「ランチ」カテゴリーアーカイブ

「神戸一」でちょっと贅沢(神戸・JR兵庫駅山側)

2017-06-05 13.01.44
あるものがすごく食べたくなって、いくつかの候補のうちから自宅近くの「神戸一」へ。


2017-06-05 13.02.53

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
改めてフルメニューをば。11時半までは自家精米のご飯大盛り無料、この日は唐揚げ定食がスペシャルランチで600円になってました。


2017-06-05 13.03.35
曜日ごとに定番メニューが550円になってお得なので、いつもならそれを選ぶ場合が多いんだけど、この日は予め何を食べるか決めていたので、メニューも見ずに席について速攻で注文しました。



2017-06-05 13.10.13
食べたかったのはエビフライ、それもでっかいの。自宅近くだと「きなこ」のもいいんだけど、この日は神戸一に行きたい気分だったのでした。この定食は800円とこの店では一番高いメニューなんですが、それでも他と比べて充分に安いのでちょっと贅沢させてもらいました。


2017-06-05 13.11.00
コロモで増量なんてことは無く、まるっきりのぶ〜っとい海老が3本と豪華で食べごたえ充分。何も言わなくてもタルタルソースは別添えだったので、カリッとしたコロモが最後まで楽しめます。いつもどおり野菜てんこ盛り・トマトがデカい・ポテサラもたっぷり、ご飯もお味噌汁もおいしい。なんてこと無い外観の店なんだけど、ほんとにここのコストパフォーマンスはすごいなあといつ来ても思います。今度来た時は久しぶりにトンカツかチキンカツ食べようっと。


2017-06-05 13.03.10




淡路島へ日帰りドライブ

DSCF6705-2
久しぶりに妻と休日が一緒だったので、ご希望により淡路島に日帰りドライブしてきました。自宅を出て高速で一気に淡路島を縦断、一番南の淡路島南で降りました。この大鳴門橋を渡って何度もうどん県には行ってますが、ここで降りるのはいつ以来か記憶がないくらい。

DSCF6643
今回の目的を果たすべく、やってきました道の駅うずしお。高速で降りて地道でここへ着く手前で警備員さんに停められたので何事かと思ったら、駐車場が満車なので今いる場所で停めてあとはピストンバスで行って下さいとのこと。10時過ぎたくらいなのにそんなに混んでるのかー。でも到着してみたらこの時点ではそれほどではありませんでした。

DSCF6650
僕ならわかるが妻にしては珍しく「ここのハンバーガーを食べてみたい」とのご希望で、あわじ島バーガー淡路島オニオンキッチンが今回の目的地。日曜は混むので早めに来てみたところ、開店1時間後でこの程度の行列でした。

DSCF6646

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
ここでは、2013年の全国ご当地バーガーグランプリ1位&2位ほか、何種類かのハンバーガーを食べることが出来ます。こちらだけではなく「淡路島バーガー」って島内色々なところでやってるんですね。

DSCF6651
買った後はテラス席へ移動、鳴門海峡と大鳴門橋がみえてお天気も季候も良く、戸外での食事は気持ちがいいです。

DSCF6665
せっかくなので、左・2位のあわじ島オニオングラタンバーガー、右・1位のあわじ島オニオンビーフバーガー。どちらも主役は淡路島産玉ねぎのカツで、前者は淡路島の鶏と牛乳を使ったグラタンソース、後者は甘辛の淡路島牛にトマトソースがプラスされています。主役が玉ねぎカツなのでハンバーガーをイメージすると肩すかしを食らいますが、地元産品尽くしの「ここならでは感」はさすがで、おいしくいただきました。



DSCF6712オニオンバーガー以外何も予定していなかったので、以降は全くの思いつくまま。どんどん人が増えてきた道の駅を後にし、ちょろっとだけ車で走って休暇村南淡路へ。昔から泊まってみたいと思いつつ、来るのは初めてです。

DSCF6708ここへやって来たのは、日帰り温泉やってたことを思い出したから。鳴門海峡を望む露天風呂で最初は3,4人しかいなかったのでゆったりしてたら、13時過ぎて急に人が増えてきました。どうやら昼食付きの日帰りプランのせいでしょうか。今度は出来たら泊まりで来てみたいな。


DSCF6728
その後地道で北上。どこかで道の駅があったら寄ろうと思っていたら、あんまり近すぎるのでパスした福良以降全く遭遇せず、結局は洲本を超えて道の駅・東浦ターミナルパークまで来てしまいました。

DSCF6719
まずは産直市でを物色。15時を過ぎていましたがまだまだ品物は一杯あり、野菜のうちの半分以上は玉ねぎ。先のバーガーといい、ほんとに淡路島は玉ねぎ押しなんやなあと改めて痛感しました。

DSCF6725
玉ねぎ以外のウリ・びわのソフトクリームがあったので、びわオンリーとバニラとのミックスを購入。他ではあまり見かけないので人気があるそうです。

DSCF6726
産直市の後は隣の物産館へ移動、こちらは加工品がメインです。

DSCF6730
淡路のタコ丸一匹をプレスしたタコ姿焼き(1080円)とか

DSCF6737
元気巻(520円)って素朴な巻き寿司も購入、ノンアルコールビールと共におやつ代わりにいただきました。

2017-05-21 15.58.45
ベラのそぼろを載せた「こけら寿司」というのを発見したのでお土産に購入。来客をもてなす時に作られた北淡路の郷土料理だそうですが、手間がかかるので今やあまり見かけないそうです。


DSCF6827
東浦から高速に乗って、淡路サービスエリアでちょっとウロウロしてから帰宅。日帰りドライブとしては楽勝な距離ながら、色々と楽しめた一日でした。今度淡路島に来る時は、あんまり来たことがない西側を走ってみましょうかね。


昼飲みがてら「大力」でランチ(神戸・新開地)

2017-05-29 12.56.33
初めて行って以来、二度目が延び延びになっていた「割烹喫茶大力」へ一年ぶりに。こんなに間があいたのは、典型的な「近くだからいつでも行けるわ」パターンですなあ。

2017-05-29 12.56.45

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
夜は昭和28年創業の割烹、お昼間12時から14時半の間は喫茶として営業されており、数量限定・880円でランチがいただけます。中間休みの木曜を挟んで、週の前半と後半で主菜と小鉢3品の内容が替わるんだそうです。

2017-05-29 13.00.02
こちらは喫茶メニュー、飲み物それぞれにこだわりあり。お酒のアテにもなる「ATE SWEETS」ってのもあって、酒粕プリンが気になりつつも未経験。持ち帰りできるのかな。


2017-05-29 13.05.10
この日のメニューは、ヒレカツ・野菜和風カレーシチュー・菜っ葉の炊いたん・筍とこんにゃくおかかまぶし・名物そばずし・だし巻き・自家製お漬け物・味噌汁・ご飯。休日だったもんで当然の如くビールを注文、アテとしてつまみながら飲んで最後にご飯でしめても、品数豊富なのでおかず不足なんてことはありません。


2017-05-29 13.05.31
主菜のヒレカツは注文してから揚げてくれるので、アツアツ。そういや前回も主菜はたまたまヒレカツでしたが、変わらず肉質いいです。肉じゃがっぽいカレーシチューは、薄味でアテでもご飯のおかずでもどっちでもオッケー。

2017-05-29 13.05.48
ビールを飲まないとしたら僕的にはご飯が足らないくらい品数豊富なので、ご飯お替わり(1回は無料)必須でしょう。落ち着いた雰囲気のお店でゆっくりいただけて、これで880円はとても満足度が高いです。

2017-05-29 13.09.53
名物のそば寿司は椎茸・高野豆腐・玉子焼・胡瓜と茶そばの海苔巻きで、予め味がついているのでそのままでいただけます。食事としてももちろん日本酒が欲しくなる一品、なんかいいなあこういうの。


2017-05-29 12.58.41
昼間はご主人の奥様と娘さんがお店に立っておられ、夜は割烹営業の別バージョンとして、金曜土曜の夜だけ居酒屋になります。ちゃんとした?割烹バージョンもだけど、この居酒屋も来てみたいんですよねえ。

2017-05-29 12.59.37
最近糖質制限してるんですが、やっぱりここだと日本酒にしたいですねえ。夜営業は21時までなので、早めに来ないといけませんな。


食道園でひとり焼肉ランチ(神戸・三宮)

突如、猛烈に焼肉が食べたくなりました。それも焼いてあるのではなくて、焼きながら食べるの限定で。本当は何人か集まってグワーッと食べたかったのですが、日程調整やってる余裕もなく、平日休みのランチタイムに一人で食べに行くことにしました。

2017-05-22 13.54.53
調べてみたけれど月曜の昼間・神戸市内では適当なところが余り見つからず、「メジャーチェーンでまともすぎるけどしゃあないなあ」と半分妥協の気持ちで(失礼)、三宮の食道園を選択。


2017-05-22 13.15.03
食道園には大阪では何度か行ったことがあるけれど、神戸では初めて。もちろん各テーブルにコンロ付き、けっこうゴージャスな内装で真っ昼間とは思えない落ち着いた雰囲気に、ほおーこんなんやったんかと。

2017-05-22 13.14.17

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
2017-05-22 13.14.04
事前の調べどおり、ランチメニューは1000円アンダーの丼物から3900円の上焼肉会席までけっこう選択肢豊富。僕が行ったのが13時過ぎだったので余計にゆったりしてたのもあるでしょうが、リーズナブルな価格でもこの雰囲気の中で落ち着いて食事できるってのはポイント高いんじゃないでしょうか。

2017-05-22 13.17.11
事前に調べておいたとおり、迷うことなく瓶ビールとハラミ定食(1550円)の一択。肉質充分良くって、ボリュームもそれなりにちゃんとあります。

2017-05-22 13.17.02
キムチ・煮物・サラダなどつけあわせもあり。

2017-05-22 13.23.04
その上、スープにピビンバまでついて、この価格は満足度高し。
…余りにも焼肉のことしか頭になかったので、メニュー見て「このピビンバ付いてるカルビ定食!」ってオーダーしてしまったんですが、後でよくよく見ると定食の場合はピビンバ・冷麺・石焼きピビンバ・白ご飯から選択できるのでした。まあこれでも良かったんだけど、知ってたら冷麺にしてただろうなあ。


2017-05-22 13.20.23
念願叶って網の上でジュ〜〜 昼間っから贅沢気分あがるあがる。

2017-05-22 13.22.27
ハラミは肉質良く旨味たっぷり。一度に2枚ずつを4ラウンドの計8枚、肉だけならもうちょっと食べたかったけれど、ピビンバ始めその他を合わせると昼ご飯としては充分なボリュームでした。大勢で多品種をワイワイもいいけれど、自分の好みで焼いて食べられるひとり焼肉もやっぱりいいですなあ。
メジャーチェーンだし面白くないかなあと思ったものの、結果的にはさすが専門店、メジャーチェーンならではのコストパフォーマンスの良さを感じました。通し営業だし、昼時に焼肉(じゃなくても)食べたくなった時にはこりゃけっこう逆に穴場かもしれません。


{お店データ}
住所:神戸市中央区下山手通2-11-1
電話:078-332-2999
営業時間:11時半~23時
定休日:無休


洋食酒場MARUWAでランチ(神戸・みなと元町)

20170515MARUWA
ここの洋食がおいしいとの噂を聞き、昨年12月にオープンした洋食酒場MARUWAへ。行ってみて分かったんですが、元町駅の近くの炭焼き屋まるわと兄弟店だそうで、どちらもオーナーのご出身地である淡路島の食材がウリだそうです。
地下鉄みなと元町駅のすぐそば。元町や栄町通付近の昼夜メシ事情がどんなもんかようわからんのですが、オープンテラスで談笑するサラリーマングループも見受けられました。


20170515MARUWA

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
ランチメニュー一覧、この他に1日5食限定・淡路牛のステーキ(1500円)もあり。上の写真の右下に注目、+50円でライス食べ放題、そしてなんと+400円でハヤシライス食べ放題。

20170515MARUWA
お店の入り口近くにはセルフサービスの食べ放題コーナー(ワイン飲み放題プランもあるそうな)。おっさんにはムリだけど、若い人ならこりゃ嬉しいでしょうねえ。

20170515MARUWA
夜も定食メニューあり。もちろん「洋食酒場」なんで、アラカルトメニューも色々あります。

20170515MARUWA
ドリンクメニューのごく一部。これ以外にも各種あり、日本酒もワインも選択肢豊富です。

20170515MARUWA
せっかくなので?昼間っからモルツの瓶(550円)。後で知ったのですが淡路島の地ビールもあるそうな。


20170515MARUWA
で、当然の如くビフカツランチを選択(ご飯・お味噌汁付き1100円)。サラダの盛りが良く、淡路島産ドレッシング2種を好みでかけることが出来ます。

20170515MARUWA
ビフカツはこの価格ならサイズ充分、ドミグラスソースは暗褐色でなかなかいい予感。

20170515MARUWA
分厚くはないけれど肉質よし、そしてソースがいいです。専門の洋食屋さんじゃないしなあと思っていましたが、クラシックなタイプではないけれど香りが良く、特に玉ねぎの甘味と旨味がうまく効いていました。これも淡路島ウリなんでしょうね。正直なところ、ここまでのビフカツが食べられるとは思っていませんでした。なんとか我慢したけど、ハヤシライスを食べてみたかったなあ…

淡路島って玉ねぎが有名だけど、その他の野菜も肉類もおいしいものが色々。それらを産地直送でいただけるのはかなり魅力、夜のコースもめっちゃお得そう。まずはハヤシライスを始め、他のランチメニューを順番に攻めてみたいところです。


{お店データ}
住所:神戸市中央区栄町通5-1-9
電話:078-335-8430
営業時間:11時半~15時,17時~25時(日曜は21時まで)
不定休