紫野和久傳の鯛ちらし(JR京都駅伊勢丹)

紫野和久傳 鯛ちらし
以前からこの和久傳の鯛ちらしのことは知ってたんです。
…でも値段が値段だもんで買えなかったんです。
…でも某日、ついに清水の舞台から飛び降りたつもりで、おみやげに買って帰りました。
…なんと2700円。でも伊勢丹のお弁当売場ではもっと高いのも一杯あるんですけどね。


紫野和久傳 鯛ちらし
蓋を開けるとちょっとはっとする美しさ。薄造りの昆布じめ鯛の下には、昆布・生姜・木の芽が混じった味付きご飯。写真上方の炊き合わせもそれぞれ上品な味付けで、この一折りだけで日本酒二合は固いです。家族へのおみやげだったので僕は味見程度でしたが、さすが噂に聞くだけのことはあるなあって言う感じ。
旅行者としてなら、1000円強の駅弁2つちょっと分でここまでハイレベルになるんだから、充分その気に(買う気に)なれるでしょうね。でも僕的には京都に来るのはそこまで旅気分ではないので、やっぱりこれ買うのはちょっとビビるなあ。料亭のちゃんとしたお弁当って、すごく憧れなんだけど。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.