「ランチ」カテゴリーアーカイブ

「海蓮丸・神戸店」で二度目のランチ(神戸・神戸駅北側)

2018-01-31 13.16.39
すっごい豪雨が予想されていた某休日のお昼時、それでもどうしても寿司食べたいモードだったので、そこまでして行くかなあと自分でも思いつつ、最寄り駅から近い「海蓮丸・神戸店」に行くことにしました。(それなりな雨が降っていたので、上の写真は以前の使い回しです)
 

IMG_1759

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

日曜の12時過ぎということもあり、1階のカウンター席に滑り込みセーフ、2階は宴会中のようで荒天にもかかわらず繁盛されています。僕は二度目、妻は初めて。寿司モードだったので、僕は迷わず前回と同じく寿司ランチ、妻も同じのを。
 

IMG_1761

IMG_1764
ビールをいただきながら、小鉢二種は茄子田楽と魚素麺?を煮こごりで固めた?ようなもの。何なのかちゃんと訊けば良かったけど、お店の人が忙しそうだったもんで。茶碗蒸しも小振りながらちゃんとしたサイズで、出汁がおいしいです。

IMG_1772
お店が忙しかったので料理が出てくるのがゆっくり目になり、却ってのんびりできて好都合でした。料理もこういう感じなので、必然的に日本酒にチェンジ、贅沢して桜正宗 焼稀(680円)ちゅうのをいただきました。
 

IMG_1776
そうこうするうちにお寿司が登場。いずれもネタがツヤツヤしていて、サイズも厚みも充分。どれも良かったけど、特に鯛と蛸が秀逸でした。(好きなネタってこともあるでしょうが)
 

IMG_1779
そして、この赤出汁が旨かった。魚の出汁がすごく濃厚で、お替わりしたいくらい…って書いてて、ひょっとしたらと思って前回来た時のエントリ見たら同じこと書いてました。ブレんなあw

やはりいいお店。1620円で、このボリュームと質はかなりなお値打ちです。夜にも是非来てみたいです。
…って、これまた前回と同じような感想になってしまいました…
 

久しぶりに「佳景」へ(神戸・元町)

IMG_1670
しばらくお休みされていた佳景が再開したと聞いたので、落ち着くのを待って行ってきました。去年の10月以来なのでそんなに経ってないんだけど、なんだかすごく久しぶりなような気がするのは、来たくても来れなかったからでしょうか。
 

IMG_1673
いつも通りおしぼりをいただいて、ビールと定番の胡麻豆腐。変わらぬおいしさにホッとします。胡麻豆腐の器にアスパラが描かれていてかわいい〜
 

IMG_1679
煮豆と茄子(冬瓜やったっけ?)の冷製・茗荷と大葉ペースト添え。この日は13時に行って、4人ほど先客がいらっしゃいました。いつもどおり和気藹々と皆さんとお話ししながら、日本酒へチェンジ。
 

IMG_1686

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

八寸は、鴨ロース・ジャガイモ煮っ転がしに黒胡椒を少し・ゴーヤーのとうもろこし射込み・高野豆腐・ゴボウ・レンコン・こんにゃく・クリームチーズ味噌漬け・ズッキーニ胡麻和えと、多彩でちょっとしたひねりも加えられていて、いつもながら感心させられます。
 

IMG_1690
ここでは何食べてもおいしいんだけど、この日の一番はこの豚のトマト味噌醤油角煮に、「ハリッサ」というパプリカ・赤唐辛子・ガーリック・コリアンダー・クミン等からなるペーストが風味付けに加えられたもの。これ、和風でもあり洋風でもありエスニックでもあり、バラバラになりそうなところがちゃんとバランスが取れていて(特にお汁が旨い!)、なんとも面白い一品でした。さすが女将さん、すごいなあ〜
 

佳景
先客4人が引き上げられたので、この辺からは女将さんとサシになり、なんだかんだとしゃべり放題。イワシの一夜干しに鴨ロースの端っこ・玉子焼き・お漬け物などなどいただきつつ。
 

IMG_1709
〆に、必要にして充分な薄味のお澄ましをいただきながら

IMG_1706
ご飯は迷ったあげくレア目玉焼き載せにしてもらいました。生玉子黄味載せも食べたかったんだけど、2杯食べると食べ過ぎになるのでねえ(食べられるけど)
 

IMG_1702
しばらく休みを挟んでも、全くブランクを感じさせないおいしく・楽しい一時でした。改めてこの店の良さを感じると共に、内容からするとほんまに安いなあ〜と強く感じました。
これまでの日・月・祝定休に、当分は火・水も加わるので、木・金・土の週3日営業となります。このエントリ書いてて、これからは月一くらいで行こうかなあという気になってきたけど、行けるかな。
 

「香港点心楼」でお得な飲茶ランチ(神戸・三宮)

IMG_1392
少し前、トアロードをふらふらしていたら、気になる看板に出くわしました。

香港点心楼1

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

最近飲茶づいているので、「香港点心楼」のこのメニューに速攻反応。食べ放題メニューもいいけど、ランチメニューもお手頃価格で良さげ。日を改めて妻と来ようと決めていました。
 

IMG_1435
ビルの2階にあるお店に入ってみると、平日13時頃とはいえかなりなゆったりモード。赤ちゃん連れとか女性1人客とか、皆さんマイペースで食事を楽しんでらっしゃいます。
 

IMG_1400
ランチメニューその1。飲茶メニュー以外に定食もあり。僕は下のビール付きセットを選びました。

IMG_1402
ランチメニューその2。妻は香港飲茶セットを選択。

IMG_1397
ページの右は、11時〜15時限定・点心ほか30種類食べ放題メニュー(90分・1880円)、左は同じく90分飲み放題(1300円)のメニュー。点心食べ放題というか、点心含む中華料理食べ放題って感じですが、この内容で1880円はお得。

IMG_1415
そしてこちらと次の写真は、昼でも夜でも注文可能な、点心ほか60種類食べ放題メニュー(120分・2880円)。

IMG_1414
昼メニューよりも点心をもっと色々食べたいと思うなら、こっちですな。点心は冷凍食品ではなく、すべて手作りだそう。これ以外に中華メニューも色々あり、中国茶も数種類から選ぶことができます。これだけの品数を作れるって、すごい腕のシェフなんやなあ。

◎参考リンク:点心と飲茶の違いは飲食スタイル!? 種類や食べ方も総ガイド!
 

香港点心楼2
僕が選んだビール付きセット(1580円)はこんなの。最初のサラダはまあどってことない代物でしたが、冷菜の盛り合わせが秀逸。蒸し物も小籠包・焼売・フカヒレ餃子と揃っていて、生中一杯では足りないくらいでした。デザートの杏仁豆腐は、香港飲茶セットにもついていました。

IMG_1422
冷菜のうち特に良かったのが蒸し鶏。厚みもたっぷりあって食べ応えがありました。
 

IMG_1406
コストパフォーマンス的には、こちらの香港飲茶セットのほうが上でしょう。まずはピータン入り・たっぷりめな中華粥からスタート。200円追加して、焼きそばor焼き飯に変更してるお客さんもチラホラ見かけました。

IMG_1425
揚げ物は、春巻き・咸水角(ハムスイコー)・胡麻団子。

IMG_1430
続く蒸し物が6種類もあって、先のと合わせればけっこうな品数になり、飲茶セットと名乗るだけのことはあります。これに杏仁豆腐もついて850円はけっこうお得。料理そのものならこちらなどのほうが好みでしたが、深夜24時までの通し営業だし、お店のカラーなのか、ゆったりのんびりできるのがメリット。円卓もあるので、ある程度人数集まっての食事会などにも使えそうです。

{お店データ}
電話:078-391-0885
住所:神戸市中央区下山手通2-13-7 東昌ビル 2F
営業時間:11時~24時
無休

※近くに二号店「香港香港」もあります。
 

2年半ぶりに「コーヒー&キッチン マエダ」(JR兵庫駅南)

IMG_1349
近くにあるからいつでも行けるって心理は恐ろしい?もので、自宅から徒歩10分ほどで行ける「コーヒー&キッチン マエダ」に2年半も行ってなかったとは思いませんでした。時が止まっていたかのように、お店の面構えがあいかわらず変わらないのは嬉しいなあ。
 

IMG_1332

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

今回はこの店初めての妻と一緒。14時半頃と中途半端な時間にもかかわらず、ここは基本的にカフェなので中休みがなく通し営業なのがありがたいです。前回と比べて各々100円程値上がりしたのは致し方ないところ。隠れて見えない850円のメニューは何なのか不明です。
 

IMG_1346
まずは妻が選んだエビフライとハンバーグ(ご飯・味噌汁付き950円)。写真ではスケールがわかりにくいのですがボリュームたっぷり、特にエビフライのデカさは大したものです。エビフライ定食だとこれが5尾入ってるんだからすごいだろな。
 

IMG_1337
そして僕のはチキンカツ(ご飯・味噌汁付き950円)。今日はここに来るならこれにしようと初めから決めていました。トッピングはポテトフライか目玉焼きを選べて、迷わず後者をチョイス。ポテトにするとカロリー多過ぎなような気がするもんでw

IMG_1340
野菜たっぷりめ。小細工なしシンプルストレートなチキンカツうまし。そしてコントラストきつめな写真の通り、ここのドミグラスソースがややビター系でおいしいんです。なんぼなんでも一から作るほどの手間はかけられないと思うので、既製品に手を加えてるんだと勝手に思ってるんだけど、「カフェ」のレベルを超えていると毎回思います。客席から厨房が見えないのでマスターはどんな方なのか謎ですが、いつかお目にかかってみたいなあ。ところで以前あったナポリタンはなくなってしもたんやろか。
 

レストラン山猫軒(神戸・六甲道)

IMG_1153
神戸の東側にも課題の洋食屋さんがまだまだあり、今回の「レストラン山猫軒」も随分前から行きたいと思っていました。お店のサイトにも記載されているとおり、宮沢賢治の短編「注文の多い料理店」に出てくる山猫達が構える店をイメージしているようで、店内にはちょっとメルヘンチックな雰囲気が漂っています。
 

IMG_1129

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

平日13時頃に訪れたおっさんにはメルヘンなどかけらも関係なく、早速メニューを拝見。といってもお店のサイトがよくできているので、あらかた予習済み。

IMG_1125
平日の11時〜14字までは、こちらの各種サービスランチがあります。デミグラスソースが良さげなのでいきなりビフカツいっとくか、あるいは初めてなので色々試すべくお得な山猫軒ランチにするかだいぶ迷いました。
 

IMG_1138
結果、山猫軒ランチ(1350円)を選択。いずれもサイズ大きめなハンバーグ・エビフライ・舌平目フライ・プレーンオムレツの組み合わせに、ご飯(やや柔らかめ)とスープ(鶏ガラと野菜系?)、それに加えてデザートまでついてのこの価格には抵抗できませんでした。

IMG_1140
オムレツは当然中がトロロトロ、舌平目のフライは噛んだらサクッと良い香り、エビフライはデカくてブリブリ、ハンバーグはシナモン効いてて僕の好きなみっしり系、デミグラスソースはさらっとしたややビター系でした。すべてに共通してていねいに作られていて、ボリュームたっぷりで良心的。洋食屋さんの白身フライって好きなんだけど、単品ではなかなか注文しにくいので、このサイズの、しかも舌平目のが入ってるのはとても嬉しかったです。
 

IMG_1147
デザートは、小さめサイズながらもお店オリジナルのカスタードプリン。単品で150円するんだからとてもお得。平日の13時過ぎ、メルヘンチックな雰囲気もあって女性客が圧倒的に多かったのも、デザートまでついたこの内容のランチなら当然って感じです。

初めて来て色々食べてみて、こちらのお店の誠実さが伝わってきたような気がしました。山猫軒ランチを選んで正解。予想通りデミグラスソースが良さげだったので、次回はビフカツかハヤシライスで決まり。でも海老クリームコロッケも気になるなあ。

{お店データ)
住所:神戸市灘区高徳町4-1-12
電話:078-891-3908
営業時間:11時〜14時半 17時半〜20時半
定休日:火曜(火曜日が祝日の場合その翌日)第1,3月曜(第1,3月曜が祝日の場合は翌週の月曜)