「レスト喫茶ドンキー」で湯浅名物しらす丼+α(和歌山県湯浅町)

20160605湯浅
高野山経由で龍神温泉に一泊した翌日、同じルートで帰るのは面白くないので、424号線で南西に走り、みなべ町へ。そこから海沿いに42号線をチンタラ北上、ひょっとしたらここに来るかもと事前に調べておいた湯浅町あたりでかなり遅めの昼ご飯を食べることにしました。

20160605湯浅
醤油で有名な湯浅へは、ブログ仲間のぷるみえさんえて吉さんと以前来たことがあるので今回が2回目。その時のエントリを調べてみたら、ちょうど10年前でした。お2人とも長い付き合いやなあ。

20160605湯浅
龍神温泉に一泊二日で行くことになって、どちらかの日の昼ご飯をどうするかを事前に調べていたら、湯浅町の名物・しらす丼がひっかかってきました。旅館でたっぷり朝ご飯を食べたのでお腹がなかなか空かず、昼ご飯を食べる気になったのが丁度湯浅付近、でも3時前にしらす丼が食べられる店なんてほとんど無く、ほぼ自動的にこちら「レスト喫茶ドンキー」へ。

20160605湯浅
ちゃんと店頭にしらす丼のメニューが貼ってあります。ほおー、自家製カレーもやってるのか。まあ喫茶店だしなあ。

20160605湯浅
と思いつつ店内に入ったら、地元言葉丸出しのおばさま方が談笑中・店内けっこう広くてきれい・メニュー見たら喫茶店メニューとは思えないくらい食事メニューが多い。

20160605湯浅
ステーキもあるやんか。うーむ、店に入る前は喫茶店が地元名物しらす丼を出してるんだと思ってたら、元々ちゃんと食事も出来る店やったんや。

20160605湯浅
ということで、無事しらす丼(700円)とご対面。左上のタレを好みでかけていただきます。

20160605湯浅
ご飯の上にしらすと刻んだ青じそと海苔、紀州名産梅干しも載っかって彩りに華を。右下には湯浅金山寺味噌も添えられています。

20160605湯浅
同じもの頼んでも面白くないし、あのメニュー見たら当然洋食系もいっとかねばということで、ライススープ付き1000円のセットメニューからチキンカツを選択してみたら、なんとなく予感したとおりきっちりした一皿が登場。一目見ただけで、有りものの冷食とか業務用総菜で作ったのではないことがわかります。
帰ってから調べてみたら、創業60年とのこと。失礼ながらお店に入る前の予想を覆すおいしさで、個人的にはしらす丼よりこっちのほうがインパクトありました。事前にわかってたらお店イチオシのカレーを食べてたのになあ、次回湯浅に来たときの楽しみに取っておくことにしましょう。

{お店データ}
電話:0737-62-3135
住所:和歌山県有田郡湯浅町湯浅1045-1
営業時間:9時半~20時半
定休日:火曜


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.