「焼鳥・焼きトン」カテゴリーアーカイブ

超久しぶりに「鳥光」へ(神戸・三宮さんプラザ)

IMG_8440
「京都在住ながら時々地元に帰ってくる同級生」が久しぶりに神戸に帰ってきたので、彼の希望で「鳥光・三宮さんプラザ店」に行くことになりました。めっちゃ久しぶりやなあ、須磨の本店なんて何十年も行ってないなあ。
 

IMG_8450IMG_8452

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

彼はここでは手羽定食(1070円)と決めていて、僕はご飯は要らないので単品で行くことに。手羽定食って、手羽以外に串も3本付いてて確かにお得なんですよね。
 

鳥光
まずはミンチ・砂ずり(各350円)・心臓(450円)。ここんとこちゃんとした焼鳥を食べたかったので、うまかったです。特に心臓が良かったなあ。
 

IMG_8464
ここの手羽身焼(800円)が好きなので塩で頼んだら、めっちゃでっかいのが出てきてびっくり。こんなに大きかったっけ。後で他のものも頼むつもりだったんだけど、これだけで充分満足させてもらいました。
 

IMG_8467
積もる話はあるしまだ飲みたいしということで漬物盛り合わせ(400円)を頼んだら、これまた盛りだくさん。これでまたお酒を追加してしまいました。

久しぶりだったけど、やっぱりうまかったです。でも、手羽身がでかかったのがうれしい誤算で、串ももうちょっと色々食べたかったな。

{お店データ}
住所:神戸市中央区三宮町1-8-1 さんプラザ B1-047
電話:078-391-3696
営業時間:11時半~15時 17時〜21時半
定休日:月曜日(祝日なら営業)
 

「丸萬」でいつものを(神戸・湊川)

IMG_7723
明るいうちからゆっくりしたかったので、1年ぶりの「丸萬」へ。お店の前はちょこちょこ通ってるし大好きなお店なのに、なんでこんなに間隔が開いてしまうんやろ。まあここだけじゃないけど。
 

IMG_7733-2

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

レギュラーメニューの一部と日替わりメニューの一部。

IMG_7727
こちらの黒板には日替わりメニューがずらり。「びのす貝」ってなんなんかなあと思っていたら、こんなんやったんか。
 

IMG_7738
妻リクエストで「小蛸煮物」(400円)。最初はビール飲んでたんだけど、途中から常温の日本酒にチェンジしました。ちょっと甘めの煮物が日本酒によく合います。
 

丸萬1
毎回と言っていいほどオーダーするポテサラ(300円)他、手羽塩焼き(500円)・かしわきも焼(300円)・砂ずり(300円)と鶏メニューを色々。ここんとこずっと焼鳥を食べたかったので、少し欲求が満たされました。(しかしまだまだ焼鳥食べたいっ!)
 

IMG_7747
〆は穴子箱寿司と迷うところですが、バッテラ(500円)。これまたちょっと甘めで日本酒に合うし、妻は半分おやつ感覚で食べてるんとちゃうかなあ。(知らんけど)

たまに来るとやっぱりお気に入りのものを注文してしまうので、毎回ほとんど同じものになってしまいます。ポテサラ・きずしorバッテラ・手羽はほぼレギュラーメンバーで、ブログネタ的には面白くないけど、食べたいんだからしょうがない。ここでは恐らく今後も変わらんでしょうw
 

姫路駅の駅弁・台湾/日本鶏めし味くらべ(JR姫路駅)

IMG_4859
昨日は青春18きっぷでちょいと西の方に行ってたんですが、途中姫路駅のホームで、「えきそば」で有名な「まねき食品」の駅弁売店に出くわしました。
 

IMG_4864

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

けっこう種類豊富、さすが日本で初めて幕の内を売り出した駅弁屋だけのことはあります。ここの「名代あなご寿司」は昔から好き。

IMG_4866
「炙り煮穴子と焼き穴子のあいのせ重」とか「牡蠣ごはん弁当」とか、気になるのが色々あり。
 

IMG_4860
そんな中、一番気になったのがこちら「台湾/日本 鶏めし味くらべ」。そういやまねき食品が台北で駅弁を売ってるって話を聞いたことがありました。

IMG_4878
気になったので買って帰りました。台湾は排骨風、日本は照り焼風。

IMG_4874
左・排骨風は八角(五香粉?)が効いた甘辛味の揚げ煮で煮卵添え。中央に辛子高菜を挟んで、右・照り焼風は鶏肉の下にそぼろが敷かれており、錦糸卵・獅子唐・パプリカ載せ。今日びの駅弁としては980円というのはやや安い部類に入ると思いますが、価格の割には予想以上の出来。とにかく鶏肉のボリュームがたっぷりで、台湾・日本の違いもちゃんと感じられます。強いて言うなら、なんらかの辛味(一味とか)で味変させたくなるのと、全体的に味付けが濃いので、弁当というよりもむしろ飲むときのアテに向いてるってことくらいでしょうか。いやー、なかなか楽しい駅弁に出会うことができました。
 

ちょこっと「三枡」へ(神戸・元町)

IMG_4825
うまくタイミングがあったので、久しぶりに行ってみたかった「三枡」にちょこっと寄ってきました。待たずに入れてラッキー。
 

IMG_4817
何も言わなければ3本ずつ出てきますが、今回は2本ずつお願いしました。値段がようわからんのだけど、お勘定の時に串を数えてはったので、均一なのかと思いきやそうでもなさそう。
 

三枡
上から順に(一本しか写ってないけど)皮・バラ肉・手羽先。焼き場の真横だったので、真剣に焼き続ける大将の姿を拝見しながら、大瓶ビール飲んでキャベツも齧って、〆て1290円。ビール490円やから焼鳥6本で800円。安ぅ〜
年季の入った常連さんが多そうなのに新米にも居心地が良く、とてもいいお店です。今度はもっとちゃんと焼鳥らしいのを食べにきたいな。
 

今年の秋もスタンドアサヒ(大阪・南田辺)

IMG_3403
初めて来たのが4年前。それ以降一度間が開いたものの、秋になるとこばやしさんにお願いして「スタンドアサヒ」を予約してもらっています。
 

IMG_3405

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

ここに来る時のメンツは、毎回こばやしさん・えて吉さんと僕で、今回4回目。
 

IMG_3408
まずはいつもどおり、ほぼ突き出し的存在の炊合せ。鯛の子・貝・かぼちゃなど、ちょっと甘めの味付けのいいアテです。

IMG_3411
テカテカ光るきずしは300円のお買い得。
 

IMG_3414
昨年品切れで食べられなかった鯛の骨蒸し(値段不明)は、こばやしさんが事前に予約しておいてくれました。立派なお頭がドーン。三人でつつき合って綺麗に平らげました。いくらか知らんけど、見た目の迫力もすごく迫力食べ応えがあって、これは値打ちありましたねえ。
 

IMG_3415続いてこの日のメイン、この時期にここに来るのはこの松茸土瓶蒸し(600円)が目当てだから。

IMG_3417
松茸の風味はもちろん、出汁が要。ちょっとすだちを搾りいれつつ日本酒とともにいただくと、ああ今年も秋が来たなあと実感させてくれます。これが600円とはなあ〜
 

スタンドアサヒ
(左上)とりきも焼を頼んだら一本しかなかったので、替わりに?勧められた(右上)うなぎの肝焼きは裏メニュー。こんなにたくさん盛られてくるとは思わなかったのでびっくりしました。(左下)なす田楽(250円)(右下)ちょっとあっさり目なのも欲しくてわけぎぬた(250円)。どれを取っても飲めるアテばっかりですな。
 

IMG_3423
まだ寒くなり始めではありましたが、みんな好きなもんでカキフライ(700円)。ここはとんかつとかエビフライとかも値打ちものなんです。
 

IMG_3431
〆に松茸ご飯(400円)を一杯注文して、ワケワケしつつ飲み納め。

流石に同じ時期に4度目ともなると初めてメニューは少なくなりますが、どれも美味しいのでリピート大歓迎。むしろ今までに食べて良かったけれど今回見送ったもの(例えば鯖からまぶしとかうなぎ白焼きとか)もまた食べたい。秋の土瓶蒸しは欠かせないと思いつつ、別の季節にも来てみたいなあ(と去年も書いてました)