「麺類」カテゴリーアーカイブ

神起(JR神戸駅山側)

20140114神起
某日、つけ麺が食べたくなって「」に行ったら麺切れ。辺りをうろついていたら目についたのがこちら「神起」。向かい側にもラーメン屋はあったけれど、なんとなくこっちを選択しました。

20140114神起
最近は外でラーメン食べるとそれなりの値段なのであんまり食べないから全然詳しくないんですが、後で調べたら基本のラーメンは鶏ガラトンコツ・山盛り野菜・自家製超太麺だそうで、味噌やとんこつ醤油もあり。

20140114神起
この日は軽めにしたい気分だったので、麺は少なめでお願いしました。その代わり味玉子がつくのも魅力的だったし。

20140114神起
マジックで消してありますが、つけ麺には無料トッピングは出来「ます」。各種増量はちょい増し・増し・増し増しの3段階制で、一瞬野菜増しにしようかと思いましたが、他のお客さんの山盛り状態を見てビビってやめときました。フツーならイっといたんやけどなあ。

20140114神起20140114神起
麺は太くてやや平べったく、つけ麺のスープは魚介系でチャーシュー入り。僕みたいなおっさんはこれくらいの量に留めといた方が無難です。麺がしっかりしてて強めのスープにあってかなり好みに合いました。通常の腹具合なら、麺の量を普通にして野菜ちょい増しくらいが僕にはいい感じだろうと思います。他のサイトで色々拝見したところ、ここでつけ麺じゃなくってラーメン食べるのは、個人的にはやめといた方が良さそう。もう若くないんだから、食べたとしても増量なしのノーマルかなあ。なんかちょっと寂しいですが…

{お店データ}
住所:神戸市中央区相生町4-2-24 電話:078-351-6510
営業時間:11時半~14時(土日は15時まで)、17時半~22時45分
定休日:なし


初体験もありしっぽくツアー(2)〜讃岐うどん巡礼2014-5

◎三軒目:岡製麺所

20141219しっぽくツアー
myblackmamaさんが初めてここでしっぽくを食べた時、あまりのうまさに涙を流したという岡製麺所には、僕はこれが4度目。山ん中のキツいカーブの坂道にあるお店には、お昼ちょい前ということもあり続々とお客さんがやってきてました。

20141219しっぽくツアー
テーブルの上には市販の一味・七味以外に、輪切りの唐辛子と手作りの激辛唐辛子が置いてあります。うどん巡りの途中に立ち寄る産直市でも唐辛子をよく見かけるんですが、瀬戸内の気候が栽培に適しているんだそうです。

20141219しっぽくツアー
前の2つに比べてワイルドさを感じるしっぽくは、麺がやや太めで出汁も濃く豆腐も入り。写真を撮った後、卓上の激辛唐辛子を恐る恐る振りかけてみたところ、確かに辛いけれどこりゃうまい。面も具も出汁も力強いから、それに負けないくらいの辛さのほうが合うんですね。今まで僕が食べた中で、やっぱりここのは力強い系しっぽくの雄ですなあ。

◎四軒目:松岡

20141219しっぽくツアー
松岡にはこれで6回目、大根がおいしくなる12月1日から始まって2月末までのしっぽくは3回目。どうでもいいことですが、数年前に替わった現在の暖簾より、以前のシンプルなのれんのほうが松岡らしく感じるなあと今さらながらの感想。

20141219しっぽくツアー
6年前に初めて来た時と比べてメニューは変わらず、値段は20円上がっただけ。他店に比べてよう頑張ってはるなあと。これも今さらながら。

20141219しっぽくツアー
しかーし、僕的には変化を求めて小さな冒険をしました。何かと言えば、うどん巡りを始めて以来いつかやってみたかった「うどん巡りの最中にそば」を初めて実行!(…これがエントリタイトル「初体験もあり」の中味です…)
大したことないやんって思われるかも知れないですが、県外からわざわざうどん食べに来てて、(悪い噂によると)うどんにそば粉混ぜた黒いうどんみたいなそば食べるのってけっこう勇気?要るんですよ。でも地元の方がちょくちょくそば食べてるのも見かけるし、どんなのかすごく興味があったんですよ。愛読してるメタボさんのエントリでこういうのを目にしたのも大きな決め手でした。
  参考:君は松岡の蕎麦を食べた事があるか!:{^L^}が食べたもん
感想としては…「○(マル)」。大いにアリで僕はけっこう好きです、こういうの。一般的なそば屋のそばとは全然違いますが、うどんと比べてどっちがどうというもんではなく、次に松岡に来たらうどんかそばか迷うかも知れない、でも他の店でそば食べてみる気になるかどうかはわからない、ってところでしょうか。

◎五軒目:よしや

20141219しっぽくツアー
しっぽく4杯食べてけっこうお腹は膨らんでいるはずだけど、この日はみんな少し余裕があって〆にもう一杯と言うことで意見がまとまりました。時間が遅くなると選択肢もが狭まる中、時間ぎりぎりながらもう既においしいことはわかりきってる「よしや」を選択。

20141219しっぽくツアー
ここにもしっぽくはあるんだけど、さすがにそれはボリューム的にちょっとキツいってのもあるし、最後は冷たい麺で〆たいって気分でした。

20141219しっぽくツアー
ということで、ここで一番好きなメニュー・ひやかけ。閉店間際といえども、麺がちゃんとしてるのはさすが。そしていつもどおりここのひやかけだしは抜群。ズルズルッと気分良く一気に平らげて、今回のツアー無事終了。やっぱここのひやかけはうまい。

1ヶ月前のうどんツアーのエントリ書いてると、また行きたくなってきました。今年は何回行けるかなあ。


初体験もありしっぽくツアー(1)〜讃岐うどん巡礼2014-5

もう1ヶ月が経ってしまいましたが、myblackmamaさんえて吉さんの3人で行って来たほぼ毎冬恒例のしっぽくツアーネタをあげておきます。

◎一軒目:ぽんぽん

20141219しっぽくツアー
一度閉店しながらも3ヶ月後には新しい店主で再開したそうで、3人とも初訪問。県外者からすると「こんなとこまで誰が食べに来るねん」と思わざるを得ない場所ですが、周辺で働いてらっしゃる皆さんにとってかなり必要度が高い立地のようです。

20141219しっぽくツアー
店内は結構広く、リニューアル間もないこともあるのかピカピカ。朝7時半からの営業なので、僕らが到着した10時半頃には各種天ぷらも揃ってました。すごくそそられたんだけど、今日のテーマはしっぽくなので泣く泣くガマン。

20141219しっぽくツアー
野菜てんこ盛りで肉気はなし?、だしは少し甘めに感じたのでこの後一味を振りかけました。あっさりしてるので冬の間何度も食べても食べ飽きない感じ。この日の一杯目だったこともあり、お腹に染み渡りました。またしっぽく以外のうどんも食べに来たいなあ。

◎二軒目:村上

20141219しっぽくツアー
当初の予定には入っていなかったけれど、そういや前回初めて来た時メニューにしっぽくがあったことをえて吉さんが思い出し、急遽予定変更。煙突がイイ味出してるひなびた雰囲気の外観ですが、実はけっこう都会なゾーンにあるんです。

20141219しっぽくツアー
店の入口を入ってすぐに注文カウンターがあるので、何食べようか考えてる暇はありません。でも今回は初めから決まってるので、迷うことなし。カウンター横のでっかい鍋から、しっぽくの具と出汁を目の前で注いでくれます。

20141219しっぽくツアー
いい意味で、フツーのしっぽく。前回も書いたように「よそ者が地元の方に混ぜてもらって食べさせてもらってる感」とこのフツーさが相まって、余計に香川で食べてる実感が増すような気がしました。もちろんうどんもおいしく、ナイスな予定変更でした。いいなあこの店。


博多で「大砲ラーメン」(福岡市)

20141014八ちゃんラーメン
今回福岡で泊まったホテルは西鉄薬院駅の近くだったので、愛する「八ちゃんラーメン」へも徒歩圏内でした。この店、かつてしょっちゅう福岡に出張に行ってた頃に地元の人に教えてもらい、その強烈なスープの濃さと麺のマッチングに驚愕してハマって以来20年以上経ちますかねえ。
今はあまり福岡に行く機会がない上に、日曜水曜祝日休み・21時半開店なもんで、もう何年も食べてないんです。水月で水炊き食べた後確認しに行ったら、まさに営業中。ものすごく食べたかったけど、さすがに水炊きの後では無理っす… まあ、ちゃんと営業してくれてることを確認できただけでもヨシとしなければ。

20141005大砲ラーメン
とはいえ、せっかく博多に来たんだからラーメン食べて帰りたい。八ちゃんをあきらめた翌日太宰府まで行き、新幹線に乗るまでの間でどこかいいところがないかと検索した結果、西鉄の駅からも近かったし、チェーン店ながらも九州にしか店舗がないということもあり、大砲ラーメン天神今泉店に行ってみることにしました。

20141005大砲ラーメン
厳密な違いはよく知りませんが、ここは久留米ラーメン。僕の中の印象としてはスープ濃厚なイメージがあります。八ちゃんのが好きになって以来、少々濃い豚骨スープのを食べても物足らなく感じてしまうので、ここなら比較的濃そうと思ったんです。ノーマルと「昔」の2タイプあって、それらを食べ比べするセットメニューもありました。(ということに後で気づいたんですけど)

20141005大砲ラーメン
お店に入ったのが14時頃だったので、お客さんはパラパラでしたが、この後何故か続々と入店。こういっちゃなんですが、僕らってけっこう客を呼ぶんですよ(笑)

20141005大砲ラーメン
僕は昔ラーメンをカタメンで。ノーマルとの違いは、チャーシューがモモ→バラであることと、シナチクと通称・カリカリ(豚脂の揚玉)が入ってることのようです。麺は細めストレート、スープはガツンと来る濃いめ。替え玉したかったけど、そうすると薄めに感じてしまいそうだったのでやめときました。
ラーメンってすごく幅が広くて、食べる側の好みによって評価がすごく分かれると思うんですが、豚骨好きな僕的にはかなり好みだったです。これで650円なら、生活圏にあればちょくちょく行ってしまうんじゃないかと思います。「虎と龍」なら手近に何店かあるんだけど、どこかに濃〜い豚骨ラーメンがないもんですかねえ。関西圏では難しいかなあ。


味沢(神戸・和田岬)

20141202味沢
諸事情により、最近和田岬がマイブームになっております。このゾーンにはいい店がいっぱいあるんですが、その中でもすごく好きなのがここ「味沢(みさわ)」。この店の醍醐味は、近所の三菱系の社員さんでごった返す昼時にあるのではないでしょうか。もっとも、その他の時間でもごった返すのかも知れないし、並んで食べるのは嫌いなんだけどw

20141202味沢
早朝から夜まで開いてる立ち食いオンリーのうどん店。おにぎりやいなり寿司なんかも置いてる・種類豊富な天ぷらを自由に選べる・ともかく安い早い。以前にも書きましたが、すごく香川のうどん屋さんチックなんですよねえ。

20141202味沢
前回も前々回も選択した「ぼっかけうどん」はすごくおいしいんだけど、煮汁がうどん出汁に混ざるので、今度来たらかけ(240円)にしたいと思っていました。お供を何にしようかとカウンターの天ぷらマウンテンを物色、デカくて長いのを「ゲソですか?」って大将に聞いたら「それ、穴子」との答えに、おおそりゃいいわと即決で穴子天(110円)をトッピング。
ぼっかけの時に感じたとおり、やはりここのうどん出汁は僕好み。なんちゅうんですかねえ、すごく飽きないだしなんですよ。腰が強いわけでもないうどんは、いい意味でフツー。迫力の穴子天はコストパフォーマンスがすごく高いです。天ぷらの油が染み出たつゆをすすりつつ、うどんをずるずるであっという間に完食。自分の生活圏にこの手のうどん屋があるってのは、すごくありがたいことではないかなあと思いました。これから寒くなっての朝うどんもいいだろうし、カレーうどんも興味あるしで、また是非来なければ。

{お店データ}
住所:神戸市兵庫区和田宮通5-1-10 電話:078-651-9639
営業時間:月~金5時半~20時 土・祝5時半~13時
定休日:日曜