本場さながら?!「ブラッスリー・ロバボン」(神戸・元町)

20160108ロバボン
イタリアンに比べて、フレンチの手頃なお店ってなかなかないような気がします。少し前にたまたまこちらブラッスリー・ロバボン(BRASSERIE L’OBABON)のことを知り、こりゃあいい店に違いないとピンと来るものがありました。店構えやら店頭のメニューをちらっと見ただけで、(行ったこともないくせに)フランスの香りが豊かに漂ってくるような気がしたからです。

20160108ロバボン
元町通りと南京町の間の路地を、大丸側から少し入ったところにある目立たぬ立地。ビルに貼り付いたかのような細長い形状の店内に入ると、(またもや行ったことないくせに)きっとパリのカフェとかビストロってこんな感じなんだろうと思わせる、洒落てて気軽で明るい雰囲気ムンムンでした。
平日昼間ということもあり、僕以外のお客さんは全員女性というある意味居心地の悪い状況でしたが、そういう気恥ずかしさを感じさせないフロア担当のプロフェッショナルなサービスが快適。後で調べてみたところやはりこの超カッコいい男性がオーナーで、フランス滞在歴もあるとか。めっちゃモテるやろなあ。

20160108ロバボン
デジュネ(ランチ)のメインは4種(週末は値段が変わる?)で、いずれもお替わり可なバゲットと黒板下部のワンドリンク付き。けっこうリーズナブルな価格にもかかわらず、ドリンク選択肢にキールとワインがあるのが素晴らしい。オプションとして+650円で前菜かデザート、+450円でスープをつけることも可能なので、食欲と予算次第でけっこう豊富なバリエーションからチョイスできます。前菜にもデザートにも興味があったんだけど、ランチのみでどんなもんか知りたかったので、我慢して本日の肉料理・豚肉のバロティーヌだけでイってみることにしました。(バロティーヌってどんな料理か全然わかってなかったのですが)

20160108ロバボン
当然の如く選んだワインをいただきながら、料理の登場待ち。昼間っから料理とパン付きでワイン飲むなんて(しかも980円で)、居酒屋で昼酒するのとは全く違う世界ですなあ。お店の居心地もいいし、こりゃかなりゴキゲンです〜

20160108ロバボン
…となーんも考えずにフワフワした気分でいたら、いきなりドカ〜ンと運ばれてきました、これが初めてのバロティーヌ。いやびっくりしましたねえ、まずそのデカさ・厚さ・シンプルで迫力ある盛りつけ。ワイン・バゲット付き980円でこんなもの出てきていいのか?!

20160108ロバボン
引いた写真も見ていただきましょう。カゴに入ったバゲットやワイングラスと比べていただければ、この料理の迫力が少しはおわかりいただけるはず。バゲット(おいしかった)はけっこう分厚く切ったのが3ピース入っており、結局は追加せず。どうやら初めから多めに入れてくれていたような気がします。

20160108ロバボン
同じ料理を選んだ隣の席の女性が「切り株みたい〜」とおっしゃってましたが、バロティーヌとは「肉に詰めものをして筒状に丸め、煮た料理」だそうで。下に敷かれているマッシュポテト、粒マスタードのソースとブラックペパーを適度に合わせていただくと、口の中に豚肉のダイナミックな旨味が溢れます。コチャコチャ小細工なしのドスーンと野太い美味しさ、とでもいいましょうか、赤ワインを選んでて大正解というか、選んでなかったら絶対追加してたでしょうなあ。(元々赤ワイン選んでても追加してしまいましたが…)

20160108ロバボン

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

この日はまだ松の内ということで、希望者には書き初めサービス?をやっており、こういう遊び心も茶目っ気があって楽しい〜 夜メニューは上の写真かこちらをご参考下さい。
お店の雰囲気はいいわ・サービスは洒落てるわ・ランチはお得で安くておいしいわの、三拍子揃ってる超素敵なこの店、オープンしてすでに3年半経つのにどうして今まで来なかったのか、ちと後悔。「神戸で手軽なフレンチ」カテゴリで、ようやくいいお店に出会えたんだから、昼なと夜なと、これからは積極的にリピートしていくつもりです。

{お店データ}
電話:078-381-6469
住所:神戸市中央区元町通1-4-12
営業時間:11時~23時 
※ランチは11時半〜15時、ディナーは月〜金18時〜、土日祝17時〜
 15時からディナータイムまではカフェタイム
定休日:不定休


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.