「神戸」タグアーカイブ

鰻大量廃棄にムカついて「青柳」(神戸・元町)

ここのところしばらく鰻を食べてないなあと思っていたのと、この日の少し前に「2017年に、少なくとも2.7トン・1万3650匹に相当する鰻のかば焼きが、消費者に販売されず廃棄された」というニュースを聞いて、なんでそんなにアホなことすんねん!!とむっちゃムカついたもんで、是非ともちゃんとした鰻を食べに行こうと思い立ちました。
 

2018-06-05 13.31.05
神戸で鰻を食べるとなると近年は板宿の加奈井がほとんどなんだけど、ここ元町の「青柳」もずっと行こう行こうと思っていたお店でした。以前行ったのは多分20年以上前だろうかなあ。今回お店に入ったのは平日の13時半頃、先客が何名かいらっしゃいましたが、結局僕がお昼最後の客になりました。
 

2018-06-05 13.33.16
店内に入ると、かすかに見覚えのある二代目の顔。帰りの際、先代もお元気だとわかって良かった良かった。

2018-06-05 13.32.36
以前伺った時は鰻以外もあったような気がしたんだけど、今は鰻専門のようです。昼・夜メニュー通して、値段の違いは鰻の大きさが違うだけで質は同じとのこと。この日は食べる気満々だったので、ちょっと張り込んで鰻丼の梅にしました。
 

2018-06-05 13.34.01
瓶ビールをお願いしたら、玉子豆腐・小芋(といっても大きかった)とお漬け物が出てきました。これらをアテにしながらビール飲んで、鰻の焼き上がりを待ちます。いいですなあ、この待ってる時間が。
 

2018-06-05 13.40.22
しばし待って出てきたのが肝吸い。肝吸いラブ。

2018-06-05 13.38.27
そして真打ち登場。安もん臭いテカリなど一切なく、今焼き上がりました感満載の焼き色とうまそうな焦げ目、そして香り。身はやや厚めで食べ応えがあり、表面クリスピーながら中はふっくら。たれはあっさりめで鰻そのものを楽しめる塩梅でした。
添えられたネギをお好みでどうぞとのことだったので、後半はこれをパラパラと振りまいて一緒にいただいたところ、この食べ方もオツ。トータルで「鰻食べたい欲」を充分満足させてくれる丼でした。

一見ちょっと入りにくそうに思うかも知れませんが、ガラリ戸を開けて中に入ると、家族的で親しみやすくほっこりした雰囲気のいいお店です。チェーン店の鰻を2,3回我慢したら、ここのランチが食べられます。皆さん、鰻は是非専門店で食べましょう!

{お店データ}
住所:神戸市中央区元町通3-11-14
電話:078-331-2292
営業時間:11時~14時、17時~21時
定休日:月曜
 


東京帰りに唐子へ寄り道(神戸・三宮)

2泊3日の東京旅行から、昨夜帰ってきました。1年半ぶりだったもんで、会いたい人にたくさん会って、色々飲み食いしてきました。それらについてはまた後日に。
 

2018-06-20 20.04.10
昨夜神戸空港に着陸してポートライナーで三宮についたら、ここんとこ行きたいと思い続けていた唐子のことを思い出し、ダメ元で行ってみたら席があったのでちょっと寄り道してしまいました。
 

2018-06-20 19.52.06
無事神戸空港に着いたと妻に連絡しておいたのですが、帰ってくるのが遅いから多分こんなことやないかと思っていたと言われ、バレバレ。先日一緒に行った時は定休日でダメだったので、ちょっと申し訳ないなとは思ってたんですよ。
 

2018-06-20 19.57.23
数週間前から水餃子を食べたいと思ってたんです。これで2人前(一人前350円)。ここは焼きもおいしいんだけど、どっちか選べと言われたら僕は水。ここしばらくの念願が叶うと同時に、神戸に帰ってきたなあと実感しました。今度は水餃子だけでなく、もっと色々食べたいです。
 


宿題を片付けにPopBoyへ・後編(神戸・板宿)

*このエントリは、「宿題を片付けにPopBoyへ・前編」の続きです。
 

2018-06-12 13.12.50
このブログでも、先代のブログでも、「赤ひょうたん」カテゴリを作っているほど、かつて神戸三宮にあったサラダをメインとしたお店・赤ひょうたんについては色々と書いてきました。その内容は僕だけではなく、たくさんの赤ひょうたんファンからのコメントで成り立っています。

以下、先代・現ブログの赤ひょうたんカテゴリへのリンクです。このエントリを含め、これまで・これからの赤ひょうたんカテゴリのエントリが全てピックアップされます。
ただし、新しいエントリから順に表示されてしまいますので、読んでやろうとお思いの場合は、日付が古いほうのエントリから順に、また先代foodish赤ひょうたんカテゴリからお読みいただくことをおすすめします。

 *先代foodish赤ひょうたんカテゴリへのリンク
 *現foodish赤ひょうたんカテゴリへのリンク

ご存じの方もいらっしゃるでしょうが、こちらPopBoyのマスターは赤ひょうたんで修行された方。現在77歳で後継者がいらっしゃらず、ご高齢にもかかわらず「お客さんが来てくれるから」と頑張っておられますが、体力にも限りがあります。
こちらのお店のことを知ったのは、12年前に僕が書いた、写真もなくほんの数行のエントリがきっかけ。書いた当時はなーんも考えておらず、頻繁ではないものの息長く色んな方からコメントをいただく(今もなお)なあと思っていただけで、その後あんなことやこんなことやいろんなことが起こるなんて夢にも思っていませんでした。

そのエントリがきっかけで出会ったもう一つのお店が、東京・新高円寺にあるリスタ2。詳しくはこちらのエントリをご覧いただきたいのですが、こちらのお店も元赤ひょうたんの方がやってらっしゃるんです。そして一昨年の12月、二度目に伺った時にこんなものをいただいてしまいました。
 

赤ひょうたんメニュー
赤ひょうたんファンの方なら見覚えがあるかも知れません。創業時のメニューです。
リスタオーナーのお母様=赤ひょうたん創業者のうちのお一人の奥様の、自宅食器棚の下敷きに使っていたそうで、何枚かあるのでおみやげにどうぞと、軽〜く差し出されてしまったんです。「こ、こんなものをいただいていいんですかっ!」といいつつ、折り目がつかないように大事に持って帰り、以降自宅で大事に保存していました。

…ところがですね、時が経つにつれ、写真でこのブログでも公開したとは言え、果たして僕が持ってていいのか?このブログを知らないファンの方にもみていただいたほうがいいんんやないのか?とだんだんと思うようになってきました。
そんなこんなで先日久しぶりにPopBoyに行ってシェフとお話ししたら、ぼちぼち引退したいが、お馴染みさんから新しい人までまだまだお客さんが来てくれるのでやめられない・体力が落ちてきているので定休日を増やしゴルフで足腰を鍛えてる、なんてことをお訊きしました。

その帰り道、うすうす思っていたことを実行しようと決めました。
「リスタでいただいた創業時の赤ひょうたんメニューをPopBoyにお渡ししよう」と。

PopBoyに残された時間はあと数年でしょう。でもその間に確実に赤ひょうたんのファンがいらっしゃいます。僕が持っているより、そのほうがこのメニューが生きるに違いない。こりゃちょっとでも早くメニューを渡しにいかねば!
…そう思うんなら当日にでも出直してメニューを持っていけばいいようなものなのに、根がいい加減なもんでなんだかんだで日にちがあいてしまい、今回やっとお店に持っていってやっと「宿題」を片付けたという次第。

ということで、要するに
PopBoyに行けば創業時の赤ひょうたんメニューが見られます!

というお話でした。
毎度ながら文章長くてスミマセン。
 


宿題を片付けにPopBoyへ・前編(神戸・板宿)

2018-06-12 13.12.50
先日4年ぶりに行ったPopBoyにまたもや。久しぶりに食べてやっぱりおいしいなあと思ったもんで再びという理由に加えて、以前からうすうす思っていた宿題を片付けに来ました。
 

2018-06-12 13.24.05
前回食べたミックスセットのハンバーグ・エビフライ・クリームコロッケのどれもおいしかったんだけど、以前から好きだったクリームコロッケのおいしさを再認識したもんで、単品のセットメニュー(1000円・14時までならコーヒーか紅茶付き)にしようと店に着く前から決めていました。(レバーステーキとかビフカツとかほかにも食べたいものはいっぱいあったけど…)

2018-06-12 13.24.58
こちらでは、ベシャメルもソースもスープも全部手作り。このクリームコロッケのベシャメル、舌触りが滑らかで自然でほのかな甘味があって、何より最初に割った時にホワ〜ンと香ってくる香りが抜群なんです。
上にかかってるお店オリジナルなトマトソースは揚げ物系をメインに幅広く使われていて、これとのコンビネーションもむっちゃ好み。今回は一人だったので、やっぱりおいしいなあとじっくり味わいながらいただきました。

僕がお店に入ったのは平日の13時ころで、満員とは言えないけれど各テーブルともほぼ埋まってる状態。その後店を出る1時間くらいの間にも、子どもから初老まで・1人客から4人程度まで・高校生の女の子も僕より年上のオッサンも・常連さんもご新規さんも、いろんなお客さんが出入りしてて、幅広い層に愛されてるんだなあと改めて実感しました。
僕同様のオッサンで、クリームコロッケオーダーが一人・ポークチャップが二人あり、後者はメニューにあるのは知ってたけど注文している場面に初遭遇だったので、興味津々でした。

でも、前回の時のエントリに書いたように、残念ながらあと数年後にはこちらのお店はなくなってしまうんですよねえ…

(後編・宿題編に続く)
 

{お店データ}
電話:078-611-7734
住所:神戸市長田区庄山町1-5-9
営業時間:11時半~15時 17時~20時
定休日:水・木・日
 


移転後初・7年ぶりのペルドマーニは相変わらず(神戸・北野町)

DSC03459
我が家の近所にあったころは家族で食べに行ったり「イタリアンなおせち」を買ったりもしていたイタリアン食堂ペルドマーニ。北野町に移転してからもう5年経ちます。

DSC03423
最後に行ったのが多分7年前、移転してからもずっと行こう行こうと思いつつ、こんなにも間が空いてしまいました。まああのお店なら焦っていかなくても大丈夫だろうという安心感があったからなんですがね。
 

DSC03425
ランチタイムに妻と二人で行ったら、シェフは一瞬誰だかわからなかったようですが、すぐにわかってくれました。サングラスかけてたせいか、それとも老けたせいかw なんだかんだ話しながら、CランチとAランチのプチデザートつきをお願いしました。
 

2018-05-04 12.02.42
まずは前菜5種盛りとビールでスタート。シェフと話してたのでそれぞれが何だったのメモは取れませんでしたが、相変わらずの凝り凝り料理。1000円のランチでもこんなのが出てくるし(しかも北野で)、自家製パンは胡桃と抹茶の2種だし、かなりお得だと思います。

2018-05-04 12.15.20
Cランチの一品料理は、博多地鶏のグリル。プレートもガシッと見栄えがするええのを使ってはります。シェフ頑張ってるなあ。
 

DSC03436
5種類から選べるパスタその1は、いわしと白葱のスパゲティ・アンチョビ風味。途中からチェンジしたワインと一緒にウマウマ。

DSC03440
その2は、海老とじゃがいものスパゲティ・バジル風味。ブリっとした海老がたっぷり入っていて、これまたかなりなお得感あり。
これ以外のパスタは、トマトソース系2種と鶏レバーのラグーソースリングイネ。ここのラグーもおいしいのよね〜
 

DSC03441
Cランチのデザート3種盛りは、ガトーショコラ・ティラミス・木の実のタルトを選択。

DSC03445
Aランチに300円プラスしたプチデザートは、洋梨のシャルロットを。この他、イチゴムースのロールケーキ・かぼちゃのプリンもあり。デザートも全部シェフ(と時々娘さんも)が作ってるんだから、ほんとに大したもんです。料理が好きだからこそここまでできるんですなあ。
 

DSC03451
シェフの話によると、飲食業界は色々厳しいんだとか。もともと頑張る人がますます頑張っているのに、こんなにもブランクをあけてしまって、なんだか申し訳ない気分になってしまうほどでした。でも、時は経ってもシェフの凝り凝り料理は相変わらずおいしく、やっぱりペルドマーニはいいなあと再認識しました。自宅から遠くなったのは残念だけど、これからも応援し続けます。

{お店データ}
住所:神戸市中央区中山手通1-24-4 B1F
電話:078-231-0454
営業時間:11時半~13時半(L.O.) 17時半~22時半(L.O.)
定休日:不定休