秋のうどんツアー(1)〜讃岐うどん巡礼2016-2

10月下旬に今年2回目の讃岐うどんツアーに行って来ました。来月は師走で忙しくなるだろうし、もう今年は2回で終わりなんでしょうねえ… 糖質制限を心がけねばならぬ身とはいえ、残念でなりません。今回のメンバーは、myblackmamaさん・Wakkyさんご夫妻・えて吉さんと、お馴染みのメンバー。もう知り合って10年以上経って、みなさん年相応にちょっと小食になったような気がしまします。(ほんとにそうか?)

◎一軒目:「小野
20161021讃岐うどんツアー
創業以来100年以上、現在のご店主で4代目の老舗・小野。…と知らなければ香川でフツーに見かけるうどん屋の店構えなんですが、100年以上の歴史がありながらフツーっぽいのが却ってフツーじゃないのかも知れません(なんのこっちゃ)

20161021讃岐うどんツアー

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

メニューはシンプルにしてオーソドックス。変わりものが無いところに却って自信と伝統を感じさせます。常日頃ここで食べている常連さんからしても、恐らく「変わったモンはいらん、昔からのでええんじゃ」とか言ってそうです、(知らんけど)

20161021讃岐うどんツアー
記憶が定かでないのですが、多分あたたかいかけだったと思います。天ぷら類がとても種類豊富でおいしそうだったので、いきなり天ぷらカードを切ってげそ天をお供に。だしあっさりめ、うどんはやや太くしっかりしています。この頃くらいの気候になると、香川入りして最初のうどんはやっぱりあったかいかけがいいですねえ。次回は名物のお揚げさんをお供にしたいものです。

◎二軒目:百こ萬(ひゃっこま)
20161021讃岐うどんツアー
多分僕はこの店に来たのは5年ぶりの4回目。過去3回いずれもインパクトある想い出があって、2度ほど話す機会があった大将も面白い方なんです。香川に来るとちょくちょくこの看板の前を通り過ぎて、そういや長いこと来てないなあと思っていたら…

20161021讃岐うどんツアー
なんと今年の12月18日で閉店されるとのこと。想い出を共有するWakkyさん・えて吉さんともども、ぜひお別れに伺っておきたいということで、個人的には今回の一番の目的でした。

20161021讃岐うどんツアー
ここのメニューはさらっとではなく、ちゃんとよく見て細かいところまで確認しないといけません。というのも過去にこんなことがあったからなんですね。
聖地しっぽくツアー(番外編)
突発的テケトーツアー(中・謎の痛かけ)

20161021讃岐うどんツアー
天ぷらセットがすごい、海老を初め5種類くらい盛られてて250円。ここ一軒だけならうどん(大)とこれだけで充分でしょうね。

20161021讃岐うどんツアー
今回で最後になるので何にしようか迷ったあげく、他で食べることが出来ない「赤しこ」にすることにしました。結局ここではフツーのかけを一度も食べることがなかったなあ。大将アイデアマンだしこちらも乗ってしまう方なので、ついついそっちにいってしまうんですよね。

20161021讃岐うどんツアー
初めてここに来たとき、しっぽくの後でこれを注文してみんなで分け合った「赤しこ」(小400円)。赤いのは地元産の唐辛子が練り込まれているから、細くてもシコシコしているからしこ麺。初めて食べた時はざるだったけど、今回はぶっかけでカニカマとかいわれが添えられています。麺を食べると、これだけ細いのにシコシコしていて、飲み込んでしばらくしてほわんと辛味が湧いてくる不思議な麺。平打ちの中華麺にも通じるユニークさだけじゃなく、ちゃんとおいしいうどんでした。これがもう食べられなくなるのは残念やなあ。

大将は以前高松–大阪間のジェットホイルの船長さんだったそうで、脱サラしてからうどん屋を開業して20年ほど経つそうです。うどん屋商売は体力が必要なので、年齢的に限界となってもしょうがないですね。色々楽しい話を聞かせてくれた大将、どうもありがとうございました、お疲れ様。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.