サッポロ一番 名店の味 純連 札幌濃厚みそ


初めて純連の名前を聞いたのは、もう30年以上前のこと。札幌出張の際、地元の方から「すごく評判だったのに突然閉めてしまった後、再開した」というエピソードがあるラーメン屋がおいしいと。でも中心部から少し離れていたので、その日行くことは出来ませんでした。初めて食べに行ったのは、その何年後やったかなあ。
当時は純連(純「蓮」だったとも)と書いて「すみれ」と読ませていたのが、その後移転したり枝分かれしたりで、現在は「純連(じゅんれん)」と「すみれ」と両方あるそうですね。

そんな思い出もある店なので、店頭でこれを見かけてふと一つ買ってみる気になりました。お湯を入れて5分待ち、麺をよくほぐしてから後入れスープ2種を加えて更に混ぜて出来上がり。仕様なのかお湯の温度が低かったからなのかよくわかりませんが、けっこうゴワゴワ気味。麺を混ぜていた時からわかってたんだけど、太目なこともあるのかと思いしばらく待ってみましたが、あまり硬さは変わらず。一方、濃厚な味噌スープは美味しく、後半辛味を加えてよりいい感じになりました。
固めの麺は好きなんだけど、たまたまなのかもしれんがこれはちょっと硬すぎ。リベンジする程肩入れする気もないので、いつかお店で食べる日を楽しみにしておきますかね。
 

100年に向かってGO!ネスパ(大阪・梅田)

IMG_3349
長いことご無沙汰でどうなってるのか気になっていたネスパに行ってみたら、店頭に90周年(1928年創業)のポップと「100年に向かってGO!」って書いてあったので、相変わらず元気そうで嬉しくなってしまいました。
 

IMG_3329

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

行ったのが平日12時過ぎ、店内満員。しばらく外で待ちましたが12時半頃にはランチ第一陣が続々お勘定を済ませて出ていったので、それほど待たずに済みました。

IMG_3332
以前はランチメニューの種類はもっとあったように思うんですが、店頭メニューを見る限りでは、話題らしいチキンライスにのっかるナポリ・ミンチカツ&エビフライ・2種のサービスメニュー・2種のサービスランチのほか、このとんかつランチと豚バラ丼に絞られているようでした。ピークタイムじゃなければこれ以外も注文できるんじゃないかと思うんだけど。
 

IMG_3333
席について、生ビールのMサイズを注文。こんな陶器のジョッキで出てくるんや。ほどなくコンソメスープが登場、胡瓜が入ってたのが記憶に残ってたんだけど、今回はオクラが入ってました。
 

IMG_3342
選んだのはトンカツランチ(540円)、ご飯は白米・玄米から選べます。圧倒的に安いせいか、周りの注文を聞いていても9割方がこのメニューでした。肉質いいし厚みもそこそこあるし、伝統のドミグラスソースが使われていて、その上スープ&ご飯お替わりOK、コーヒーつきなんだからそりゃ人気ありますわな。お店としても確実に売れる看板メニューがあるなら、仕入を集中できるメリットもあるし、お互いにとってウインウインかと。

本来はもっともっと洋食っぽいのを食べたかったんだけど、まずはお店が元気そうだったので一安心。これ以外のメニューが食べたかったら、昼のピークタイムを外せばいいだけのことで、それはまた日を改めて(←いつになるやら)。以前気になっていた3000円で食べ放題企画も月火水の夜限定で継続中のようなので、だれか一緒に行ってくれませんかねw
 

久々にHOP STAND(神戸・三宮)

IMG_2973
行きたかったけれどしばらく行けてなかったHOP STANDに妻と行って来ました。ここって割りと若めのお客さんが多い感じなので、オッサンだけではちょっと入りづらいんですよね。
 

IMG_2959

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

こちらは地ビールと焼鳥のお店。とってもシンプルでわかりやすいコンセプトです。

IMG_2958
地ビールの店が片手間で焼鳥やってるわけではなく、ヘタな焼鳥屋よりよっぽどおいしいのがミソ。…と思ってたところ、今回お店の人と話していたら「にはとりや」という焼鳥屋さんと六甲ビールとのコラボ?だそうで。そりゃ焼鳥屋並みに旨いはずですわw
 

IMG_2965
7種類の中からビールを選び、4種類のグラスからサイズを選びます。僕は今回北長狭エールの1パイントサイズ(920円)を選びました。(あとでお替わり)
 

IMG_2961
ここは初めての妻は、飲み比べセット(4種1400円)を。それぞれのビールがどんなのか試してみたい場合はこっちがいいですね。
 

HOPSTAND
焼鳥はおまかせ7種盛り(1160円)を2人前注文。はつ・ささみ・ズリ・ハツモト・つくね・(ハラミとヒップは写真撮り忘れ)が出てきました。ネタが良く、ホップ入りの特製スパイスをちょっと付けて食べるのがおいしいんです。今回の中ではハツとハツモトが特に気に入りました。

ビールももちろんおいしく、焼鳥屋としても今んとこここと並んでmy favoriteなお店です。
 
もともと外人さんを頻繁に見掛けるお店なんだけど、ここしばらくはワールドカップラグビーの影響でめちゃ多いらしく、お店の人が「久しぶりにお客さんと日本語で話せてほっとしましたわ〜」って言ってたのがすごくおかしかったですw
 

マルちゃん ハリガネ ねぎだく豚骨

IMG_3154
マルちゃん ハリガネシリーズはこれまでにいくつものバリーエーションがあるそうなんですが、初めて食べました。このシリーズ、お湯を入れてから食べるまでの待ち時間が1分ということで、さすがハリガネというだけのことはあります。
 ◎参考サイト:博多ラーメンの麺の硬さの種類とゆで時間一覧/キーワードノート

お湯を入れて1分だけ待って後入れの特製油を入れないといけないので、手間取ってしまったら麺が伸びてしまうんやないかとちょっと焦り気味になりました。でも実際に食べてみるとそんなに早く伸びる麺ではないようでした。湯を入れてから時間が経ってないんだから当たり前っちゃあそれまでなんだけど、確かに麺は堅め。ウエーブ軽めで、カップには極細麺って書いてありますがそこまで細いとは思わず。
できることならこの麺にはガツンと来る豚骨スープであって欲しいところ、でも商品化するとなるとそこまではやりにくいんでしょうか、まあこんなもんか的なスープでした(悪い意味ではないです)。具は鶏ミンチで、これだけネギがたくさん入ってると胡麻も欲しい紅生姜も欲しいって気分になりました。個人的にはもうちょっととんがってて欲しかったけど、おいしくいただきましたよ。
 

3年ぶり4度目のカンバッシー(大阪・天神橋)

IMG_2997
昨年末に自分で旗振り役をしながら急用で参加できなかった、スペイン料理のカンバッシーでの宴会をしようと再び旗を振ったところ、*あきこ*さん・えて吉さん・LAKSAさん・myblackmamaさん・しげるさんと僕との6名が集まることになりました。
 

IMG_2999

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

前回行ったのが3年も前とは思わなかったなあ。ここの料理はボリュームがあるし他で食べられないものだらけなので、人数が多いほうがより楽しめるんです。

IMG_3002

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

こちらがレギュラーメニュー。これ以外に黒板メニューも色々あるので迷うところ。まずはタパスの盛り合わせを頼んで、それをアテに飲みながら次を検討するのが毎回のパターンです。
 

IMG_3008
まずはシードルをお願いしたら、マダムが突き出しを持ってきてくれました。地中海マジョルカ島の名物で本来は豚のひき肉で作る腸詰め・ソブラサーダのかつおバージョン。ペースト状で旨味が深く、ちょろっとだけで充分飲める。最初からこんなん出てきたらこの先どうなることか。
 

IMG_3018
「まずは」どころじゃないタパスの盛り合わせ、これだけで充分満足できそう。ジャガイモのアリオリソース/うずら卵のサフランソース煮/インゲンのスペインオムレツ/手羽先のアドボ(漬け焼き)/かぼちゃのオーブン焼/キノコの炒め物/豚肉のチョコレート(カカオ?)煮。
どれも旨くて早速ワインを注文したのは言うまでもなく。特に印象的だったのは、真ん中の豚肉のチョコレート(カカオ?)煮で、なんでか知らんが僕は当初チョコレート味がわからなかったんです。なんたるバカ舌と恥ずかしかったんだけど、ソースをパンに付けてみたらわかりました。なんでやったんやろ。
 

カンバッシーワイン1
この日飲んだワインその1は白で2本。大体の感じをいうとシェフやマダム(カタルーニャ出身)が候補を3本くらい持ってきてくれて、どんな味か・値段はいくらかなど親切に説明してくれます。そういえば今回からスペイン人の女の子がフロアに入ってました。
 

IMG_3010
で、タパス以降何を食べるか検討の結果、今まで食べたモノの中でリピートしたいのもあったんだけど、初物尽くしでいこうということに。マダムに席まで来てもらって「黒板メニューここからここまで」(右側全部)と注文、人数に会わせて増量してもらうことにしました。
 

IMG_3023
初めに出てきた「山羊のチーズとソブラサーダのオーブン焼き・トマトのジャム」がいきなり強烈。かつおじゃなくて豚肉のソブラサーダをじゃがいもに載せて焼き、その上にマダムの出身地近くで作ってる山羊のチーズとトマトのジャムをさらに載せたものでした。
もうね、これね、ものすごく旨いとしかいいようがない。けっこうクセがある(といって食べにくくはない)山羊のチーズと、旨味しっかりのソブラサーダ、そこにお供させたトマトジャムの甘味酸味の組み合わせが抜群。個人的にはこれが今回の一等賞でした(ほかのももちろんおいしいんだけど)。
 

カンバッシーワイン2
この日飲んだワインその2は赤で2本。右側のMARIA GANXAは現地の言い伝えで、「イタズラする子を連れ去る魔女」なんだとか。飲み過ぎたらあかんよ〜ってことか。
 

IMG_3025
こちらパタタブラバスは揚げたパタタ=ポテトの上にピリ辛ソースをかけたスペイン定番料理だそうです。今回のソースにはイカのわたも使われており、ワインが進む進む。
 

IMG_3028
お次はジャンボマッシュルームのオーブン焼き。マッシュルームというか、かなりでかい椎茸みたいな感じ。
 

IMG_3036
ラス前は鯛のオーブン焼き。ロメスコソース煮ってのもありましたが、こちらを選びました。

IMG_3040
鯛も旨いがそのエキスを吸った野菜類がまた旨い。白インゲンがいいですなあ。
 

IMG_3041
〆はカタルーニャキノコとお肉のパエリャ。定番のパエーリャは魚介類の旨味、こちらは肉とキノコの旨味。どっちもいいしパスタを使ったフィデウアも食べたいけど、全部は無理だしなあ。
 

IMG_3011
お腹一杯になっても、デザートは別腹の人なんです。

IMG_3049
デザート食べない人もいたし、バレンシア地方のドリンク・オルチャタってドリンクにチョコアイスを載せたクバニートを選んだ人もいたり。こちらはバスク地方の濃厚なチーズケーキにチョコミントのアイスクリーム添え。まったりみっちりしたチーズケーキに、フレッシュなミントが感じられるアイスクリームが超好みでした。

相変わらず何食べても飲んでも旨いし、マダムもシェフもいい人だし、ほんとにカンバッシーは最高です。料理食べててもこのエントリ書いてても、ものすごくスペインに行ってみたくなりました。いつか絶対に行くぞ!
 
 ◎参考リンク:スペイン料理定番リスト/旅スペイン.コム