「和菓子」カテゴリーアーカイブ

青春18きっぷで浜松日帰り一人旅(後編)〜小ネタ集

2018-09-03 12.40.37
この日目覚めてからまだ天丼しか食べてなかったとは言え、さすがに連発で何か食べる気にもならず、散歩がてら駅の北側ゾーンをうろついてみました。あとで調べたら有楽街とか肴町あたりのようで、飲み屋が多く昼間はそれ程賑わいを感じませんでした。そんな中、ちょっとオーラを感じる店が目に入ったもんで寄ってみたら、あの「夜のお菓子・うなぎパイ」で有名な春華堂の本店でした。うなぎパイは当然知ってるけど、店名知らなかったなあ。もちろんお土産に買って帰りましたよ。
 

2018-09-03 13.04.40
その後駅の南側に移動して、本来なら天丼のあと昼飲みに来ようと思ってたのに直前で定休日だと判明した「いりかま」をロケハン。残炎やなあ、ええ店っぽかったのになあ〜
 

2018-09-03 13.22.27
昼間開いてる店が少なく月曜定休が多いようで、開いてる店がそもそも少なく、適当に入った店でせっかくなので浜松餃子とチューハイ。茹でもやしを添えるのが定番なんでしょうかね。ま、なんちゅうか可もなく不可もなく。
 

2018-09-03 14.03.42
その後駅の北側に戻って、線路沿いにずんずん東へ。

2018-09-03 14.42.06
行ってみたかったのは、浜松市楽器博物館。浜松と言われて思い浮かぶのは、一にうなぎ二に楽器。ヤマハ・河合・ローランドなど、著名楽器メーカーが集まっているんです。

2018-09-03 14.43.022018-09-03 14.44.102018-09-03 14.44.58
弦・打・管など色々、世界各国・古いものから新しいものまで幅広く揃えて展示されています。試奏コーナーもあり、ちょっとお琴を弾いてみたり。一番面白かったのは、ピアノの構造(弦を弾く仕組み)を断面模型で歴史を追って展示してあるコーナーかなあ。(ちなみに僕はピアノは猫踏んじゃったしか弾けません)

2018-09-03 14.47.24
電子楽器も色々揃っています。こちらは一世を風靡したフェンダー・ローズ。これで思い出すのはデイブ・グルーシンとかジョー・サンプルとか。

2018-09-03 14.48.19
こちらはムーグ・シンセサイザー。これで思い出すのは、キース・エマーソンとリック・ウエイクマン。つまみが多いのだけを見ても単純に「おっ、スゲッ!」と思ったものでした。
(すんません、古くて)
 

2018-09-03 22.16.36
帰り時間が遅くなると台風の影響が心配なので、余裕を持って帰路に。浜松まで来てうなぎを食べない手はないのでどこかで持ち帰ろうとは思ってましたが、結局駅ナカにあった浜名湖養魚漁業協同組合直営店でちょっと上等な「直虎」といううなぎ弁当を購入。値段をちゃんと記録してないんですが、2500円前後だったと思います。

2018-09-03 22.17.10
家に帰って妻と半分こ。浜松では関東風と関西風と両方あるそうで、こちらは前者。温めずにそのまま食べたせいか、柔らか過ぎることがなく妙に脂が多すぎることもなく、期待以上のおいしさでした。この価格とボリュームなら値打ちものじゃないでしょうか。
こういうのを食べると、持ち帰りじゃなくてお店で食べたくなります。今度浜松に行ったら鰻屋のハシゴしたいなあ。
 


「松川」で蒸しきんつば(神戸・JR神戸駅北)

2018-01-31 13.55.16
楠公さん(湊川神社)あたりをふらついていたら、「松川」が店を開けてるじゃありませんか。3年半前に東京から移転、普段あんまり通らない場所だし商品が品切れになると閉店してしまうので、こうして入り口の扉が開いているのを見るのは、本当に久しぶりでした。
 

2018-01-31 13.54.58
日替わりのあんころ餅と、大人気の豆大福は売り切れ。暖簾に染め抜かれているように、こちらは丹波小豆を使った和菓子処、豆大福じゃなくってもおいしいものがまだまだあります。
 

2018-01-31 22.16.38
今回は蒸しきんつばを購入。きんつばって小麦粉を溶いたのを纏わせて焼いたのってイメージなので、蒸しは珍しいんじゃないでしょうか。
 

2018-01-31 22.23.53
材料はほとんど丹波大納言小豆、その他は砂糖・小麦粉・塩・吉野本葛。食べてみればわかるとおり、砂糖控えめでほぼ小豆だけの味。小豆の香り・風味をできるだけ純粋に味わって欲しいとの想いから、薄皮付きの焼きではなく、蒸しにしてるんでしょうね。よほど自信がなければこんなことはできません。糖質を控えないといけない身としては、甘さ控えめなのがいろんな意味でありがたい。でもしょっちゅう食べるわけにはいかんしなあ。

僕の父は酒飲みだったくせにあんこが大好きで、最中とかきんつばとかをしょっちゅう買ってました。戦争体験から甘いものに飢えてたそうです。父がこれ食べたらどう思っただろうかなあ。
 

*参考ブログ
Amusons-nous!:神戸のおいしい和菓子屋さん!苦手な人こそ食べて欲しい【松川】の最中
 
{お店データ}
住所:神戸市中央区多聞通2-1-5
電話:078-361-0525
営業時間:10時〜16時(商品が売切れ次第閉店)
定休日:月曜、第1・3・5火曜
 
 

(追記)2年半ほど前の写真が出てきたので、参考までにあげておきます。

R4001745
R4001742
R4001744
R4001760
R4001765
 


2泊3日で新潟・松本(6)〜松本から中津川まで

X70F2251
一夜明けて旅の最終日の朝ご飯は、またしても駅前のそば。イイダヤ軒って何軒かあって、駅弁も作ってるようです。

X70F2254
僕はかけそば(300円)に山菜(100円)をトッピング。可もなく不可もなく旅先での朝ご飯にふさわしい駅そばでした。

 
X70F2270
最終日とはいえ高速ですぐに帰るほどは急いでいないので、途中までは国道19号線をメインに地道で。道路脇の風景が延々ぶどうの売店かと思えば、ワインの試飲になったりおやきになったりジンギスカンになったり漆器になったり。こういう面白さは高速じゃなくて地道を走ってこそ。道の駅にもたくさん遭遇したので、けっこうな率で立ち寄りました。
 

X70F2274
昼ご飯は3日間で4食目のそばを「」で。そばが好きだからってこともあるし、ヘタな食べ物だと飲みたくなるから運転してくれているえて吉さんに悪いですしねw

2017-10-18 11.48.36X70F2280
ちょっと贅沢させていただいて、ざるそば(800円)に桜海老のかき揚げ(300円)を追加。3日で4食でもそのうち2食は駅そばで十割はここだけだったし、全然飽きませんでした、というかまだそばを食べ足らない感じでした。

 
X70F2282
どこから高速に乗るか決めてなかったんだけど、中津川からということになったので、せっかくならいつかは行ってみたいと思っていた和菓子屋「すや」に寄ってもらうことにしました。

X70F2287
今はなくなってしまった大阪三越で、秋になると入荷する「恵那寿や」の栗きんとんをちょくちょく買っていました。こちら中津川の「すや」はその直系にあたるらしく、まあどっちゃでもいいからお店に行ってみたかったんです。

X70F2286
すやの栗きんとんの販売期間は9月から1月、原材料は栗と砂糖のみ。中津川でも恵那でも、栗きんとんを扱ってるお店が一杯あるんですねえ。

X70F2297
中津川から高速に乗って、えて吉さんの自宅の最寄り駅から電車に乗ってサクッと帰宅。お土産に持って帰った栗きんとんを久しぶりにいただきました。季節限定・日持ちせず・砂糖はほんの少し・ほとんど栗そのもののシンプルさで、これ好きなんです。食べられて良かった、お店を訪ねられて良かった、今回もいい旅でした。(が、長年治まっていたいた信州熱がまた出始めてしまった模様)
 
 


神戸限定・ソースかりんと

X70F1858
遅ればせながら、娘達からもらった父の日プレゼントのうちのひとつ。色んなかりんと(う)を出している「麻布かりんと」の、大丸神戸店限定商品のようです。日本のソースの始まりとも言われる阪神ソースを使用しているそうですが、残念ながら僕はここのソース(日の出ソースなど)は未経験。関西だけでも色んな地ソースがありますからねえ。
ソース味のおかきみたいなもんかなあと思いきや、甘味と味噌味が加えられて甘塩っぱく、フツーじゃないけど確かにかりんと。ちょっとゲテモノっぽいかとの予想を裏切り、これはこれで全然アリな味でした。(というかむしろ好み)
様々な神戸チックシンボルがトリコロールで描かれているパッケージも可愛いので、おみやげにもいいかも。でも純神戸製じゃないからちょっとしんどいかな。


元祖長崎カステラ総本舗(神戸・元町)

2017-04-10 15.29.04
ある程度以上の年齢の神戸っ子ならご存じの方も多いはず、「元祖長崎カステラ総本舗」。子供の頃から、神戸にあるのになんで元祖長崎カステラなんかなあとか、なんであの曲ガンガンかかってるのかなあとか(今はかかってません)、なんでケネディなんかなあとか、とにかく不思議一杯・クセが一杯のお店です。

昔こんなエントリ書いてます。(自分で言うのもなんですが名(迷?)シリーズですw)
◎妖(怪)しいけど超おいしいカステラ屋 前編後編続編続々編
※特に「続々編」リンク先の動画はインパクト強烈なのでご注意を。

2017-04-10 15.30.33
ご店主が結構ご高齢で、後継者もいらっしゃらないようなので、時々閉店の噂が流れてきますが、数日前にいった時はちゃんと営業されていました。そんなにしょっちゅうここで買い物してきたわけでもないのですが、久々に1000円のを一つ買って帰ることに。15時半に行って、残り2切れ。僕が入店する時にも先客とすれ違ったので、そこそこ売れているんでしょうかね。

2017-04-10 15.35.36
包み紙も、カステラで作ったラスク?みたいなのをおまけにつけてくれるのも、相変わらず。初めてここのカステラを食べた時は、意外にも(失礼)すごくおいしくて驚いたのですが、いっとき味が変わったような気がして控えていました。今回は以前のに戻ったような感じで、スカスカではなくスフレ感がある独特の食感。甘さも控えめでおいしかったです。

全国どこにでもあるような店じゃなくって、ここまで個性的なお店は今や貴重です。お店に入るのにちょっと勇気が要るwのですが、こんなもんだと思えばどうってことありません。そのうちまた買いに行こうっと。

{お店データ}
住所:神戸市中央区元町通3-11-3
電話:078-331-5035
営業時間:9時半~18時半
定休日:無休