を一個ずつ。片方にパン粉がついているので、何となくこっちがカレーかなと思ったら…

IMG_4020
正解でした。家に持って帰って温め直すより、やはりお店で食べたほうがおいしいです。
 

IMG_4031
ピロシキをアテにビールを飲んでたら、明石焼(638円)登場。かつて神戸では出汁で食べるほうもソースで食べるほうもどっちもたこ焼って呼んでましたが、今やこっちは明石焼で定着しましたね。現地では玉子焼と呼ぶそうですが、今もそれが一般的なんかなあ。

IMG_4033
明石焼には出汁と三つ葉、これ常識。東京の知人はこの出汁を見て「吸い物がついてきたと思った」って言ってたなあ。

IMG_4037
後半はちょこっとソースをつけたのを出汁につけて、これも常識。

家で作るとなかなかこんなにふわふわトロトロにできせん。久しぶりに食べた明石焼、やっぱりおいしかったなあ。

{お店データ}
住所:神戸市兵庫区新開地2-3 メトロこうべ新開地タウン
電話:078-575-3559
営業時間:11時~18時半
定休日:火曜
 

100年に向かってGO!ネスパ(大阪・梅田)

IMG_3349
長いことご無沙汰でどうなってるのか気になっていたネスパに行ってみたら、店頭に90周年(1928年創業)のポップと「100年に向かってGO!」って書いてあったので、相変わらず元気そうで嬉しくなってしまいました。
 

IMG_3329

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

行ったのが平日12時過ぎ、店内満員。しばらく外で待ちましたが12時半頃にはランチ第一陣が続々お勘定を済ませて出ていったので、それほど待たずに済みました。

IMG_3332
以前はランチメニューの種類はもっとあったように思うんですが、店頭メニューを見る限りでは、話題らしいチキンライスにのっかるナポリ・ミンチカツ&エビフライ・2種のサービスメニュー・2種のサービスランチのほか、このとんかつランチと豚バラ丼に絞られているようでした。ピークタイムじゃなければこれ以外も注文できるんじゃないかと思うんだけど。
 

IMG_3333
席について、生ビールのMサイズを注文。こんな陶器のジョッキで出てくるんや。ほどなくコンソメスープが登場、胡瓜が入ってたのが記憶に残ってたんだけど、今回はオクラが入ってました。
 

IMG_3342
選んだのはトンカツランチ(540円)、ご飯は白米・玄米から選べます。圧倒的に安いせいか、周りの注文を聞いていても9割方がこのメニューでした。肉質いいし厚みもそこそこあるし、伝統のドミグラスソースが使われていて、その上スープ&ご飯お替わりOK、コーヒーつきなんだからそりゃ人気ありますわな。お店としても確実に売れる看板メニューがあるなら、仕入を集中できるメリットもあるし、お互いにとってウインウインかと。

本来はもっともっと洋食っぽいのを食べたかったんだけど、まずはお店が元気そうだったので一安心。これ以外のメニューが食べたかったら、昼のピークタイムを外せばいいだけのことで、それはまた日を改めて(←いつになるやら)。以前気になっていた3000円で食べ放題企画も月火水の夜限定で継続中のようなので、だれか一緒に行ってくれませんかねw
 

「KOBE CINEMA PORT フェス」チケットで「のらまる食堂」(神戸・西元町)

IMG_2780
KOBE CINEMA PORT フェスも残り期間が少なくなってきましたが、ちまちま活動を続けております。この日は西元町の「のらまる食堂」へ。地図通りに行ったら店名が書いてなかったので、当初はここで合ってるのかどうかわかりませんでした。
 

IMG_2782

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

店頭に貼ってあるメニューに「のらまる」の字をみつけて、ここで正解だとわかりました。通し営業なので、今回みたいな15時半と中途半端な時間でもありつけて便利です。

のらまるメニュー
店内のメニューによると、カレー以外にカフェ使いもできるし、軽いアテで飲むこともできます。
 

IMG_2784
手作りっぽい感じの店内には色んな楽器やらレコードプレーヤーなどが置いてあり、時々ライブもなさっているようです。
 

IMG_2789
KOBE CINEMA PORT フェスチケットでいただけるメニューその1・のらまるカレー(本来なら680円)。牛すじがたっぷり入って野菜添え、パクチーOKかどうか事前に尋ねてくれたのでもちろんはいと大きく頷きました。この日ご飯は2種類から選べたので、こちらは玄米を選択。

IMG_2794
メニューその2はチキンカレー(本来なら580円)で、こちらもサラダ添え・パクチー載せで、ご飯は白ご飯にしてもらいました。

IMG_2795
お店の説明によると、のらまるカレーのほうはインド・ネパール系で、チキンカレーは昭和団らん系だとか。どちらも具だくさんで量も充分あり、特にシネチケットだと500円でいただけてしまうので余計にお得に感じました。
カレーもおいしかったんだけど、中途半端な時間だったのが幸いして、いつまででものんびりしていられそうなゆる〜いお店の雰囲気が特に気に入りました。深夜24時までの営業なので、ハシゴの何軒目かに流れ着くのにも良さそう。この辺りには先日行った「元町通り3丁目 神戸キーマカレー専門店」ほかもあるし、カレー激戦区ですね。

{お店データ}
住所:神戸市中央区元町通5-8-12
電話:090-1240-0442
営業時間:11時~24時
定休日:不定休
 

青春18きっぷで1泊2日広島の旅(4)〜ブランチを「八昌」で(幟町)

R0002236
今回泊まったホテル・ネストホテル広島八丁堀は地理的なことはあんまり考えずに決めたんだけど、結果的には何をするにもとても便利な場所でした(おすすめ!)。中でも一番恩恵を被ったのは、こちら「八昌」がすぐ近くだったことでした。
どこかで広島風のお好み焼を食べようとは思っていたんだけど、2日目のお昼時になりそうだったのでそのつもりで事前に探していたら見つけたのがここ。営業時間は10時から15時まで、そして詳しいことはよう知らんのですが、あちこちにある八昌と名がつく店の原点となる方がなさっている人気店とのことで、こりゃあ早めに行って並ばないとと開店30分前に行ったら、調度早めに店を開けたところで全く並ばずに入店することができたんです。(上の写真は食べ終わってから撮りました)
 

R0002218

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

朝からお好み焼なんてってお思いでしょうが、すでに広島で14年前に経験済み。やさい肉玉って麺抜きもありましたが、広島風にはそば(orうどん)とイカ天はマストだと思ってるので、妻も僕もそば肉玉にイカ天トッピングでお願いしました。(ちなみにイカ天はこんなのです)

R0002220
瓶ビールはなかったので、焼き上がってから生ビールをお願いしました。車じゃなくて列車だから朝からこんなことできるんですよね〜
 

R0002224
ソースはオタフク。焼き上がった時にソースを塗って出てくるので、これは追加用。終盤少し足らなかったので追加しました。
 

IMG_2405
焼くのは三人の分業制で、一人目はコナを引いてキャベツ・もやし・豚肉・イカ天・天かすなどを載せて、再度コナをまわし掛けてひっくり返すまで。さすが手慣れたもんで、これだけ高さと厚みがあってもいとも簡単に返していきます。ひっくり返すというよりも、むしろ「コロンと転がす」って感じのテコの使い方でした。
 

R0002226
頃合いを見て、二番手・伝説のご主人が麺をずんどうで茹で始めます。

R0002229
鉄板の上に一人前ずつ麺を盛り、適度にパリッとするまで水分を飛ばして焼いていきます。麺の手前・ひっくり返した野菜部分の上には、ケチャップで所々マーキングされており、焼き手側から見て「W」は麺2玉・「う」はうどんだと思いますが、「・」「・・」は不明。イカ天入りとかですかねえ。

IMG_2407
分厚い野菜部分に圧を加えるのに重しは使わず、あくまでテコを使ってギューギュー押していくだけで、この作業はご主人担当。僕らが見てる間だけでも相当数焼いてはりましたが、1日5時間の営業時間で何枚焼かれるのでしょうか、これはかなりな重労働だと思います。
この後の手順をよく憶えてないんだけど、焼いた麺の上に野菜部分を載せて再び圧を加え、鉄板に玉子を落として黄味を潰した上に麺+野菜部分を載っけてひっくり返したんだったかと。
 

R0002230
以降は三人目にバトンタッチ、ソースを塗り青のりをふりかけ・注文に応じてトッピングを盛り、各自にサーブされます。
 

R0002232
テーブル席も含め、どの席もお皿からではなく鉄板から食べることができます。テコで切ってお皿に載せてお箸で食べる人もいましたが、僕らはいつも通りお箸を使わずテコでそのまま口へ。
ここんとこちょっとブランク空いてますが、僕はだいたい年に2〜3回は大阪や神戸で広島風を食べていると思います。一番特長として感じたのは、麺がうまい。生麺から茹でているのもあるんでしょうが、焼き加減が絶妙、パリッととバリッとの中間くらいで、麺と野菜部分とソースの3つの味を同時に楽しめます。神戸タイプのモダン焼は、焼きそばをコナでサンドイッチしてる状態のもので、これに比べると麺のおいしさを個別にでも味わえる点では、皿うどんとか中華のあんかけ焼きそばに通じるものがあるような気がしました。
麺だけが突出しておいしいわけではなく、当然お好み焼としてとってもおいしい。食べ始めた時点では麺がおいしいのでダブルにすれば良かったかなあと思っていましたが、最終的には満腹で夜まで何も食べなかったほどボリュームもたっぷりで大満足。やっぱり本場は違うなあ、こんなにおいしいのを並ばずありつけてラッキーやったなあと、(ちょっと遅めだけど)朝からいい気分にさせていただきました。

R0002238

{お店データ}
住所:広島市中区幟町14-17
電話:082-224-4577
営業時間:10時~15時
定休日:第2・4日曜、月曜