圓記(ユンキー)二度目(神戸・元町)

IMG_1001
初めて行ってめっちゃ気に入った圓記
◎関連エントリ:もっと早く来れば良かった「圓記(ユンキー)」・前編 そしてその後編
まだまだ未食のものが一杯あったので、今度は姉・兄と一緒に行ってきました。
 

圓記
まず初めは僕がここで既に食べたことがあるもので、海老餃子(600円)・海老入り香港焼売(600円)・「もち豚のスペアリブ豆豉蒸し」(1200円)。これらについては上記関連エントリをご覧下さい。
 

以降は前回食べられなかったものばかりガンガンイってみました。

IMG_0971
まずは前回メニューを見落としていた、一日限定10食・香港式皮付きパリパリチャーシュー(1500円)。注文した時にもう売り切れって言われたらどうしようかと心配してたんですが、あって良かった〜
こんがり焼き色のついた皮の下に赤身と脂身が層をなしており、見惚れてしまうほどの魅惑的なルックス。サイコロ状のチャーシューを噛んでみると、まずはパリッとサクッとクリスピーな皮の食感と香ばしさ、続いて脂の旨味がやって来て、後を追って良質の豚肉のいい香りとドーンとした食感、噛むほどに次々と旨味がやって来ます。できることなら、いつまでも噛み続けていたい〜
僕が皮付きチャーシューを好きなもんで、かなりしつこい表現ですが、ほんとにこれはうまかった。個人的にはこれだけ食べに来てもいいと思えるくらい、むっちゃ良かったです。
 

IMG_0980
といってもまだ始まったばかり。どんどん行きますよーでチャーシュー饅頭(480円)は、甘めのチャーシュー入りお馴染みの一品。これは2個でしたが、頼めば個数は増やしてもらえます。

IMG_0978
特に期待せずに注文した春巻き(600円)は、フツーに見えるのになんか知らんが皮も中身もええやん。

IMG_0985
こちらはキノコ入り海老の餅餃子(600円)。なんで餅って字が入るのかよくわからなかったけど、こちらの店としては標準的なレベルのおいしさ。(ほめてるんです)

IMG_0988
威水角=ハムスイコー=香港式ピロシキ(600円)は、中身もだけどそれを包んでいるお餅がカリッともちっとしてて、いい意味で大きく予想を裏切られました。

IMG_0991
湯気でピンボケの写真でスミマセン、こちらは蓮の葉で包んだちまき(700円)。注文してから蒸すので20分ほどかかって出てきました。蓮の葉のいい香りが移った薄味糯米ご飯が極上、豪華ではないけど素朴においしい。元々台湾ちまき(バーツァン)とかも好きなこともあるけど、今回食べた中では先のチャーシューに並ぶお気に入りでした。

IMG_0994
デザートその1・蓮の実餡入り胡麻団子(600円)は、揚げたてアツアツ・胡麻香ばしく・カリッと甘い。

IMG_0997
デザートその2・マンゴープリンタピオカ入りマンゴーミルク掛け(750円)。前回食べたマンゴープリンに比べて何でもありって感じで、見た目も食感もゴージャスでリッチ。プルンとしたプリンにタピオカプリっと感がプラスされて、楽しさおいしさ倍増でした。

神戸で飲茶の店は何軒か行ったけれど、今のところ個人的にここはトップクラスです。といいつつ何軒か未訪の飲茶課題店があるので、近々そっちも行ってみなければ。
 

3泊4日沖縄の旅(9)〜小ネタ集

IMG_0414
ツイッターでも上げましたが、レンタカーといえば「わ」ナンバーだと思っていたのに、今回のは「れ」ナンバーでした。「わ」が枯渇したからだそうですが、結果的に「れ」ンタカーだとよりわかりやすくなりましたね。
 

R0001368
首里城公園の新エリアが開園とのことで行ってきました。以前来た時よりも範囲が広がったせいで、見応え度もアップ。

R0001363
途中、城内の鎖之間(さすのま)というところで、琉球菓子とさんぴん茶のセット(310円)をいただき庭を見ながら一休み。喉が乾いていたので、お茶を3回くらいお替わりしましたw

R0001366
ちんすこう以外の、花ぼうる・くんぺん・ちいるんこうは初めて。特にくんぺんが好みでした。
 

R0001429
A&Wに比べて全くマイナーな、こちらも沖縄にしかないハンバーガーチェーンJEF。以前からファンなので、壺屋に行く途中で出くわしたからには入らねばなりません。現在4店舗しかないとは…

IMG_0549
他のチェーンにはないメニューが魅力。こちらはゴーヤーの玉子とじとポークランチョンミート入りのぬーやるバーガー(単品350円)。ローカル色あるし、なんかちょっと垢抜けないところあるのが好きなので、なかなか食べにいけないけどこれからも応援し続けます!
 

R0001569
国際通りで見かけた牛肉量り売りの店。買ったものをその場で焼いてくれるそうで。

R0001570
すごいサシ、すごい値段。当然ここでは見るだけ〜
 

以下は今回出会った動物?たち。

IMG_0437
瀬長島ウミカジテラスにいたネコ。のんびりした子でした。

IMG_0558
焼き物の街・壺屋で出会ったこのニャンコはやたら人なつっこく、妻にも僕にも何度もじゃれついてきました。人が好きなのかお腹が減ってたのか。

R0001293
首里城に行く途中の人工池・龍潭に寄ってみたら、街中なのに動物だらけでした。歩道にも鳥がうじゃうじゃいるし、サギとか亀もいました(~_~;)

R0001327
首里そばの近所のお寺にいたキツネたちw

以上でやっとこさ今回の沖縄旅行記終了。旅ネタ書くのは手間がかかるけど、書いてる本人としては楽しいもんです。また沖縄に行きたくなってしまいました。
 

3泊4日沖縄の旅(8)〜立て替え前の那覇市第一牧志公設市場へ

R0001386
那覇の国際通り近くにあり、観光ポイントの一つでもある第一牧志公設市場が老朽化のため立て替えられることを知ったのは、今回の旅が決まる前後だったかと思います。

R0001412

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

現市場での営業は6月16日まで。その後は仮設市場に移転し7月1日から営業開始、この市場は3年後に新しく生まれ変わります。
 

R0001390
これまでに何度か沖縄に来ていますが、特に来始めた頃には家族でこの市場にちょくちょく来ていました。想い出もあるし、この時期に沖縄に来ることになったのも何かの縁なので、今の姿を見納めに来ない手はありません。

R0001391
独特の「南」な雰囲気や、普段の生活では見たこともない色んな食材を眺めて回るだけでも楽しいものです。まあ市場が楽しいのは世界中どこでもそうなんでしょうが。

R0001395
ここではお約束な光景のチラガー(豚の顔の皮)。初めて見た時はびっくりしたもんです。

R0001417R0001423
熱帯魚みたいな魚たちも、これまたこちらでのお約束。
 

R0001392

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

肉屋・魚屋以外にも1階にはいろんな店があります。今回ちょっと驚いたのは、市場を訪れる人だけではなく、市場で働く方々も中国系の方が多かったこと。観光地でもあるので、インバウンド対応になっていくのは必然なんでしょうね。
 

R0001414
エスカレーターで2階へ。
 

R0001402

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

ご存じの方も多いと思いますが、1階で買った食材を2階のお店で調理してもらうことができるシステムになっています。家族で初めてここに来た時に入ったのは「ツバメ」ってお店やなかったんかなあ。
 

R0001415
今の姿を見ておきたいという方はお早めに、といってももう残り1ヶ月を切ってしましました。老朽化による立て替えは仕方ないので、3年後の新しい市場がどんなものになるのか期待したいです。
 

「春吉」であれやこれや(神戸・新開地)

IMG_1107

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

この日も妻と湊川に映画を観に行った後、そうやここがあったと、以前ちょい飲み手帖で行った「春吉」に。
 

IMG_1105
当然ビール飲んで、まずは豚玉(600円)。ここの生地はやや柔らかめで、初めて来た妻は店も入りやすい雰囲気だったこともあり、気に入ったようです。
 

IMG_1103
続いてすじモダン(1000円)に油かすを追加(250円)。ちょっと値は張ったけど、かりかりの油かすが旨味とカリカリ食感をプラスしてくれて、この組み合わせは大正解でした。モダン焼って地域や店によって色んなタイプがありますが、神戸だとフツーにソースで味付けした焼そばを、クレープ状に焼いたコナでサンドイッチ状にするタイプが主流だと思います。今にして思えば、ここのは上面の皮?が薄いのか、そもそもないように見えますね。
 

IMG_1111
仕上げはタコの焼そば(800円)、大振りのタコがゴロゴロ。神戸ではお好み焼屋のネタでタコは定番なんだけど、大阪であんまり見かけないのは不思議やなあといつも思います。

妻とお好み焼屋に行くと、たいがい上記3つの注文に自然になってしまいます。これが何十年の年月の末たどり着いた最適解なんでしょうねえ。
 

日清どん兵衛 汁なしピリ辛肉みそうどん


パッケージ写真ほど肉々しくないのはお約束ながら、甜麺醤と豆板醤の味噌ダレが良くってかなり気に入りました。辛味は大したことないので手元にあった七味を投入しましたが、できることなら一味と花椒が欲しかったです。発売間もないのでまだ買えるだろうから、買い増ししとかねば。