「コナモノ」カテゴリーアーカイブ

おがちゃんとハシゴ(三宮〜新開地〜兵庫駅前)

随分前のことですが、おがちゃんと久しぶりにハシゴしてきました。元々はワールド・ワングループで使えるクーポン券を使って、ハシゴするつもりだったのですが…
 

◎一軒目:山陰・隠岐の島ワールド(三宮13:20)
2018-02-12 13.24.28
この日はグループ大感謝祭に当たっており、ドリンクが99円!安いのはありがたいのですが、クーポンは3000円以上で1000円引きなので、相当飲み食いしないと使えません。

山陰隠岐の島ワールド
飲み物は最初ビール、続いて焼酎ロック(少なめだったけど安いししゃあないか)をガンガン。食べ物は、砂丘ラッキョ(480円)・串焼き盛り合わせ(780円)・鰯あぶり焼(280円)・スイカ漬け(480円)・山陰練り物盛り合わせ(580円)・ホタルイカ沖漬け(380円)と怒濤の注文。いろんな話をしながら飲んでる途中に、なんでか知らんがてつやさんから連絡が入り、予定を変更して新開地に移動することに。クーポン5枚あったのに、結局1枚しか使えませんでした。まあいいけど。
 

◎二軒目:ふみ(新開地15:20)
2018-02-12 16.20.30
少し前から神戸の飲み食い好きの皆さんで話題のこちらのお店、まだちゃんとエントリしてませんが色々と素晴らしいし面白いです。既に飲んでるてつやさんと合流したものの、この後用事があるので帰宅するとか。ならなんで新開地に移動したのかようわからんが、まあいいか。

2018-02-12 15.29.11
保冷ケースに入った鮑を自分で選んで造りにしてもらいましたが、もっといいのがあると女将さんが選び直してくれました。見る目ないなあ。

2018-02-12 16.20.25
いかの炒め物などもいただきながら、立ち飲みで1時間ほどワイワイと。
 

◎三軒目:冨月(新開地16:40)
2018-02-12 16.38.12
てつやさんが帰ったのを機に、すぐ近くの冨月に移動。この日のおがちゃんはいつもにも増して落ち着きがなく、やたらハシゴをしたがりますw

冨月
こちらでは、ハモ皮にこごり(300円)・ゆで豚(500円)・やきめし(400円)でチューハイなど。おがちゃんもここのやきめしが気に入ったみたいです。
 

◎四軒目:一ソ十(いそじゅう)(新開地17:50)
2018-02-12 17.51.55
やきめしがおがちゃんに火をつけたのか、お好み焼が食べたいと言い出したので、湊川方向に移動して一ソ十へ。おがちゃん初めて僕3度目。

2018-02-12 18.12.24
こちらではタコのそば焼とカキお好み焼にビール。四軒目までよく喰ってるように見えるでしょうが、何しろ昼ご飯がわりに飲み始めたもので、これが晩ご飯に相当するといえましょうか。(←そんなことない)
 

◎五軒目:原酒店(兵庫駅19:00)
2018-02-12 19.00.11
四軒目で終わりかと思いきや、そこからさらに徒歩で西に移動して原酒店で黒ホッピー。

2018-02-12 19.17.40
で、ここでてつやさんとこの日二度目の合流。ここに来たら(来ても)僕はポテサラ。

2018-02-12 19.24.07
サバ缶などもいただきながらなんやかんやと。
なんでおがちゃんがこんなにハシゴしたがっていたのかと思いきや、フェイスブックにリアルタイムであげてて、「今日も5軒ですかあ〜?」って周りから期待されてたからだそうでw 6軒目にうなぎ喰いに行った頃に比べるとおとなしくなったなあとは思いますが、これくらいならまだハシゴ出来るもんですなあ。(←わざわざしなくていいって)
 


北浦酒店2回目からのハシゴ(大阪・天六)

2018-02-14 17.34.13
初めて行って大満足だった北浦酒店、そこを紹介してくれたこばやしさんから「冬場は鍋があるらしい」とのお誘いがあり、えて吉さんと3人で行って来ました。
 

2018-02-14 17.37.47
17時半頃に行くと既に常連さんが何人か、時間の経過と共にサラリーマン率が高まってきます。とりあえずポテサラとおでんと赤星、ちゃんと席が確保出来て良かった〜
 

2018-02-14 18.01.45-2
この日のメニューはこんなの、店の外観とのギャップが激しい。値段は書いてませんが、何を頼んでも心配無用なのは既に経験済み。
 

2018-02-14 18.07.46
上の写真のメニュー以外にも冷蔵庫にアテが入っていて、自分で選んで女将さんに自己申告するしきたり。こちらホタルイカの酢味噌和えは、この時点ではハシリかなって感じでした。
 

2018-02-14 18.11.12
メニューには載ってなかったんだけど、こばやしさんおすすめのう巻きは訊いてみたら作ってくれました。量・質とも必要充分な鰻、それよりなによりとろみ加減がいい玉子焼きが基本的においしい。ここでだし巻きとかあったら食べてみたいなあ。
 

2018-02-14 18.18.39
飲み物は最初ビール、その後僕は日本酒を解禁。春鹿の純米超辛口なんぞをいただいておりました。一杯の量がすごい。
 

2018-02-14 18.20.58
人数が多いほど色々頼めます。前回食べ逃していた豚天も楽々オッケー。ボリュームたっぷりで、ちゃんとした中華料理店クラスの出来。なんやねんこの店は。
 

2018-02-14 18.41.17
で、本日のメインターゲット・ミニ鍋…って全然ミニとちゃうやん!出汁が旨くてそれだけでも呑めるし、一人で来たらこれ一品で終わってしまいますなあ。
 

2018-02-14 19.07.58
どんなのか興味があって、〆は焼そば。目玉焼き玉子3個はさすがに人数に合わせてくれたんだろうとは思いますが、これもボリュームたっぷり。どこがどうってこともないフツーメニューのこの焼そばもおでんも、写真は載せなかった白菜・キュウリのぬか漬けも、なんかしらんがフツーじゃないんです。
前回初めて来てびっくり、2度目の今回もすごさを再確認。食べてみたいメニューがまだまだあるし、職場から天六はけっこう来やすいのでちょくちょく来てみたいなあ。
 

 
2018-02-14 19.43.41
その後2軒目は稲田酒店へ移動、めっちゃ混んでたけどみなさん詰めてくれてなんとか3人入れました。

稲田
ここでもアテいくつか。炙りタラコ旨かったなあ〜
 

2018-02-14 21.04.46
3軒目はえて吉さんと二人で、天満に来たらちょくちょく行ってるバー・シードでラム飲んで締め。

よく飲んで食べて、なんとか寝過ごさずに帰宅できました。天満付近は選択肢がアホほどあって、ほんまにすごいゾーンやなあと毎回圧倒されます。
 


ハクサン(神戸・三宮さんプラザ)

2018-01-24 17.19.27
いい加減な記憶ながら、さんプラザができた時(1970年竣工)からこの「ハクサン」はあるんじゃないでしょうか。もう何十年も前に1,2度行ったっきりのこのお店、なんでハクサンなのかと昔から思っていました。調べてみたら初代が石川県白山市出身、1955年創業・現在は三代目なんだとか。さんプラザができる前からのお店だったんですねえ。
 

2018-01-24 17.22.05
平日夕方の店内はまったりムード。三宮にあってもどこかしら下町っぽく昭和な雰囲気なのは、歴史の成せる技でしょうか。
 

2018-01-24 17.19.41
メニューがおもいっきりピンボケでスミマセン。メニューは至って神戸らしく、タコ・すじ・大貝などもあり。ただし昨今の品不足でここでも大貝は品切れでした。

2018-01-24 17.21.51
定食メニューも充実。ペアセットとかハーフセットとか、複数種類食べたい時にありがたいメニューがいいですね。個人的には、お好み焼とモダン焼のセットもあったらよりいいのになあ。
 

2018-01-24 17.29.26
大貝がなかったので、スジのお好み焼。もちろんドロもあり。

2018-01-24 17.31.34
ピザ切りなんかせず、格子状に切ってテコで鉄板から直接食べます。水分多くて柔らか系の生地ではなく、サクッと系でした。どっちかというと僕はサクッと系のほうが好きなので、好都合。このところ三宮近辺でお好み焼屋を巡ってみようと思っているのですが、昔からあるこの店が好みでなんとなく良かったなあって気がしました。
次回はセットものか、いろんな具が入ったモダン焼らしい「ハクサン焼」をイってみようと思っています。

{お店データ}
住所:神戸市中央区三宮1-8 さんプラザ1F
電話:078-331-5630
営業時間:11時~21時
定休日:第3月曜

 


美作(神戸・三宮)

2018-01-21 22.03.24
ここのところ三宮・元町近辺のお好み焼屋を、いくつか巡ってみようと思っています。ここ美作は僕の手持ちの一つで、今はなき「どんどん」の後釜として三宮でお好み焼きを食べる時はだいぶ前からちょくちょく利用しています。
 

2018-01-21 22.04.30
ここに来るパターンは様々で、家族で・友人と・一人で・飲んだ後・仕事帰りなどなど。三宮にありながら、すじはもちろんのこと油かす・貝・ポテト入りなど、けっこう下町っぽいメニューがあるのもいいんです。神戸を離れた同級生が久しぶりに帰ってきて、「お好み食べたい!」とか言いだした時なんかにも最適。
 

2018-01-21 22.08.43
ソースは当然甘いの・辛いの完備。ここでは赤色がノーマル(甘いの)で、辛いのは黄色。2種類使う時は、混ざらないように塗るのがマナーであり常識。例えばノーマルを塗ってから、辛いのはハケでその上にぽとぽと落とすとかしましょう。
 

2018-01-21 22.13.23
僕がここに来たら8割方はすじモダンなんですが、この日は貝のお好み焼が食べたかったんです。でもあいにく貝は売り切れ。最近大貝の相場が上がってなかなか入荷しないんだそうで、しょうがないからカキお好み焼に変更しました。こちらは夜のみの営業で、食事のためというよりは飲みながらが中心なので割りと小振りで、生地は柔らかめ。マヨネーズは掛けず、テコで切って鉄板から直接口に運ぶのが神戸っ子の証の一つだと個人的には思っています。
 

2018-01-21 22.24.32
お好み焼き一枚とビールだけでサクッと帰るつもりだったんだけど、なんだか物足りなく感じてしまって、すじのそば焼を追加してしまいました。やっぱりすじを食べないと食べた気がしないんかなあ。焼そばじゃなくてそば焼、焼きうどんじゃなくてうどん焼というのは、神戸独特の表現なんでしょうか、そして若い世代の人達は今でもそう言ってるんでしょうかねえ。

そんなことはともかく、この日もおいしくいただきました。駅から近い、仕事帰りにふらっと一人でも行ける、遅くまで営業してるし何かと便利。これからもどうぞよろしくお願いします。

{お店データ}
住所:神戸市中央区中山手通1-8-1
電話:078-332-0983
営業時間:17時半~27時
定休日:月曜
 


第5回アホほどカキを食べる宴会(カキ料理編)

2018-01-28 13.54.44
カキ料理以外編」に続いて、メインのカキ料理編です。この日えて吉さんが買い出しに行って来たカキは、殻付き・剥き身とも4Kg。どっちもすごいですが、ここの剥き身はチューブの中にほぼ水が入ってなくてカキのみなので(写真参照)特に価値あり。多少は余ったそうですが、ほとんどこれを食い尽くしてる我々も相当なもんです。
 

カキ宴会
生はまずレモンだけで、続いてシングルモルトのボウモアをちょろっとかけて(写真左)。この食べ方好きなんです。写真右はだいこんさん差し入れの「レモスコ・勝鯉の赤ver.」で、広島産レモン+沖縄の赤唐辛子。飲み物は最初だけビールで、その後は結局この日はスパークリングワインばっかり飲んでました(多分)。
 

2018-01-28 13.53.53
順不同なんでいきなり濃いのですが、この宴会では初登場のカキのスンドゥブチゲ。後で食べようと思ってたら、結局これは食べ逃してしまいました(+_+) 食べ終わった後のスープを持ち帰ったメンバーもいたようです。
 

2018-01-28 14.51.41
これも意外に初登場なカキのグラタン。カキと玉ねぎとベシャメルとチーズだけのシンプルさで、グツグツしてる熱々がウメー。ちょっとパスタが入ってても良かったかもですね。
 

2018-01-28 14.52.06
続いては、この数年この宴会の定番となっている、こばやしさん作・別館牡丹園式「煎生蠔」(広東風牡蠣のお好み焼き)。今年は牛脂なしでしたが、全く違和感はありませんでした。

2018-01-28 15.07.51
これ大好きなんだけど、けっこうな値段なんであんまり食べられないんですよ。お店で食べるよりもカキ率が高いのをこうしていただけるのはありがたいですねえ〜。今回も遠慮なく2枚いただきました。
 

2018-01-28 16.09.34
こちらも初登場の料理で、佳景の女将さん差し入れのにんにく味噌とチーズを載せて焼いたの。これ、こう言っちゃあなんなんですが、載せて焼くだけなんだけど、すごくおいしかったです。素材が良ければ面倒なことをしなくても充分おいしい、というのの見本みたいな料理でした。
 

2018-01-28 17.05.12
そして自らカキフライ職人と名乗る?myblackmamaさんの調理開始。昨年は欠席だったので*あきこさん*と不肖・私で作らせていただきましたが、今回は食べてるだけなのでラクチン〜

2018-01-28 17.24.52
ただでさえいい素材にめっちゃ丁寧な仕事してるから、当然うまい。タルタルソースも作ってはりましたが、僕は何もつけずにこのままアツアツをバクバクいただきました。少しお土産に持って帰らせて貰ったのを温め直しても、依然としておいしい。やっぱりカキフライっていいなあ。
 

この辺りで皆さんかなり満足されていましたが、やはり最後はご飯もので締めたい私。前週のグルコバでカキビリヤニをやったので、この日はやらないと決まってたから、じゃあカキご飯が食べたいじゃないですか。で、「ええ〜作るの〜ぉ」とめんどくさそうなmyblackmamaさんとえて吉さんに無理矢理お願い。(自分で作れよ!)
 

2018-01-28 20.08.48
出来上がったカキご飯は、めちゃうま。昆布出汁で炊いたご飯に、出汁で軽く火を通したカキを出汁ごと加え、そこに刻んだ生の菊菜と柚子の皮とその果汁もプラスして混ぜたそうで。普段からこの作り方なのかどうかわかりませんが、こんなカキご飯は初めて食べました。やっぱり僕なんかが作るより、上手な人にお願いして正解でしたねえ(´∀`)
 

2018-01-28 19.16.16
個人的には今年はカキビリヤニが食べられなくて残念だったけど、代わりのカキご飯がすごく美味しくて、これはこれで良かったなあと。今までになかったカキ料理も出てきて面白かったしカキ以外も充実してたし、何よりみんなで楽しく過ごせるのが一番です。
来年は口だけじゃなくてなんか作らないと怒られるんやないかなあ。
 

◎関連エントリ
*こんなの食べたよ:第5回アホな量ほどおもろいカキ宴会
*B級的・大阪グルメ!ブログ:第5回、牡蠣をアホほど食べる宴会

しかし、えて吉さん・こばやしさん・僕の3人それぞれで宴会のタイトルが違うってのは「らしい」ですなあ〜