「ランチ」カテゴリーアーカイブ

「群愛茶餐廳」で飲茶三昧(神戸・南京町)

R0000161-3
久しぶりに家族四人が揃い、義母も誘って五人で食事に行くことになりました。条件はランチタイム・予約可・それなりの店、ということで思いついたのが群愛茶餐廳(ぐんあいツァツァンティン)。前から狙っていたのである程度人数が揃っていて色々食べられるのは好都合、初めて行く店だけど群愛系なら大丈夫だろうと即決しました。
 

R0000172
お店に入ってみると、モダンで若々しい雰囲気。「茶餐廳」とは、

香港、マカオ、広東省などの都市でとてもポピュラーな、喫茶や食事ができる飲食店のこと。日本語では「チャサンチョウ」と読み、広東語では「ツァツァンティン」と読みます。

ということで、中華風カフェみたいな路線を目指しておられるようですね。
 

R0000182

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

今回は注文しませんでしたが、こちらが11時半から14時までのランチメニュー。手軽にあんかけご飯もいいけど、やっぱり飲茶グルメランチのほうに惹かれます。
 

R0000174

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

こちらはお粥・麺類・単品・ドリンク・デザートのメニュー。レタス包みとかフカヒレスープなど飲茶系じゃないのも楽しめます。
 

R0000173
…けどやっぱり今回の目的は点心系。1セット5種類の盛り合わせを人数分注文する手もあったけれど、訊いてみたら単品メニューの個数は希望通りにできるとのことだったので、好きなのを選んでそれぞれ5個ずつにしてもらうことにしました。
 

R0000180
こちらにはレギュラー以外のメニューもいくつかあり、どれにしようかかなり悩みました。
以下、写真多めで食べたもの全部をご紹介します。
 

R0000188
まず初めにピータンと豚肉のお粥(950円)をワケワケ。まずはお粥で胃を温めておきます。

R0000189
この海老入り胡麻付き春巻き、胡麻香ばしく皮クリスピーで海老の香りがホワン。これ食べて、あ、ここはアタリと実感しました。

R0000192
続いて点心の物差しとなるエビ入り蒸し餃子は、半透明で綺麗なヒダの皮に包まれた中身がコロンコロンのプリプリ〜

R0000193
続いてのフカヒレ餃子は中身のおいしさもさることながら、包み方の技術の高さ(=おいしい)に目を奪われます。

R0000196
そして特製焼売は、複雑・多様で濃い旨味のかたまり。個人的には今回はこれが一番印象に残りました。

R0000199
ちょいとお漬け物などもいただいて

R0000201
大根餅はほろっととろっと優しく自然な甘味。

R0000202
皮を破かないように注意しながらアツアツの小籠包をいただき、

R0000205
ドーンとスペアリブの豆豉蒸しで締めくくり。

カスタードままん
デザートはその名の通り流れるカスタード饅頭をいただきました。
 

R0000168
去年何年ぶりかで香港に行った(旅行記まだかけてません)のがきっかけになったのか、このところ飲茶欲が旺盛になり神戸でいくつか行きましたが、以前から目をつけていたとおりここはかなり気に入りました。個人的に欲を言うならば、もうちょっと癖があるというか変わったものがあってくれればもっと面白いなという気もします。
通し営業なので使い勝手がよく、一人でも全然オッケーな雰囲気。どれもとても食べやすく大概の方に合いそうなので、まずは飲茶グルメランチを試してみるってのはどうでしょうかね。

{お店データ}
住所:神戸市中央区栄町通2-6-6
電話:078-381-8675
営業時間:11時半~22時
定休日:火曜
 

青春18きっぷでおっさん二人「トミー」ツアー(福井市)

IMG_0334
今回の青春18きっぷでトミーツアーは僕の都合で4月1日なんぞと世間的には慌ただしい日になってしまい、皆さんお忙しくてラクサさんとの二人旅になりました。最悪一人でも行こうと思っていたので、同行者があってありがたや。


4月1日ということでひょっとしたらと思い事前に調べてみたら、福井駅からトミー近くまで利用しているコミュニティバスのルートとダイヤがこの日から変わっていました。利用される方はご注意下さい。(上の写真は「福井駅」時刻表)

◎参考:すまいるバスナビ「コミュニティバスすまいる」
 ※トミーへは、東ルートに乗って「上北野口」で下車・徒歩3分ほどです。
 

R0000979
この日は二人だったので、ビール飲んでからワインはちょっとしんどいのでいきなり赤ワインをボトルでスタート。結果的には量的にも正解でした。
 

R0000982
まずはオードブル盛り合わせを。ものすごい中トロ・蛸のマリネ・鴨ロース・ホタテのテリーヌ。

R0000986
どれもおいしかったんだけど、初めてのホタテのテリーヌは、ホタテのすり身の中にいろんなキノコの刻んだのが入ってて、こちらではいつも比較的に「濃い」めの料理を頼んでしまうこともあり、いい意味での軽さが新鮮でした。これには白ワインか日本酒が欲しかったなあ。
 

R0000988
トミーに来たらドミグラスソースは必須、今回はいつものシチューではなくハンバーグ(970円)を選択。ソースが抜群なのはもちろんのこと、ムッチリしっかり目のハンバーグは僕好み。付け合わせも丁寧でおいしいのだ。
 

R0000992
揚げ物は何にしようかとラクサさんと一緒に悩んだ結果、週替わりランチ(1350円)2種のうちの一つ・「ポークの変わりカツ」をマダムにお願いして単品で出してもらいました。すごくボリュームがあったので特別扱いしてくれたのかと思いきや、これで通常のランチに出しているサイズだとか。

R0000993
ここのポークカツがおいしいのは過去に何度も経験済み。今回の「変わり」は、豚肉にチーズと玉ねぎ・人参などの細切りをソテーしたものを抱かせています。個人的にはすごく白ご飯が欲しくなったので、やっぱりランチ向きなのかなあ。
 

R0000996
〆を何にするか悩んだあげく、やはりドミグラスソースを味わっておきたいということで、ハヤシライス(1500円)。うー、やっぱりうまいわー、ビターで深いソースがおいしい上に、牛肉の質はいいし炒めタイプなので玉ねぎシャクシャク。これを食べるだけのために、わざわざ福井まで足を運んでもいいと思えるくらい好き〜。
 

R0001001
〆のデザートは、ラクサさんはプリン、僕はチーズケーキ(どちらもシャーベット添え)。ほんとはプリンも食べたかったんだけどな。

相変わらずほんとにどれ食べてもおいしいし、わざわざ足を運ぶ価値がある内容に大満足。一人だと品数食べられないので、同行していただいたラクサさんに感謝。このエントリ書いてて、また食べたくなってきました。前回お目にかかった「毎日トミーに食べに来るお客さん」の姿をこの日もお見かけしましたが、そこまでとは言わんが週2,3回くらいはこれたらいいのになあ。
 

IMG_0342
ちなみに、福井のコミュニティバスのトミー最寄り停留所「上北野口」の時刻表がこちら。お帰りの際の参考になさって下さい。
次に来れるのは夏かなあ。
 

沖縄から帰ってきて「もりもり寿司」


那覇から神戸空港に着いて、3泊4日の沖縄旅行から無事帰ってきました。ちょこっとお腹が空いていたので、三宮のもりもり寿司で妻と軽くつまんでから帰宅。やっぱり僕らには沖縄が肌に合うなあと改めて感じました。
 

東京テケトー旅(5)〜「サンドウィッチパーラーまつむら」でブランチ(東京・水天宮前)

R0000812
東京旅行の最終日、ホテルをチェックアウトして向かったのは、水天宮前駅(人形町駅にも近いです)すぐにある「サンドウィッチパーラーまつむら」。事前に色々調べている時にこちらを見つけ、是非行ってみたいと思っていました。創業なんと1921年。あともう少しで100年を迎えるパン屋さんって、そうそうないですよね。

R0000838
最初の写真はお店の西面で、こちらは北面。どちらからも入れるんですが、こちら側から入ると左側にイートインスペースがあるんです。老若男女様々なお客さんが次々と様々なパンを買っていく様を見ながら、ゆったりブランチするのを楽しみにしていました。
 

R0000818
サンドウィッチパーラーと名乗るだけのことはあって、種類色々(この写真はごく一部)。すごくいいのは、妙な今っぽさが全然なくて、親しみやすくベーシックなのが多いこと。そして東京にしては値段もかなり安いです。

R0000833
僕はどっちかというと甘い系よりもおかず系のパンが好きなので、サンドウィッチとかこの手の調理パンが大好物なんです。最近はコッペパンがブームになっていますが、この手のふんわりしたパンにおかずが挟んであるのって、こういうのをよく食べていた中学・高校時代を思い出すんですよね。
 

R0000820
こちらがイートインコーナー。パン売場で缶入りやペットボトルのドリンクも買えるし、ここで注文することも可能。ちゃんとしたホッとコーヒーが220円でお値打ちでした。
 

IMG_0222-2
選んだのは、玉子・野菜・トンカツ・ツナ・フルーツのスペシャルサンド(550円)とコンビーフロール(140円)、これを妻と半分こ。サンドイッチはバラエティ豊か、ロールパンはチープで懐かしい味でいいわあ〜こういうの。
 

R0000821
これだけでは足りるはずもなく、追加を物色しに。サンドウィッチやロールパン系だけでなく、ものすごくいろんな種類のパンがあるので見て回るだけでも楽しいけれど、迷う迷う。
 

R0000834
迷ったあげく、ここはお店名物のちくわドッグ(165円)をいっとかなあかんかなと。他の店でもちくわを使ったパンを食べたことはありますが、ここのは縦半分にカットしたちくわがパンに載っかっていて間にツナが入ってました。
そしてデザートとしてプリン(110円やったっけ)。我が家の近所のパン屋さんレコルトでもプリンがあって、多分クリームパンのカスタードクリームをアレンジしてるんだと思います。カラメルソースはなし、流行のトロトロプリンより固めのほうが好きなので、レトロな味わいで秀逸でした。

おみやげに買って帰ったパンもちょっと遊び心を感じたりするものがあったりして、でもいずれも奇をてらわず真っ当に作ってはるなあという印象。お店で食べた時も店員さんがやたらちゃきちゃき元気だったり、毎日通ってそうな常連さんみたいな人がいたり、ちっちゃな女の子が店に入ってくるなり自分の好きなパンを見つけて大喜びしてたりと、何かと人間くささを感じるパン屋さんでした。
パンもおいしい・お店もいい。近所にこういうところがあるのってうらやましいなあ。

{お店データ}
電話:03-3666-3424
住所:東京都中央区日本橋人形町1-14-4
営業時間:[月~金]7時~18時[土]~13時
定休日:日・祝
 

東京テケトー旅(3)〜「魚久本店」の定食を朝昼兼用で(東京・人形町)

R0000804
今回の宿は、今年2月15日にオープンしたばかりの「浜町ホテル東京」でした。ここを選んだのは、オープンしたばかりできれいなはずだし・安かったし・東京の東側のゾーンに以前から興味があったから。駅近ではないけれど、最寄り駅の人形町・水天宮前・浜町との間をぷらぷら散歩がてら歩くのも楽しく、24時間営業のスーパーが近くにあり、設備も整っていていいホテルでした。
 

R0000642
このホテルに泊まることが決まってから付近のことを色々調べていたら、職場のかつての上司が大好きだった京粕漬けで有名な「魚久」の本店が近くにあることを知りました。

R0000637
全国のデパートで買うことが出来るのでそれほど珍しいとは言えないのですが、本店2階の「あじみせ」(銀座店にもあり)でランチを食べられることがわかったので、朝昼兼用で行ってみることに。
店に着いたのは開店時刻11時の10分ほど前。行列もなくすんなり席に着くことが出来ました。

R0000614
…が、時間と共にどんどんお客さんが入ってきてすぐに満席。観光客っぽい人はあまり見かけず、客層は女性グループ・年配のご夫婦・男性一人って感じの方が多かったです。店内ピカピカ、スタッフの方も人数が揃っており、みなさん愛想がよく気も利いててとても感じが良かったです。
 

R0000615R0000616

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

ランチの定食メニューはこの3種。その他単品もあり、夜はこの2階から5階までの各階で、懐石・寿司・しゃぶしゃぶ等をいただくことができます。(けっこうお手軽価格のようです)
 

R0000618
定食が出てくる前にビールを頼んだら、突き出しにゲソの粕漬けが出てきました。これ、アテにもなるしご飯にも合いそうでとてもおいしかったです。
 

R0000621
オーダーしたのは、妻も僕も京粕漬け三種盛り定食(1836円)。1日30食限定でしたが、周りのお客さんもほとんどこれを頼んでいたので、開店して一巡目で売り切れになってしまうでしょうね。
 

魚久
左上/白和え・右上/鮪の佃煮・左下/お漬け物・右下/お味噌汁。東京のお店なので塩味強めかと思えばそうではないのは、創業者が奈良で生まれ京都で修行をされたからでしょうね。いずれも真っ当に隙なくきっちり作られており、予想をはるかに超えるレベルの高さ。帰ってからわかったんですが、お替わり自由の白ご飯は南魚沼産こしひかり使用だとか、今でもそうなんやろか。その気になればここまでのおかずでご飯3膳くらいは軽くいけてしまいます。(なんとか控えました)
 

R0000633
既にかなり満足度が高いのに、これからがメイン。この日の京粕漬け三種は、お箸でホロッと崩れる銀だら、個性は残したまま旨味アップの鮭・名前も初めて聞くちょっとしっかり目な身の南かごかます(銀さわら)。もちろん焼きたてで、食べる前から香りがメチャクチャいい〜
僕、魚の味噌漬けとか粕漬けが好きなんです、ご飯と一緒でもお酒と一緒でも。なのでこの豪華三点セットは嬉しくてたまらない。食べ比べが出来て皮までおいしくて、ご飯が進む進む。ご飯3膳くらいはいけそうなところ(またか)、なんとかお替わり一膳で堪えました。まだお昼前だったのでアルコールも控えましたが、この後予定がなかったらもっと飲んで満腹になってホテルへ帰って昼寝するのが良かったかもなあ。食事としても昼飲みとしても、どちらにせよレベルの高い一食になりました、

朝昼兼用で2000円弱ってのは贅沢な気もしたんですが、終わってみれば全く予想を超えていて、これなら超納得というかむしろすごくリーズナブル。面はゆい表現ですが、なんちゅうかきりっとした東京の気っ風というか良心を強く感じるお店でした。いやー、これはいいわ、まいったわ。
 

{お店データ}(あじみせ)
住所:東京都中央区日本橋人形町1-1-20
電話:03-3666-3848
営業時間:11時~14時 17時~22時
定休日:土・日・祝 12/29~1/3
 

【オマケ】

R0000842
ところで、本来魚久はそれなりの価格の持ち帰りがメインなんだけど、製造途中で出る切れっ端を有効利用したお買い得商品・切り落としが超人気で、朝から配られる整理券を求めて行列ができるのが日常茶飯事だとか。旅の最終日にホテルをチェックアウトしてから本店近くにある人形町店に寄ってみたら、当然切り落としは売り切れ。
 

R0000843
その代わりこれも限定お買い得品らしい「四人家族」(864円)があったので、おみやげ用に一つ買いました。人形町店では時間によって「四季おりおり」というお買い品もあり、どうやらこれらは直営店(都内のみ)で販売されているらしく、もし時間・場所が揃えば東京土産としてとてもいいんじゃないかと思います。