「ランチ」カテゴリーアーカイブ

夏の佳景(神戸・元町)

2018-07-10 10.05.45
先週佳景に行ってきました。随分久しぶりのような気がしてたんだけど、4月の末に行ってたとあとで気づきました。
 

2018-07-10 10.12.34
まずはビールをお願いして、定番の胡麻豆腐でグビッ。季節が春から夏に変わっても、この出だしはいつも通り。
 

2018-07-10 10.15.42
この日の一週間ほど前の半夏生が関係あるのかないのかわからないけれど、二番目には蛸と胡瓜の酢の物。器も夏らしく涼しげでいいですなあ。
 

2018-07-10 10.22.47
そして次に出てきたのが、鱧寿司。ちゃんと調べてませんがここでお寿司をいただくのは初めてじゃないでしょうか。訊けば、7月の祇園祭の頃に二週間だけ出されるそうで、鱧は早朝から女将さんが自分で焼くのだそうです。お父さんがお寿司屋さんだったので、酢飯もお手の物。生意気な言い方をさせていただきますが、トータルで塩梅抜群。こりゃあ日本酒と一緒にいただくしかないでしょう。この鱧寿司、この日の一番。できるものなら追加でいただきたかった…
 

2018-07-10 10.26.26
前回来た時から器が変わった八寸にも夏の工夫が。ゴーヤーにチーズを射こんで焼いたのが入っています。こんにゃくの味噌焼もお酒が進む進む。
 

2018-07-10 10.33.00
煮物はひろうすと初めて食べるオカヒジキ。丘にはえるひじきでオカヒジキというそうで、雑に言うならより歯応えのある水菜って感じでしょうか。初めての食感でひろうすとの組み合わせが面白かったです。
 

201807佳景
そしてフィナーレは、鰯の粕漬けだったかにお漬け物、この日は白味噌時立てのお味噌汁に玉子焼き。

2018-07-10 11.03.03
そしていつも通りの玉子かけご飯で大団円。

定番ものはいつ食べてもおいしいし、季節ごとの料理もまた面白い。女将さんや他の客さんとの会話も含め、気持ちよくおいしくくつろげる大好きなお店です。できることなら月一回くらいのペースで来たいなあ。
 


初めての レストラン菊水(京都・祇園四条)

2018-06-27 16.09.59
京都の四条大橋から祇園方向に向いたこの光景、見覚えのある方も多いのではないでしょうか。右に南座、左には見るからに歴史がありそうな洋風の建物。

2018-06-27 16.06.54
その建物は、大正5年創業・瓦せんべい屋から洋食屋に転身、大正15年に建てられたレストラン菊水。平成8年には国の登録文化財に指定されたのだそうです。

2018-06-27 14.59.40
神戸っ子の僕でさえこの建物は子どもの頃から見覚えがあるし、1階の窓の向こうで演奏会をやってるのが見えたりとか屋上でビアガーデンやってたりとか、色々記憶に残っています。でも特に理由も無くこれまで入ったことはありませんでした。
 

2018-06-27 14.59.01

(エントリ内の写真は二度クリックなどで大きくなります)

2018-06-27 14.58.49
店頭のメニューを見ると、喫茶系からランチセット・ディナーコースなど、幅広く色々。一等地だしこの建物だし、なんとなく敷居が高そうと思い込んでいたけれど、1000円アンダーのメニューなんかもあって意外と気軽に入れそうです、
 

2018-06-27 15.02.36
建物は4階プラス屋上のビアガーデン。一人だったし中途半端な時間だったので、1階へ。通し営業なのでいつでも入れるのがありがたいです。

2018-06-27 15.08.23
創業以来102年というのは京都ではそれほどでもないかもしれませんが、歴史が浅い洋食ジャンルではやはりご立派。現在で3代目だそうで、とにかく継続していくだけでも色々とご苦労があることだと思います。
 

2018-06-27 15.06.22
むっちゃ暑かったのでまずはビール。四条通を行き交う人を眺めながらちびちび飲るのもなかなかいいもんです。
 

2018-06-27 15.06.47
2018-06-27 15.08.12
オーダーしたのは、終日オーダー可能なハイカラグリルスペシャルセット(1250円)。本日のスープ・ハンバーグ・エビフライ・クリームコロッケ・グリルチキン・サラダ盛り合わせ・ライス・コーヒー。いい意味で普通で真っ当な洋食で、この内容・立地でこの価格はすごく良心的に感じました。980円のランチorイブニングセットならさらにリーズナブルかも。

メニューをじっくり読むと気になるのがいくつかあって、例えばビフカツ・タンチュー・ハイシライス・海老ライスグラタンなどなど。京都に住んでたら色々食べに来るんだけど、たまにしか来ないのにここで色々食べるのはなかなか難しいなあ、けどまた来たいなあ。

{お店データ}
住所:京都市東山区四条大橋東詰南座前
営業時間:
1階 10時~20時45分 (土 ~21時半)
2階 11時~20時半 (土 ~21時)
ビアガーデン(5月7日~9月30日)17時~23時
定休日:無休
 


ごはん処 矢尾定(京都・四条新町下る)

2018-06-24 12.31.00
京都在住の友人宅に妻と遊びに行きました。昼食は以前から話を聞いていた烏丸駅からほど近い「ごはん処矢尾定」へ。仕出し料理とお弁当の宅配がメインなんだけど、こちらでは食事も出来るんです。

2018-06-24 12.31.31
昼夜とも定食類が色々。価格帯はお昼は1000円アンダーから2000円アンダー、夜でも一番高くて3200円とお手頃です。
 

2018-06-24 11.49.09
お店に行ったのは日曜の12時少し前で、間もなく満席のギリギリセーフ。築80年の町屋をリノベーションした1階は30席程度、2階にはお座敷があるそうで、祇園祭が近いからなのかいつもなのか、粽が飾られていました。

2018-06-24 11.49.25
坪庭には鉾の車輪が飾られていて、これを眺めながら食事が出来るカウンター席もあり。さすがにこの車輪はいつも置いてるんでしょうねえ。
 

2018-06-24 12.02.35
店内を見回していると、友人&妻チョイスの数量限定・日替わり定食が登場。話には聞いていたものの、烏丸駅からも近いこの立地と京都らしい風情で、これで800円とはかなりのお値打ちです。

2018-06-24 12.03.19
この日のメインは真鯛のホイル焼き。おかずは毎日変わるそうで、近隣の皆さんにとってもありがたいですねえ。妻によるとホイル焼きの下にあったオムレツも何気においしかったとのこと。
 

2018-06-24 12.05.49
日替わり定食からしばし遅れて、僕の焼さば定食が登場。同じもの頼むのも面白くないなあと思っていたので、前日にメニューを見て予習、これで日替わりと50円違いの850円。鯖が思ってたよりデカいのと、弁当箱ではなく個別に盛られているせいか、日替わりより豪華に見えます。これなら遅めの時間に来て日替わりがなくなってても全然大丈夫。

2018-06-24 12.05.54
しっかり塩が効いた鯖は焼きたてで、ご飯にも合うしビールにも合う。お味噌汁とお漬け物と少しの鯖があればご飯のおかずは充分なので、ほとんどアテとしていただいたような感じでした。副菜もそれぞれきっちり作られていて、さすが仕出しのお弁当屋さん、コストパフォーマンスが高いなあと感じました。

お昼に来てその他の定食も食べてみたいし、ある程度まとまった人数で夜の宴会を2階で、というのも魅力的。四条通からちょっと南に下がったゾーンは面白そうだなあと前々から思っていたのですが、やはり色々開拓しがいがありそうです。

{お店データ}
住所:京都市下京区新町通綾小路上ル四条町361
電話:075-351-3518
営業時間:11時半~14時 17時半~20時半
定休日:水曜
 


トニーローマでランチ(神戸・ハーバーランド)

2018-06-26 14.50.28
なんでだったか忘れたけど、とにかく6月一杯有効なホットペッパーのポイント2000円分があったので、昼間一人でも行けそうなトニーローマ神戸ハーバーランド店に初めて行ってみました。
 

2018-06-26 12.58.16
この日のランチメニュー。グリルはチキンの照り焼きわさび風味・ハンバーガーはメキシカン・ステーキは肩ロース自家製オニオンソース・マンスリーは冷製サーモンだそうで。2000円分のポイントを使い切るならってことで、ほぼ自動的にトニーローマランチ1580円に生ビールビッグサイズ400円を追加しました。

2018-06-26 13.02.40
予約しておいたので窓側の席を取ってくれていました。この日は天気も良く、おっさん一人客にはもったいないまるで絵葉書のようなナイスビューが眼前に。モザイク3階の一番端っこにあるので眺めが良く、夜も雰囲気があって良さそうですね。
 

2018-06-26 13.16.10
景色を見ながら待っていると、トニーローマランチが登場。肉のデカさにおおっと声が出かかりました。

2018-06-26 13.16.20
ベイビーバックリブ・シーフードセビーチェ・コールスロー・フライドポテトにパンとボリュームたっぷり。ベイビーバックリブは豚の骨付き肉にバーベキューソースをつけて焼き上げたもの。シーフードセビーチェはタコ・海老などのマリネみたいなものと言えばいいでしょうか、それなりのサイズの海老が3,4尾入っていて値打ちものでした。

2018-06-26 13.19.19
リブはナイフでバラしてから手づかみで食べて下さいということで、フィンガーボウルを用意してくれます。それなりの力でナイフを入れたら、拍子抜けするほどあっさりと切れました、というか切らずともナイフを入れて左右に広げたらばらけてくれます。

2018-06-26 13.33.58
バーベキューソースは僕には甘め・骨が5本入っていたので見かけほどの量ではない・肉質は柔らかいので食べやすいがちょっと物足りないかも・でも手づかみで骨付き肉にかぶりつくのは楽しいって感じでしょうか。僕の好みとはちょっとずれがありましたが、サイドディッシュを含めどれもおいかったです。
 

2018-06-26 13.59.54
食後のソフトドリンクも含め、この価格なら良心的ではないでしょうか。景色も良くゆっくりできるので、天気のいい日ならおすすめです。次回は食べ応えありそうなハンバーガーをイってみたいですね。名物の一つであるオニオンローフは人数揃った時でないとちょっときついだろうな。
 

{お店データ}(神戸ハーバーランド店)
住所:神戸市中央区東川崎町1-6-1 umie MOSAIC 3F
電話:078-366-6601
営業時間:11時~23時
定休日:不定休
 


鰻大量廃棄にムカついて「青柳」(神戸・元町)

ここのところしばらく鰻を食べてないなあと思っていたのと、この日の少し前に「2017年に、少なくとも2.7トン・1万3650匹に相当する鰻のかば焼きが、消費者に販売されず廃棄された」というニュースを聞いて、なんでそんなにアホなことすんねん!!とむっちゃムカついたもんで、是非ともちゃんとした鰻を食べに行こうと思い立ちました。
 

2018-06-05 13.31.05
神戸で鰻を食べるとなると近年は板宿の加奈井がほとんどなんだけど、ここ元町の「青柳」もずっと行こう行こうと思っていたお店でした。以前行ったのは多分20年以上前だろうかなあ。今回お店に入ったのは平日の13時半頃、先客が何名かいらっしゃいましたが、結局僕がお昼最後の客になりました。
 

2018-06-05 13.33.16
店内に入ると、かすかに見覚えのある二代目の顔。帰りの際、先代もお元気だとわかって良かった良かった。

2018-06-05 13.32.36
以前伺った時は鰻以外もあったような気がしたんだけど、今は鰻専門のようです。昼・夜メニュー通して、値段の違いは鰻の大きさが違うだけで質は同じとのこと。この日は食べる気満々だったので、ちょっと張り込んで鰻丼の梅にしました。
 

2018-06-05 13.34.01
瓶ビールをお願いしたら、玉子豆腐・小芋(といっても大きかった)とお漬け物が出てきました。これらをアテにしながらビール飲んで、鰻の焼き上がりを待ちます。いいですなあ、この待ってる時間が。
 

2018-06-05 13.40.22
しばし待って出てきたのが肝吸い。肝吸いラブ。

2018-06-05 13.38.27
そして真打ち登場。安もん臭いテカリなど一切なく、今焼き上がりました感満載の焼き色とうまそうな焦げ目、そして香り。身はやや厚めで食べ応えがあり、表面クリスピーながら中はふっくら。たれはあっさりめで鰻そのものを楽しめる塩梅でした。
添えられたネギをお好みでどうぞとのことだったので、後半はこれをパラパラと振りまいて一緒にいただいたところ、この食べ方もオツ。トータルで「鰻食べたい欲」を充分満足させてくれる丼でした。

一見ちょっと入りにくそうに思うかも知れませんが、ガラリ戸を開けて中に入ると、家族的で親しみやすくほっこりした雰囲気のいいお店です。チェーン店の鰻を2,3回我慢したら、ここのランチが食べられます。皆さん、鰻は是非専門店で食べましょう!

{お店データ}
住所:神戸市中央区元町通3-11-14
電話:078-331-2292
営業時間:11時~14時、17時~21時
定休日:月曜