残暑うどんツアー(4)〜讃岐うどん巡礼2017-3

まるっきりあてずっぽうの三軒目が見事にハマって、気分良くしてえて吉さんと四軒目をどうするか相談。僕がなんとなく肉うどんが食べたいと言ったら、じゃあ久しぶりに灸まんうどんに行こか、でもそれじゃおもろいないなあとか言いながら通称「うどん本」をめくってたら、割りと近くにまだ行ったことなくて肉うどんがウリの店を見つけました。ほんならそこに行って見よかと深く考えることなく移動。

◎四軒目:綿谷・丸亀店

X70F2140
行ってびっくりしました。表通りに面してないのに店はそれなりに大きいし、駐車場が第五だか第六まである。

X70F2148
閉店まであまり時間がないのに、若めの観光客っぽい人もうじゃうじゃいるし。

X70F2141-2
店内に入るとご覧の光景。体育館並とまで言えば大げさですが、学校の教室2,3クラス分くらいはあろうかというオオバコに人がわんさかのセルフ店でした。

X70F2144

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

かけとかぶっかけとかざるとかもありますが、トップメニューは肉ぶっかけ。肉は牛・豚・あいがけ+α、熱さはつめたい・ぬるい・あつい、盛りはハーフ・小・大と、3の3乗のバリエーション展開です。

X70F2146
牛肉ぶっかけ小ぬるいの420円、注文する時に「小でいいですか」と言われたので思わず「はい」と答えたら、結果的にこれが世間で言うところのノーマルサイズでした。丼デカい、肉並々。えて吉さんは用心深くハーフサイズにしてましたが、何店かハシゴするならハーフで充分。
今まで香川でいくつか肉ぶっかけを食べてきましたが、これまでは冒頭にも書いた灸まんうどんが一番好きでした。でも、この綿谷のはそれに並ぶか、ひょっとしたらそれを超えるかも。麺はブリっとしてるし、肉質いいし、甘めの味付けに唐辛子とレモンをプラスするとこれがまたいい。むっちゃ満足度高いです、これ。さすがガンガンに流行ってるだけのことはありますなあ。予備知識なしにまた当たりくじ引いて、とっても気分が良かったです。

Seto Long‐Bridge (Kagawa,Japan)
四軒しか回っていないけれど適度に満腹だったし、何より連発でいい店を引き当てたので満足感いっぱい。じゃあ無理せず帰ろうかということで、時間に余裕があるので瀬戸大橋経由で帰路につきました。おっさん2人でこんな景色見てもしゃあないなあといいながらw

…で、この日のうどん巡りはこれにて終了だったんだけど、なまじ早く四国を発ったもんでえらく早い時間に戻れることになります。そうなるとそのまま終わるのもなあということになり…(別シリーズに続く)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.