「久庵」で好物の鴨せいろ(神戸・JR兵庫駅北側)

20151021久庵
年に数回香川までうどん巡りに行っているのでうどん好きだと思われているでしょうが(実際好きですが)、そばもけっこう好きなんです。でも東京に比べて関西はおいしい蕎麦屋さんが少なく、職場近くなんて壊滅状態。ところが僕の場合は、ありがたいことに自宅から徒歩ですぐのところにいい蕎麦屋・久庵があるんですよ。

20151021久庵
オープンしてもう12年目にもなるんですねえ。今や神戸市内ではトップクラスの人気の蕎麦屋さんですが、ほぼ毎日そばを通るので、僕にとっては特別なお店ではなく、「ご近所のおいしい蕎麦屋さん」という日常的な存在です。今回も平日休みの13時頃、お昼時のピークが過ぎてから伺いました。

20151021久庵

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

メニュー構成は少なくともここ数年ほとんど替わってないんじゃないでしょうか。かといってマンネリ感はなく安定の定番って感じ、個人的にはこういうのを増やして欲しいという気も起こりません。基本となる「せいろ」が美味しければ、あとはなんでもいいや。

20151021久庵
もちろんあったかいのも美味しいんだけど、やはりここではせいろを食べたい。しかも温かい鴨汁に付けて食べる「鴨せいろ」が好きなんですよねえ。冷たい麺を温かい汁にといえば今やラーメンのつけ麺がメジャーですが、どっちかといえば僕はこっちのほうが好きですねえ。

20151021久庵
まずは蕎麦に塩を軽くつけただけでいただきます。蕎麦が好きだけどウンチクは語れませんが、とにかくシンプルに味わいたい。そして次は鴨汁につけて。しっかり厚みがある出汁のつけ汁に蕎麦を半分ほどひたし、ズルズルっと。麺につゆが絡んで、麺も旨いつゆもうまいの相乗効果。合間にちょこちょこ鴨肉やネギなんかもいただいて、これだったら「蕎麦屋で酒」に馴染みのない関西人でも充分飲めます。
もともとの蕎麦が旨いもんでホントはせいろ二枚食べたいところなんだけど、けっこうな値段(2610円)になってしまうので、そんな贅沢はたまにしか出来ません。以前誕生日直前に来た時だけかなあ。あったかい鴨南蛮やここオリジナルの蕎麦の芽そばなんかも食べたいとは思うんだけど、やっぱりついついをこれを頼んでしまいますねえ。

{お店データ}
住所:神戸市兵庫区塚本通6-1-3
営業時間:11時半~14時、17時半~20時半
電話:078-531-7899
定休日:月曜夜・火曜


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.