「大阪」タグアーカイブ

グリル南風(大阪・なんば)

2018-03-13 13.12.41
ひょんなことから急遽真っ昼間に難波まで行く用事ができました。どうせならということで課題の店リストを見てみたら、だいぶ前から行ってみたかった「グリル南風」が近くだったので即決定。周囲はアジア系観光客の皆さんだらけでしたが、13時過ぎの店内は落ち着いた雰囲気でした。
 

2018-03-13 13.13.18
ガラス越しの写真で見にくくてすみません。このメニュー以外にもオーソドックスな洋食系料理がたくさんあることが、後にお店に入って判明。

2018-03-13 13.16.08
ランチメニューもこれ以外にたくさん。1階は厨房とカウンター席だけ10席足らずですが、2階にテーブル席があるようです。
ちゃんと下調べしてはいなかったものの、年季入っていそうだし、ちゃんと手間をかけてはりそうな気がしたので、ビフカツにもハヤシライスにも大いにそそられました。でも昼限定だし安いし色々入ってるしで、おなじみランチ(800円)に決定。
 

2018-03-13 13.21.19
ご飯とコンソメスープに続き、メニューには「オムレツ・エビフライ・一口かつ」とだけ書いてあるのに、シルバープレートに盛られて出てきた料理が予想以上に盛りだくさんでびっくり。

2018-03-13 13.21.27
小さめながらエビフライは2尾・一口カツも厚めで肉質いい豚ヒレで2切れ、プレーンオムレツも含めいずれもできたて熱々でおいしい。付け合せは野菜類とプレーンな味付けのスパゲティの他にも、ナス・ウインナー&ピーマンの素揚げにハムやイカリングフライまでついてて盛りだくさん。
少し西に外れているとはいえ、この場所でこの価格でこの内容はかなりなコストパフォーマンスです。家族3人でお店をやってらっしゃるそうで、そういうこともあるからでしょうねえ。メニューが多いので、次回はできれば複数で来て色々食べてみたいなあ。(カツサンドも、うまそう…)

{お店データ}
住所:大阪市中央区西心斎橋2−7−4
電話:06-6211-2998
営業時間:12時〜21時(日曜は〜14時)
※ということは無休?
 


北浦酒店2回目からのハシゴ(大阪・天六)

2018-02-14 17.34.13
初めて行って大満足だった北浦酒店、そこを紹介してくれたこばやしさんから「冬場は鍋があるらしい」とのお誘いがあり、えて吉さんと3人で行って来ました。
 

2018-02-14 17.37.47
17時半頃に行くと既に常連さんが何人か、時間の経過と共にサラリーマン率が高まってきます。とりあえずポテサラとおでんと赤星、ちゃんと席が確保出来て良かった〜
 

2018-02-14 18.01.45-2
この日のメニューはこんなの、店の外観とのギャップが激しい。値段は書いてませんが、何を頼んでも心配無用なのは既に経験済み。
 

2018-02-14 18.07.46
上の写真のメニュー以外にも冷蔵庫にアテが入っていて、自分で選んで女将さんに自己申告するしきたり。こちらホタルイカの酢味噌和えは、この時点ではハシリかなって感じでした。
 

2018-02-14 18.11.12
メニューには載ってなかったんだけど、こばやしさんおすすめのう巻きは訊いてみたら作ってくれました。量・質とも必要充分な鰻、それよりなによりとろみ加減がいい玉子焼きが基本的においしい。ここでだし巻きとかあったら食べてみたいなあ。
 

2018-02-14 18.18.39
飲み物は最初ビール、その後僕は日本酒を解禁。春鹿の純米超辛口なんぞをいただいておりました。一杯の量がすごい。
 

2018-02-14 18.20.58
人数が多いほど色々頼めます。前回食べ逃していた豚天も楽々オッケー。ボリュームたっぷりで、ちゃんとした中華料理店クラスの出来。なんやねんこの店は。
 

2018-02-14 18.41.17
で、本日のメインターゲット・ミニ鍋…って全然ミニとちゃうやん!出汁が旨くてそれだけでも呑めるし、一人で来たらこれ一品で終わってしまいますなあ。
 

2018-02-14 19.07.58
どんなのか興味があって、〆は焼そば。目玉焼き玉子3個はさすがに人数に合わせてくれたんだろうとは思いますが、これもボリュームたっぷり。どこがどうってこともないフツーメニューのこの焼そばもおでんも、写真は載せなかった白菜・キュウリのぬか漬けも、なんかしらんがフツーじゃないんです。
前回初めて来てびっくり、2度目の今回もすごさを再確認。食べてみたいメニューがまだまだあるし、職場から天六はけっこう来やすいのでちょくちょく来てみたいなあ。
 

 
2018-02-14 19.43.41
その後2軒目は稲田酒店へ移動、めっちゃ混んでたけどみなさん詰めてくれてなんとか3人入れました。

稲田
ここでもアテいくつか。炙りタラコ旨かったなあ〜
 

2018-02-14 21.04.46
3軒目はえて吉さんと二人で、天満に来たらちょくちょく行ってるバー・シードでラム飲んで締め。

よく飲んで食べて、なんとか寝過ごさずに帰宅できました。天満付近は選択肢がアホほどあって、ほんまにすごいゾーンやなあと毎回圧倒されます。
 


「まん月」でもつ鍋2種(大阪・天満)

2018-01-18 18.54.07
数年前にひょんなことから見つけて以来、大阪でモツ鍋食べるならここと決めてる「まん月」。だいぶ前からえて吉さんを誘ってたんだけどなかなか縁がなく、この度やっと日程が合ったのでどうせならといつものメンバーに声をかけたら、*あきこさん*とだいこんさんも加わり、総勢4名が揃いました。
 

2018-01-18 18.59.062018-01-18 18.59.21

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

焼き物系色々に、メインのもつ鍋が白味噌と醤油の2種。どっちを食べようか迷うところなんですが、今回4名集まったのは嬉しいことで、何故ならこれくらいの人数ならもつ鍋を2人前ずつ、両方味わえるんです♫

 

2018-01-18 19.01.26
鍋の準備ができるまでのアテとして、まずは福岡ではポピュラーな酢もつ(410円)。湯通ししたもつを薬味とともにポン酢で食べるシンプルな食べ方だけに、もつの素性がもろに出ます。ここの酢もつはほんとに品が良くって、もつ好きの方にとってはちょっと物足りないかもしれません。逆に、苦手な人でもここのならきっと食べられるはず。

2018-01-18 19.03.07
続いてすじの煮込み(400円)、こちらは柔らかくこっくりとした味付け。これはこれでおいしいんだけど、ここでどちらか食べるとしたら断然酢もつをおすすめします。

 

2018-01-18 19.26.22
そしていよいよもつ鍋登場、まずは醤油から。鍋料理ってなかなか写真撮っても絵になりにくいんですが、これはご覧の通り端正なルックス。見ただけで調理した人の細やかな心遣いが鍋から伝わってくるようで、実際ここのご主人はものすごく親切で気配りがすごいんです。
で、こちらの醤油味、肝心のスープがとにかくおいしいんですよねえ。このースープに良質のもつとここんとこは高級品な各種野菜が合う合う。二人前を四人であっという間に食べきり、この鍋には一旦ご退場いただきます。

 
2018-01-18 19.46.28
間髪置かず続いて白味噌味。シンプルな醤油味もいいんだけど、やはりもつと味噌は出合いもの。こっちはこっちでこれまた旨いんですよ。そしてまた野菜もこの味噌味に合う合う。こちらもあっという間になくなったので、もつやら野菜やらを追加発注、その度にご主人は一旦鍋を下げて、追加分を綺麗に鍋に仕込んでから持ってきてくれます。あー、いい人。

 

2018-01-18 20.46.41
そこそこ食べて、〆の中華そば第一ラウンドを白味噌味でズズズッと。

2018-01-18 21.04.04
今度は最初の醤油味の鍋に戻してもらって、野菜も追加して〆の中華そば第二ラウンドを醤油味で。

何年か前のブームの時はそこいらじゅうもつ鍋屋だらけでしたが、今や関西地区ではさほど見かけません。地元博多で経験を積んできたここのご主人はいいもつの仕入ルートを持ってるらしく、とにかく質がいいです。スープ2種も甲乙つけがたく、どちらか選べといわれても迷ってしまうほど。それに加えてこの気持ちのいいご主人、と条件が揃ってて、ほんとにいい店。ちょっとわかりにくい場所にあるのでフリで入ることはあまりないでしょうから、是非是非探して行ってみて下さい。もつが苦手な人でもきっと大丈夫。

{お店データ}
住所:大阪市北区同心2-3-29
電話:06-6356-0314
営業時間:18時~24時
定休日:水曜

 
 

(個人的備忘録として)
2018-01-18 18.01.40
まん月の前に、以前から行きたかった寅屋に立ち寄って、ちょっとだけ助走つけました。こちらも噂どおりいい店。


洋食 泉(大阪・福島)

2018-01-10 18.44.45
年に数回おっさん4人で集まる食事会をやってて、場所はいつも僕が決めることになっています。今回ふと思い立って洋食 泉のサイトを見たら、ちょうど予定日に空席があるじゃないですか。なかなか席が取れず長年課題のままだったので、即決定。
 

2018-01-10 19.10.56
予約した時からカウンター席しかなかったんだけど、途中で4人がけテーブルが空いたので移動させてくれました。料理はあらかじめ1人6000円のコースを予約済。〆以外は日替わりのお任せです。一品目は写真撮り忘れで、こちらが二品目。

2018-01-10 19.20.45
諸事情により半年ぶりのこの集まりだったので、積もる話も色々。料理の説明をメモるヒマもなく、今回は備忘録として料理については写真のみあげておきます。

2018-01-10 19.28.50
スタンダードな洋食メニューもあれば、フレンチっぽいのとか色々。ポーション少なめで、次々と軽快に料理が出てきます。

2018-01-10 19.46.07
今回の料理で一番印象に残ったのは、このブリの赤ワインソースでした。

2018-01-10 20.01.06
カレーソースのミンチカツ。どのお皿も盛付けが丁寧で美しいです。

2018-01-10 20.14.33
ビフカツサンドは1人一切れずつ。手で食べるビフカツって感じで、パンに比べて圧倒的存在感のあるビフカツでした。添えてあったパンのミミを揚げて砂糖をまぶしたの、久しぶりに食べたなあ。

2018-01-10 20.20.55
オムライスはいわゆるタンポポタイプで、あらかじめ切り目を入れておき、サーブしてからお皿を揺らしてオムレツをはらりと開く演出。

2018-01-10 20.23.03
4人で一皿なので、各自好きなだけ取り分け。

2018-01-10 20.29.43
デザートとコーヒーでコース終了。一品の量が少なくても色々出てくるので、最終的にはお腹いっぱいで満足満足。

初めてだったこともありコースを頼んでみたのですが、感じは掴めたので次回はアラカルトでいってみたいです。意外にも1人客もいらっしゃり、そういう使い方もできるのかと。タイミングが合って予約が取れれば、ぜひまた再訪したいです。

{お店データ}
住所:大阪市福島区福島7-5-16
電話:06-6457-0888
営業時間:17時~22時
定休日:日曜・祝日・第3月曜
 


八戸ノ里駅周辺をテケトーにハシゴ(大阪・八戸ノ里)

数年前から年に2度ほど近鉄の八戸ノ里駅付近に行く用事があり、機会があったらこの辺で飲んでみたいなあと思っていました。今回はちょうど頃合いの時間に用事が済むスケジュール組みができたので、事前にえて吉さんを誘っておいて、用事終わりに周辺をうろつくことにしました。

 
◎一軒目:ちとせ

2017-12-13 17.05.02

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

この辺で飲んでみたいなあと思ったのは、数年前にこの店の前を通りかかったことがきっかけでした。もともとあった新世界から数年前に移転した串かつ屋さん、場所柄値段もこなれていて気軽に立ち寄れそうです。初めてだったので、バラでオーダーするのではなく10本2000円のコース(写真右下)をお願いすることにしました。

2017-12-13 17.03.20
まずはコース外のどて焼きとビールで乾杯。

2017-12-13 17.10.06
最初に出てきたのは、牛・玉ねぎ・アスパラ(写真は二人前)。コロモのきめが細かくふわっと軽め、ソースも薄味で胃もたれしにくいタイプです。

2017-12-13 17.29.37
その後、豚・鶏唐(串なし)・しいたけ・貝柱・大海老・ししゃも・チーズちくわと、ペース良く出てきて軽々とコース完食。いずれもネタが大きく(特に海老)、かなりリーズナブルに感じました。

2017-12-13 17.45.52
〆にじゃがいもとなすを追加してお勘定。ビールからチェンジした芋焼酎もでっかいグラスに並々で、おいしくコストパフォーマンスがいいお店でした。

 

◎二軒目:酒肴処 うちだ

2017-12-13 18.08.32
集合時間前にえて吉さんが周辺をうろついて目をつけていたお店。路地少し入ったところにあって、周辺の街の雰囲気とはいい意味でちょっと違う空気感を保っています。

2017-12-13 18.14.212017-12-13 18.15.35
品数豊富で割烹っぽいメニュー構成ながら、お手頃価格。メニューの字が読みやすくて味があっていいなあと思ったら、ご主人の奥様による手書きとのことでした。

2017-12-13 18.19.26
カウンター8席、奥に半個室6席があり、僕らは前者でまずは突きだし。

2017-12-13 18.15.10
この日は僕も日本酒を解禁して、「松の寿」ってのを冷やで。えて吉さんは山形の「かっぱ」ってのを燗でいってはりました。

2017-12-13 18.23.13
えて吉さんの希望でなまこ酢(580円)。串カツのあとなのでそんなに量は入らないから、こういうのでちびちびやるのがちょうどいいです。

2017-12-13 18.30.53
僕の希望で里芋しんじょの野菜あんかけ(780円)。手間がかかってる料理をいただきながら日本酒を飲む幸せ。

2017-12-13 18.47.15
ホタルイカ沖漬け(300円)もいただいて、これにてお勘定。二軒目なので今回は軽くジャブを打った程度でしたが、これはヒットでしたね。次回八戸ノ里に来たらここ中心で再訪したいです。

 

◎三軒目:スコティッシュ パブ ブリッジェンド

2017-12-13 19.36.03
それなりに酔っぱらってたので写真はこれ1枚しかありません。ここもえて吉さんが事前にロケハンして目をつけていたお店で、3軒とも至近距離にあります。僕らよりはだいぶ若い店主が一人でやっておられ、この人がめっちゃオタッキーというかプロフェッショナルでお酒とかその他モロモロ詳しい人で驚きました。酒の種類は多いしデッドストックものあるし、料理も間口が広くてオリジナリティもあるし、正直なところ「八戸ノ里になんでこんな店があんねん」って感じでここも大ヒットでした。15時から営業してるので、軽くやって次の店に繰り出すってのもできるし、ここも再訪必至。オモロイ店です。

八戸ノ里って駅のすぐ近くにしか飲食店がないように思うんですが、予想外にレベルが高くて狭いゾーンで個性的な店に連発で遭遇出来て、意外な展開でした。行ったことない街をうろつくのってやっぱり楽しいなあ〜