加奈井で今年の鰻食べ納め(神戸・板宿)

20141228加奈井
思いがけず姉・兄・妻と、大好きな板宿の「加奈井」にうなぎを食べに行くことになりました。兄はこの店は初めてということもあり、まずは贅沢して白焼き(3900円)を四人でワケワケ。車だったので飲めなかったのが残念ですが、久しぶりの悶絶級旨さを堪能。噛み心地・味わい・香り。やっぱりめちゃくちゃうまいなあ。

20141228加奈井
丼は四人揃って竹(3300円)をば。ここの鰻は松竹梅の順にランクが上がり、松は2500円・梅は3900円で蒲焼きのサイズのみ大きくなっていきます。注文してから4〜50分掛かるので、今回は少し前に電話で注文しておきました。昨今鰻の値段が高騰していますが、前回来た時と値段は変わらず。鰻屋さんだって好んで値段を上げてる訳じゃないので、なんとか価格が安定して(できれば下がって)もらいたいもんです。
ふっくらしてはいても柔らかすぎず・甘味控えめなタレが香ばしく・脂はあくまで上品で甘く・とてつもなく食欲をそそる香り。僕の生活圏で食べられる鰻としては、今んとこダントツ一位の鰻です。以前はご主人が少ししんどそうで心配でしたが、健康診断の結果、体に何処も悪いところはないとのことで、また元気が沸いてきたそうです(笑) 良かった良かった。これからもずっとこの鰻を食べさせて下さいね。

{お店データ}
住所:神戸市須磨区平田町2-2-13 電話:078-731-4055
営業時間:12~13時半、17時~20時半 定休日:水曜・第1第3木曜


博多で「大砲ラーメン」(福岡市)

20141014八ちゃんラーメン
今回福岡で泊まったホテルは西鉄薬院駅の近くだったので、愛する「八ちゃんラーメン」へも徒歩圏内でした。この店、かつてしょっちゅう福岡に出張に行ってた頃に地元の人に教えてもらい、その強烈なスープの濃さと麺のマッチングに驚愕してハマって以来20年以上経ちますかねえ。
今はあまり福岡に行く機会がない上に、日曜水曜祝日休み・21時半開店なもんで、もう何年も食べてないんです。水月で水炊き食べた後確認しに行ったら、まさに営業中。ものすごく食べたかったけど、さすがに水炊きの後では無理っす… まあ、ちゃんと営業してくれてることを確認できただけでもヨシとしなければ。

20141005大砲ラーメン
とはいえ、せっかく博多に来たんだからラーメン食べて帰りたい。八ちゃんをあきらめた翌日太宰府まで行き、新幹線に乗るまでの間でどこかいいところがないかと検索した結果、西鉄の駅からも近かったし、チェーン店ながらも九州にしか店舗がないということもあり、大砲ラーメン天神今泉店に行ってみることにしました。

20141005大砲ラーメン
厳密な違いはよく知りませんが、ここは久留米ラーメン。僕の中の印象としてはスープ濃厚なイメージがあります。八ちゃんのが好きになって以来、少々濃い豚骨スープのを食べても物足らなく感じてしまうので、ここなら比較的濃そうと思ったんです。ノーマルと「昔」の2タイプあって、それらを食べ比べするセットメニューもありました。(ということに後で気づいたんですけど)

20141005大砲ラーメン
お店に入ったのが14時頃だったので、お客さんはパラパラでしたが、この後何故か続々と入店。こういっちゃなんですが、僕らってけっこう客を呼ぶんですよ(笑)

20141005大砲ラーメン
僕は昔ラーメンをカタメンで。ノーマルとの違いは、チャーシューがモモ→バラであることと、シナチクと通称・カリカリ(豚脂の揚玉)が入ってることのようです。麺は細めストレート、スープはガツンと来る濃いめ。替え玉したかったけど、そうすると薄めに感じてしまいそうだったのでやめときました。
ラーメンってすごく幅が広くて、食べる側の好みによって評価がすごく分かれると思うんですが、豚骨好きな僕的にはかなり好みだったです。これで650円なら、生活圏にあればちょくちょく行ってしまうんじゃないかと思います。「虎と龍」なら手近に何店かあるんだけど、どこかに濃〜い豚骨ラーメンがないもんですかねえ。関西圏では難しいかなあ。


博多で水炊き「水月」(福岡市)

20141004水月
写真の出来がイマイチなもんでどうしようか迷ってましたが、年越し前にちゃんとアゲておくことにしました。
10月に妻と一緒に一泊二日で福岡に行って来ました。急遽行くことになったので行き当たりばったりな旅でしたが、博多名物・鶏の水炊きは是非とも食べたかったので、何年ぶりかで大好きな「長野」に電話してみたら、予想通り満席。ならばと色々調べてみて、初めての「水月」に行ってみることにしました。福岡の繁華街・天神から少し南にある「薬院」から少し歩いた住宅街にぽつんとあるお店は、さすが明治38年創業の風格を感じさせるルックスです。

20141004水月
お店のサイトによると
、こちらが博多水炊きの発祥だとか。2階に大広間もありけっこうなキャパですが、一子相伝の味ゆえ支店はないそうです。今回は1階の小あがり席で、予約しておいたのはBコース5700円(税込サ別)、まずはとり皮酢・がめ煮・とり刺し・冷や奴が出てきます。

20141004水月
長野もそうでしたが、席に着いた段階で用意されている鍋の中には、あらかじめ火を通してある骨付き鶏が冷めたスープの中で沈んでいます。この状態から火を入れて、長野では骨付き鶏→ミンチ→野菜と一種類ずつ食べ進んでいったと記憶しています。

20141004水月
一方こちら水月では、鍋が沸いてきたら野菜もミンチ(左側・ピンボケですみません)も適宜加えていくスタイルでした。調理はそれぞれの席につく仲居さんがやって下さるので、こちらはありがたくいただくのみ。

20141004水月
鍋が沸いたら、シンプルだけど奥深いスープのみをいただき、続いて仲居さんがよそってくれた骨付きと野菜をば。身に軽くかぶりつくだけでホロリと骨からはずれるほど火が通っていても、それでもなお滋味豊か。鶏自体のおいしさはもちろん、「水」炊きといいつつ実際は「スープ」炊きなので、身がスープを取り込むんでしょうかね。

20141004水月
続いて、生状態からスプーンで丸めて鍋に入れてくれたミンチ。ふわっとソフトな口当たりの団子を割ると、ミンチそのもの・鶏スープ・ポン酢があわさった旨味が口中破裂〜。そしてそして、骨付きもミンチもうまいんだけど、それ以上においしいのは野菜かも知れません。スープで野菜の自然な甘味が引き出されて、これまたすきっとしたポン酢と絶妙に合うんですねえ。

20141004水月
で、〆は雑炊。ここまででけっこうお腹一杯になってきてますが、これも逃すわけにはいけません。長野で最後に水炊きを食べてからもう何年も経つのであてにならない記憶ですが、水月のほうが全般的にあっさり目で幾分上品なような気がしました。よって、雑炊も軽く、さらっと入って行く感じ。

今回の宿が薬院駅の東側だったので水月までは歩いて行ったんですが、住宅街の真ん中にあるため少しわかりにくく、google map見ながらなんとかたどりつけました。味はもちろんのこと、お店に風情があって僕らみたいな旅行者にとってもわざわざ行く価値あるお店だったと思います。なんといっても(通販以外は)ここでしか食べられないんですからね。
関西でも鶏の水炊きの店はあるんだけど、なんかもひとつピンと来ないのは、現地で食べてる感がないからだけなんでしょうかねえ。

{お店データ}
住所:福岡市中央区平尾3-16-14 電話:092-531-0031
営業時間:17時~22時 定休日:平日の月曜(原則)・年末・年始・お盆


一富士にてあれこれ(大阪・天満)

20141221一富士

<カキ・海老パン>

こないだ久しぶりにやってきたと思ったら、またもやぷるみえさんが関西にやってきた(笑)ので、*あきこ*さん・えて吉さんともども少しの時間ながら大阪で飲むことになりました。時間的にどうなるかわからなかったので、店選びは先発のえて吉さんに任せてたところ、8年前にぷるみえさんと3人で行った天満の一富士にいるとの連絡あり。僕も大好きな店なんで、喜んで駆けつけました。

20141221一富士

<きす・うに小餅>

こちらの店は串カツではなく串焼きがメイン。衣がないので軽いし、一見普通に見えても実際は色々仕込みがこっててすごくおいしいんです。本来は鉄板前でその技を拝見しながら、色んなネタが出来上がるのを見るのが楽しいんですが、今回は4人なので2階のテーブル席。鉄板前で4人横並びだと話しにくし、これはこれでよし。

20141221一富士

<再びカキ・蓮根>

ここでの僕のパターンは、最初適当に10種類ほどおまかせで出してもらって、その後好みで追加します。好き嫌いがないし、何を食べてもおいしいから面倒じゃなくって都合がいいんです。定番メニュー以外に季節ごとのネタがあって、鉄板前だと他のお客さんのオーダー見てるとそれが何かわかるんですが、今回は2階だったので店員さんに尋ねました。上の写真の「カキ」は季節ネタの一つ。いい感じに水分が飛んで旨味が凝縮されたカキに、ここのタレが絡んでいてすこぶるウマし。

20141221一富士

<黒毛A5和牛(だったと思う)>

串に刺してないのもあります。これもメニューにないネタ。以前食べた、春先の、擦り潰したエンドウ豆をホイルで包んで軽く固めて焼いたのもおいしかったなあ。

20141221一富士
串焼き以外にも、お好み焼き・焼きそば・焼き飯なんかもあります。壁にメニューが貼ってあった、城川自然牧場のベーコンステーキは、肉厚で食べ応えあり。えて吉さんはベーコンはあまり好きじゃないそうですが、これはうまかったって言ってました。

20141221一富士

こういう何気ないシンプルに見えるネタも、じんわり奥が深い。玉ネギ焼いただけなのにこんなにおいしいのは、ネタと技術の成せる技でしょうね。

20141221一富士何度か来たことがある僕もこんなメニューがあるとは気づいてなかった「とんこ焼き」で〆。何だろうと思ったら、分厚い豚肉を焼いたのを玉子でくるむ「とんぺい焼き」に小麦粉を重ねてボリュームアップしたものでした。肉厚目・キャベツ抜きのお好み焼きとでも言えば分かりやすいでしょうか。

時間遅めだったので皆さんそれ程食べてないし、バラバラ集合だったので1人あたりの金額はようわかりませんが、今までの経験からすれば満足度の割りにはかなり安いはずです。この店で久しぶりに(でもないか)ぷるみえさんと飲み食いできて嬉しかったと同時に、今度はまた鉄板前で食べてみたいぞ欲がむくむくわき上がってきています。

{お店データ}(天四店)
住所:大阪市北区天神橋4-4-11 電話:06-6351-9641
営業時間:11時半~15時、17時~23時(日・祝は22時まで)
定休日:第一日曜

※南森町の天二店にも何度か行ったことがあるけど、福島店が出来てるとは知らなんだ。


立ち呑み・匿名希望(大阪・難波)

20141217ナニワ
こばやしさんとこでみかけて気になって仕方がなかった立ち呑みに行って来ました。かなり狭くてぎゅうぎゅう詰めでも恐らく10人程度しか入れないので、知れ渡り過ぎるのを防ぐため食べログにも載らないようにされています。よって、このブログでも店に関する文字情報はなしでいくことにします。まあ今のこのブログのヒット数なら大した影響力はないんですがw

20141217ナニワ
まず飲み物は「濃いハイボール」を頼んでみました。ジョッキでドーンと出てきて、明らかに濃い。隣のお客さんは別途オーダーしたソーダをチェイサーにして飲んではりました。これなんと250円。

20141217ナニワ
アテは、なにはともあれ噂の「三種以上盛り」を。手前お造りは鮪・カンパチ・鯛かなんかの焼霜で、既にこれで三種。真ん中はすじ肉煮込み、奥はえびと小魚の唐揚げ+ポテサラで、この計7種がなに考えとんねん!な300円。揚げ物はちゃんと揚げたてだし、それぞれきちんとおいしいし、やはり話に聞いていたとおり凄まじいコストパフォーマンス、立ち呑みだから安いという理屈をはるかに超えてしまっています。

20141217ナニワ
三種以上盛りとハイボールだけでもけっこう満足感あるんですが、せっかくなので日本酒にチェンジしてカキフライ350円。いい感じのぽってりサイズがカラッと揚がっていて、当然の如くうまいです。

20141217ナニワ
続いて、店内メニュー見た時から気になっていた「白キスとすり身のふた身あげ」350円。手前は蓮根にすり身詰め、奥はすり身と身を合わせたしんじょみたいのだったっけな(酔っぱらってたのと隣のお客さん達と話していたのでよく憶えてない)。品のいいキスの味を活かしたシンプルな仕上がり、何もつけずにそのままでハイレベルなおいしさ。うーん、やっぱりこりゃすごいや。

20141217ナニワ
自分の目の前の小皿にあらかじめお金を入れておく、キャッオンデリバリーシステム。「開店5時以降」となっていますが、仕込みが間に合わないと遅れることもあるそうです。ちょっと調べてもらえば場所はすぐわかるはずですが、意外とわかりやすい場所にあります。すごく狭いので大人数は無理、1人か2人で行って周りのオーダーの様子を伺いながら色々飲み食べしてみて下さい。


神戸をベースに、食べ歩き・料理・旅行記など、飲食ネタ中心です。