江戸切り子のグラス

何を思ったのか、珍しく娘から感謝の品を贈りたいとの申し出があり、せっかくなのでありがたく頂戴することにしました。何が欲しいか希望を言って欲しいとのことだったので、予算を訊いた上で熟考。その結果、以前からちょっと欲しかった切子のグラスをプレゼントしてもらうことにしました。
切子のグラスって、たっぷりサイズのロックグラスみたいなのが多い印象なんですが、欲しかったのはそれより小振りでショットグラスとの中間みたいなサイズ。需要がないのかそんな感じのサイズのがなかなかなくって、その上に切子のデザインも気に入ったものとなるともう見つからんのとちゃうかと思ってました。
 

shot cutting glass (Edo-kiriko)

幸い時間的には焦ってなかったので、気が向いた時にあちこち検索していたら、やっと巡り会えたのがこのグラス。容量90ccで一応冷酒杯なんですが、こだわらずほかのお酒にも使っていきたいと思っています。
カッティングがものすごく綺麗で、飲んでなくても手にとって眺めてるだけで楽しめるほど。せっかくのプレゼントなんだから、末永く大事に愛用していきます。どうもありがとう!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.