やっと行けた蘭州牛肉麺「一天一面」(神戸・三宮)

IMG_2813
数年前からネット上で蘭州牛肉麺なるものをよく見かけるようになったなあと思っていたら、あれよあれよという間にメジャーになって来て、カップヌードルは出るわ神戸にもトントンと2軒続けて専門店ができました。そのうちの一軒・「一天一面」でやっと本物をいただいてきました。
 

IMG_2817

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

メニューは牛肉麺以外に羊・牛の串焼きやちょっとしたおつまみなどで、自動販売機でチケット買うシステム。

IMG_2819
茶たまごとライス以外のトッピングは、ディフォルトで入ってるのの増量用。

IMG_2816
僕はノーマルの牛肉麺(850円)にパクチートッピング(150円)を自販機で購入。その後、席に置いてある用紙にパクチーあり/なし・葉ニンニクあり/なし・ラー油の量・肉の角切り/スライス・麺の種類を記入して、店員さんにチケットと共に渡します。

IMG_2821
卓上の調味料は酢のみ。辛さはあくまでラー油で調整するようです。
 

IMG_2826
しばし待って登場。中央に角切り肉、丼の12時位置から反時計回りに大根・ラー油・葉にんにく・パクチー、スープの奥に麺が見えてなかなか見栄えがします。

IMG_2828
麺を持ち上げてみると、ずっしり重い。

IMG_2838
この写真ではちょっとわかりにくいですが、麺の断面は縦に長い二等辺三角形になっています。きしめんの片方の側からもう片方の側に厚みが増していってる感じとでもいいましょうか。そのお陰で一本の麺の幅?のうちで弾力や噛み応えが違っていて、今までに経験した事がないとても面白い食感でした。

IMG_2833
食べてみた感じは、かなりしっかりしたうどんっぽいきしめん。麺の量が多く、200gは軽くあったんじゃないでしょうか。とてもじゃないですが替玉なんて僕には無理です。スープをすすってみると確かに牛(ぎゅう)。脂っこくもなく重過ぎることもなく、牛ならではの旨味とコクがあってとてもおいしい。そしてこのスープに、それぞれのトッピングがとてもマッチしています。
初めて来た割りには、三角麺・煮牛角切り・パクチー追加を選択したのは正解。ラー油の量を並にしましたが、これは多めのほうが良かったと思っています。あと、スープを吸った大根が思ってた以上においしかったので、お腹に余裕があるならトッピングで増量してもいいかもしれません。麺の種類を変えることで、また違った発見があるのでしょう。

蘭州牛肉麺の店なんて今までなかったからどうなんだろうと思っていましたが、先日店の前を通ってみたら結構繁盛していました。新しいタイプの麺類として、これからもっともっとメジャーになっていくんでしょうかね。

{お店データ)
住所:神戸市中央区加納町4-7-7
電話:078-381-8551
営業時間:【平日】11時~15時 17時~23時半【土・日・祝】11時~23時半
定休日:なし