「丼物」カテゴリーアーカイブ

「酒仙房 金生」でプチ宴会(大阪・千鳥橋)

IMG_8479
都道府県をまたいでの移動もOKとなったのでぼちぼちええやろということで、*あきこさん*・こばやしさん・だいこんさん・えて吉さん・僕の5人で、何ヶ月ぶりかで集まって宴会をすることになりました。場所は「酒仙房 金生」。ここって一品の量が多いので何人か集まりたい、でもちゃんと予約しとかないと入れないかもなお店なんです。
 

IMG_8485

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

一品の量が多いだけでなく、おいしいくてしかも安い。有名なのは、板で出てくるウニといくら丼でしょうか。お酒も種類は少なくても、いいものを安く揃えています。
 

IMG_8481
ちょっと僕が遅刻して、到着した時にはすでにこのお造り盛り合わせがでてきてました。まぐろ・ホタテ貝柱・ぶり・すずき・鯖・キングサーモン・剣先イカ。多分僕は今回が4度目くらいだと思うんですが、ここってこんなにお刺身がおいしかったんやったっけ。ちゃんと寝かして旨味を引き出したお刺身を久しぶりにいただいた気がしました。
 

IMG_8483
こちらカニミソ豆腐は、変な臭みがなく小さくても旨味がぎゅっと詰まって280円、安ぅ〜
 

IMG_8493
お惣菜系のアテは、ポテサラ(230円)・ほうれん草白和え(200円)・タケノコの甘酢漬け(280円)。タケノコって甘酢漬けもできるんですね。
 

IMG_8495
ちゃんと人数分5切れにしてくれている穴子天は、伝助かと思うくらい身が厚くて、なんと380円の値打ちもの。でかいだけじゃなくって味が濃い。
 

IMG_8497
僕の好物・西京焼は銀だら(580円)。飲み物は最初はみんなビールで、すぐに日本酒にチェンジ。燗は何だか忘れたんだけど、冷やはなんと十四代、続いて多摩川アイスブレーカー。芋焼酎頼んだら「佐藤」しかありませんでした。いずれもすごくリーズナブルでびっくり。
 

IMG_8499
ちょっと舌休め的にトマトの塩麹漬け(180円)。
 

IMG_8488
小皿をもらったら、京都の都をどりの時の団子皿でした。これ、昔うちにもあったんやけどなあ。なんでこれを使ってるのか、お店の人に訊けば良かった。
 

IMG_8501
個人的にこの日一番驚いたのが、この琵琶湖産・天然稚鮎の天ぷら(5尾380円)。だいたい5尾380円ってだけですごいのに、これ全然稚鮎とちゃうやん!ってな立派なサイズ。ほろ苦甘いはらわたの香りがふわっときて、値打ちものでした。ありがたやありがたや〜
 

IMG_8502
肉系もということでステーキを頼もうとしたら売り切れだったので、牛肉レアあぶりたたき風(580円)。
 

IMG_8506
〆のご飯ものはいくら丼(880円)を2つとってワケワケ。ウニは売り切れだったけど、これで〆られたので全然オッケー。

何食べてもおいしいし安いし、お酒もいいし文句なし。人数が揃っていたので色々食べられて余計に良かったです。ちょっと交通の便が悪いところなのでなかなか行けませんが、また何人か揃って行きたいなあ。

[お店データ]
住所:大阪市此花区梅香3-26-11
電話:06-6461-0164
営業時間:[平日]17時~21時[日・祝]~20時
定休日:月曜・第3火曜
 

気が変わって「天丼てんや」に(神戸・垂水)

R0003926
この日は前日から洋食を食べに行こうと思っていたのに、色々調べていたら急に以前一度行った垂水の「天丼てんや」に行きたくなってしまいました。えらい方向転換ですが、ここんとこ家から西方向にあまり行ってなかったし、天丼以外にも食べてみたいものを見つけてしまったもんでねえ、
 

R0003934

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

以前来た時は新規開店して間もなかったのでえらく混み合っていましたが、今回はピークタイムを過ぎていたせいか比較的のんびり。ビールを飲みながらノーマルの天丼+食べてみたかったとあるものにするつもりだったのに、メニュー見てたらこのちょい飲みセットにもちょっと惹かれてしまいました。
 

R0003939
食べてみたかったものは期間限定の「あさりといかと紅生姜のかき揚げ」(180円)。この三つの組み合わせのかき揚げが、無性に魅力的に思えたんです。

R0003940
天つゆも付いてきましたが、ほとんど塩でいただきました。予想通りこの3種の組み合わせはいいんだけど、惜しむらくは紅生姜が少ない。紅生姜の天ぷらファンとしては、他の二つを負かさない程度には効いててもらわねば。もうちょっと高くてもいいから増やして欲しいなあ。
 

R0003949
メインは初志貫徹でノーマルの天丼(500円)、前回来た時は540円だったけど、この5月18日から500円に値下げされたそうです。この価格でネタは海老・いか・きす・かぼちゃ・いんげんとたんまり、つゆは関東風の濃いめで(天丼はこのほうが僕は好み)、ただし甘味が強いので七味を多めに振りかければOK。おいしいしコストパフォーマンスもいいしさすが看板商品って感じで、他のメニューにも目移りするけど、やっぱりここではこれが鉄板だろうと今回も思いました。

いまだに兵庫県はここだけ、大阪府は2店舗のみ。できるだけ個人商店を応援したいと思いつつ、ここだけは近くにできて欲しいなあ。
 

「神戸一」でモーニング?(神戸・JR兵庫駅山側)

IMG_4848
娘が帰ってきた某日、喫茶店でモーニングが食べたいというので近所の「神戸一」へ。

IMG_4849

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

…ところが店内に入ってみたら、何年か前にモーニングはやめてしまったとのこと。営業開始が月〜金10時、土曜11時やもんね。別の店に移動してまで喫茶店モーニングを求めていたわけではないので、いつも通りのメニューから選ぶことにしました。
 

IMG_4858
娘チョイスはハムエッグ定食(650円)。時間的にはブランチでしたが、モーニングらしさを残したかったチョイスだったんでしょうか。しかし朝ご飯としてはボリュームあり過ぎ。

IMG_4840
妻は親子丼(650円)。量的にも内容的にも、ブランチとしてふさわしいかも知れません。(←そうかぁ?) この写真を見るとお味噌汁の具が多いのがよくわかります。

IMG_4846
上記2つのメニューでも充分コストパフォーマンスいいはずなんだけど、サービスランチ600円のお得さが身にしみている僕はこの日の日替りからチキンカツを選択。通常700円のところ月曜木曜だけこの価格なんですよね。一日の始まりをこの食事でスタートするっちゅうのは、量的に内容的にもけっこうきついところもありましたが、美味しく完食させていただきました。まあしかしやはり昼ごはん以降に食べるべきもんですな…
 
{お店データ}
住所:神戸市兵庫区羽坂通4-2-17
電話:078-575-1117
営業時間:月~金:10時〜15時 17時〜20時半
土曜11時~14時半
 

「丸高」で鰻初め(神戸・三宮)

2016-06-06 13.35.45
今年初めての鰻はお馴染みの「丸高」でした。お馴染みとはいうものの、3年半ぶりってマジか?そんなに行ってなかったかなあ。(上の写真は前回の使い回しです)
 

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

使ってる鰻は100%愛知県豊橋産、高騰のおり三宮でこの価格は頑張ってはると思います。余り高くなると客側としては食べに行きにくくなるし、お店としても苦労されていることでしょう。
  


鰻丼を注文して、まずは鰻巻き(1200円)をアテに妻とビールで乾杯。


口直しに紅ショウガをちょこっと。卵焼きだけでも美味しいのに、蒲焼とタレが加わってますますおいしい。(できればうざくも食べたかった…)
 


しばし待って上鰻丼(税込2530円)登場、香りはもちろん、いい焼き色が食欲をそそります。子供の頃からある店なので、蒸しが入った関東風のここの鰻はこれまでで一番食べた回数が多く親しみがあります。今更ながら気づいたのですが、僕が鰻好きになったのはこの店のおかげかもしれないなあ。今年もおいしく鰻が食べられますように。
 

青春18きっぷで1泊2日広島の旅(3)〜夜は「酒菜 竹のした」

R0002182
広島行きが決まって最初にしたことは、7年前に行ってすごく気に入った「むろか」の予約を取ることでした。ところが満席でアウト。しょうがないので色々調べた結果見つけたのが「竹のした」。

R0002183
しょうがないとは失礼で、こちらもなかなか予約が取りにくいお店らしく、当日行ってみたらすでに満席でした。

R0002184
お店は階段を上がった二階。ちょっと割烹っぽい雰囲気も漂うエントランスでしたが、お店に入ったら「センスのいいカジュアル居酒屋」的な感じでした。
 

竹の下

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

こちらドリンクメニュー。日本酒は、地元広島のお酒中心に揃えられています。

R0002189R0002191
一方食べ物メニューは、手書きの日替わりのみ。季節ごとの定番とかがあるのかもしれませんが、定番を持たないというポリシーがいいですねえ。
 

R0002196
まずはビール。お通しは、バイ貝の煮付け・シャコと胡瓜の酢の物、どちらも瀬戸内を感じさせてくれます。

R0002199
刺身盛り合わせは、いか・かんぱち・鮪・鯛・甘エビ・水蛸、こちらの料理は基本的に2人前として提供されます。メニューには1800円からと記載されているのでいくらかはわかりませんが、質・量からするとかなりリーズナブル。6種のうちでは水蛸の吸盤が珍しく、楽しい味わいでした。
 

R0002203
続いては、この組み合わせにある想い出があるもんで雲丹ホウレン草(1400円)を選んだんですが、今調べたら「ウニホウレン」と呼ばれている広島のご当地グルメだったんですね。知らんかった〜そうだったのか〜 普段はセーブしている日本酒を解禁、広島のお酒をこの日は何種かいただきました。
 

R0002205
野菜が欲しかったので、季節野菜の冷し鉢(880円)というのを頼んでみたら、大振りな鉢に入った野菜の炊き合わせが出てきました。トマト・玉ねぎ・じゃがいも・アスパラ・とうもろこし・かぼちゃ・レンコン・しいたけと、とくに珍しくない素材ばかりなんだけど、それぞれの歯応えを残しつつちゃんとしただしの味がしゅんでいて、妻も僕もこれが今回の一番。中身も器も適度に冷やされていて気遣いも感じられ、こういう地味だけど手間がかかってる料理がおいしいと、ここを選んで良かったなって気分にさせてくれましたね。
 

R0002210
続いての地鱧と胡麻豆腐の揚げ出し(980円)は、コストパフォーマンスがいい、おいしい、そしてあっという間になくなる。

R0002214
〆のご飯ものに煮穴子めし(1400円)を頼んだら、想像を超えるえらくたっぷりなのが出てきました。トロトロの煮穴子だらけでご飯が見えず、もともと穴子とか鰻とか好きなもんでこりゃたまりませんです。小食だったらこれだけで充分やないかと思うほどの満足度、焼きもいいけど煮穴子もいいもんやなあと改めて思いました。

どれをとっても手間がかかっていてリーズナブルでおいしいくて、さすが予約が取りにくいお店だけのことはあります。難を言うなら、2人だとこれくらいしか食べられないことw まだまだ食べてみたいものが一杯あったので、できれば4人ぐらいでまた来てみたいなあ。

{お店データ}
住所:広島市中区立町3-23-2 アップビル 2F
電話:082-247-1986
営業時間:17時半~23時
定休日:日曜・祝日