ついにあの娘にご対面ツアー(2)〜讃岐うどん巡礼2015-3

◎三軒目:柏原(かしわばら)

DSCF6326
お次はえて吉さんが何度か振られてる課題店。前回Wakkyさんご夫妻と来た時もダメだったそうですが、今回はちゃんとのれんが掛かってました。のぼりも立ってるし外観でうどん屋だとは一目でわかるものの、店名表示はどこにもなし。おまけにちょっと変わった立地です。

坂出市内の住宅地に位置しており、お店正面の道(東へ延びてる)はけっこう広くそのどんつきをこの店でドーンとふさいでる感じ。そこから先は最初の写真の通り自動車通行止めの細い道で、すごく極端。恐らく東側が再開発されたからなんでしょうね。

DSCF6329
店内はカウンターと小さなテーブルの11席のみ。ご主人1人だけでお店を切り盛りされており、表示の通り純手打ちなのであまり数は作れないそうです。総勢で5人だったためか、これから茹でるので時間がかかってもいいかと尋ねられましたが、もちろん待ちますとも!今回はこれで3軒連続茹でたてのうどんがいただけるわけで、こりゃあ運がいいです。

DSCF6335
NHKのど自慢を聞きながら出来上がりを待つことしばし、やって来たのは醤油ぶっかけの冷たいの。ワカメやちくわも載っけてくれていて、これで300円は激安。かけだったら200円やもんなあ、こんな値段で食べさせてもらって、なんだか申し訳ないような気分になってきます。で、いただいてみたら麺がつるっと滑りが良く、噛んでみると甘い。うーん、ご主人は人柄良さそうだし、うどんもかなり好みです。惜しむらくは、初めからかけてくれている醤油の量がちょっと多い。もっと少なくして麺のおいしさをもっと感じたい、温かいのも食べてみたいと思いました。振られるのを覚悟しつつ、ここは是非ともまた来てみたいなあ。

タイトルに反して今回も「あの娘」は登場しませんでしたが、いよいよ次回お目見え!
…しかしながらしばらく旅に出ますので、讃岐うどんネタはしばしお休みさせていただきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.