一泊二日名古屋飲み食い旅(7)〜旅の締めくくりは「末廣屋」へ

01:30 14.43.36
朝からビール飲んで昼は洋食食べながらワイン飲んで、15時前には今回最後の店「末廣屋」へ移動。だいこんさんは何度もここに来たことがあって、15時開店なのに15時に来たら大概すでに満員なんだそうで、30分くらい前に来て外で並んで開店を待ちました。えて吉さんは以前15時ちょい過ぎに来て満員で入れなかったそうですが、今回は無事セーフ。早めに店を開けてくれて速攻で席に着いたので、店の外観写真は撮れませんでした。

01:30 14.44.32

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

基本的にはぶら下がってるお品書きから注文するんですが、書くのが間に合わないのがあるので、カウンターまで見に行ったほうが良さそうです。
 

01:30 15.11.20
気難しい店ではないですが、刺身は開店しばらくしてからでないと出てこないとか、色々とだいこんさんに教えてもらいながらぼちぼち注文していきました。まず初めに牛すじ大根煮(400円)を頼んだら、さすがの味噌煮込み。

末廣屋
赤車海老(500円)ふき竹の子(300円)/マグロ刺身(700円)/山かけ(だったと思う・500円)/鯖味噌やったけなあ。

01:30 15.35.00
「めじろかくふ」(300円)ってお品書きが途中で下がったのでなんかいなと思って聞いてみたら、愛知県ではアナゴをメジロと呼ぶのだそう。かくふ=角麩は岐阜・愛知以外の地域では食べられないローカルフードだそうで、関東の「ちくわぶ」に似てるなと思いました。こりゃメニュー見ただけでは僕ら関西人にはわかりませんわ。

いずれの料理もやや濃い目・甘めの味付けで、安価でビールとかよりも日本酒によく合います。常連さん率が高く、お店で顔馴染み同士って感じの方々も多々見受けられ、和気藹々でいい感じの居酒屋でした。こりゃ開店即満員になるのもごもっとも。地元の方にとっては当たり前でも、僕ら他所もんにとっては未知なものに出会うこともでき、いい経験をさせてもらいました。

長々続いた名古屋飲み食い旅エントリもこれにて終了。一泊二日とは思えない充実した旅をガイドしてくれただいこんさんに、心から感謝します。それにしても、よう食べてよう飲んだなあ。

◎関連エントリ:朝からしっかり飲み食い 名古屋の旅 その2/こんなの食べたよ