「一心」で寿司ランチ(神戸・新開地)

20150226一心
某日昼時。しばらくちゃんとした?お寿司を食べていなかったので、新開地の「一心」へ。
写真右に見える赤と青のゲート・BIGMANは、映画発祥の地のシンボルとして、チャップリンがモチーフになっています。…なんてことは地元民にとっては今さらなネタなんですが。

20150226一心
お店に入ってカウンター席へ。お皿は回っていなくてもそう緊張する雰囲気でもないのは、さすが庶民の街。ちゃんと値段が書いてあるので安心です。昼間っから飲んでる男性、お寿司を楽しむ母と娘など、客層も様々。

20150226一心
前回食べた上ちらしがおいしかったので、今回はノーマルなちらし(赤だし付き・1000円)にしてみました。蓋を開けたら「海の玉手箱や〜!」なルックスは、上ちらしと変わらず丁寧で美しい。無論、値段の差なりにネタの違いはあるにしても、ウニ・トロ・かになんかが入ってなくてもこれで充分。酢飯やでんぶの塩梅も良く、相変わらずお酒が欲しくなって困りました。このあと用事がなかったら迷わず日本酒イってたなあ。
ちらし寿司って、見た目が華やかでなんか華やいだ気分になれて好きなんです。これで1000円はお値打ち。そのうち夜にも来てみたいもんです。

{お店データ}
住所:神戸市兵庫区新開地6-1-5 電話:078-512-4323
営業時間:11時半~14時、17時~21時 定休日:月曜


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.