「大阪」タグアーカイブ

とん幸(大阪・久宝寺)

IMG_4387
えて吉さんとこの新入りネコ・ぽん太に会いに行くことになって、じゃあ近所でどこかに食べに行くかということになり、事前に調べてみたら最寄駅の久宝寺駅近辺にも良さげな洋食屋が何軒かあることが判明。そんな中から選んだ「とん幸(とんこう)」は、結構歴史を感じさせる店構えでした。
 

IMG_4392IMG_4394

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

店内はカウンター席と4人がけテーブルが4卓。メニューはとってもオーソドックスで、「手づくりにこだわる洋食の店」って書いてあるのがいいですね。年配のご夫婦らしきお二人で店を切り盛りされていて、長年実直にやってこられたのだろうなあと感じました。
 

IMG_4397
早めの時間からえて吉さん宅で飲んでから来たこともあって、ちょっと記憶があやふやですが、多分これはポークカツレツの単品1300円。とんかつ定食だとライス味噌汁付きで950円なのでもう少しサイズは小さいのだろうけど、とにかくこれはものすごく立派なサイズで厚みも十分。デミグラスソースも甘さを抑えたいい出来だし、付け合わせの野菜やスパゲティも丁寧に盛られており、一目見ただけでこれはアタリと確信しました。
 

IMG_4399
もう一品は、そんなに食べられないので確かBセット(1200円)のおかずだけいただきました。エビフライ・白身魚フライ・ハンバーグと洋食三種の神器が揃い踏み、付け合わせもスパゲティからハムとマカロニサラダになってるところにこだわりを感じます。あとで調べてみたらこのBセットはここの人気メニューだそうで、さもありなん。このボリュームと内容でこの価格はかなりなコストパフォーマンスです。大阪には「とん」がつく洋食屋さんが何軒かあり、ここもなんらかその流れの中の一軒なのかも。とにかくいい店に当たりました。
近辺にはグリル平田とかグリルショップやのとかも見つかったので、八尾って結構洋食レベル?が高いのかもしれません。機会があればまた行ってみたいです。

{お店データ}
住所:大阪府八尾市渋川町6-2-1
電話:072-992-4266
営業時間:11時半~15時 17時~20時半
定休日:木曜
 

今年の秋もスタンドアサヒ(大阪・南田辺)

IMG_3403
初めて来たのが4年前。それ以降一度間が開いたものの、秋になるとこばやしさんにお願いして「スタンドアサヒ」を予約してもらっています。
 

IMG_3405

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

ここに来る時のメンツは、毎回こばやしさん・えて吉さんと僕で、今回4回目。
 

IMG_3408
まずはいつもどおり、ほぼ突き出し的存在の炊合せ。鯛の子・貝・かぼちゃなど、ちょっと甘めの味付けのいいアテです。

IMG_3411
テカテカ光るきずしは300円のお買い得。
 

IMG_3414
昨年品切れで食べられなかった鯛の骨蒸し(値段不明)は、こばやしさんが事前に予約しておいてくれました。立派なお頭がドーン。三人でつつき合って綺麗に平らげました。いくらか知らんけど、見た目の迫力もすごく迫力食べ応えがあって、これは値打ちありましたねえ。
 

IMG_3415続いてこの日のメイン、この時期にここに来るのはこの松茸土瓶蒸し(600円)が目当てだから。

IMG_3417
松茸の風味はもちろん、出汁が要。ちょっとすだちを搾りいれつつ日本酒とともにいただくと、ああ今年も秋が来たなあと実感させてくれます。これが600円とはなあ〜
 

スタンドアサヒ
(左上)とりきも焼を頼んだら一本しかなかったので、替わりに?勧められた(右上)うなぎの肝焼きは裏メニュー。こんなにたくさん盛られてくるとは思わなかったのでびっくりしました。(左下)なす田楽(250円)(右下)ちょっとあっさり目なのも欲しくてわけぎぬた(250円)。どれを取っても飲めるアテばっかりですな。
 

IMG_3423
まだ寒くなり始めではありましたが、みんな好きなもんでカキフライ(700円)。ここはとんかつとかエビフライとかも値打ちものなんです。
 

IMG_3431
〆に松茸ご飯(400円)を一杯注文して、ワケワケしつつ飲み納め。

流石に同じ時期に4度目ともなると初めてメニューは少なくなりますが、どれも美味しいのでリピート大歓迎。むしろ今までに食べて良かったけれど今回見送ったもの(例えば鯖からまぶしとかうなぎ白焼きとか)もまた食べたい。秋の土瓶蒸しは欠かせないと思いつつ、別の季節にも来てみたいなあ(と去年も書いてました)
 

100年に向かってGO!ネスパ(大阪・梅田)

IMG_3349
長いことご無沙汰でどうなってるのか気になっていたネスパに行ってみたら、店頭に90周年(1928年創業)のポップと「100年に向かってGO!」って書いてあったので、相変わらず元気そうで嬉しくなってしまいました。
 

IMG_3329

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

行ったのが平日12時過ぎ、店内満員。しばらく外で待ちましたが12時半頃にはランチ第一陣が続々お勘定を済ませて出ていったので、それほど待たずに済みました。

IMG_3332
以前はランチメニューの種類はもっとあったように思うんですが、店頭メニューを見る限りでは、話題らしいチキンライスにのっかるナポリ・ミンチカツ&エビフライ・2種のサービスメニュー・2種のサービスランチのほか、このとんかつランチと豚バラ丼に絞られているようでした。ピークタイムじゃなければこれ以外も注文できるんじゃないかと思うんだけど。
 

IMG_3333
席について、生ビールのMサイズを注文。こんな陶器のジョッキで出てくるんや。ほどなくコンソメスープが登場、胡瓜が入ってたのが記憶に残ってたんだけど、今回はオクラが入ってました。
 

IMG_3342
選んだのはトンカツランチ(540円)、ご飯は白米・玄米から選べます。圧倒的に安いせいか、周りの注文を聞いていても9割方がこのメニューでした。肉質いいし厚みもそこそこあるし、伝統のドミグラスソースが使われていて、その上スープ&ご飯お替わりOK、コーヒーつきなんだからそりゃ人気ありますわな。お店としても確実に売れる看板メニューがあるなら、仕入を集中できるメリットもあるし、お互いにとってウインウインかと。

本来はもっともっと洋食っぽいのを食べたかったんだけど、まずはお店が元気そうだったので一安心。これ以外のメニューが食べたかったら、昼のピークタイムを外せばいいだけのことで、それはまた日を改めて(←いつになるやら)。以前気になっていた3000円で食べ放題企画も月火水の夜限定で継続中のようなので、だれか一緒に行ってくれませんかねw
 

3年ぶり4度目のカンバッシー(大阪・天神橋)

IMG_2997
昨年末に自分で旗振り役をしながら急用で参加できなかった、スペイン料理のカンバッシーでの宴会をしようと再び旗を振ったところ、*あきこ*さん・えて吉さん・LAKSAさん・myblackmamaさん・しげるさんと僕との6名が集まることになりました。
 

IMG_2999

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

前回行ったのが3年も前とは思わなかったなあ。ここの料理はボリュームがあるし他で食べられないものだらけなので、人数が多いほうがより楽しめるんです。

IMG_3002

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

こちらがレギュラーメニュー。これ以外に黒板メニューも色々あるので迷うところ。まずはタパスの盛り合わせを頼んで、それをアテに飲みながら次を検討するのが毎回のパターンです。
 

IMG_3008
まずはシードルをお願いしたら、マダムが突き出しを持ってきてくれました。地中海マジョルカ島の名物で本来は豚のひき肉で作る腸詰め・ソブラサーダのかつおバージョン。ペースト状で旨味が深く、ちょろっとだけで充分飲める。最初からこんなん出てきたらこの先どうなることか。
 

IMG_3018
「まずは」どころじゃないタパスの盛り合わせ、これだけで充分満足できそう。ジャガイモのアリオリソース/うずら卵のサフランソース煮/インゲンのスペインオムレツ/手羽先のアドボ(漬け焼き)/かぼちゃのオーブン焼/キノコの炒め物/豚肉のチョコレート(カカオ?)煮。
どれも旨くて早速ワインを注文したのは言うまでもなく。特に印象的だったのは、真ん中の豚肉のチョコレート(カカオ?)煮で、なんでか知らんが僕は当初チョコレート味がわからなかったんです。なんたるバカ舌と恥ずかしかったんだけど、ソースをパンに付けてみたらわかりました。なんでやったんやろ。
 

カンバッシーワイン1
この日飲んだワインその1は白で2本。大体の感じをいうとシェフやマダム(カタルーニャ出身)が候補を3本くらい持ってきてくれて、どんな味か・値段はいくらかなど親切に説明してくれます。そういえば今回からスペイン人の女の子がフロアに入ってました。
 

IMG_3010
で、タパス以降何を食べるか検討の結果、今まで食べたモノの中でリピートしたいのもあったんだけど、初物尽くしでいこうということに。マダムに席まで来てもらって「黒板メニューここからここまで」(右側全部)と注文、人数に会わせて増量してもらうことにしました。
 

IMG_3023
初めに出てきた「山羊のチーズとソブラサーダのオーブン焼き・トマトのジャム」がいきなり強烈。かつおじゃなくて豚肉のソブラサーダをじゃがいもに載せて焼き、その上にマダムの出身地近くで作ってる山羊のチーズとトマトのジャムをさらに載せたものでした。
もうね、これね、ものすごく旨いとしかいいようがない。けっこうクセがある(といって食べにくくはない)山羊のチーズと、旨味しっかりのソブラサーダ、そこにお供させたトマトジャムの甘味酸味の組み合わせが抜群。個人的にはこれが今回の一等賞でした(ほかのももちろんおいしいんだけど)。
 

カンバッシーワイン2
この日飲んだワインその2は赤で2本。右側のMARIA GANXAは現地の言い伝えで、「イタズラする子を連れ去る魔女」なんだとか。飲み過ぎたらあかんよ〜ってことか。
 

IMG_3025
こちらパタタブラバスは揚げたパタタ=ポテトの上にピリ辛ソースをかけたスペイン定番料理だそうです。今回のソースにはイカのわたも使われており、ワインが進む進む。
 

IMG_3028
お次はジャンボマッシュルームのオーブン焼き。マッシュルームというか、かなりでかい椎茸みたいな感じ。
 

IMG_3036
ラス前は鯛のオーブン焼き。ロメスコソース煮ってのもありましたが、こちらを選びました。

IMG_3040
鯛も旨いがそのエキスを吸った野菜類がまた旨い。白インゲンがいいですなあ。
 

IMG_3041
〆はカタルーニャキノコとお肉のパエリャ。定番のパエーリャは魚介類の旨味、こちらは肉とキノコの旨味。どっちもいいしパスタを使ったフィデウアも食べたいけど、全部は無理だしなあ。
 

IMG_3011
お腹一杯になっても、デザートは別腹の人なんです。

IMG_3049
デザート食べない人もいたし、バレンシア地方のドリンク・オルチャタってドリンクにチョコアイスを載せたクバニートを選んだ人もいたり。こちらはバスク地方の濃厚なチーズケーキにチョコミントのアイスクリーム添え。まったりみっちりしたチーズケーキに、フレッシュなミントが感じられるアイスクリームが超好みでした。

相変わらず何食べても飲んでも旨いし、マダムもシェフもいい人だし、ほんとにカンバッシーは最高です。料理食べててもこのエントリ書いてても、ものすごくスペインに行ってみたくなりました。いつか絶対に行くぞ!
 
 ◎参考リンク:スペイン料理定番リスト/旅スペイン.コム
 

正宗屋相合橋店(大阪・なんば)

IMG_2767
何年か前にえて吉さんに連れてきてもらって以来、正宗屋相合橋店には何度か来たことがありますが、エントリするのも妻と一緒に来るのも初めてでした。
 

IMG_2751
平日の14時半頃にもかかわらず店内はほぼ満席。空いてた場所がおかずケースの前だったので、何があるか一目瞭然で好都合でもあるし、誘惑多すぎでもあるし。
 

IMG_2747
まずはビールに、ここ初めての妻に紹介がてらの名物カステラ(魚卵の上にカニみそ載せ・360円)ときずし(460円)。カステラは本来なら日本酒のお供にしたいとこですねえ。
 

IMG_2752
定点観測的にポテサラ。いつもなのかどうか知らんけど人参多めでした。
 

IMG_2754
隣のお客さんが頼んでておいしそうだったので空心菜炒め(390円)。どうってことないねんけどおいしいねんなあ。
 

IMG_2757
続いて、最初にメニュー見た時から気になっていたキーマカレー(360円)は、既にできてるのを温めて仕上げに温泉玉子載せて。懐かしい感じの路線のカレーっぽくもあり、ちょっとワインが欲しかったりして楽しい。どの料理も、注文受ける度に板長さんが嬉々として微笑みながら料理してるのが、とても気分良かったです。
 

IMG_2764
反対側のお客さんが食べていたのを見て、とうもろこしのかき揚げ(310円)。もちろん塩で、シンプルで自然な甘味のおいしさ。

ビール以外にチューハイだかも飲んで、お勘定は2930円。やはりさすが名店、旨くて安くて楽しく飲めて素晴らしい。

{お店データ}
住所:大阪市中央区千日前1-4-14
電話:06-6211-0339
営業時間:[月~金]12時半~24時半[土]11時~[日]8時~
定休日:水曜