早春しっぽくツアー(2)〜讃岐うどん巡礼2017-1

◎三軒目:岡製麺所
20170224しっぽく
冬場に香川に来たらどのうどん屋さんでもしっぽくが食べられるわけではなく、むしろしっぽくやってるのは5割にも満たないんじゃあないでしょうか。だもんで、しっぽく縛りの時は未訪店を探すのに苦労したりするんですが、その一方はずすわけにはいかない店もあって、この岡製麺所もその一つ。僕は今回で6回目、うち5回がしっぽくという特化パターン。

20170224しっぽく

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

お店に着いたのが12時過ぎなのでメチャ混んでるんやないかと心配したものの、すんなり入店できたかと思いきや。その後続々とお客さんが入ってきました。大将は不在、相変わらず5人ほどの女性陣のチームワーク良し。ネギ全面とかネギ半面なんてトッピングメニューあったっけ。

20170224しっぽく
2シーズンほど前からしっぽく「うどん」じゃなくって「そば」も食べてみようとしてるんで、ここで注文したら「そばはやめたんです」との意外なお答え。えー、以前は看板に「冬期そば」って書いてあったのに〜と思ったものの、帰りに確認したら確かにそばの文字はなくなっていました(最初の写真参照)。ということで自動的にしっぽくうどん(420円)。里芋がゴロンゴロン入ってたりして、僕が経験した中ではここのしっぽくは野趣系の代表格。妙に洗練されてないところが魅力なんですよねえ。やっぱりうまいなあ。

◎四軒目:松岡
20170224しっぽく
結果的にこの日最後の訪問となった松岡は、讃岐うどんファンなら知らぬ人がいない名店。店の前に車を停められるのはありがたいんだけど、空いてるときがないのでなかなかいい写真が撮れないのよね。しかもめっちゃシンプルなのれんが掛かってるフツーの家風だし。(まあそこがいいんだけど)

20170224しっぽく
「大根がうまい時期しか作らない」しっぽくはやはりこの時期必食、今年は3月10日までだそうで。ぼくは松岡にはこれで8回目、しっぽくは5回目。おととしにここのしっぽくそばは経験してるので、岡で空振ったとはいえやはりここではうどんが食べたい。できることならフツーにかけも食べたいんだけど。

20170224しっぽく
当然のようにうまいうどんと出汁。なんでこんなに甘いねんな大根。どちらかというとあっさりしてる印象の松岡のしっぽくですが、この日は売り切れリスクがあるほどの12時半と遅めの時間だったので、いつもより味が詰まってたのか、やや濃いめな印象、ってまあそれでもおいしいことにもちろん間違いないです。
松岡にはしっぽく以外をまた食べに来たいなあ。

しっぽくって具が多いので、お腹が膨らむからそんなにたくさん食べられません。無理してもう一軒いけないこともなかったけれど、無理は禁物なので今回はこれにて終了。今回も大満足だったけれど、フツーのうどん巡りもまた行きたくなりました。天ぷらも食べたいしね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.