「中華飯類」カテゴリーアーカイブ

やはりいい店だった「楽関記」(神戸・元町)

2018-02-25 14.45.04-2
昨年6月にオープンした時からいい店オーラを放ちまくっていた「楽関記」、ずっと行く機会を狙っていたのですが、年が明けてランチを始めたことを知り、やっと妻と二人で行くことが出来ました。
 

2018-02-25 13.56.13
ランチはセット4種・定食・コースの計6種類。250円追加でここのウリである小籠包3個を付けることが出来ます。
 

2018-02-25 14.00.05
各種ソフトドリンク・アルコール類に加え、中国茶もあり。赤星置いてる店はいいお店。
 

2018-02-25 14.07.34
僕が選んだランチセットは小皿前菜3種・ご飯か麺・本日のスープで、これにもちろん小籠包を追加しました。まず小皿前菜は、ピリ辛もやし・キクラゲとクコの実の冷製・生ザーサイ、これが出てきた時に、あ、ここはアタリと思いました。どれもいい意味で洒落ていてアテになる。っていうか、これでアルコール抜きは考えられないッス。特に生ザーサイうまし。

2018-02-25 14.08.04
妻はお魚定食を選択、小皿前菜4種・天然魚の清蒸・ご飯・本日のスープ・生ザーサイ、これに小籠包を追加。こちらの前菜は上段はもやしとキクラゲ、下段は蒸し鶏・鹵水叉焼(ロスイチャーシュー)。鹵水料理って名前は聞いたことありましたが、食べるのは初めてでした。
 

2018-02-25 14.11.57
本日のスープは、玉子とレタス。このスープを含めいずれの料理も素材を活かした薄味で、妻も僕も好みな路線です。

2018-02-25 14.21.14
追加の小籠包は、なんちゅうか一言で言えば、すごくちゃんとした小籠包でした。一つ目はレンゲに乗せてそのままで、二つ目は黒酢を少しかけていただきましたが、結論としては何も足さずにここままが一番。一人三個じゃ全然物足りませんw
 

2018-02-25 14.23.59
お魚定食の清蒸、魚の種類は聞き漏らしました。ちゃんと一皿ずつ蒸し器で蒸して出してくるのが、当たり前っちゃあ当たり前なんだけど、ランチでこの価格でそれをきっちりやるのが好印象。
 

2018-02-25 14.26.35
ランチセットの麺orご飯は鹵肉飯(ルーローファン)を選びました。いい意味でイメージしてたのとは違って、豚肉の角切りがゴロゴロ。ミンチや薄切りじゃなくて角切りならではの豚肉の旨味と醤油ベースのタレ、アクセントの白髪葱と香菜、それらがご飯と一緒くたになって、かなりハイレベルな載っけご飯、ウメ〜!
 

2018-02-25 14.34.22
どれもこれも出てくるなりがっついて、それに加えて’前菜に出てきておいしかった生ザーサイを単品で追加してしまいました。
 

2018-02-25 14.44.46
お店の夜メニューを見てみると、ランチメニューはそのダイジェスト版というかプロモーション版というか、「昼で試して是非夜も来て!」ってメッセージが感じられます。まんまとそのとおりハマったというか、予想どおりというか、これは日を改めて是非夜にも来ねばなりません!

{お店データ}
住所:神戸市中央区北長狭通3-6-5
電話:078-334-7172
営業時間:11時半~15時 17時半~22時
定休日:火曜
 


京鼎樓(ジンディンロウ)ミント神戸店(神戸・三宮)

2017-12-18 13.55.56
ミント神戸で妻と映画を見終わって14時頃。腹ペコだったのですぐになんか食べたくって、下の階の初めての「京鼎樓」へ。基本的に東京資本の中華のお店に入ることはほとんどないんだけど、背に腹は変えられず。本店は恵比寿そのルーツは台北だそうで。
 

2017-12-18 14.20.26
同じものを頼んでも面白くないので、セットを2種類取って半分こ。まずは小籠包3個と杏仁豆腐付きで1500円の海鮮五目焼きそばセットを。神戸では豚饅はあちこち店があるけど、小籠包はそれほどないので久しぶりな感じ。まあごくフツーってとこでしょうか。
 
2017-12-18 14.29.45
セット価格からすると、この海鮮焼きそばは、アンの味付けはやや濃いめながら具だくさんでなかなかお値打ちでした。キクラゲがでっかくてたっぷり。
 
2017-12-18 14.45.32
この杏仁豆腐は、この後のセットにも登場。可もなく不可もなく。
 

 
yamutya
もう1種のランチセットは、関西地区限定・桃花ランチコース(1980円)。コストパフォーマンスに厳しい関西人対策?商品なのでしょうか、けっこうお得でした。上の写真は前菜2種(蒸し鶏・茹で海老)・江戸菜炒め生姜風味・特製焼売2種(肉・トマト)・フカヒレスープ。
 
2017-12-18 14.20.31
小籠包は3個で、ノーマル・烏龍・辛辣の3種。それぞれ味が違ってて面白いんだけど、個人的にはノーマルが好みでした。
 
2017-12-18 14.34.05
山査子(サンザシ)風味の黒酢酢豚。黒酢の酢豚ってもともと好きなんだけど、そこに初めてのサンザシ風味(フルーティーというか花っぽいというか)が加えられて、面白い一皿でした。コースなので量少なめだったけど、これはもうちょっとしっかりしたボリュームで食べてみたかったです。
 
2017-12-18 14.34.20
〆は蟹肉とカリカリ干し貝柱入り中華粥。味付けハッキリ目のおかゆに、細く切られたカリカリ干し貝柱トッピングでけっこうリッチな中華粥でした。〆ならもっとあっさり目の方がイイかもしれませんが、個人的にはこれはこれでアリ。

東京本店だからか全体的に濃いめの味付けに感じましたが、思ってたよりはリーズナブルで、小籠包ウリの店というよりは「それもある中華の店」って感じでした。今度は小籠包・焼売・蒸し餃子オンリーで攻めてみようかなあ。

{お店データ}
住所:神戸市中央区雲井通7-1-1 ミント神戸 7F
電話:078-414-8622
営業時間:11時〜23時
定休日:ミント神戸の営業日に準ずる
 


空腹に耐えかねて天一軒(神戸・三宮)

2017-04-23 21.18.35
予想以上に仕事が長引いてしまい、家に帰って晩ご飯を食べるつもりがそこまで保たず三宮で途中下車。一杯やるというよりはとにかく手っ取り早くガツガツ食べたかったので、駅から近い「天一軒」に飛び込みました。

2017-04-23 21.02.59

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

中華だったら注文してから時間かからずに出て来ますしね。何にしようかなというか、店に入る前に自分の中で選択肢は2,3に絞られていました。

2017-04-23 21.05.08
店に入ってから3分ほどで出てきた焼きそば(650円)、麺は平打ち、具は豚肉・海老・白菜、塩味ベースのあっさり目。こちらのお店、なんとなくギトッとした料理が出てきそうなイメージがあるんだけど、前回食べたラーメンも然り、シンプルであっさりしてます。空きっ腹にいきなりドカンと来るのは重いので、こんな感じのがちょうどの気分。我ながらいい選択でした。


ラーメンが食べたくて「マルシン」へ(神戸・新開地)

2017-03-29 21.30.53
三宮で軽く飲んだ後ラーメンが食べたくなったのだけれど、ここも気分やないこれも違うとどんどん西に進んだ結果、新開地まで歩いて「マルシン」に出くわしました。そうか、ここならいいかも。

2017-03-29 21.31.07
こちらのお店にはなんと10年ぶり。家からも近いのでいつでも行けるわと思ってたら、こんなに間があいてしまいました。日替わりの激安定食は相変わらずやなあと思ったら、10年前に比べてほぼ据え置き、値段が変わったものはなんと値下がりしていたのには驚きました。安いのはありがたいんだけど、無理して欲しくないなあ。

2017-03-29 21.14.34

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

神戸ではちょこちょこ見かける中華も洋食も食べられるスタイル。店の規模の割りにはメニュー数が多く、定食・セットものがかなりお得感あります。

2017-03-29 21.19.03
中華そば350円。醤油味の透明スープに焼豚・ゆで卵・もやし・葱の、必要にして充分なごくフツーなラーメン。

2017-03-29 21.19.35
中細ストレートの麺をズルズルッ。こういうシンプルなのを求めてたので、気分にぴったり。これが350円とはなんだか申し訳ないような気がします。我ながらいい選択やったなあ。

この日はラーメン気分だったけれど、メニュー見てたらカレーとかオムライスとかワンタンとのセットものとか、激しく食べたくなりました。日替わり定食も魅力だしなあ、とにかく近いうちに再訪します。

{お店データ}
電話:078-575-5894
住所:神戸市中央区相生町5-14-14
営業時間:10時半~22時
定休日:第1・3日曜


姉兄と「いち」(神戸・JR兵庫駅南側)

姉兄とヤボ用の後、立呑厨房「いち」に行くことになりました。兄は何度目か、姉は初めて、っちゅうか立ち飲み(喰い)の店自体が初体験。以前から行ってみたかったらしく、ボディガード二人付きでちょうど良かったようです。

いち1
とりあえずメニュー選びは僕の担当。まずはおつまみパクチーサラダ(290円)・蒸し鶏よだれソース(320円)・本格中華のエビマヨ(320円)・汁なし水餃子四川ダレ(290円)。個人的にはここで水餃子は多分初めて。手作りの皮なんでしょう、とてももっちりしていました。

2017-03-27 18.17.36
ひね鶏もも一枚ジャンキースパイシー焼(590円)はボリュームたっぷり、ひね鶏ならではの噛みごたえ・旨味あり。以前食べた「豚ナンコツ塩ペッパー網焼き」もとても良かったので、焼き物は今後特に注目しないといかんなあと思いました。

2017-03-27 18.21.39
姉兄は大丈夫かなと思いつつ、ノーマルのほうじゃなくって激辛四川麻婆豆腐(320円)を選んでみたら、割と平気な顔で食べてました。いい年してるのに達者やなあ。

2017-03-27 18.31.26
以前食べておいしかった焦がしラー油 台湾ミンチあえそばをリピートしたかったんだけど、食べたことないのにトライということで、四川香味揚げネギがけ中華焼そば(380円)にしました。ちょっと塩味強めながら、揚げネギが香ばしくこれもよし。毎度ながら思うに、立ち飲みでこんな料理がこんな値段でよく出てくるもんやなあと。

2017-03-27 18.47.18
兄がオーダーしたガーリックねぎマヨおつまみピザ(300円)のドゥは、春巻きの皮の応用じゃないでしょうか。パリッとクリスピーで軽めで、まさにおつまみ感覚でした。

いち2
ラストスパートは、中華鍋で作るふわふわ玉子焼(290円)・姉オーダーのなすびとオクラのサクサク衣揚げ(290円)・エビとトロトロ玉子のチリソース(320円)・中華味茎わかめ(190円)。茎わかめが不思議に好評でした。

2017-03-27 19.14.36
そして〆は隠れメニューの炒飯(値段不明)で、全部で13品。一皿のボリュームが少なめなので、人数揃うとかなりな品数がこなせます。もちろん少なめなだけじゃなくって、3人ともよく食べるからなんだけどw
一人あたりドリンク2〜3杯ずつ飲んで、3人分総計6000円強。相変わらず何食べてもおいしくて、初めての姉も気に入ってくれたようです。また友だちとも行ってみてね。