「ランチ」カテゴリーアーカイブ

青春18きっぷで1泊2日広島の旅(4)〜ブランチを「八昌」で(幟町)

R0002236
今回泊まったホテル・ネストホテル広島八丁堀は地理的なことはあんまり考えずに決めたんだけど、結果的には何をするにもとても便利な場所でした(おすすめ!)。中でも一番恩恵を被ったのは、こちら「八昌」がすぐ近くだったことでした。
どこかで広島風のお好み焼を食べようとは思っていたんだけど、2日目のお昼時になりそうだったのでそのつもりで事前に探していたら見つけたのがここ。営業時間は10時から15時まで、そして詳しいことはよう知らんのですが、あちこちにある八昌と名がつく店の原点となる方がなさっている人気店とのことで、こりゃあ早めに行って並ばないとと開店30分前に行ったら、調度早めに店を開けたところで全く並ばずに入店することができたんです。(上の写真は食べ終わってから撮りました)
 

R0002218

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

朝からお好み焼なんてってお思いでしょうが、すでに広島で14年前に経験済み。やさい肉玉って麺抜きもありましたが、広島風にはそば(orうどん)とイカ天はマストだと思ってるので、妻も僕もそば肉玉にイカ天トッピングでお願いしました。(ちなみにイカ天はこんなのです)

R0002220
瓶ビールはなかったので、焼き上がってから生ビールをお願いしました。車じゃなくて列車だから朝からこんなことできるんですよね〜
 

R0002224
ソースはオタフク。焼き上がった時にソースを塗って出てくるので、これは追加用。終盤少し足らなかったので追加しました。
 

IMG_2405
焼くのは三人の分業制で、一人目はコナを引いてキャベツ・もやし・豚肉・イカ天・天かすなどを載せて、再度コナをまわし掛けてひっくり返すまで。さすが手慣れたもんで、これだけ高さと厚みがあってもいとも簡単に返していきます。ひっくり返すというよりも、むしろ「コロンと転がす」って感じのテコの使い方でした。
 

R0002226
頃合いを見て、二番手・伝説のご主人が麺をずんどうで茹で始めます。

R0002229
鉄板の上に一人前ずつ麺を盛り、適度にパリッとするまで水分を飛ばして焼いていきます。麺の手前・ひっくり返した野菜部分の上には、ケチャップで所々マーキングされており、焼き手側から見て「W」は麺2玉・「う」はうどんだと思いますが、「・」「・・」は不明。イカ天入りとかですかねえ。

IMG_2407
分厚い野菜部分に圧を加えるのに重しは使わず、あくまでテコを使ってギューギュー押していくだけで、この作業はご主人担当。僕らが見てる間だけでも相当数焼いてはりましたが、1日5時間の営業時間で何枚焼かれるのでしょうか、これはかなりな重労働だと思います。
この後の手順をよく憶えてないんだけど、焼いた麺の上に野菜部分を載せて再び圧を加え、鉄板に玉子を落として黄味を潰した上に麺+野菜部分を載っけてひっくり返したんだったかと。
 

R0002230
以降は三人目にバトンタッチ、ソースを塗り青のりをふりかけ・注文に応じてトッピングを盛り、各自にサーブされます。
 

R0002232
テーブル席も含め、どの席もお皿からではなく鉄板から食べることができます。テコで切ってお皿に載せてお箸で食べる人もいましたが、僕らはいつも通りお箸を使わずテコでそのまま口へ。
ここんとこちょっとブランク空いてますが、僕はだいたい年に2〜3回は大阪や神戸で広島風を食べていると思います。一番特長として感じたのは、麺がうまい。生麺から茹でているのもあるんでしょうが、焼き加減が絶妙、パリッととバリッとの中間くらいで、麺と野菜部分とソースの3つの味を同時に楽しめます。神戸タイプのモダン焼は、焼きそばをコナでサンドイッチしてる状態のもので、これに比べると麺のおいしさを個別にでも味わえる点では、皿うどんとか中華のあんかけ焼きそばに通じるものがあるような気がしました。
麺だけが突出しておいしいわけではなく、当然お好み焼としてとってもおいしい。食べ始めた時点では麺がおいしいのでダブルにすれば良かったかなあと思っていましたが、最終的には満腹で夜まで何も食べなかったほどボリュームもたっぷりで大満足。やっぱり本場は違うなあ、こんなにおいしいのを並ばずありつけてラッキーやったなあと、(ちょっと遅めだけど)朝からいい気分にさせていただきました。

R0002238

{お店データ}
住所:広島市中区幟町14-17
電話:082-224-4577
営業時間:10時~15時
定休日:第2・4日曜、月曜
 

青春18きっぷで1泊2日広島の旅(1)〜キング軒大手町本店

IMG_2359
この夏3度目の青春18きっぷ旅は、広島。片道6時間で日帰りだとあまりにバタバタするので、泊まりがけにしました。ホテルはネストホテル広島八丁堀ってところがクーポン使ったりで朝食付きツインが9180円、新しくてきれいだし便利だし大正解でした。
 

R0002125

IMG_2375
12時前にサクッと到着。事前の天気予報は雨だったのに、結局2日間とも一度も傘はささず終い。

R0002240
駅前から路面電車に乗って目的地に向かいます。(写真は2日目に撮ったものです)
 

R0002126
広島行きの目的の一つが、汁なし担担麺。もう何年も前から広島ではいっぱいお店ができてるのは知ってたのに、食べたことがなかったんです。

◎参考サイト:【2019年版】広島市にある「広島 汁なし担担麺」のお店マップ/うまい広島
上記サイトを参考に検討の結果選んだのが、「キング軒大手町本店」。けっこうベタなチョイスかも知れませんが、カップ麺で食べたことあるし、その後行く広島平和記念資料館にも近かったもんで。
 

R0002129

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

ランチタイムだったので店内で少し並びましたが、ゆっくり選べて助かりました。髪ゴムが用意されているのがやさしい。

R0002130
予習していたのでそれほど迷わずチケット購入、妻はねぎ盛りなし。

R0002131R0002135
カウンター席の前には食べ方解説が置いてあって、僕らのような観光客にも親切です。

R0002147
 

IMG_2378
しばし待って登場。僕の分はネギ増量なので、ネギと上にかかっている花椒しかみえないです。

R0002140
妻のノーマルとの比較。

R0002142
説明書通り30回以上一所懸命混ぜて後かけ花椒をかけていただきました。
辛さはそれほど大したことなかったので、途中で唐辛子を追加しました。しびれはけっこうきましたが、やはり後かけが効果的。味付けは濃いめなので、ネギ増量で正解でした。温泉玉子に漬けて食べると、まろやかになってと言うか麻辣が和らげられるから食べやすくなるんだけど、なんかちょっと本末転倒な気もします。麻辣なら麻辣のままでいいんやないかと。

IMG_2379
麺を全部平らげた後、半ライスを投入。カウンター上の各種調味料をテケトーに加えて混ぜ混ぜ。タレが濃いめなので、ここでもネギ増量が効いたのではないかと思います。
勢いのまま、麺もご飯もすっかり完食。これはこれでおいしかったし、ボリューム的にも充分でした。麻辣にハマれば中毒性があるんだろうけど、一回食べただけではそこまでハマるわけもなく、これは名古屋の味噌煮込みうどんみたいに、場数を踏まないとようわからん世界なんかなあと思いました。

{お店データ}
電話:082-249-3646
住所:広島市中区大手町3-3-14
営業時間:
[月~金]11時~15時 17時~20時
[土・祝]11時~15時
定休日:日曜
 

「KOBE CINEMA PORT フェス」チケットで「元町通り3丁目 神戸キーマカレー専門店」

IMG_2617

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

昨年楽しませてもらった「KOBE CINEMA PORT フェス」が今年も開催されるということで、妻が前売り期間中にチケットを購入してきました。フェスの詳細はをこちらを参照していただくとして、ザクッというと、フェス期間中、6枚綴りのチケット2~3枚で神戸アートビレッジセンター・パルシネマしんこうえん・Cinema KOBE・元町映画館の4館で映画鑑賞、1~2枚でフェス参加店舗での特別飲食メニューやイベント参加ができます。このチケットで、映画も見られるし飲み食い出来るし卓球やゴルフもできるし、なんと銭湯に入ることもできるんです!(下記参照)


 

IMG_2585
メインフェス期間は9月14日~9月23日なんだけど、その前後を含めた9月1日〜9月30日まで使えるお店もあって、そんな中から以前から行ってみたかった「元町通り3丁目神戸キーマカレー専門店」へ行ってきました。場所は花隈公園の南側・JRと元町商店街の間で、お店の前はこれまで何度も通っています。

IMG_2593
ここ、面白いというか珍しいというか、このカレー屋さん(写真右)と南インド料理の店・インダスレイが並んでるんですよね。
 

IMG_2598
メニューはカレー(650円・スープかサラダ付き)とトッピング(玉子100円/チーズ100円/ネギ増量50円)のみ。それに加えて大盛り無料、持ち帰りなら500円・ルーのみ持ち帰りならなんと200円という素晴らしい価格設定です。
 

IMG_2594
そんな素晴らしい価格設定なのに、今回はKOBE CINEMA PORTフェスチケット1枚でいただいてしまいました。前売りチケットを買ったので、6枚で3000円、つまり500円(サラダ付きを選択)だったワケで、これはなんとも申し訳ない気分…

IMG_2596
トッピングも試したかったんだけど、初回はストレートに食べたかったもんでそのままで。外食カレー経験値が低いこともあって詳しい説明はようしませんが、スパイス香るおいしいカレーでした。
参考サイト:
メニューはただ一つ「神戸キーマカレー」一本で勝負!行列のできる「元町通り3丁目」/メシ通

おいしかったしお腹空いてたし、ガツガツ食べてあっという間に完食したからか、店主さんが「お替わりどうですか?」(多分無料)と言ってくれましたが、さすがに500円分チケットなもんで遠慮させてもらいました。次回は正価で、チーズトッピングもするぞ。

{お店データ)
住所:神戸市中央区元町通3-11-10
電話:078-393-5250
営業時間:11時半~15時、17時〜19時 ※今のところは通し営業、金曜はランチのみ
定休日:日曜・祝日
 

青春18きっぷで夏のトミーツアー(福井市)

R0002082
この夏二度目の青春18きっぷの旅は、恒例となった福井のレストラン・トミーへのツアーでした。今回の参加メンバーは、Wakkyさんご夫妻・*あきこ*さん・こばやしさん・しげるさん・だいこんさんと僕の総勢7名。参加者たくさんなので色々食べられて嬉しいぞ。
長いお盆休みの方ならば最終日に当たる日曜でしたが、意外に電車は混んでなくてダイヤも正常、さくっと福井まで到着しました。福井駅からは最近の定番である100円のコミュニティバスを利用。いつもの青色ではなく黄色だったのは、車両メンテナンス中なんやろかとWakkyさんと話してましたw
 

R0002084
最寄り駅について炎天下しばらく歩いてサクッと到着。今回は事前に特にオーダーはしてなかったので、その場でみんなの意見を聞いて注文することにしていました。で、入口手前のメニューを見たら、週替わりランチだったかにエビクリームコロッケがあったらしく、でも売り切れだと。え〜、レアメニューだからあるの知ってたら予約してたのに〜 (…といいながら、僕は過去二度食べてるんですがね)
 

R0002088
なにはともあれビールで乾杯、オードブル盛り合わせ(この日はスモークサーモン・いくら・中トロ・ホタテのエスカベッシュ・各種チーズ)をお願いしてメニュー検討に入ります。マダムに訊いたら、エビクリームコロッケはちゃんと取り置きしておいてくれたのがわかって、良かった良かった。
当たり前のようにいつも食べてますが、ここのオードブルはやっぱりすごい。今回はドレッシングが特においしく感じました。
 

R0002090
人数が多いので、白・赤とワインを順にお願いしようと思ったら、スパークリングワインを勧められました。

R0002110
これ、樽ごとイタリアから日本に運ばれて来た代物で。樽から直接注ぐのでフレッシュだし、希望の量だけサーブ出来るんだそうです。もちろんきっちり冷えていてスパッと辛口。色々と進化してるんですなあ。
 

R0002093
やって来ましたエビクリームコロッケ。野菜の盛りつけが美しい。全部で5個だったので、とりあえず一人当たり半個ずついただきます。

R0002095
こちらのクリームコロッケはこれまでタン・エビ・セイコガニといただきましたが、基本的にベシャメルがおいしくて、加えて今回だったらエビから取った旨味が封じ込められています。そこに大粒良質のエビがゴロゴロ入ってるんだからうまくて当然、技と手間の固まりです。今回これを食べられるとは思っていなかったので、とてもラッキーでした。
 

R0002098
ここのスープもおいしいので、一人一杯ずつお願いしました。今回はかぼちゃベースやったっけ。
 

R0002103
そして、ここに来たら外せないタンシチューとビーフシチュー。いつ見ても黒い・何度食べてもおいしい・他にはない・とにかくすごい。このデミグラスソースと出会ってからまだ4年しか経ってないのかあ、その間わざわざ福井くんだりまで(失礼)何度来たんやろかなあとか思ってしまいますが、全く悔いなし。近くに住んでたら最低でも週3回はこの店に通っていると思います。
 

R0002106
お次はシンプルにポークカツ。初めてここのポークカツを食べた時、そんなに期待してなかったのに見事に裏切られたことをよく憶えています。これが970円とはなあ…そういや赤ワインも飲んだはずなのに写真撮ってなかった…
 

R0002113
〆のご飯ものは、僕の独断でハヤシライス。ここのドミグラスソースを使った炒めタイプで、牛肉たっぷり・玉ねぎシャキシャキ。一般的なハヤシライスのイメージとは違うので好みが分かれるかも知れませんが、僕にとってはこれこそハヤシライスなんです。これを食べるためだけにでも福井に来たいくらい大好き。
 

トミーデザート
〆のデザートは、すべて自家製定番のババロア・プリン・シフォンケーキ・ベイクドチーズケーキに加えて…
 

R0002118
なんと、季節のデザートとしてマンゴープリン・マンゴーシャーベット載せが登場!これはここで初めて食べました。僕は甘い物もオッケーなんで、嬉しい〆でした。

このところ少人数で来ることが続いていたので、久々に色々食べられたのが良かったです。毎回同じような感想になってしまいますが、ほんまに何食べてもおいしい。これだけリピートしてるとレギュラーメニューはほぼ制覇、残るはポークチャップ・サカナフライ・ステーキくらいなんだけど、次回はどうしましょうかねえ。(と、今から悩む)
 

青春18きっぷで日帰り名古屋旅(1)〜「清月」で鰻(JR大曽根駅)

R0001922
今年の夏の青春18きっぷの旅第一弾は、妻と日帰りで名古屋に行って来ました。特に目的があったわけではなく、しばらく行ってないなあということだったんだけど、名古屋となれば鰻をはずすわけにはいきません。
定休日その他を勘案して選んだのが「清月」。JR大曽根駅から徒歩で行けるのも大きなポイントでした。上の写真はお店を出てから撮ったんですが、すでに「売切れ」の札が出されています。11時開店・12時前に入店・出たのが13時過ぎ、それで売り切れとは。出遅れてたらせっかく遠くから来たのに、えらい空振りするところでした( ̄。 ̄;)
 

R0001920
R0001919
店内ゆったり広めで、テーブル席以外に奥にお座敷もあるようでした。客層は様々で、昼ご飯食べに来た勤め人・リタイヤおじさん・家族連れなど。平日昼間ということもあり、地元の方がほとんどで、県外者は僕らだけのようでした。
 

R0001890

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

R0001893
メニューは鰻のみで、この他にう巻き(1350円)もあり。店主は名古屋の鰻の名店・うな富士(そこもいつか行ってみたい)で修行されたのだそうです。他ではあまり見かけない肝焼入りの肝入り丼にしたかったんだけど、品薄とのことで品切れ、お澄ましの具も蛤になる(上の写真参照)とのことでした。
 

R0001901
お昼時はある程度仕事済みなのでしょう、10分ほどで料理が登場。

R0001902
僕のチョイスは上鰻丼(3450円)。お吸い物の実は、蛤・手まり麩・三つ葉、丼一面に覆い重なるように蒲焼きが載っけられています。

R0001918
この日は土用の丑の日の1週少しあとだったので、相場は少しマシになっていたのではと推察します。とはいえ、昨今鰻高騰の折、この価格でこのボリュームは嬉しい。

R0001905
タレは名古屋らしく辛目で、やや濃い焼目の鰻は無駄なブヨつきがなく締まっていて、パリッとというよりサクッとという程度のややクリスピーな地焼き。香ばしい香り、濃厚な鰻独特の旨味、ご飯は固めの好みの加減で、わざわざ時間をかけてやって来た甲斐がある一杯でした、
 

R0001907
こちらは妻チョイスのひつまぶし(3650円)、おひつのご飯が蒲焼きで隙間なく覆い尽くされています。

R0001910
そのまま・薬味添え・出汁をかけて等々、僕もちょっと分けてもらって、余裕でお茶碗4杯分ありました。存分におひつまむしを楽しむことができて、満足度高し。妻によると、10数年前に食べた「あつた蓬莱軒」同様ここの鰻は気に入ったらしく、「名古屋の鰻は私好み」とのこと。蒸しが入ってとろけそうなのもいいけど、僕もこっちのほうが好きやなあ。

{お店データ}
住所:名古屋市東区徳川町2502
電話:052-932-6566
営業時間:11時~14時 17時~20時 ※鰻が無くなり次第終了
定休日:火曜 第2、3月曜
 

※時間があれば近くの日本庭園・徳川園に行ってみるのも良いでしょう。残念ながらこの日は休園日でした。