酷暑の京都旅(1)〜「とらや」京都一条店・虎屋菓寮

京都地下鉄・五条駅から徒歩5分・それなりにきれいで部屋もそこそこ広く、大浴場・朝食付きのホテルのツインが、オール込8800円ってな掘り出し物を見つけたもんで、思わずポチッとしてしまい、特に目的も無く妻と一泊二日の京都旅へ行ってきました。今にして思えば、祇園祭も済んでクソ暑い時期だからこそのバーゲン価格だったんでしょうかねえ。
 

R0001729
京都にお昼頃ついて、選挙割り企画賛同で一風堂でラーメン食べた後、ふと思いだしたのが、数年前から行ってみたかった「とらや京都一条店の虎屋菓寮。写真右は京都御所・車道は烏丸通・ちょっと北に上がれば今出川通という烏丸一条の角に、「とらや」京都一条店があります。ちなみに四条烏丸からここまで、酷暑の中を歩きました。この時点での気温は36度だったそうで…

R0001730
一条通を西に入ってしばらく進むと、右手に再び「とらや」の表示が見えてきます。

R0001732
ここが虎屋菓寮。先ほどから何度となく「とらや」って書いてますが、この「とらや」はあの「とらや」、すなわち、あの線路を切ったようなずしりと重厚感ある羊羹・「夜の梅」などで知られるあの「とらや」なんです。無知なワタクシは長年「とらや」は東京発祥のお店だと思っていたのですが、実は京都発祥。しかも老舗だとは知っていたものの、なんと西暦1500年代の創業(゜Д゜)  あなオソロシや京都、アナタには到底敵いません…
 

R0001735
ンでまあこの虎屋菓寮は、一言で言うなら、京都一条店附属喫茶室。ラウンジ(屋内)・テラス席(屋外)から好きなほうを選び、店頭にはないようなお菓子を、ゆったりしたスペースでいただくことができます。

R0001745
この暑さではさすがにテラス席を選ぶ気は起こらず、ラウンジ希望で待ってたら、それほど待たずに案内されました。冷房の効いた室内から、庭を眺める以外に選択肢があろうか。

R0001761
まあ確かに風情はあるので、テラス席も魅力ではあります。しかし、選ぶならやはり春か秋でしょうなあ…
 

IMG_2145
僕のチョイスは京都一条店限定&数量限定・青柚子氷(1188円)。さすが老舗、それなりの値段やなあと思っていたら…

R0001751
かき氷にかかっているシロップを注視したら、細かくすり下ろした柚子の皮の粒子が見えます。皮+果汁で、香り高く爽やかな酸味と控えめな甘さのバランスが、さすが創業500年超の老舗。(←ホンマにわかっとるんかいな)

R0001752
そして食べ進むうちに発掘されたのが、大粒の白小豆。フツーのあんこじゃなくって大粒の白小豆ってのがちょっとしたサプライズで、個性が強い柚子のシロップには確かにこちらの方が合っているような気がしました。これまでに食べたかき氷の中でも、ダントツに(いい意味で)意識高い系のかき氷で価格以上の価値あり。マジで青柚子シロップはおいしかったです。
 

R0001774

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

ちなみに、待合スペースも兼ねている入口近くの「虎屋 京都ギャラリー」では、とらやの羊羹デザイン展が実施されていました。

R0001767
ゆったりしてますねえ〜

R0001769R0001771
季節ごとに羊羹を初めとする棹物の包み紙を、色々と変えてはったんでしょうねえ。さほど大きくもない一定のスペースに、シンプルな色と形で、広大な空間バリエーションが様々に作られている様がとても面白かったです。
 

R0001780

さすが京都。かないません。

 

{お店データ}(虎屋茶寮)
住所:京都市上京区一条通烏丸西入ル広橋殿町400
電話:075-441-3113
営業時間:10時〜18時
定休日:元日/毎月最終月曜日(4月・12月・2月を除く)
 

日清カップヌードル 四川よだれ鶏味



お湯を入れて3分待った後がこの状態。これに別添のラー油を加えていただくんですが、すでにけっこう辛そうな見た目です。
でも食べてみたらそれほどでもなし。同じ辛さレベル2でも、先日食べたトムヤムシーフード味のほうが辛く感じました。サイコロ状の鶏ミンチは高野豆腐っぽかったです。2つの比較では、全体的にトムヤムシーフードのほうが好みかなあ。
 

「酒房 大関」へ様子見に(神戸・湊川)

IMG_2223
この日は妻と湊川の「パルシネマしんこうえん」へ映画を観に行った後、なんかちょっと寄り道したいということで、以前からの課題店「酒房 大関」に行ってみることにしました。あの辺りって坂になってるのでどこが何階だかわかりにくいんやけど、一応こちらは地下にあります。店構えそのものはどうってことないのに、周囲の雰囲気も相まって、扉を開けるのにちょっと勇気が要るかも知れません。
 

IMG_2225
でもお店に入ってみると全然どうってことなく、調理担当ご主人とサービス担当奥さんの二人三脚、いい感じに枯れた(失礼)常連さん中心の、ほんわかアットホームなお店でした。席はカウンターのみで、コの字だったかL字だったか、全部で10席ちょっとでしたかねえ。ビール頼んで、まずはつきだしで妻と乾杯。初めてなのが丸わかりの僕らに対して、女将さんが色々気配りしてくれているのが感じられます。
 

IMG_2226
初めてだったし、位置的にもメニューを写真に撮りづらかったので、なし。どっちかっていうと魚系がメインで、カウンター前のケースに良さげなネタが色々入ってました。この日は腹具合的にあんまり入りそうになかったので、ひとまず様子見ということで、シマアジのお造り(1000円)を。ねっとりした甘味と上質な旨味。うーむ、これはかなりネタがいいんではないかい?、ということで麦ロックにチェンジ。
 

IMG_2229
あまり量は食べられないのはわかっていたので、事前に話に聞いていた鰻(時価)もええいとばかりに注文してしまいました。出来合いではなく注文してから焼き始め・値段はようわからんがかなり立派なサイズ・身が締まっていてぶよぶよしてるとこなんて一切なし・皮側がパリッと香ばしく焼けてる・タレをつけすぎていない、とかなりな代物。失礼な言い方ですが、何も知らなかったらこの場所でこんなのに出会えるとは夢にも思いますまい。
食べ始めたら女将さんがご飯とお漬け物を用意してくれ、ご主人は白ご飯にいい塩梅でタレをかけてくれました。このあたりの連携もすごく優しい感じ。これはいい店、改めてちゃんと来ます。

{お店データ}
住所:神戸市兵庫区新開地1-4-3 ミナエンタウン B1F
電話:078-577-0372
営業時間:17時〜23時
定休日:不定
 

日清カップヌードル トムヤムシーフード味 ビッグ

IMG_2243
コンビニで見かけて即買いした「日清カップヌードル トムヤムシーフード味 ビッグ」。ベーシックカップヌードルの中でも、結構好きなシーフードヌードルの35周年記念限定商品だそうで。
(まあベーシックカップヌードルはノーマル・カレー・シーフード・味噌、どれも好き)
 

IMG_2244
別添えのトムヤムペースト付き。辛いのはそんなに得意じゃないんだけど、近年色々な人から影響を受けて以前に比べてだいぶ強く&好きになってきました。

IMG_2245
なもんで、「辛さレベルは5段階中の2か。ほんなら大したことないな」と、別途辛味ペーストを準備して食べ始めたところ…
なんやねん、これ、思ったより辛いやん!
食べるのに苦労するほどは辛くないけれど、敢えて辛味ペーストを加えようとは思いませんでした。シーフードヌードル味に辛さが加わって、僕の好きな味。できればライムとか絞って酸味足してパクチー加えたら、より一層良くなると思います。買い増し決定。
 

垂水に行ったら是非もののmarzi-pan(神戸・垂水)

IMG_2062
天丼が食べたくてわざわざ垂水まで出向いたわけですが、目的がそれのみだったわけではありません。めったに垂水には来ないけど、来たら是非ものなmarzi-pan。以前よりいっそうお店の表示がわかりにくく、歯医者さんの標識?の上にお店のキービジュアルがちょこっと出てるだけなので、知らなければここにそんなお店があると気付かないでしょう。
 

IMG_2065

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

IMG_2066
ブログエントリを調べてみたら、前回が10年前。そんなに長い間来てなかったっけなあ。初めて来たのがその2年ほど前で、その頃からズーッとぶれずにベーグルがメインのパン屋さんなんです。神戸市内でここほどベーグルのウエイトが高い店を僕は知りません。
 

IMG_2232

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

オニオン・スパニッシュ・レーズン&チーズなど、全部で6個買って帰りました。ここのベーグルは種類が多く(いつも全種置いているのではありません)、生地がしっかり目でフィリング(具)たっぷり。そしてもう一つ大事なのは値段が安いこと。これだけのレパートリーがあって最高でも160円、オニオンベーグルで比較すると10年前に比べて10円しか変わっていませんでした。
神戸でベーグル扱ってるお店がどんだけあるのか知りませんが、今んとこ色んな意味で個人的にはここがトップ。これからも垂水に来たら是非ものです。

{お店データ}
住所:神戸市垂水区天ノ下町5-28
電話:078-706-2408
営業時間:10時〜18時
定休日:水曜