唐子(神戸・三宮)


以前おがちゃんとハシゴした時に寄って以来、何度か行ってたような気がしていた「唐子」。休みだったり満席だった記憶もあるので、どうやらこれが2回目のようです。

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

JR三宮駅の北側・グリル一平三宮店の向かい側にあり、(恐らく)お父さん・お母さん・息子さんの3人で各パートを担当。お店はそれほど広くはありませんが、行ったことないけど2階席もあります。今回案内された席はカウンター席の一番奥で、目の前でお母さんが調理をしているのが見え、なおかつ店内が見渡せるベストポジションでした。


カウンター席の上方にずらっとメニューが並んでおり、この写真に写っているので全体の3分の1程度でしょうか。一つ前の写真と合わせれば、価格帯とか料理の感じがなんとなくわかっていただけると思います。


なにはともあれ、まずは瓶ビール(中瓶500円)・ピータン(300円)・水餃子(350円)。


昔は大嫌いだったのに、今はピータンって好きなんですよねえ。少し甘みのあるたれがかかっていて白身部分はやや硬め、ネギを添えてビールとともに。その後チェンジした常温の紹興酒(400円)には一層合います。


そんなにいろんなとこで食べてはいないけれど、今んとこ神戸ではここの水餃子が一番好きです。ちょうどいい厚さの皮はツルリン、アンも適度にジューシーで好み。餃子は「焼き」も「水」も好きなんだけど、なかなか好みの水餃子に出会えないのでここは貴重です。


他のお客さんが注文したメニューを見ながらメインを検討した結果、広東焼きそば(650円)・豚天(750円)・手羽唐揚げ(同)のうちから、手羽唐揚げを選択。香ばしい衣とともに骨付き肉をガジガジ、ボリュームも結構あります。チラシを手折りしたガラ入れも気に入りましたw


もうちょっと食べたらない気分だったので、思い切ってラーメン(500円)追加。量的にはちょっと食べ過ぎだったけれど、注文してみて正解でした。


程度のいい焼豚にネギともやしのシンプルトッピング、細めスムースな麵はのど越し良し。そして何より気に入ったのはスープ。甘さ控えめですきっとしてて、今以上に醤油控え目ならほぼ僕が理想とする中華そばって感じだったんです。飲んだ後の〆にこれだけ食べに来てもいいなあ。(でもちょっと閉店時間早め)

他のお客さんが注文した料理も見られたので、次回以降に向けてかなり参考になりました。今度は広東焼きそばかフツーの鶏唐揚げか豚天をいってみたいし、やはり水餃子ははずせませんなあ。

{お店データ}
電話:078-222-3800
住所:神戸市中央区琴ノ緒町5-6-5
営業時間:11時半~15時 17時半~21時
定休日:日・祝


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.