グリル一平・本店にて洋食三昧(神戸・新開地)

20160229グリル一平
姉兄とそろった某日、新開地近辺で昼時になったので、いくつかの選択肢のうちからグリル一平に行くことになりました。しかし親の血を引いてるせいか、いい年こいてみんな洋食好きやなあ。前回顔を合わせた時も「くんた」やったし。

20160229グリル一平
僕は珍しくもビフカツではなく、天然有頭海老フライ。これ、けっこうな値段がするので(ライス付き2000円)今まで食べたことなかったんです(多分)。値段だけのことはある見事なサイズを2本、頭もしっぽも丸々全部食べ尽くしました。この日は運転手だったのでビールなし、飲みたかったなあ〜

20160229グリル一平
兄はミックスフライランチ(ライススープ付き1050円)。ノーマルサイズのエビフライ2本・ミンチカツ・日替わりのポークだかチキンだったかのカツ、以上3点が楽しめて随分お得。若い人が好みそうなこの揚げ物オンパレードを、苦もなくぺろっと平らげるんですから、まだまだいけますなあ。

20160229グリル一平
そして姉は王道のヘレビーフカツ(100g・ライス付き1600円)。ご自慢のビターなドミグラスソースを纏って堂々の風格です。

20160229グリル一平
たっぷりな厚み・絶妙のミディアムレア加減な蠱惑的断面。ちょこっと分けてもらいましたが、やはりというかいつも通りというか当然のように旨い。近場でこのビフカツとデミグラスソースをいただけることに感謝したいです。

最近は三宮店に行くほうが多いような気もしますが、さすが本店。ごく当たり前のように、高レベルな洋食を食べさせてくれます。何故かまだ未訪な元町店にも行ってみなければ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.