酷暑の京都旅(3)〜「乙羽」で京風寿司(新京極)

R0001883
2日目はホテルの朝食をたっぷり食べたので、お昼ご飯は控えめでした。18時を過ぎて神戸に戻る前に、なんか食べて帰りたいなあと選んだのが、こちらの「乙羽」。たまに京風というか、関西風の箱寿司が食べてくなるんです。こちらのお店はず〜っとず〜っと前からあるはずと思っていたら、それもそのはず創業明治35年の老舗でした。
 

R0001872

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

18時過ぎにお店に入ったら、先客はおらず。でもその後はぽつぽつとですがお客さんが次々入って来られました。特徴的なのは、日本人客は僕らだけで、それ以外は全部海外からの観光客だったこと。新京極を四条から入ってすぐの立地の寿司屋ってことで、ベタだからなんでしょうかねえ。
有名な蒸し寿司は冬場だけ(実はまだ食べたことがないんです)。メニューは握り・巻・ちらし・箱とその組み合わせで、バリエーション豊富なんだけど、ネーミングが雅(みやび)なもんでどんなものなのかがわかりにくいw お店の人に尋ねたら、もちろん親切に教えてくれました。ちなみに外人さん向けには英語メニューが用意されています。
 

R0001876
注文して程なく登場、こちらは大原(箱寿司+鯖寿司・1350円)。

R0001879
こちらは京風(箱寿司+鯖寿司+巻き寿司・1360円)で、どちらもボリュームたっぷり。なかなか興味深い値段設定やなあと思いつついただきますと、シャリはやや甘めな感じですが、この手のお寿司としては標準的かなと。有名な「いづう」だと倍以上の価格ですが、そこまで気合いを入れず気楽に食べたい時には、場所が便利・店内落ち着いた雰囲気・昼から夜まで通し営業なので、いい選択肢の一つだと思います。何よりも、この地で100年以上も商いをなさっているのが信頼の証。冬になったら蒸し寿司食べに来ないといけませんな。

{お店データ}
住所:京都市中京区新京極通四条上ル中之町565
電話:075-221-2412
営業時間:11時~21時
定休日:月曜