「和菓子」カテゴリーアーカイブ

「ういろや」でちまき(神戸・長田商店街)

IMG_7175
長田商店街の「ういろや」に行ったら、5/1〜5限定でちまきを売ってたので、いつものういろではなくそっちを買いました。
 

IMG_7184
なんでか知らんが子供の頃からちまきって好きなんです。中身がシンプルだからいいのか、笹の葉を使ってグルグル巻いてあるのをほどいていくのが楽しいからなのか。

IMG_7188

IMG_7189
柏餅なんかと比べると、ほんのいっときしか味わえないという意味でも貴重。
それなりの値段ではあるけど、こういうことができる技を持った職人さんを大事にしないといけないなあと思います。
 

アマビエ

IMG_7097
神戸・東山市場の橘屋さんで妻が購入、一個350円(←すみません、値段間違ってました。もっと安かったそうです)の生菓子です。食べるのがもったいないくらいかわいくてよくできています。「疫病退散」のシール貼ってあって、こういうところもなかなか細工が細かい(^^)
 

酷暑の京都旅(1)〜「とらや」京都一条店・虎屋菓寮

京都地下鉄・五条駅から徒歩5分・それなりにきれいで部屋もそこそこ広く、大浴場・朝食付きのホテルのツインが、オール込8800円ってな掘り出し物を見つけたもんで、思わずポチッとしてしまい、特に目的も無く妻と一泊二日の京都旅へ行ってきました。今にして思えば、祇園祭も済んでクソ暑い時期だからこそのバーゲン価格だったんでしょうかねえ。
 

R0001729
京都にお昼頃ついて、選挙割り企画賛同で一風堂でラーメン食べた後、ふと思いだしたのが、数年前から行ってみたかった「とらや京都一条店の虎屋菓寮。写真右は京都御所・車道は烏丸通・ちょっと北に上がれば今出川通という烏丸一条の角に、「とらや」京都一条店があります。ちなみに四条烏丸からここまで、酷暑の中を歩きました。この時点での気温は36度だったそうで…

R0001730
一条通を西に入ってしばらく進むと、右手に再び「とらや」の表示が見えてきます。

R0001732
ここが虎屋菓寮。先ほどから何度となく「とらや」って書いてますが、この「とらや」はあの「とらや」、すなわち、あの線路を切ったようなずしりと重厚感ある羊羹・「夜の梅」などで知られるあの「とらや」なんです。無知なワタクシは長年「とらや」は東京発祥のお店だと思っていたのですが、実は京都発祥。しかも老舗だとは知っていたものの、なんと西暦1500年代の創業(゜Д゜)  あなオソロシや京都、アナタには到底敵いません…
 

R0001735
ンでまあこの虎屋菓寮は、一言で言うなら、京都一条店附属喫茶室。ラウンジ(屋内)・テラス席(屋外)から好きなほうを選び、店頭にはないようなお菓子を、ゆったりしたスペースでいただくことができます。

R0001745
この暑さではさすがにテラス席を選ぶ気は起こらず、ラウンジ希望で待ってたら、それほど待たずに案内されました。冷房の効いた室内から、庭を眺める以外に選択肢があろうか。

R0001761
まあ確かに風情はあるので、テラス席も魅力ではあります。しかし、選ぶならやはり春か秋でしょうなあ…
 

IMG_2145
僕のチョイスは京都一条店限定&数量限定・青柚子氷(1188円)。さすが老舗、それなりの値段やなあと思っていたら…

R0001751
かき氷にかかっているシロップを注視したら、細かくすり下ろした柚子の皮の粒子が見えます。皮+果汁で、香り高く爽やかな酸味と控えめな甘さのバランスが、さすが創業500年超の老舗。(←ホンマにわかっとるんかいな)

R0001752
そして食べ進むうちに発掘されたのが、大粒の白小豆。フツーのあんこじゃなくって大粒の白小豆ってのがちょっとしたサプライズで、個性が強い柚子のシロップには確かにこちらの方が合っているような気がしました。これまでに食べたかき氷の中でも、ダントツに(いい意味で)意識高い系のかき氷で価格以上の価値あり。マジで青柚子シロップはおいしかったです。
 

R0001774

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

ちなみに、待合スペースも兼ねている入口近くの「虎屋 京都ギャラリー」では、とらやの羊羹デザイン展が実施されていました。

R0001767
ゆったりしてますねえ〜

R0001769R0001771
季節ごとに羊羹を初めとする棹物の包み紙を、色々と変えてはったんでしょうねえ。さほど大きくもない一定のスペースに、シンプルな色と形で、広大な空間バリエーションが様々に作られている様がとても面白かったです。
 

R0001780

さすが京都。かないません。

 

{お店データ}(虎屋茶寮)
住所:京都市上京区一条通烏丸西入ル広橋殿町400
電話:075-441-3113
営業時間:10時〜18時
定休日:元日/毎月最終月曜日(4月・12月・2月を除く)
 

東京テケトー旅(6)〜人形町・水天宮前・浜町界隈小ネタ集

今回泊まったホテルの最寄り駅(人形町・水天宮前・浜町)界隈には、ジャンル様々な飲食店が数多くありました。飲食店以外にも色々興味深いものがあったので、個人的には一週間くらい滞在してても飽きないんじゃないかと思うくらい気に入りました。それなりに活気があるのに騒がしすぎることがなく、妻なんか「しばらく住みたい」って言い出すほどでしたw
以下、周辺のあれこれ。
 

IMG_0233
人形町界隈には歴史ある洋食屋が何軒もあることは以前から知ってました。そのうちの一軒「キラク」は相当年季入ってました。なんか色々あるそうで…

R0000540
次はシュッとした感じの「小春軒」は、創業以来100年超。

R0000541

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

価格的にはリーズナブルなほうですね。バックのステンドグラスが素敵。

R0000848
そして、昨年末に移転したばかりの「芳味亭」は、店名フォント見るだけで重厚。

R0000847
お値段も重厚。ビーフ「スチュー」ですぞ。
 

R0000846
続いて何が言いたいのかようわからん写真でスンマセンが、本来は写真左端にある行列をちゃんと撮っておきたかったんです。かの有名な「玉ひで」(創業1760年・本来は鶏料理)のランチタイム限定”とく”親子丼(1500円)はテレビでも時々取りあげられてますよね。列は店の前を往復しているだけでなく、角を曲がって伸びていました。もちろんこんな列に加わるつもりは毛頭なし。
 

R0000536
明治28年創業・すき焼きしゃぶしゃぶなどが食べられる精肉店系の「今半」は神戸での「大井肉店」みたいな存在でしょうか。その本店の隣にあるこの惣菜店がかなり良さげ。ご近所の方や仕事帰りの方が買って買えるだけでなく、おやつ代わりに立ち食いするおっちゃんもいてはりました。特に閉店間際のセール時は大賑わい。
写真は撮り忘れたけど、鶏肉屋さんで焼鳥も売ってて、でっかいだし巻き玉子の実演販売してるお店もありました。あれ、食べたかったなあ。

R0000646
すぐ近くに同じように牛肉を扱う大正元年創業「日山」というグループの本店も。東京って牛肉より豚肉優位ってイメージがあったんですが、そうとも言えないんですねえ。だからこの界隈の洋食屋には東京には珍しくビフカツがあるのかなあ。
 

R0000865
やきとん屋「筑前屋」の本店もありました。最近は神戸や大阪でもやきとん屋ができてきましたが、次回東京に来たら是非どこかで食べてみたいです。

R0000645
この「富士㐂(ふじき)」もチェーン店だけど、豚カツもどこかで食べたかったなあ。ホテルの近くに良さげな鰻屋があったんだけど、そこもいけず終いでした。
 

R0000648
路地に入っても良さげな店が次々目に入ります。こちらには柳原良平さんの直筆イラストが。

R0000613
甘酒横丁には京樽がやってるこの「関山」とか「志乃多寿司」とか、持ち帰り用のお寿司屋さんを何軒か見かけました。近所に明治座があるからかなあ。
 

R0000850
まるで京都の店?みたいな竹・藤・木製品を扱う戸田家商店。品揃え豊富そうでした。
 

R0000853
以前友人達と来たことをまるっきり忘れていた居酒屋「山葵」。いい店やったことだけ憶えてたけど、そういや人形町やった。
 

R0000810
おみやげには定番の人形焼き

R0000860
にんぎょう町 草加屋」でせんべいを買って帰りました。

今回の一連のエントリを見てるとほとんど人形町界隈(と五反田)にしかいなかったように見えますが、実際はそうでもなかったんですよ。でも飲食に関してはそうだったかも知れませんw 寿司屋も蕎麦屋も行きたかったし、2泊3日じゃ全然日数足らなかったなあ。
 

青春18きっぷで日帰り岐阜一人旅(2)〜思い出の味を求めてあちこち

IMG_8569
洋食おかだを出て、まずはすぐ近くの「道の駅パレットピアおおの」へバスの時刻を確認しに行きました。

IMG_8570
おお、ラッキー!30分ほど道の駅でウロウロしてたらちょうどバスがあるじゃないですか!これなら予定してなかった某所に行ってみよ〜🎶
…ところが、あとで気付いたのですが、この写真の上にあるように、このバスはJR岐阜駅行き。来るときは大垣駅から来たのと、土地勘無いのでまさかここから岐阜駅行きのバスがあるとは思ってなかったので、全く気付いていませんでした。まあ結果的には却って都合良かったんですけど(^◇^;)

IMG_8576
そんな事とは知らず、道の駅をウロウロ。

IMG_8577
飲食コーナーもあるし、お土産や物産コーナーも充実していて、かなり見応えありました。

時刻が来たのでバスに乗り、なんかおかしいなあと思いつつ、なんとホームに上がってから岐阜にいるという事態に気づくという体たらく。大垣・岐阜から東に移動するつもりだったし、青春18きっぷだからどうとでもなるという意識だったからこそのすごい勘違いでした。(ははは)
 

IMG_8592
で、やってきたのは僕も初めての鵜沼駅。岐阜駅から東へ6つ目のこの駅に来た目的は…
 

IMG_8584
駅から10分ほど歩いたところにある大正11年創業の和菓子屋さん・艸花庵(そうかあん) 養老軒。なんでこんなとこ知ってるかというと、以前は名古屋にあって、かつて名古屋にしょっちゅう出張してた時のお馴染みの店なんです。平成26年に突如店を閉め残念に思っていたら、翌年場所と一部店名を変えて復活したってことまでは知ってました。

IMG_8588

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

場所はわかってても余りにも遠く行きにくい。でもいつか機会があればとずっと思っていました。お店に入って、ここの一押しの手作りういろにやっとご対面。僕にとってのういろのスタンダードは神戸の長田神社のういろやのなんだけど、ここのはそれに次ぐ大好物なんです。
 

IMG_8669
挽き茶のういろを一本おみやげに買って帰って、帰宅してからいただきました。何年ぶりかなあ、ういろやのよりはややしっかりしてて、でも舌触りはあくまでむっちりスムースで甘さ控えめ。記憶の中で膨らんでいるのではないかと思いましたが、やっぱりここのういろはおいしい。いつの日かまたこれを食べられる日が来るんだろうか…
 

IMG_8615
艸花庵養老軒に寄った後、30分以上時間待ちをして鵜沼駅から帰路に。ぼちぼち晩ご飯時が近づいてきたので途中京都駅で下車し、前から行ってみたかった「京都拉麺小路」に寄ってみることにしました。

IMG_8595
単純に拉麺小路に寄ってみたかったこともあるし、ここには十数年前に一度だけ北海道で食べた「白樺山荘」が入ってるのを知ってたんです。

IMG_8607
本店と同じく食べ放題のゆで卵を割り入れた味噌ラーメンは、予想していたとおりまあこんなもんかなという感じ。味の記憶が膨らんでいたのではなく、チェーン化が理由だと思いたいですなあ。いつか札幌の本店にまた行ってみたいもんです。

というわけで、東へ西へ、予想以上に充実した一日となりました。青春18きっぷはやっぱり面白いです!