禁煙立吞み ゼファー食堂(神戸・JR神戸駅 海側)

IMG_6065
昨年8月にオープンした禁煙立吞み ゼファー食堂、そのうち行こうと思っていたら半年以上も間が空いてしまいました。2号線東川崎の交差点にあって、車で走っていても赤地にパンダの暖簾がよく目に入ります。
 

IMG_6081

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

禁煙以外にもいくつかルールがあることは事前に知っていました。特に厳しいわけではなくごくごく常識的なマナーばかりで、強いて珍しいものと言えば、トイレでは座って用を足すことが義務付けられていることくらいでしょうか。まあこの方が清潔ですもんね。
 

IMG_6074
入り口入ってすぐのショーケースの中のものは自己申告制のセルフサービスで、お箸やおしぼりなど必要なものを自席へ持っていく合理的なシステム。手間をかけずコストを抑える工夫がみられます。
 

IMG_6068IMG_6072
12席とコンパクトながら、食べ物メニューは豊富。趣味の釣り関係ルートを生かして仕入れたものや、スパイスカレー、韓国料理、かと思えば駄菓子アレンジものがあったりとジャンルが広いです。
 

IMG_6071IMG_6073
ドリンクも色々ありますが、特に力を入れておられるのはホット・アイスともある各種お茶割り。レギューラー10種類以外に日替わりお茶割りもあり、過去のお茶割りリストを見ると、ようこれだけ色々と(いい意味で)遊べるもんやなあと思いました。
 

ゼファー亭
最初のアテ、ショーケースの中から選んだ玉子サラダ(ロールパン付)は写真撮り忘れ。飲み物はまず始めに以前から飲んでみたかった「茶筅で点てた緑茶割り」をば。注文してから一杯ずつ作ってくれる凝りようで、お茶の風味がリッチです。もう一杯のお茶割りは桂花茶割り、こちらもすいすい飲めてしまうのでアブナイ。途中からお腹が膨らんできたので、江井ヶ島ホワイトオークゴールドのロックにチェンジしました。
 

IMG_6076
アテ2品目は、お揚げさん一枚のちりめん山椒チーズ焼。揚げがパリパリ香ばしくておいしい、アイデア料理。これ家でもやってみよ。
 

IMG_6080
店主のゼファーさんはブロガーとしても有名です。10年程前に一度某所での飲み会で同席してるはずなんですが、ぶっちゃけ顔も覚えておらずどうしたもんかと思っていたんですが、ゼファーさんのほうは同席したことがあったことさえ覚えておられず、ああよかったと妙に安心してしまいましたw
 

IMG_6082
もう一つのアテは、こちらに伺ったらぜひ食べてみたいと以前から思っていた鹹豆漿(シェントウジャン)。これ、台湾に行った時に何度か食べたことがあって、すごく好きなんです。中華風の揚げパン・油条と一緒に食べるのが定番なんですが、ゼファー亭では合理的にアレンジしてバゲットをお供に。載っかってるラー油はもちろん、干し海老がいい仕事してるなあと思いました。台湾で食べるのとはちょっと違うけど、鹹豆漿を食べられるところがなかなかないので、食べたくなったらまた来ようっと。
 

ゼファーさんとはほぼ初対面でしたが、楽しい時間を過ごさせていただきました。けっこう飲んだはずなのにリーズナブルだったしおいしかったし、ここからだったら歩いて帰れるし、また寄らせてもらいます。

{お店データ}
住所:神戸市中央区相生町5-1-15 エムビル 1F
電話:080-6753-8062
営業時間:16時~23時
定休日:日曜・祝日