「すしまる」で立ち食い生ガキ(大阪・梅田)

20141111すしまる
寒さが厳しくなってきて、ますますカキがおいしくなってくる季節になりました。先日某所で「立ち食いで生ガキを(それも昼間っから)食べられる店が梅田にある」という情報を入手、毎度ながらのえて吉さんと先日行って来ました。以下写真多め・文章少なめでご紹介していきます。

20141111すしまる
場所は、梅田の阪急百貨店北側の地下といえばいいでしょうか。御堂筋線の梅田駅とホワイティうめだを阪急百貨店とホワイティうめだをつなぐ「阪急サン広場地下通り」というちょっとマイナーな場所にあります。100円スタートの立ち食い寿司であり、フルネームは「牡蛎とワイン立喰い すしまる」。店頭メニューにあるとおり、シェルガキが1個200円で食べられるのがウリです。

20141111すしまる
営業時間は11時〜22時までの通し営業、ランチメニューもあり、昼酒も会社帰りの一人飲みもOKと守備範囲が広いです。

20141111すしまる
カウンターにはネタ札が吊ってあり、注文したらこの札を自分の目の前の箱に入れていく明朗会計システム。

20141111すしまる
生ガキはタバスコ/岩塩+レモン/ポン酢/ボウモア(シングルモルトウイスキー)の4種の食べ方から選べます(ボウモアだけは100円増し)。立ち食い寿司とは思えないこだわり方ですねえ。

20141111すしまる
この日の牡蛎は宮城産。

20141111すしまる
カウンター前には、氷の中に埋もれた殻付きカキが埋もれており、この辺りの演出にも胃袋を刺激されますなあ。

20141111すしまる
まずはポン酢と岩塩レモン。大きさ充分、200円でもちゃんとうまい。自然な塩気があるので、岩塩なしのレモンだけでもいいかもしれません。僕は生ガキにはワインより日本酒のほうが好きなもんで、昼間っからえて吉さんとぬる燗やりながら上機嫌。

20141111すしまる
続いてタバスコとボウモア。ボウモアは以前から話に聞いてたんだけど、初体験。僕としてはけっこうこの食べ方は気に入りました。ただし、飲んでるお酒と合わない場合があるかもしれませんな。タバスコはちょっとカキがもったいない感じ、どうせならケチャップのほうが好みかも。
4種制覇して、ポン酢・ボウモア>岩塩レモン>タバスコって好み加減でしょうか。ボウモア100円増し、岩塩なしレモンが変動要素。どっちにしても剥きたて生ガキが1個200円で食べられるなら上等。

20141111すしまる
カキは一通り食べたので、せっかくだからお寿司もちょろっと。えて吉さんと一貫ずつ分け分けしたのは、イカ・鯖・ネギトロ軍艦・ウニ。変な言い方ですが(いい意味で)これはこれでこんなもん。注文してからちゃんと握ってくれるし、気軽にサクッと飲み食いするにはちょうどいい感じです。
梅田方面で飲み食いする機会があまりないのが残念ですが、ここなら休みの日に自宅からカキ食べに来てもいいな(定期持ってるのでw)と思わせる店でした。また来ようっと。

{お店データ}
住所:大阪市北区角田町8-8 阪急グランドビル 阪急サン広場地下通りB1
電話番号:06-6312-1139 営業時間:11時~22時
定休日:不定休・阪急グランドビルに準ずる


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.