「ランチ」カテゴリーアーカイブ

「佳景」再開(神戸・元町)

R0003887
再開されたと聞き、早速行って来ました。
 

佳景1
今回も豆とそのだしがおいしかったです。鯖寿司は予約した時にお願いしておきました。
 

R0003902
相変わらずどれもこれも手が込んでいて、女将さんの「料理好きさ」が伝わってきます。
 

R0003916のコピー
この器は年代物だそうで、鳥の形(下が頭)。職人さんはどうしてこういうものを作ろうと思ったんかなあ、面白いなあ。
 

佳景2
女将さんのトークも相変わらず。爆笑ネタ色々で料理以外にも楽しませてもらいました。
 

R0003921

R0003922
ぼちぼちの再開なので、当面は予約があった場合のみの営業だそうです。少しずつ世の中が元に戻り始めていますね。
 

ニューヤスダヤ 謎のカレー弁当

IMG_7654
僕以上に妻がハマってしまったニューヤスダヤの謎のカレー弁当を、テイクアウトしてきました。今回で3度目、今日はほうれん草アンチョビマスタードキーマ、これで500円は安いなあ。
いつまでこの弁当やるんですかと尋ねたところ、「今月いっぱいかなあ〜」とのこと。どうぞお早めに!
 

IMG_7648
 

木灰そば 太陽人/もっかいそば てぃだんちゅ(神戸・六甲道)※追記あり

IMG_7489
JR六甲道駅のすぐそばに沖縄そば屋ができているという情報が入ってきました。その気になればそれっぽい沖縄そばを食べられないこともないけれど、なんと立ち食いメイン・沖縄独特の茹でてから油をかける麺ではなく生麺使用・加えて沖縄でも数少ない手法で麺を打っているとなれば、興味が沸かないはずがありません。
 

IMG_7492
改札口を出て南隣のビルに移り、一つ下の1階に降りたら、「木灰そば 太陽人」はすぐに見つかりました。沖縄県外で自家製麺をする場合「沖縄そば」という名称を使用することができないため、この屋号になったそうな。

IMG_7498

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

沖縄そばというとゴワッとしてるというかちょっとモソモソした食感が特長なんですが、かん水を使わず灰汁(あく)を使った沖縄そばは何軒か経験があり、ゴワッとしてたりしてなかったり色々でした。
◎参考リンク:すばの細道(2)独特すぎるその食感/さとなお.com
 

IMG_7494

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

そばは基本の木灰・唐人・白湯以外にも色々あり、オプションとしてソーキ・ラフテー(この日は品切れ)、オリオンビールや泡盛も。いくら立ち食いメインとはいえ、生麺使用でかけ290円は安いなあ。
 

IMG_7507IMG_7510
店内は基本セルフの立ち食いですが、2席・4席のテーブルもあります。まあこの価格設定なんだから、泡盛飲みつつ長居するわけにはいかないですね。
 

IMG_7514
注文してから麺が湯がかれ、出来上がりを取りに行ってテーブルへ。こちらは木灰(もっかい)そば+ソーキで490円。かつおぶし(右下)がセットになっていて、好みでトッピングできます。

IMG_7516
そばの上にはネギと針生姜、鰹節・昆布・豚出汁からなる塩ベースのクリアなスープは薄味ですごく上品。麺は、オープン当初の細め平麺から今は細いストレート麺に変わっており、ちぢれもなくすらっとしてごわごわ感はなし。生麺から茹でたせいなのか、とにかく単純に「麺がおいしい」。いわゆる「沖縄そば」のイメージを持ってかかると面食らうかも知れませんが、このスープと麺の組み合わせはシンプルに「ああ、これいいなあ」と思いました。
 

IMG_7528
ソーキは骨がなく、お箸で切れるほどホロホロ。僕は沖縄そばにソーキは特に必要とは思ってないタイプなんで、できればこれをアテにビールか泡盛飲んで、仕上げにそばをいただくのが理想です。
 

IMG_7506
IMG_7517
もう一つの「唐人そば」はスープ以外は木灰そばと同じ。かなりまっ茶ッ茶のスープを見て、京都の新福菜館を思い出しました。

IMG_7523
見た目ほど醤油辛くはなく、木灰そばのスープの塩っ気を薄めとするならこちらは標準、木灰そばの上品さを貴族とするなら、唐人そばは庶民といったところでしょうか(ようわからん表現でスミマセン)。食べる前は醤油抜きのほうが好みなんだろうと思っていましたが、食べてみるとこっちのほうが好きかも知れません。もう一つの白湯そばとか、胡麻が入ったのとかも早く食べてみたいなあ。

沖縄そばの麺って蕎麦じゃなく小麦で作るから、中華麺と同類なんですね。それにあっさり出汁を合わせるってのは、考えてみれば姫路のアレと同じ。後日店主さんのクラウドファンデイングページを見つけて、この木灰そばのルーツが「えきそば」だったと知り、ああそうだったのかと色々合点しました。
しかしこのレベルの沖縄そばが290円で食べられるとは、六甲道周辺にお住まいの方が羨ましい限りです。駅から近いしまた食べに行こうっと。

{お店データ)
住所:神戸市灘区深田町4-1-39 メイン六甲 1F
営業時間:11時半~15時
 (火曜のみ17時~21時だが5/21現在自粛中)
定休日:水曜
 

【以下、2020年7月2日追記】
お店のフェイスブックの情報によると、7/2にリニューアルされ、フルサービスに変更・出汁や麺を改良・同時に最大100円程度値上げされるようです。アグレッシブで楽しみですなあ。
 

久しぶりに「大力」でランチ(神戸・新開地)

IMG_7386
そういや長い間「大力」に行ってないなあと思って来てみたら、いつも通り営業されてて何やらほっとしました。

IMG_7388-2

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

前回来てから2年も経ってたとは思わなんだ。その間にお昼の定食は880円から970円に値上げされてるけど、まあこのご時世ですしね。
 

IMG_7392
店内に入ると、カウンター席の間隔が以前より広くとられている以外はいつも通り。平日12時過ぎでもサクッと座れて、お店にとっては色々大変だろうけどラッキーでした、
 

IMG_7400
お惣菜とメインは月曜と金曜に内容が変わります。主菜は注文があってから作り始めるので、少し時間はかかっても出来たてあつあつ。

IMG_7406
上段はほうれん草のクルミ和え、なすびとひろうすのオイスターソース炒め。
中段はだし巻き、名物のそばずし、糠の香り豊かな香の物。

IMG_7408
下段は空豆入りあんかけ豆腐、豚の天ぷら。
毎度ながら品目数多くて色々盛ってあるので、これはどんなんなんかなあと楽しみながらいただけます。お味噌汁と香の物だけでもご飯一膳は軽いので、その他をアテに飲んでから仕上げるのもオッケー。本来は割烹なので日本酒が欲しくなる味付けですが、今回はビールと一緒にいただきました。雰囲気落ち着いてるし料理はおいしいし、毎度ながら昼間っから贅沢な気分にさせてもらいました。
 

IMG_7413
コロナウィルスが収束するまでの期間限定で、お昼の定食を持ち帰り可能。お味噌汁は付いてないけど750円のサービス価格です。早く収束して欲しいけれど、テイクアウトするならお早めに!
 

ニューヤスダヤのカレー弁当2回目(神戸・JR神戸駅)

IMG_7091
前回初めて買って妻もえらく気に入り、リクエストに従って2回目のニューヤスダヤ謎のカレー弁当(500円)。今回のカレーはスプラッターな真っ赤っかで、ビーツ使用。辛さは控えめだったけれど、スパイス効いてて(当たり前)旨かったっす。これはハマりますな。