誕生日プレゼントいただきました

DSC09515
娘達からのプレゼントを備忘録がてらあげときます。左は伏見の日本酒・蒼空(そうくう)・純米吟醸山田錦、元町の熊澤で買ってきてくれたそうです。このところ夜は少し涼しくなってきたので、冷やでいただくのを楽しみに冷蔵庫で待機中。
右は、LAGUIOLEってとこの、スプーンとフォーク。なんでナイフじゃなくってこの組み合わせなのか謎ですが、あえて追求しないでいます。まあ確かにこの2つが稼働率高いしなあ。

DSC09510
毎年誕生日に自分で買いにいってるケーキですが、今年は妙に凝らずに御影高杉にしました。代表作・ショートケーキを始めいくつか買ったんですが、全部が収まった写真を撮るのが難しいので、代表してこの一点のみ。名前なんだったっけ。撮るの難しいなあ。

この年になって何がめでたいねんって気もしますが、ここまで無事歳を重ねて来られたことに感謝しなければいけませんね。まだまだ食べたいもの一杯あるしなあ。


アレが食べたくてグリル一平三宮店へ(神戸・JR三宮駅山側)

20150822グリル一平
この数日前にあるものを食べたんですが、イマイチだったもんでずっと欲求不満状態だったんです。で、それを解消するためにやって来ましたグリル一平三宮店

20150822グリル一平
ちょっと雑な写真で申し訳ありませんが、こちらがメニューの肉料理の部。はは〜ん、こいつ、またビフカツ食べに来たなと思ったあなた、ハズレです。この日の目的は他にあり。

20150822グリル一平
見た目ビフカツとの違いはわかりませんが、今回食べたかったのはチキンカツ。数日前に食べたのは、薄っぺらかったし肉質イマイチだったんですよねえ。でもまあそんな状態でもしょうがない値段のではあったんだけど、とにかくちゃんとしたチキンカツを食べたかったんです。千切りキャベツ・トマト・ポテサラとオーソドックスな付け合わせに、ボリュームたっぷりにド〜ン。そのうえ、かかってるのは例のドミグラスソースだし、文句なし。

20150822グリル一平
予めカットされているので、ご飯をお供にお箸でいただきます。断面こんな感じの厚みたっぷり、胸肉なのであっさり柔らか。ソースは全面にかかってないので、衣のクリスピー感もちゃんと楽しめます。
狙い通り死角なしのチキンカツ。カツそのものもうまいんだけど、やはりここのドミグラスソースは抜群です。ボリューム的にもしっかりなこのカツにこのソースがかかってて、この付け合わせにご飯付き、しかもJR三宮駅改札から徒歩3分、これが1000円ポッキリで食べられるっちゅうのは、すごいコストパフォーマンスだと思います。予想通り欲求不満は一気に解消。確実に計算できる店があるってことはありがたいことですねえ。

今回のチキンカツにはもちろん大満足だったんですが、改めて思ったのはここのデミグラスのおいしさ、そしてこのソースに一番合うのはやっぱりビフカツやなあと。ん〜またビフカツ食べに来なあかんようになってしもたなあ。

{お店データ)
電話:078-252-2527 住所:神戸市中央区琴ノ緒町5-5-26
営業時間:11時~15時、17時~21時 定休日:水曜・ 第三火曜


酢豚モードで噂の「餃子の王将」へ(神戸・御影)

20150815御影王将
予定外に仕事の終わりが遅くなってしまい腹ペコで家まで保たんのが確定な上、突然「酢豚食べたいモード」に入ってしまった某日、帰り道のどこで食べようかと思案してたら、そうや、他店とはひと味違うと噂の「餃子の王将御影店」に寄ってみようと思いつきました。

20150815御影王将
土曜の夜とは言え、21時近くの店内はほぼ満員、かつ持ち帰り待ちの列が絶えずで商売繁盛。一人だったので当然カウンター席へ座ったところ、事前情報どおり隣との距離があまりなく窮屈。かつ、椅子が動かないよう固定されているのでちょっと食べにくかったっす。せめて前後だけでも動ければなあ。

20150815御影王将
当然飲みモードだったので定食類はパスして、単品酢豚で迷いなし。王将だから当たり前と言えばそれまでですが、酢豚単品540円はやっぱり安いなあ。あと、珍しくも僕の好きな豚天があるのも嬉しい。今度来たらそれにしようっと。

20150815御影王将
ビール飲みながら待ってると、待望の酢豚登場。写真の一番上の方に見えるとおり、キュウリが入ってるのが珍しい。それ以外はなんちゅうか(悪い意味ではなく)フツーの酢豚、ただしコストパフォーマンス高いです。突然の酢豚モードを540円で癒してくれてありがたや。

20150815御影王将
王将に来たなら餃子を食わねばなりません。こっちを先に食べたかったんだけどあとで出てきたのがちょっと残念でしたが、これはうまかった。バリッといい感じの堅さに皮が焼けていて、アンもなんか知らんが他店よりいいような気がする。こちらの店では神戸らしく味噌ダレがあるので、それにラー油を足していただきましたが、回りの皆さんは酢醤油ラー油使用率が高いようでした。

隣のお客さんが食べていた炒飯が旨そうだったので思わず追加しかけましたが、時間が時間なのでなんとかガマンしました。次回は餃子・豚天・炒飯に、もちろんビールと行きたいところですな。(食べ過ぎ?)

{お店データ}
住所:神戸市東灘区御影中町1-13-8 電話:078-854-0682
営業時間:11時半~22時 定休日火曜


「いち」で相変わらず(神戸・JR兵庫駅南)

DSC00106

相変わらずではありますが、我が家全員大ファンなご近所中華+α・立呑厨房「いち」に妻と行ってきたので、記録としてサクッとあげておきます。(この写真は以前撮ったのを使い回し)

20140812いち

(こちらの写真も使い回し)まずはメニューにあれば注文率ほぼ100%、サクサク衣のエビ天(320円)でビールを。ぷりっとしたエビはもちろんのこと、さくとプワッとな中華風天ぷら衣が絶妙です。衣だけでももっと食べたいくらい。

20150808いち
さっぱり系の野菜ものが欲しかったので、夏らしく水ナスのネギ塩ポン酢カルパッチョ(290円)。中華がメインのお店とは言え、それ以外のものもなんだかんだ色々楽しませてくれます。

20150808いち
妻リクエストの油淋鶏(330円)。なんか知らんが彼女はこの店に限らず油淋鶏オーダー率高いような気がするなあ。

20150808いち
ポテサラ(260円)。こんな全くフツーのアテもあります。これはこれでうまい。

20150808いち
エビ天以上に、ここではこれを頼まずにはいられない本格四川麻婆豆腐(320円)。これまで何度も書いてますが、麻で辣で熱々でとにかくウマいウマい。本来は辛いのが苦手な妻も何故かここのは大好きで、辛くてしびれるこの本格派がこの値段なんだからほんとに有り難いというかなんちゅうか。一度ご飯にかけて食べたいと思いつつ、まだ果たせていません。

20150808いち
レギュラーメニューがおいしいもんでいつ来てもついついワンパターンになりがちなのを打破すべく、ほんとは〆にねぎチャーハン食べたかった気持ちを、唐辛子中華風焼そば(290円)に注ぎました。店内メニューによると麻婆豆腐が激辛でこれが辛辛なんだけど、こっちのほうが辛かったような気がするなあ。

ビールから初めて途中からはハイボールにスイッチ、量的には2人でこれならけっこう多めだと思います。いつもながらどれも安くておいしくって大満足、でも食べたいものが他にもあってある意味欲求不満。カウンターと2,3人用のテーブル数卓しかないのでなかなか難しいだろうけど、いつか大人数で行って色んなものバンバンオーダーしまくりたいなあってずっと思ってます。実現するには貸し切りしかないかなあ。


北加賀屋で「山長」「おく」をハシゴ(大阪・住之江区)

B級的・大阪グルメ!ブログ」のこばやしさんと「こんなの食べたよ」のえて吉さんからお誘いがあり、滅多に行く機会がない北加賀屋に飲みに行ってきました。地下鉄の北加賀屋駅って、以前ちょっとした仕事の絡みで何度か行ったことがある程度で、もう一駅先の四つ橋線終点・住之江駅近くに競艇場があるって程度の知識しかありません。

◎山長酒店

写真 2015-07-16 17 49 43
目的の店に行く前に、せっかく滅多にこないところまで来たんだからと、北加賀屋の交差点にある「山長酒店」で待ち合わせることになりました。時刻は18時前、店内に入ると一番乗りはえて吉さん、勤め帰りのサラーリーマン風のお客さんでほぼ満席状態でした。

写真 2015-07-16 18 04 21
店内はイスなし、ネタケース周りのカウンター席とお酒を並べる棚?前スペースしかありません。メニューはなく、ネタケース周りはほぼ常連さんっぽい方で占められているので、注文はネターケースを覗きに行くか、周りのお客さんが食べてるものを参考にします。写真はホルモン、書いてないので値段不明。意外と言っては失礼ですが、けっこう本格的?でうまかったです。カウンターの木の黒ずみ具合が店の年期を表してていい感じ。

写真 2015-07-16 18 14 33
ネタケース横のおでん鍋ではいろんなネタが並んでいるので、比較的に注文しやすいです。玉子・ゴボ天・スジのうちではスジが秀逸。さきのホルモンも良かったし、こちら肉類お得意なのかもしれません。

写真 2015-07-16 18 19 47
湯豆腐はサイズでっかく、お得感あり。なんちゅうことないんですが、アテにいいですねえこういうのは。地元常連客度がバリバリ高いお店ですが、生真面目そうなご夫婦が切り盛りされているのでアウェイ感はそれほどでもありませんでした。もし今度来る機会があるなら、魚系希望。

{お店データ}
電話:06-6681-2025 住所:大阪市住之江区北加賀屋5-2-11
営業時間:16時~21時 定休日:日曜・祝日

◎おく

写真 2015-07-16 17 46 07
北加賀屋の交差点から北加賀屋駅付近まで戻って、この日の目的地「おく」へ移動、ここからは**あきこ**さんも参入。デカデカと書いてあるからってだけでなく、全力で大衆酒場オーラ出しまくりの外観ですなあ。

写真 2015-07-16 18 44 48

(エントリ内の写真はクリックで大きくなります)

こちらもカウンター回りは常連さんらしき方々でいっぱい、4人客でもあるし初心者の我々はテーブル席に着きました。席についてすぐ気づくのは、メニューが異様と思えるほど多いこと。満席でも20席強ほどだろうに、壁に貼られたボードには上下2段にびっしり書き込まれています。あと、レンジフードの外側に、誰が貼り付けたのか競艇のボート・ブイ・時計のマグネットが貼ってあるのが、さすが住之江の近くって感じで面白い。

20150416おく

一軒目で軽〜くウォーミングアップしてたし、**あきこ**さんが加わって計4人になったので、各自の希望でガンガンアテ注文してグビグビ飲み。料理写真が多すぎるので、まとめてみました。上の写真にカーソルを合わせると現れる矢印をクリックすると、順に表示されますので是非お試し下さい。
メニューが豊富なのでジャンルも幅広く、和洋中何でも来いで安い。ただしぶっちゃけたまにハズレ臭いのもありますが、こばやしさんから「そういう当たりハズレみたいなのも楽しみの一つ」ってな名言が発せられ、なるほどそれは言えてるなと思いました。

写真 2015-07-16 19 30 15
当たりメニューのうちの一つ、みんなの評価が高かった春雨サラダ(というメニュー名だったと思う)。思ったより量があって、サラダというかどっちかと言えば酢醤油で食べるところてん感覚で、たっぷりの春雨が泳いでる感じ。ハムだか焼豚だかとキュウリも載っかっていて、それぞれアテとして楽しめます。個人的には最近酢の物好きなので、こういうのが途中で挟めると嬉しいっす。

写真 2015-07-16 20 02 20
こちらは玉ヒモの煮たの(だったと思う)。玉ヒモってあんまり見かけないんですよね、でもこういう風に煮たのっておいしいんですよね。確か玉子のところは、**あきこ**さんが嬉々として食べてはったような記憶あり。

安い・うまい・メニュー数多い・駅から近い・気を使わない。やはりオーラのとおりザ・大衆酒場な店でした。まだまだ食べたいもんあったんだけど、全然おっつかんなあこの程度では。

{お店データ}
住所:大阪市住之江区西加賀屋1-1-49
営業時間:14時〜22時 定休日:火曜