「神戸」タグアーカイブ

金時食堂でちょい飲み(神戸・元町)

2018-04-02 14.00.56
朝ご飯軽めの平日14時過ぎ、ある程度食べながら飲みたかったので金時食堂へ。
 

2018-04-02 14.07.45
お昼の定食(日曜はやってません)は14時半まで、40円アップで豚汁に・150円アップでうどんかそばに・冬場は180円アップでそれぞれ変更可能。定食メニューの単品注文は11時からOK、そして写真右側の短冊メニューは13時からってことなので、昼飲みにちょうど都合がいいんです。
 

2018-04-02 14.03.25
13時から18時まではアルコール類のサービスタイムで、瓶ビールは570円のところ450円。その気になれば焼酎のボトルキープもできるしヒレ酒もあります。
 

2018-04-02 14.08.03
お昼のピーク時に来たことは無いんですが、満員で入れないこともしょっちゅうあるそうです。この時間でも食事してる人も飲んでる人もいて、よう繁盛してはります。
 

2018-04-02 14.15.27
鶏食べたいモードだったので、手羽先塩焼き(360円)。注文してからそれなりの時間がかかって、きっちりしたのが出てきます。食べやすいように身を外してくれてて、親切やなあ。
 

2018-04-02 14.28.45
揚げ物が食べたくなってメニュー検討していたら、ええいどうせならイってまえとトンカツ(550円)にしたら、洋食屋で出てきそうなのが出てきました。サイズ充分、デミグラスソースがさっとかけてあるのもいい。ポテサラもついてるし、こりゃ飲むのにも好都合。今まで何度か来てるのにこれは知らんかったなあ。今後飲みに来るときは、定食メニューの単品を順番に試してみましょうかね。

{お店データ}
住所:神戸市中央区元町通1-7-2
電話:078-331-1037
営業時間:
[月~金] 10時半~21時[土]~20時[日]~19時
定休日:祝日
 


神戸でマレーシア料理「梅花(メイファ)」(神戸・三宮)

2018-03-12 13.37.00
さんプラザの課題店に行ってみたら知らぬ間に閉店していて、どうしようかなあと思っていたらそのすぐ近くに記憶にない店が。後で訊いたら1年ほど前からあったそうで、こんなに派手な見かけなのになんで気がついてなかったのか自分でも呆れてしまいました。
 

2018-03-12 13.34.11
梅花(メイファ)」は店頭の国旗のとおりマレーシア風カレーとペナン料理の店で、マレーシア生まれで神戸歴も長く7カ国語余りを話す梅花ママが、自称「田舎のお母さんの味」料理を作ってくれます。

2018-03-12 13.34.21
営業は基本的に昼のみ、夜は要予約。ナシルマというココナツミルクで炊いたご飯を中心に数々のおかずを盛り付けたプレート(900円?)がウリながら、この日はすでに売り切れ。
 

2018-03-12 14.16.20
この店の場所には以前はインド料理屋、昔々は紅茶のムジカがありました。それ程広くないスペースはアジアっぽい雰囲気でまとめられており、ゆっくりくつろげます。…というかママ一人で作っているので料理が出てくるまで時間がかかり気味だから、ゆっくりせざるを得ませんw 僕はそういうの好きなんだけど。

2018-03-12 13.38.43
着物好きな関係?で、中村玉緒さんとお知り合いなのだとか。フロア係の女性いわく「ママの日本好きは半端ない」そうです。
 

2018-03-12 13.42.05
時間がかかるのがわかってたので、先に瓶ビールを出してもらったら、ピーナツ・サンバル・じゃこ・胡瓜の突きだしをサービスで出してくれました。5年ほど前にマレーシアに行った時に色んなところで目にしたじゃこ(イカンビリス)を目にして懐かしかったです。
 

2018-03-12 14.00.46
後でわかったんですが、実は営業終了してたらしく無理矢理入店してたみたいですw ということもあり、パクチーなど一部足らないものもありつつのシーフードカレー。セットでついてくる薬膳スープはおそらくバクテーで、これもうまかった。

2018-03-12 14.01.26
玉ねぎ多めで甘いけど辛くて香りがいいカレー。ママにもフロア係の女性にも辛くないかと訊かれましたが、そんなに辛さに強くない僕でも全然オッケー、頼めば辛さも調節してくれるそうです。

2018-03-12 14.13.33
食後にマンゴーティーがついて、瓶ビール込みで1250円(シーフードカレーは750円)。外であんまりカレー食べないんですが、ここのは次回ちょっと辛目でリピートしたいです。というかその前にナシルマを食べに来なければ。夜は料理4〜5品でビール1本つき3000円のおまかせセットがあるそうな。
ママはめっちゃ気さくで話しやすい人なので、一人でも全然オッケー。月曜・水曜は比較的混み気味で、週末は早めに来た方が良さそう。時間たっぷりある時に是非どうぞ。

{お店データ)
住所:神戸市中央区三宮町1-8-1 三宮さんプラザ B1F
電話:078-391-3532
営業時間:11時〜15時(ディナーは要事前予約)
定休日:火曜
 


やはりいい店だった「楽関記」(神戸・元町)

2018-02-25 14.45.04-2
昨年6月にオープンした時からいい店オーラを放ちまくっていた「楽関記」、ずっと行く機会を狙っていたのですが、年が明けてランチを始めたことを知り、やっと妻と二人で行くことが出来ました。
 

2018-02-25 13.56.13
ランチはセット4種・定食・コースの計6種類。250円追加でここのウリである小籠包3個を付けることが出来ます。
 

2018-02-25 14.00.05
各種ソフトドリンク・アルコール類に加え、中国茶もあり。赤星置いてる店はいいお店。
 

2018-02-25 14.07.34
僕が選んだランチセットは小皿前菜3種・ご飯か麺・本日のスープで、これにもちろん小籠包を追加しました。まず小皿前菜は、ピリ辛もやし・キクラゲとクコの実の冷製・生ザーサイ、これが出てきた時に、あ、ここはアタリと思いました。どれもいい意味で洒落ていてアテになる。っていうか、これでアルコール抜きは考えられないッス。特に生ザーサイうまし。

2018-02-25 14.08.04
妻はお魚定食を選択、小皿前菜4種・天然魚の清蒸・ご飯・本日のスープ・生ザーサイ、これに小籠包を追加。こちらの前菜は上段はもやしとキクラゲ、下段は蒸し鶏・鹵水叉焼(ロスイチャーシュー)。鹵水料理って名前は聞いたことありましたが、食べるのは初めてでした。
 

2018-02-25 14.11.57
本日のスープは、玉子とレタス。このスープを含めいずれの料理も素材を活かした薄味で、妻も僕も好みな路線です。

2018-02-25 14.21.14
追加の小籠包は、なんちゅうか一言で言えば、すごくちゃんとした小籠包でした。一つ目はレンゲに乗せてそのままで、二つ目は黒酢を少しかけていただきましたが、結論としては何も足さずにここままが一番。一人三個じゃ全然物足りませんw
 

2018-02-25 14.23.59
お魚定食の清蒸、魚の種類は聞き漏らしました。ちゃんと一皿ずつ蒸し器で蒸して出してくるのが、当たり前っちゃあ当たり前なんだけど、ランチでこの価格でそれをきっちりやるのが好印象。
 

2018-02-25 14.26.35
ランチセットの麺orご飯は鹵肉飯(ルーローファン)を選びました。いい意味でイメージしてたのとは違って、豚肉の角切りがゴロゴロ。ミンチや薄切りじゃなくて角切りならではの豚肉の旨味と醤油ベースのタレ、アクセントの白髪葱と香菜、それらがご飯と一緒くたになって、かなりハイレベルな載っけご飯、ウメ〜!
 

2018-02-25 14.34.22
どれもこれも出てくるなりがっついて、それに加えて’前菜に出てきておいしかった生ザーサイを単品で追加してしまいました。
 

2018-02-25 14.44.46
お店の夜メニューを見てみると、ランチメニューはそのダイジェスト版というかプロモーション版というか、「昼で試して是非夜も来て!」ってメッセージが感じられます。まんまとそのとおりハマったというか、予想どおりというか、これは日を改めて是非夜にも来ねばなりません!

{お店データ}
住所:神戸市中央区北長狭通3-6-5
電話:078-334-7172
営業時間:11時半~15時 17時半~22時
定休日:火曜
 


加奈井に来てみたら(神戸・板宿)

2018-03-06 13.02.18
昨日・火曜日は休日でした。前日から明日は何を食べにいこうかなあといろいろ考えていたら、そういやしばらく外で鰻食べてない、板宿の加奈井にも気になりながら行ってないと思ったら、なんとおととしの9月以来。しらすの不漁が心配されている昨今、どうなっているか気になっていたこともあり、早速行ってみることにしました。
 

2018-03-06 13.02.44
店頭のメニュー見てみたら、値段こんなもんやったっけ、あとで調べてみたら一昨年の9月と変わらず。ところがところが。食後女将さんに訊いてみたら、なんとこの日の翌々日(翌日は休み)、つまり明日3月8日から値段が上がるとか。うーん、そりゃそうやろなあとしかいいようがありません…
 

2018-03-06 13.07.15-2
お店に入ったのが13時ちょい過ぎ、できるまで4,50分かかりますよと言われたけど承知の上。僕の後にいかにも常連さんな二人客もいらっしゃいました。
 

2018-03-06 13.06.53
昼時にこの価格で、しかも出来上がるまでそんなに待たせる(注:予約もできます)商売をしてることが稀というかすごいというか。出来上がるまでの時間を含めてうなぎを楽しみに来る、そういうお客しかこの店には来ないでしょう。
 

2018-03-06 13.11.26
焼き上がるまでちびちびビールを飲んでる間のアテに、野菜の煮物と蒲焼きを出してくれました。大瓶900円にこれだけついてたら充分価値あります。出来上がるまでの時間をさえ楽しむこの贅沢さ。
 

2018-03-06 13.48.26
そして注文してから40分ちょっとでついに登場。今回は今まで食べたことがないお昼のみのうな丼定食(2500円)にしてみました。

2018-03-06 13.49.09
かつて食べたうな丼(松)とそれ程変わらない大きさのうな丼に、この日はお漬け物とたっぷり蜆が入った赤だしとがついていました。いつもより少しご飯が軟らかめだったけれど、やはりここの鰻はうまい。これで今どき2500円は充分価値があるんだけど、個人的にはせっかくここに来たならやはりうな丼の竹クラスのサイズのを食べておかないと、後悔が残ってしまいます。サイズが小さいんじゃない、好きだからもっと食べたいんです。

食後女将さんと少し話をすることができました。要約すると、値段は2年ほど上げていなかった・その間鰻は品不足で高騰・品薄で困っていたところ最近いいルートが見つかった・ありがたいことにおいしくてデカい・でも数ではなく重さで仕入れているので商売的にはますますしんどくなった。
…ということで、前述のように値上げせざるをえないことになりました。何度もここで書いているように、鰻屋さんだって値上げしたくない。客離れしたら商売やっていけないですからね。でも上げないとやっていけない。現状からしたらしょうがないでしょう。
「資源が足らないのなら鰻なんて食うな」というご意見もあるでしょうが、僕はそんなにしょっちゅうは無理でも、これからも鰻屋さんで食べます。大手チェーンのうな丼やスーパーで売ってるワケ分からん鰻は食べない。加奈井のようなお店を少しでも永く続けていってもらうために、そして何よりそおいしい鰻が食べ続けられるよう、微力ながらこれからも応援し続けたいと思っています。
 


八栄亭下店で昼酒(神戸・新開地)

2018-02-13 13.23.00
歴史ある焼鳥屋・八栄亭は神戸では新開地の上店下店三宮の3つがあるのですが、僕は今まで3つとも縁が薄く上店に1,2度行ったきり。この日は昼間も営業している下店に初めて来ました。
 

2018-02-13 13.27.33
メニューはスタンダード。一人前2本ですが半人前も可能、もちろんタレでも塩でも可。

2018-02-13 14.15.34
場所柄オッサンばかりかと思いきや、お昼のみの定食があるせい?か女性客もたくさんいらっしゃいました。たくさんといっても全部でカウンター席10人ちょっと、平日の13時半でも満席でした。
 

2018-02-13 13.31.37
瓶ビールをお願いして、ずり・つくね・皮を1人前ずつ。この日はなんとなく全部塩で通しました。

2018-02-13 13.58.08
途中で麦焼酎お湯割りにチェンジして、身とキモをこれまた1人前ずつ。この日食べた中では特に皮とキモがうまかったです。お店狭いし次々お客さんが来ては満席で断られているので、長居する店でもないしサクッと食べて飲んで早めに退散。

2018-02-13 14.15.30
焼鳥がおいしいのはもちろん、新開地ならではの気さくな雰囲気や歴史を感じさせる風情も合わせて、さすがの名店って感じでした。今度は定食食べに来ようかな。

{お店データ}
住所:神戸市兵庫区新開地2-6-15
電話:078-575-4871
営業時間:12時~15時 17時~21時半
定休日:月曜、第二・四・五日曜