「大阪」タグアーカイブ

ちょくちょく「さのや」(大阪・大正)


相変わらずちょくちょく「さのや」に通っております。
 


この日は一人でいつもどおり最初はバリキング頼んで、好物のポテサラ(120円)。最近ディッシャーで入れてくれるんだけど、お箸でざっくり入れてくれたほうが居酒屋らしいんだけどなあ。
 


以前食べてすごく美味しかったホルモン煮込み(260円)をメニューに見つけたもんで、速攻で注文。今日はうずら卵も盛られており、ホルモンは相変わらずプルンプルンで上品なだしが激ウマ。
 


メニューをよく見たつもりだったのに見返してみたらセコガニ(580円)を見落としていたのに気づき、慌てて注文。時間をかけて身をせせりだして、今シーズン初めての味を楽しませてもらいました。
 


飲み物はバリキングをチェイサーに、最近こちらで知った麦焼酎「トヨノカゼ」ロックを追加。これ、以前から大好きな「兼八」と同じくはだか麦が原料で、例の香ばしいかおりがするんです。値段も安く近々自宅用にも購入の予定。
 


最後に揚げ物が食べたくて、でも量はそんなにいらなかったので、ハムカツ(120円)で〆。

バリキング1・トヨノカゼ2にセコガニ含めこれだけ食べて、2500円ちょっとは相変わらずのハイコストパフォーマンス。食べてみたいものは他にも色々あったんだけど、セコガニでかなり満足してしまったので、一人ではこれが限界でした。
 

 

sanjoya
で、これはまた別の日に、さのや2度目の娘と二人で来た時。ポテサラ(120円)・あんぽ柿のクリームチーズ(280円)・つくね(180円)・もう一本の串はなんだったか忘れました・焼き椎茸・じゃがいもピュレのブルーチーズ春巻き(180円)と、少しずつを色々。
 

IMG_7901

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

そしてこの日のメインはお造り盛り合わせ(二人前)、圧倒的なボリュームと質を是非大きな写真でご覧下さい。この日のネタは、活け赤貝・タコ・本マグロ赤身&キハダマグロ(だと思う)・茹で海老(だったと思う)・剣先イカうに載せ・シマアジ・茹でヤリイカとワケギの辛子酢味噌。盛り合わせメニューがないので値段がわかりませんが、一人前1000円前後じゃないでしょうか。混み合っている時はなかなかお願いしにくいので、タイミングさえあれば是非オーダーしたいです。
でもこれ食べたらかなり満足してしまうので、他のメニューが頼めなくなるのが難点。やっぱり通うしかありませんなあ。
 


スタンドアサヒ再々訪(大阪・南田辺)

IMG_7825
秋も深まってきて今年もアレを食べに行けたらいいなあと思っていたら、図ったようにこばやしさんえて吉さんから「スタンドアサヒ」へのお誘いがありました。
 

IMG_7798

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

3年前昨年に続いて今年で3回目。今回はメニューの近くの席だったので、ちゃんと写真に収めることができました。
 

IMG_7794
まずはほぼお通し的ポジションのこちらの名物・炊合せ。この手の煮物は好きなので大歓迎です。最初だけビールでしたが、やっぱりこの手のアテだと日本酒が欲しくなってすぐにチェンジ。
 

アサヒ1
続いてはわけぎぬた(250円)・刺身盛り合わせ(値段不明)・焼鳥(200円)・さばからまぶし(300円)。きずしにおからをまぶしたさばからまぶしはここ以外では見かけたことがなく、まさにもうどうしようもなく日本酒に合う一品。
 

IMG_7803
そしていよいよ本命登場。これが食べたくって来たんです。

IMG_7805
一人一つずつの松茸の土瓶蒸し、まずはだしを注いですだちをちょっと絞って。ベースのだしが美味しくって、そこに松茸の風味が加わって、ああ今年も秋が来たなあとじんわり実感。土瓶の中には松茸やら鱧やらいろいろ入っていて、でもやっぱりこの料理はだしが一番のごちそうですなあ。これで600円は超ありがたい。
 

IMG_7812
売り切れ前に本命をちゃんとゲットできたので、以降は気の向くまま・気軽に注文できます。で、メニューを見たときから注文する気まんまんだった鰻を白焼きで(1500円)。ここで鰻を何度か食べていますが、いつもどおり肉厚でボリュームがあってかといってたるみがなく、この価格とは思えない代物でした。

アサヒ2
お腹もぼちぼち膨らんできたので、軽めのアテを連発。めざし(250円)・とろろ(300円)・おでんの豆腐・ここでは食べたことがなかったげそバタ焼(300円)など、一品の値段が安いので気軽に色々頼めます。
 

IMG_7823
仕上げは松茸ご飯(400円)を一つだけ頼んで、ご飯とお漬物をアテ的にお酒を飲みながらいただきました。ご飯で日本酒を飲むって割と好きなんで、たまにやるんですよね。(ただしご飯がおいしい場合に限る)

南田辺って駅は僕からするとかなりわざわざな位置。でも、この店のためだったら喜んで足を運びます。秋の土瓶蒸しはもちろん、他の季節にも来てみたいなあ。
 


邯鄲小吃館で出張中華三昧(大阪・駒川商店街)

2018-08-30 18.55.34
以前「龍麺坊」って店で腕を振るっていた出張中華料理?の大将が、大阪の駒川商店街の倉庫でお店をやっているということで、前回同様*あきこ*さん・LAKSAさん・だいこんさん・えて吉さんと僕の5人で行って来ました。あまり僕は事情がわかってないのですが、大将は以前住之江で「邯鄲小吃館(ハンダンショウチュカン)」という店をやっていて、今は駒川商店街近くのこの場所でやってはるとのこと。店名看板はなく、以前の建物使用者?の「有美堂」の表示のまま。わかってなかったらここが飲食店とは誰も思わないでしょう。
 

2018-08-30 19.54.08
店内は飾りっ気一切なし。写真右側には小上がりがあり、ベニヤ板貼ったみたいな壁で仮設感バリバリ。こういうのあかんわ〜って方もいるでしょうが、僕はこの手のワケわからなさがけっこう好きなんです。
 

2018-08-30 20.54.36
びっくりしたのは調理器具で、なんとカセットコンロとフツーの家庭用のフライパンを使ってはるんです。大将曰く、出張料理人だから火と鍋さえあれば大丈夫とのこと。すごいなあ。
 

ハンダン
今回の料理は一人3000円のおまかせ(ドリンクは別途)。予め用意されていた涼(冷)菜は、ミズダコわさび風味・枝豆・鯛刺身のピリ辛和え・いちじく・セロリと湯葉の和え物・茹でたコブクロとネギの和え物で、これだけでもかなりなボリュームと多彩さです。
 

2018-08-30 19.20.15
炒め物は中国家庭料理の定番の一つ・トマトと玉子の炒め物からスタート。これ、僕もちょくちょく作るんですが、好きなんですよ。
 

2018-08-30 19.22.31
続いて、牛すじとじゃがいものカレー煮。肉じゃがみたいだしカレーみたいだし。
 

2018-08-30 19.34.33
そしてドカーンとスペアリブのオイスターソース煮。以前来た時も笑ってしまいそうなほどの骨付きの煮豚が出てきましたが、これも相当なものでしたねえ。
 

2018-08-30 19.45.12
個人的にはこれがこの日の一番・炒め肉とネギの干し豆腐巻。運ばれてきた時は小麦粉で作った皮かと思いきや、よく見ると干し豆腐。濃いめの味付けの肉とちょっとツンとくるネギとの組み合わせがよく、とても気に入りました。
 

2018-08-30 19.57.47
ぶどうが出てきたのでデザートかと思ったら、ぶどうソースの海老の炒め物でした。ここまでの料理の流れとはちょっと違っていて新鮮。
 

2018-08-30 20.23.57
そして〆は皮から手作りの水餃子(ひょっとして羊肉?)。中身ももちろんですが、皮がモチモチで旨かったですねえ。
 

以上、全部で12品。お店に入る前からその怪しさにワクワク、入ってからもその雑然さ?を楽しむことができ、安くて量もたっぷりで旨い料理の数々が味わえて、ほんとにすごい&オモロイ店でした。ここの大将、只者やないなあとつくづく思います。

参考サイト:メシ通/ホントは秘密にしておきたい「倉庫中華」で脂っこい中国料理のイメージが完全に覆された
 

{お店データ}
住所:大阪市東住吉区中野1-15-28
※それ以外はあまり定かではありません…
 


越後屋を偲んで「さのや」(大阪・大正)

しょっちゅう一緒に飲み食いしてるえて吉さんとこのネコ・越後屋が先日亡くなってしまいました。人んちのネコなんだけど、僕が初めてえて吉さんに会った日、いきなり家に泊めてもらう展開になり、その時が越後屋との初対面でもあるんですよねえ。それ以来14年、自宅に伺った時に会ったりえて吉さんのブログで拝見したりで、とても親しみを感じていただけに本当に残念でなりません。
 

2018-09-20 16.12.50
でももうけっこういい歳だったし、最後はそれほど苦しまなかったそうなので、これでヨシとするべきなんでしょう。早いうちに越後屋の弔い酒をしたいなあと思っていたら、たまたま仕事が早めに片付くことがわかったので、えて吉さんに声をかけて二人ともお気に入りの「さのや」に開店即飛び込みしてきました。
最初はいつものバリキングでスタート。一足先に到着したえて吉さんがオーダーしていたへちまと豚のチャンプル(240円)はいい塩梅の塩味、ポテサラ(120円)は玉子たっぷりで、いつおどおりちょっとしたアテでも魅力が一杯です。
 

2018-09-20 16.29.21
僕はペットを飼ったことがないんだけど、過去に色々経験してるえて吉さんからして、越後屋はかなり個性が強くて頭がいいヤツだったそうです。買い主に似て?食い意地が張っているので晩年は超巨大ネコと化しており、病院に連れて行くのも一騒動だったようですが、それもまた傍観者からすればちょっと笑かしてくれるネタでした(ゴメン)
色々思い出話をしながら飲んでたら、お願いしていた刺身の盛り合わせが登場。とらふぐのぶつ切り・ボタン海老・鯛の肝・カンパチ・シマアジ・ハマチ・まぐろ・炙った貝柱にウニを挟んだものと、これまでの中でも一番の豪華さ。盛り合わせ価格が書いてないのでいくらかわかりませんが、ものすごい満足感でした。
 

2018-09-20 16.31.25
豪華なものが出てきたので、ちょっと中休み的にゆりねチップ塩昆布和え(280円)を頼んでみたら、なかなか面白い組み合わせ。塩昆布で味付けするってのは簡単で色々応用きくなあと改めて思いました。
 

2018-09-20 16.32.04
最近日本酒は控えているんだけど、今日はせっかくの弔い酒なんで解禁。金澤屋の夢の香秋あがりなんちゅうのをいただきました。
 

2018-09-20 16.55.58
メニューには食べてみたいものが一杯あるので、よくよく考えて注文せねばなりません。鰻好きとしては見逃せない国産鰻炙り串焼きと揚げ山芋と野菜天(380円)は狙いどおりの大ヒット。これで380円はほんとに素晴らしいです。

2018-09-20 17.05.49
えて吉さんリクエストで鯨のさえずり生姜醤油(380円)、かに味噌クリームチーズ(240円)とミョウガスライス(200円)はリセット的に。
 

さのや
もともとしんみりしたのは好きじゃないし、盛大に越後屋を送り出すためにも食べたいものをバンバン注文しました。ラストを飾る揚げ物3連発はローストポークのブリトー(350円)・ブルーチーズとジャガイモのピュレ春巻き(300円)・エビフライ(350円)。和食だけでなくこの手のメキシカン・スパニッシュ系みたいなのがあるのもこの店の魅力で、一人ではなかなか注文しにくいものも食べられて、大満足でした。弔いの会なのに、なんでかえて吉さんにごちそうになってしまいなんか申し訳なかったけど、明るく送れたからヨシとさせて下さい。
 
 


この世で出会えたら来世でもまた出会えると、どういう訳か僕は信じています。
越後屋、先に行って元気で待っててな〜(=^..^=)
 


「じん田」でうなぎ三昧(大阪・天満)

2018-09-06 13.53.08
年に一度おっさん四人で鰻を食べる機会があって、店の選択は僕に任されています。同じ店ばかりでは面白くないので毎回新店にトライしており、今回は少し前からの課題店「じん田」をチョイス。

2018-09-06 13.53.20
天満市場近くの飲食店がひしめき合うゾーンにあって、創業以来100年超。元々は店内で鰻をさばき職人さんが手作業で関西風に焼き上げる持ち帰りメインのお店ですが、2年ちょっと前に2階で食べられるようになりました。
 

2018-09-06 13.58.39

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

メニューはさすがにほぼ鰻だらけ。お店のサイトに写真入りメニューがあるので、どうぞ参考になさって下さい。
鰻を食べた後に予定があったので、店を予約する時に「注文してから出てくるまでどれくらい時間がかかりますか?」と尋ねてみたら、「一階で持ち帰り分を含めてどんどん焼いているので、時間はかかりません」とのお答えでした。そりゃそうかw
 

2018-09-06 14.05.11
まずはビールで乾杯〜、アテはうざく(880円)。もともとパリッとした鰻がややしんなりしていて、そこに胡瓜・ミョウガ・白胡麻がよく合います。ポン酢がジュレ状でからみやすく、涼しげな器と共に爽やか感を醸し出していました。これ秀逸。
 

2018-09-06 14.07.11
続いての白焼(3300円)は。ドーンと迫力があって無駄な脂分を感じさせず、ややクリスピーな仕上がりの関西風。なんのごまかしもきかず素材と技術だけ、さすが鰻の専門店って感じで、個人的にはこれがこの日一番の好みでした。お見事。日本湯が飲みたかったけど、この後のこともあるし焼酎ロック一杯だけで我慢せざるを得なかったのが残念でした。
 

2018-09-06 14.11.18
ふわふわのう巻(1000円)は、鰻はもちろん、だし巻き部分も熟練の技を感じさせてくれました。一階で数をこなしてるからこんな風に完璧に巻けるんでしょうねえ。
 

2018-09-06 14.25.27
そしてメインのうな重は、張り込んで特上(4200円)をイってみました。関西風地焼きの鰻の出来の良さは白焼きで既にわかっていたとおり。ただ、タレがちょっと僕には甘口でした。もうちょっときりっとしてるか、あるいは少なめのほうが好みでしたね。もちろん敢えて言えばであって、鰻自体がおいしいんだからうな重がおいしかったことはいうまでもありません。

次回ここに来たら、うざくと白焼きで日本酒飲んで、〆にタレ少なめでうな重(そんな注文できるのかどうか知りませんが)が理想的かな。今や少数派になった関西風の鰻が(昨今の鰻高騰からすれば)リーズナブルにいただけて、わざわざ天満まで来た甲斐がありました。蒲焼き持ち帰りでもいいかもしれませんね。

{お店データ}
住所:大阪市北区池田町7-6
電話:06-6882-5115
営業時間 :1階店舗/9時~17時
2階食堂/11時~15時 17時~22時
定休日:日・祝