明石で「呑べえ」「今中」をハシゴ

IMG_2503
ヤボ用で久しぶりに明石に行ったので、ハシゴしてきました。

IMG_2505
当初は何度か行ってる「いづも」で玉子焼(明石焼)を食べようと思ってたんだけど、定休日。
 

IMG_2507
で、ふと思いついて、いづもの近くにある以前からマークしていた「呑べえ」に行ってみることにしました。

IMG_2509
なにはともあれ瓶ビールとポテサラ。店に入っていきなりオーダー訊かれても、これでなんとかなりますw

IMG_2511

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

予備知識として、12時から開店・立ち呑み・ホワイトボードのメニューが14時頃から開始というのは知ってました。僕が入店した13時半頃に既にホワイトボードが出てたので、もう注文出来るのかと思いきや前の日のでした。

IMG_2513
14時まではカウンターに並んでいる料理からの選択ということで、多分ガシラの煮付け。ホロッと身がほぐれてうまかったっす。

IMG_2514
14時になって、この日のホワイトボードが登場。店内は常連さんで一杯で、僕の位置からはなかなか見づらく、おかみさんに注文するタイミングがなかなか掴みづらかったです。

IMG_2517
それでもなんとか造り盛り合わせを注文。どれもぴかぴかでこれで500円はすごい。広島から来たという若者が常連さんに可愛がってもらってて、話に聞いていたとおり人情味溢れるいいお店でした。瓶ビール大瓶・麦水割り・ポテサラ・煮付け・刺身盛り合わせで1980円。安っ。
 

 

IMG_2519
呑べえを軽めにしたのはやはり玉子焼を食べたかったからで、魚の棚近辺をうろついていたら、「今中」を発見。あれっ?この今中ってあの今中とどういう関係?って思ってその場で調べてみたら、2年前にこちらに移転されたのだそうで。

IMG_2523

IMG_2524
きれいで落ち着いた店内。先代は引退されて、かつて寿司職人だった息子さんが跡を継がれているそうです。

IMG_2527

IMG_2530

IMG_2532
一人前15個で650円。お出汁と三つ葉も添えられてきますが、まずはそのままで。

IMG_2535
いい出汁がきいているので、何もつけずにそのままでも充分おいしい。以前食べた時の感想をすっかり忘れてたんだけど、今読み返してみてその時と同様にすごく上品・上質な味だなあと思いました。

IMG_2536
当然中はトロトロ。岩塩をちょっとつけると、出汁の味が一層前に出てきます。

IMG_2538
途中からはこれまた上質な出汁と三つ葉で。玉子焼そのもののおいしさが出汁でブーストされ、やっぱりこの食べ方はうまい。一味加えたりソースちょっとつけたりもしたかったけれど、なんかもったいない気がしてできませんでした。それするなら二人前食べないと、って感じ。できるだけそのままに大事に食べたいなと思えた玉子焼って、初めてかもしれません。

「いづも」みたいなわっと勢いで食べるみたいなのも好きなんだけど、偶然にも移転した今中に出会えてラッキーでした。これはまた明石に来なければなりませぬ。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.