ミンチカツ丼弁当

2017-04-13 18.04.07
自宅近くのスーパーのお惣菜ミンチカツを使って、あり合わせで丼に。ご飯の上に炒り卵・トマトの粗みじん切り・生の菊菜を刻んだのを載せ、最後にミンチカツ、その上から「しょース」をたらたら。食べる前にレンジでチンしたら、計算通り菊菜にも程良く熱が通っていました。全然難しいことはしてないけど簡単でおいしいのは、ミンチカツがおいしいからですなあ。





元祖長崎カステラ総本舗(神戸・元町)

2017-04-10 15.29.04
ある程度以上の年齢の神戸っ子ならご存じの方も多いはず、「元祖長崎カステラ総本舗」。子供の頃から、神戸にあるのになんで元祖長崎カステラなんかなあとか、なんであの曲ガンガンかかってるのかなあとか(今はかかってません)、なんでケネディなんかなあとか、とにかく不思議一杯・クセが一杯のお店です。

昔こんなエントリ書いてます。(自分で言うのもなんですが名(迷?)シリーズですw)
◎妖(怪)しいけど超おいしいカステラ屋 前編後編続編続々編
※特に「続々編」リンク先の動画はインパクト強烈なのでご注意を。


2017-04-10 15.30.33
ご店主が結構ご高齢で、後継者もいらっしゃらないようなので、時々閉店の噂が流れてきますが、数日前にいった時はちゃんと営業されていました。そんなにしょっちゅうここで買い物してきたわけでもないのですが、久々に1000円のを一つ買って帰ることに。15時半に行って、残り2切れ。僕が入店する時にも先客とすれ違ったので、そこそこ売れているんでしょうかね。


2017-04-10 15.35.36
包み紙も、カステラで作ったラスク?みたいなのをおまけにつけてくれるのも、相変わらず。初めてここのカステラを食べた時は、意外にも(失礼)すごくおいしくて驚いたのですが、いっとき味が変わったような気がして控えていました。今回は以前のに戻ったような感じで、スカスカではなくスフレ感がある独特の食感。甘さも控えめでおいしかったです。

全国どこにでもあるような店じゃなくって、ここまで個性的なお店は今や貴重です。お店に入るのにちょっと勇気が要るwのですが、こんなもんだと思えばどうってことありません。そのうちまた買いに行こうっと。


{お店データ}
住所:神戸市中央区元町通3-11-3
電話:078-331-5035
営業時間:9時半~18時半
定休日:無休


ブランジェリ・ラ・リュンヌでちょいと(神戸・元町)

2017-04-10 15.42.55
三宮へヤボ用に出たあと、ぶらぶら歩いて元町方面へ。久しぶりの「ブランジェリ・ラ・リュンヌ」、僕の大好きなパン屋さんトップ2のうちの一つです。


2017-04-10 15.38.34
軽く食事をした後だったので、いつも通り魅力的なサンドイッチ系はあえて素通り。胡桃と干しいちじくが入ったリーンなパンを自分用に、デニッシュ系を家へのおみやげに買って帰りました。店を出て自分用のをちょっと食べ始めたら、おいしくって結局丸1個を歩き食い。いい年こいて何やってるんだか。

やっぱりこの店好きやなあ。うちはレコルトさんが近くにあるのですごく恵まれているけど、この近辺に住んでたり働いてたりする方がすごくうらやましいです。


青春18きっぷで春のトミー2人ツアー・後編(福井市)

(前編からの続きです)

DSCF6569
程なくやってきました、ここでは外せないシチュー。真っ黒けでようわかりませんが、今回は(左)ビーフ(右)タンの盛り合わせ。ズバッと切り分け、まずはビーフをmyblackmamaさんにどうぞとおすすめしたところ…
口に入れるやいなや「うわっ!」と声が出て、目を覆ってはります。やった〜!\(^_^)/ この方がおいしくて涙を流すシーンを見るのは僕はこれが二度目。「こんな料理食べたことない〜」といいながら喜ぶ姿を見て、わざわざ遠くまで一緒に来てもらって本当に良かったと思いました。側で様子を見ていたマダムにも、その感激が充分に伝わったと思います。かなりなレベルまで自分で料理する方だけに、このソースにかかっている手間とその凄さが一瞬で理解できるのでしょうね。ビーフもタンもあっという間に平らげて、セットに付いているご飯を全部投入し、残すことなくソースもきれいさっぱりいただきました。

ここまででそれなりに食べたけれど、まだなんか〆として食べたい。あれこれ考えているうちに、ふといつかの週替わりランチで見かけたモノを思い出し、もし可能ならとマダムに相談。厨房に訊いてもらったところ、時間がかかってもいいならということで、わざわざ作ってもらえることになりました。


DSCF6576
なんだかんだ話してるうちに登場したのが、こちら「海老のグラタンライス」。クリームコロッケは何度も食べてるけど、ここでライスグラタン系を食べてみたいと以前から思ってたんですよね。お店としても予定外の料理なので、わざわざベシャメル作るところからやってくれました。(無理言ってスミマセン)
スプーンでざっくりすくい取ったら、ご飯は予想外のサフランライス。サフランと海老とバターの香りが一帯となって、こりゃあ洋食の一つの醍醐味ですなあ。旨い旨いと2人でバクバク食ったので、断面写真を撮るのをすっかり忘れていました。これ食べながら、昔々たまに父が連れて行ってくれた店の名物「エビカニ飯グラタン」というのを思い出していました。今度はケチャップ系のライスグラタンも食べてみたい〜


DSCF6580DSCF6582
2人とも甘いのもイケるので、デザートはそれぞれフルーツやシャーベットも載っかったチーズケーキとプリンの2種をいただきました。これ食べて、myblackmamaさんは意識的に砂糖超控えめにしてあることを指摘。三代目いわく、料理の後で重すぎないように、通常レシピの(確か)6掛けくらいしか砂糖を使ってないのだとか。今まで何度も食べてるのに、そんなこと僕はなーんも考えてませんでしたw



DSCF6606
初トミーのmayblackmamaさんに涙を流すほど喜んでもらい、上機嫌でトミーを出発。徒歩でいつものスーパーに寄ったりしながらテケトーに駅方向へ。余り行ったことがない駅の西側の福井城址(福井県庁もあり)では、桜が五分咲き。福井では僕らが行った前日に桜の開花宣言があって、その2日後には満開宣言と史上最速だったそうです。出発当日の朝、マダムから「三分咲き程度ですよ〜」と連絡が入っていたのですが、食後にはここまで咲いてくれたおかげで予想外の花見も出来ました。
今度トミーに来るのは夏かなあ。


DSCF6627


青春18きっぷで春のトミー2人ツアー・前編(福井市)

年3回、青春18きっぷが使える時期になると、大好きなレストラン・トミーに行かねば気が済みません。今回は僕の都合で4月の1週目になってしまい、年度替わりの時期なので皆さん色々お忙しいだろうから同行者なしになるかもと思っていたら、なんと日頃何かとお忙しいmyblackmamaさんが名乗りを上げてくれました。myblackmamaさんは料理の腕前も相当なもので、トミーは今回が初めて。果たしてどんな感想が聞けるのか、とても楽しみです。


DSCF6586
途中わずかにダイヤの乱れがあったものの、予定通りに福井に到着。福井は初めてのmyblackmamaさんに駅周辺をざっくり案内した後、タクシーで開店まもなくのトミーに到着。
参加者が多いと色んな料理を頼めるんだけど、2人だと限られるのでどうしようかなあと事前に少し悩みました。シチューものは是非モノしても、あとはどうしたもんか。……うーん、決まらんなあ、めんどくさいし、もう考えるのやめっ!ってことで、当日出たとこ勝負にすることに決めていました。


DSCF6563
…で、メニューを見ながら相談の結果、タンシチューとビーフシチューのセット(前菜・パンかライス・デザート・コーヒー付き3500円)と、週替わりのシェフ特製ランチ(オードブル・スープ・メイン料理2種・パンかライス・デザート付き1890円)をいってみることにしました。
こちらはどっちのかよくわかりませんが、多分前者の前菜で、シーフードカクテルのアボカドソース載せ。後ろに見えてるとおり、飲み物は最初から赤ワインをフルボトルでマダムにお願いしたところ、myblackmamaさん好みなブルゴーニュのピノ・ノワールが出てきて早速喜んでいただけたようでした。

DSCF6557
続いて遠方から来訪のため?増量サービスバージョンのオードブル。ここまででも充分な量があったので、ワインがどんどん進みました。この後出てきたコーンポタージュをmyblackmamaさんにお譲りしたところ、「自分でもコーンから作るがこんな味にはならない」との感想。マダムいわく、ベースとなる野菜ポタージュにコーンをプラスして作っているからだそうで。



DSCF6565
ここからはメイン料理、まずシェフ特製ランチはポークのトマト煮込みとタンのクリームコロッケ。前者はレギュラーメニューにないので僕も初めて。ぶっといポークがゆっくり一晩かけてトマトソースで煮込まれていて、口の中で軽〜くほどけて旨味が湧き出します。レギュラーメニューにはない、トミーの新たな側面に出会えた感じがしました。
一方のタンクリームコロッケは、これまで僕は何度か食べたことがあるこの店のスペシャリテのうちの一つ(ぜひ左記のリンク先で断面もご覧下さい)。初めて食べるmyblackmamaさんの様子をうかがってると、一口これを口に入れるや、むむって感じでソースの味を再確認。しばらく味わって「このソース、すごいですね、なんやこれ」と。僕が、「だからこれが例のドミグラスです」っていうと、ほとんど無言のままソースつけてコロッケをムシャムシャ、ワイングビリ。

プレート一枚を綺麗に平らげてから、マダムに次の料理をお願いしますと伝えると…

(〜長いので後編に続く)


神戸をベースに、食べ歩き・料理・旅行記など、飲食ネタ中心です。