第5回アホほどカキを食べる宴会(カキ料理編)

2018-01-28 13.54.44
カキ料理以外編」に続いて、メインのカキ料理編です。この日えて吉さんが買い出しに行って来たカキは、殻付き・剥き身とも4Kg。どっちもすごいですが、ここの剥き身はチューブの中にほぼ水が入ってなくてカキのみなので(写真参照)特に価値あり。多少は余ったそうですが、ほとんどこれを食い尽くしてる我々も相当なもんです。
 

カキ宴会
生はまずレモンだけで、続いてシングルモルトのボウモアをちょろっとかけて(写真左)。この食べ方好きなんです。写真右はだいこんさん差し入れの「レモスコ・勝鯉の赤ver.」で、広島産レモン+沖縄の赤唐辛子。飲み物は最初だけビールで、その後は結局この日はスパークリングワインばっかり飲んでました(多分)。
 

2018-01-28 13.53.53
順不同なんでいきなり濃いのですが、この宴会では初登場のカキのスンドゥブチゲ。後で食べようと思ってたら、結局これは食べ逃してしまいました(+_+) 食べ終わった後のスープを持ち帰ったメンバーもいたようです。
 

2018-01-28 14.51.41
これも意外に初登場なカキのグラタン。カキと玉ねぎとベシャメルとチーズだけのシンプルさで、グツグツしてる熱々がウメー。ちょっとパスタが入ってても良かったかもですね。
 

2018-01-28 14.52.06
続いては、この数年この宴会の定番となっている、こばやしさん作・別館牡丹園式「煎生蠔」(広東風牡蠣のお好み焼き)。今年は牛脂なしでしたが、全く違和感はありませんでした。

2018-01-28 15.07.51
これ大好きなんだけど、けっこうな値段なんであんまり食べられないんですよ。お店で食べるよりもカキ率が高いのをこうしていただけるのはありがたいですねえ〜。今回も遠慮なく2枚いただきました。
 

2018-01-28 16.09.34
こちらも初登場の料理で、佳景の女将さん差し入れのにんにく味噌とチーズを載せて焼いたの。これ、こう言っちゃあなんなんですが、載せて焼くだけなんだけど、すごくおいしかったです。素材が良ければ面倒なことをしなくても充分おいしい、というのの見本みたいな料理でした。
 

2018-01-28 17.05.12
そして自らカキフライ職人と名乗る?myblackmamaさんの調理開始。昨年は欠席だったので*あきこさん*と不肖・私で作らせていただきましたが、今回は食べてるだけなのでラクチン〜

2018-01-28 17.24.52
ただでさえいい素材にめっちゃ丁寧な仕事してるから、当然うまい。タルタルソースも作ってはりましたが、僕は何もつけずにこのままアツアツをバクバクいただきました。少しお土産に持って帰らせて貰ったのを温め直しても、依然としておいしい。やっぱりカキフライっていいなあ。
 

この辺りで皆さんかなり満足されていましたが、やはり最後はご飯もので締めたい私。前週のグルコバでカキビリヤニをやったので、この日はやらないと決まってたから、じゃあカキご飯が食べたいじゃないですか。で、「ええ〜作るの〜ぉ」とめんどくさそうなmyblackmamaさんとえて吉さんに無理矢理お願い。(自分で作れよ!)
 

2018-01-28 20.08.48
出来上がったカキご飯は、めちゃうま。昆布出汁で炊いたご飯に、出汁で軽く火を通したカキを出汁ごと加え、そこに刻んだ生の菊菜と柚子の皮とその果汁もプラスして混ぜたそうで。普段からこの作り方なのかどうかわかりませんが、こんなカキご飯は初めて食べました。やっぱり僕なんかが作るより、上手な人にお願いして正解でしたねえ(´∀`)
 

2018-01-28 19.16.16
個人的には今年はカキビリヤニが食べられなくて残念だったけど、代わりのカキご飯がすごく美味しくて、これはこれで良かったなあと。今までになかったカキ料理も出てきて面白かったしカキ以外も充実してたし、何よりみんなで楽しく過ごせるのが一番です。
来年は口だけじゃなくてなんか作らないと怒られるんやないかなあ。
 

◎関連エントリ
*こんなの食べたよ:第5回アホな量ほどおもろいカキ宴会
*B級的・大阪グルメ!ブログ:第5回、牡蠣をアホほど食べる宴会

しかし、えて吉さん・こばやしさん・僕の3人それぞれで宴会のタイトルが違うってのは「らしい」ですなあ〜
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.