「大阪」タグアーカイブ

昨夜「畑分店」にて(大阪・大正)

IMG_6001
昨夜は久しぶりに「さのや」に行ったら臨時休業で、それならそれでということで「畑分店」にチェンジ。ここはここで大好きな店なので全く問題なし。芋焼酎お湯割とおからでスタート。
 

IMG_6003
このご時世にも関わらず、大繁盛。さすがやなあと思っていたら、その前数日はがら空きだったとか。何にしても満遍なくとはならんもんですなあ。体重を気にしつつ、おでんは大根とこんにゃく。特にこんにゃくうまし。
 

IMG_6004
メニューには上がってなかったけど訊いたらあるってことだったので、かす汁を。ここのかす汁、好みなんです。芋焼酎をお代わりし、某所への差し入れにおでんを6つ持ち帰りにしてもらって、全部で2000円ちょっと。やっぱりいい店です。

…これだけしか食べてないのに、今日になったら体重増えてました。納得できんが、家に帰ってからちょこっとつまんだ後で、屋台の夜鳴きそば食べてしもたからなあ。まあめったに食べられへんから後悔してないけど。
 

安いうまい楽しい穴場「B.B.QホルモンMOU」(大阪・大正)

IMG_5338
ちょくちょく行ってる「さのや」近くをうろついている時に見かけて気になるなあと思っていたら、某氏から「ここええで」と勧められました。事前に検索してみたら食べログ未掲載(後でわかりましたが固定電話がないため?)でその他にもあまり情報がなく、ともかく昨年9月にオープンしたことは確か。当たりかハズレかようわからんけど、こういうのが好きそうなえて吉さんと一緒にビニールカーテンを開けてともかく入ってみることにしました。
 

IMG_5340

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

ビニールカーテン内はL字型のカウンターがある立飲みで、15人程で満席でしょうか。レギュラーメニュー以外に中央上部は手書きの日替わりメニュー、「白ごはんだけ持ち込OK!!」はちょっと珍しい。そして何よりかにより、ともかくどれも値段が安い!
 

IMG_5341
まずはカクテキとキムチ(各150円)で生ビール(250円)。値段が値段なもんでどんなものが出てくるかと思ったら、生ビールは発泡酒ではなくサイズはいわゆる中ジョッキ。キムチ類も150円とは思えないボリュームで、辛味はそれほどではなく、適度な甘味・酸味・旨味が感じられて好みなバランス。出だしから、おー、ええやんって感じでした。
 

IMG_5343
本命のホルモンの前に、日替わりメニューからせっかくなので牛上ハラミ(500円)を頼んでみたところ、こちらも予想を超える量と質。昨今赤身ブームでハラミが品薄とも聞きますが、これが500円で出てくるとは驚き。
 

IMG_5347
そして一番気になっていた牛ホルモンが登場。これ、写真では伝わりにくいんですけど、結構な盛りなんです。ホルモンも質がいいのは値段が上がっているそうですが、臭みなく噛むほどに質のいい旨味が沁み出してくるこれが150円とは驚愕。一人ならこれだけで酒3杯くらいイケてしまうこと間違いなしの、高コストパフォーマンスな一品です。大正駅の反対側にあった「ほるもんBarおかだ」が閉店してしまい、あの店のホルモン串を恋しく思っていただけに、その後継が見つかってとてもうれしく思いました。
 

IMG_5349
もう一品ということで牛あかせん(300円)で〆、こちらも安くてうまい。この後もう一軒行くことになっていたので今回はここでお勘定でしたが、これだけ食べて二人とも生ビールと焼酎を1杯ずつ飲んで、トータルなんと2150円のまさにセンベロ。久々に内容も価格も大当たりで、これはトライした甲斐がありましたねえ。
 

IMG_5335
肉やタレ、なかなかお目にかかれない油カスまで安価で販売しているということは、よほどのルートがあるんでしょう。焼酎のお湯割を頼んだら、好みの濃さで飲めるようにポットを持ってきてくれたり、その他諸々見かけによらず(失礼)細やかな心遣いが感じられるのもなんだかホンワカ楽しくて、こりゃいいお店に巡り会えました。他に食べたいものいっぱいあるし、安いうまい楽しいでリピート確定。

{お店データ}
住所:大阪市大正区三軒家東1-2-4
電話:080-8318-0093
営業時間:月〜金17時〜23時 土13時〜23時 日13時〜21時
不定休
 

「さのや」ダイジェスト(大阪・大正)

IMG_4082
さのや」には相変わらずちょくちょく行っています。毎回あげてるときりがないので、今回は5回分の中から出来るだけレギュラーものでないのを選んでみました。
 

IMG_3059
9月の末に行った時、メニューを見たら仙鳳趾の牡蠣を使った酢牡蠣があったので、速攻で注文しました。

IMG_3064
ネギにまみれてよくわかりませんが、結構でかいのが2つ分入ってて280円。関西でどれだけメジャーになってるか知りませんが、仙鳳趾の牡蠣ってうまいんすよね。
 

IMG_3165
こちらはたまにあるメニュー・ハンバーグと目玉焼き(330円)。ここのハンバーグ、かちっとしてて好みなんです。
 

IMG_3814
サンマのお造りは生姜醤油で400円。器が小さめで見た目からしてそんなに大した量には見えないけど、一尾分入ってるので掘り返せばどんどん出てきました。艶々のピカピカで甘〜い。
 

IMG_3820
じゃがいもとほうれん草とベーコンのグラタン(300円)。グラタン好きなもんで、見かけるとつい注文してしまいます。この手の洋風メニューもあるのが、さのやの好きなところの一つ。
 

IMG_4085
以前飲んだことがある芋くさい芋焼酎・山猪を見かけたので、この日はバリキングの後はこればっかり飲んでました。
 

IMG_4090
写真だけではなんだかようわかりませんが、すごくでっかい粒のカキフライが2個で300円。どこ産とは記載されてなかったものの、他のメニューからおそらく宮城県産「もちかき」かと。うまかったなあ、このカキフライ。今んとこ今シーズン一番のカキフライです。
 

IMG_4417
そして、茶碗蒸し(280円)。細いけど、本物のカニ足が一本刺さってます。

IMG_4421
その他の中身は、ゆりね・三つ葉・ゆば、鶏肉も入ってたかも。湯葉が入ってる茶碗蒸しって初めてだけど、どこかでそういう習慣あるんですかね。ま、茶碗蒸し好きなんで具が何であれいいんですが、湯葉もとても良かったです。こういうのはやはり日本酒ですなあ。
 

とん幸(大阪・久宝寺)

IMG_4387
えて吉さんとこの新入りネコ・ぽん太に会いに行くことになって、じゃあ近所でどこかに食べに行くかということになり、事前に調べてみたら最寄駅の久宝寺駅近辺にも良さげな洋食屋が何軒かあることが判明。そんな中から選んだ「とん幸(とんこう)」は、結構歴史を感じさせる店構えでした。
 

IMG_4392IMG_4394

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

店内はカウンター席と4人がけテーブルが4卓。メニューはとってもオーソドックスで、「手づくりにこだわる洋食の店」って書いてあるのがいいですね。年配のご夫婦らしきお二人で店を切り盛りされていて、長年実直にやってこられたのだろうなあと感じました。
 

IMG_4397
早めの時間からえて吉さん宅で飲んでから来たこともあって、ちょっと記憶があやふやですが、多分これはポークカツレツの単品1300円。とんかつ定食だとライス味噌汁付きで950円なのでもう少しサイズは小さいのだろうけど、とにかくこれはものすごく立派なサイズで厚みも十分。デミグラスソースも甘さを抑えたいい出来だし、付け合わせの野菜やスパゲティも丁寧に盛られており、一目見ただけでこれはアタリと確信しました。
 

IMG_4399
もう一品は、そんなに食べられないので確かBセット(1200円)のおかずだけいただきました。エビフライ・白身魚フライ・ハンバーグと洋食三種の神器が揃い踏み、付け合わせもスパゲティからハムとマカロニサラダになってるところにこだわりを感じます。あとで調べてみたらこのBセットはここの人気メニューだそうで、さもありなん。このボリュームと内容でこの価格はかなりなコストパフォーマンスです。大阪には「とん」がつく洋食屋さんが何軒かあり、ここもなんらかその流れの中の一軒なのかも。とにかくいい店に当たりました。
近辺にはグリル平田とかグリルショップやのとかも見つかったので、八尾って結構洋食レベル?が高いのかもしれません。機会があればまた行ってみたいです。

{お店データ}
住所:大阪府八尾市渋川町6-2-1
電話:072-992-4266
営業時間:11時半~15時 17時~20時半
定休日:木曜
 

今年の秋もスタンドアサヒ(大阪・南田辺)

IMG_3403
初めて来たのが4年前。それ以降一度間が開いたものの、秋になるとこばやしさんにお願いして「スタンドアサヒ」を予約してもらっています。
 

IMG_3405

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

ここに来る時のメンツは、毎回こばやしさん・えて吉さんと僕で、今回4回目。
 

IMG_3408
まずはいつもどおり、ほぼ突き出し的存在の炊合せ。鯛の子・貝・かぼちゃなど、ちょっと甘めの味付けのいいアテです。

IMG_3411
テカテカ光るきずしは300円のお買い得。
 

IMG_3414
昨年品切れで食べられなかった鯛の骨蒸し(値段不明)は、こばやしさんが事前に予約しておいてくれました。立派なお頭がドーン。三人でつつき合って綺麗に平らげました。いくらか知らんけど、見た目の迫力もすごく迫力食べ応えがあって、これは値打ちありましたねえ。
 

IMG_3415続いてこの日のメイン、この時期にここに来るのはこの松茸土瓶蒸し(600円)が目当てだから。

IMG_3417
松茸の風味はもちろん、出汁が要。ちょっとすだちを搾りいれつつ日本酒とともにいただくと、ああ今年も秋が来たなあと実感させてくれます。これが600円とはなあ〜
 

スタンドアサヒ
(左上)とりきも焼を頼んだら一本しかなかったので、替わりに?勧められた(右上)うなぎの肝焼きは裏メニュー。こんなにたくさん盛られてくるとは思わなかったのでびっくりしました。(左下)なす田楽(250円)(右下)ちょっとあっさり目なのも欲しくてわけぎぬた(250円)。どれを取っても飲めるアテばっかりですな。
 

IMG_3423
まだ寒くなり始めではありましたが、みんな好きなもんでカキフライ(700円)。ここはとんかつとかエビフライとかも値打ちものなんです。
 

IMG_3431
〆に松茸ご飯(400円)を一杯注文して、ワケワケしつつ飲み納め。

流石に同じ時期に4度目ともなると初めてメニューは少なくなりますが、どれも美味しいのでリピート大歓迎。むしろ今までに食べて良かったけれど今回見送ったもの(例えば鯖からまぶしとかうなぎ白焼きとか)もまた食べたい。秋の土瓶蒸しは欠かせないと思いつつ、別の季節にも来てみたいなあ(と去年も書いてました)