「旅」タグアーカイブ

一泊二日名古屋飲み食い旅(7)〜旅の締めくくりは「末廣屋」へ

01:30 14.43.36
朝からビール飲んで昼は洋食食べながらワイン飲んで、15時前には今回最後の店「末廣屋」へ移動。だいこんさんは何度もここに来たことがあって、15時開店なのに15時に来たら大概すでに満員なんだそうで、30分くらい前に来て外で並んで開店を待ちました。えて吉さんは以前15時ちょい過ぎに来て満員で入れなかったそうですが、今回は無事セーフ。早めに店を開けてくれて速攻で席に着いたので、店の外観写真は撮れませんでした。

01:30 14.44.32

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

基本的にはぶら下がってるお品書きから注文するんですが、書くのが間に合わないのがあるので、カウンターまで見に行ったほうが良さそうです。
 

01:30 15.11.20
気難しい店ではないですが、刺身は開店しばらくしてからでないと出てこないとか、色々とだいこんさんに教えてもらいながらぼちぼち注文していきました。まず初めに牛すじ大根煮(400円)を頼んだら、さすがの味噌煮込み。

末廣屋
赤車海老(500円)ふき竹の子(300円)/マグロ刺身(700円)/山かけ(だったと思う・500円)/鯖味噌やったけなあ。

01:30 15.35.00
「めじろかくふ」(300円)ってお品書きが途中で下がったのでなんかいなと思って聞いてみたら、愛知県ではアナゴをメジロと呼ぶのだそう。かくふ=角麩は岐阜・愛知以外の地域では食べられないローカルフードだそうで、関東の「ちくわぶ」に似てるなと思いました。こりゃメニュー見ただけでは僕ら関西人にはわかりませんわ。

いずれの料理もやや濃い目・甘めの味付けで、安価でビールとかよりも日本酒によく合います。常連さん率が高く、お店で顔馴染み同士って感じの方々も多々見受けられ、和気藹々でいい感じの居酒屋でした。こりゃ開店即満員になるのもごもっとも。地元の方にとっては当たり前でも、僕ら他所もんにとっては未知なものに出会うこともでき、いい経験をさせてもらいました。

長々続いた名古屋飲み食い旅エントリもこれにて終了。一泊二日とは思えない充実した旅をガイドしてくれただいこんさんに、心から感謝します。それにしても、よう食べてよう飲んだなあ。

◎関連エントリ:朝からしっかり飲み食い 名古屋の旅 その2/こんなの食べたよ
 

一泊二日名古屋飲み食い旅(6)〜旅のメインイベント「ラク亭」へ

まだ終わってなかったのかと思われても仕方がない名古屋飲み食い旅シリーズ、もう少し続きます。

01:30 11.33.36
今回の旅は僕がこの「ラク亭」のことを知ったのがきっかけで、ぜひ行ってみたいとだいこんさん・えて吉さんを引っ張り込んだんです。日程を決める前に定休日もちゃんと調べていたし、さあいよいよメインイベントと思ってお店に行ってみたら、なんでかシャッターが下りたままじゃあ〜りませんか orz

01:30 11.38.55
うわー臨時休業かなと思いきや、調べてみたら僕の勘違いで、開店時間を30分間違ってました(^_^;) 近くのお寺で時間を過ごして開店時間に戻ってみてもまだ開く雰囲気じゃなくてちょっとビビりましたが、えて吉さんが電話をかけてくれて5分ほどで開くと分かって一安心。
 

01:30 11.46.56
お店に入ってみたら、落ち着きがあってなんとも味わいあり。ラク亭の創業は1913年、本店は空襲で焼失してしまい、1927年にできた支店だったこの店舗に移って来られたそうです。

01:30 11.40.38

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

100年以上経っていても妙に敷居が高いわけではなく、あくまで気さくで大衆的な洋食屋って感じがいい。文化遺産やなあこれは、はるばるやって来て良かったなあとしみじみ感じました。

01:30 11.44.10
ラク亭のかつてのメニュー、フォントが渋い。いつのだかわからんが当時はこんな値段(単位は銭)やったんやとか、ハマグリフライなんてあったんやとか、玉子之部は「エッグス」って複数形になってるんやとか、眺めてるだけで色々楽しめます。
 

01:30 11.45.2001:30 11.45.34
こちら現在のメニュー。注目は他ではみたことがない「スカロップ」なるメニュー。北海道の根室名物エスカロップと名前は似通っていますが、さてどんなものなのか。
 

01:30 11.55.34
開店してすぐに入店したので初めは空いてたんだけど、12時が近付くにつれてどんどん席が埋まっていき、あっという間に満席に。僕らは初めっからビール飲みながら料理の到着を待ち、その後はお得価格な赤ワインをボトルで(2000円)注文して昼宴会って感じだったので、かなり浮いてたと思いますw
 

01:30 12.01.03
飲んでるうちにいよいよ料理が登場。とりあえず3品頼んだんですが、いずれもボリュームたっぷり。

01:30 11.58.33
こちら平日・土曜のみのランチ。エビフライ・魚フライ・ハンバーグにライスと赤だしがついて、これで1000円はものすごくお得。特にエビフライはぶっとくてデカいかなりな上物で、他のお客さんがほとんどこのランチを注文していたのもむべなるかなって感じです。
 

01:30 11.59.26
ランチについてるライスは辞退して、ご飯ものはオムライス(800円)。トマト・デミグラス・ホワイト・ケチャップと4種のソースの中から、ケチャップソースがあるのにトマトソースってどんなんやろ的なノリで選んだところ、そのまんま生トマトが入ったトマトソースでした。酸味がフレッシュでオムライスのご飯にあってて、すごくおいしかったです。ただでさえオムライスって手間がかかるのに、ここまでやってくれるのは本当に貴重。これ、ぜひまた食べたい〜
 

01:30 12.00.42-2
そしてこちらがスカロップ(1000円)。どうやら名前の由来は根室のエスカロップと同じくイタリア語のスカロピーネのようですが、時を経てそれぞれの地で異なった料理として存在しているのが面白いなあと。どんな料理かを雑に言えば、ぶ厚目のトンカツをデミグラスソースに漬けたもの。食べているとバターの味と香りがふわっとくるので、ノーマルのデミグラスソースに加えているのかもしれません。(バターモンテとかいうやつですかね)
カツ全体にソースをまとっていれば結構くどそう・濃そうな気がしますが、食べてみるとそんなことはなく、どっしり存在感がある豚肉とソース味のコロモがバランスよく味わえます。名古屋だけに味噌カツを連想してしまいましたが、何か関連はあるんでしょうかねえ。お酒にも(恐らく)白ご飯にも合う、魅力的ないい洋食料理でした。

繁華街からは少し離れているので、名古屋以外からならその気にならないとなかなか来られないと思います。近くには「岩正」って良さげなうどん屋さんもあるのでまたこの辺りに来てみたいけど、やっぱり僕はラク亭に行ってしまうやろなあ。

◎参考サイト:1世紀を超えて在り続ける名古屋屈指の老舗洋食店「ラク亭」/東海ウォーカー

{お店データ}
住所:名古屋市東区筒井1-10-14
電話:052-936-3461
営業時間:11時半~15時 17時~21時
定休日:水曜
 

青春18きっぷで1泊2日広島の旅(5)〜宮島で「うえの」のあなごめしなど

IMG_2388
2日目は八昌でお好み焼ブランチの後、宮島に行くことにしていました。宮島に行くなら現地で「うえの」のあなごめしは買えるだろうから、広島三越(ここも今回泊まったネストホテル広島八丁堀からめちゃ近かった)にある支店はロケハンのみにしました。
 

路面電車に乗ってJR広島駅へ移動、列車に乗って宮島口に。僕は何度か宮島に行ってるけど、妻は初めて。
 

R0002244
…で、宮島口に着いたら、改札を出てすぐのところにセブンイレブンができてて、なんと入口左に「うえの」ののぼりがあるじゃないですか!

R0002252
なんじゃこれはと店内に入ってみると、目の前に「あなごめし販売中」のポスターが。

IMG_2417
こういうコーナーができてたんですねえ。もともとうえののあなごめしは宮島口の駅弁としてスタートしてるから、ここでの販売も駅構内ではないものの、その流れなんでしょうねえ。

R0002246
IMG_2416
本店はすぐそばなんだけど、なんとなく虫の知らせで1個だけ残っていたのをゲットしました。どうせ持って帰って食べるんだし、店で食べるより弁当のほうがおいしいのは重々承知なので。
 

R0002253
セブンイレブンを出て、南側すぐの国道を渡ればうえのの本店があります。

R0002257
店の前まで行ったら、えらい混みよう。この日は土曜日の上、道中列車がすごく混んでるなあと思ったら、宮島水中花火大会の開催日だったのでした。店の隣の待合も満員だったし、持ち帰りで弁当買おうとしても時間かかるの必至だったろうから、先に買っといて正解でした。
 

R0002261
さらに南下すると、宮島へのフェリー乗り場が見えてきます。2航路あって、前方左に進めば宮島松大汽船。

R0002263
もう一方のJR西日本宮島フェリーは、知ってる人は知ってるんだけど青春18きっぷで乗れるんです。列車のきっぷで船に乗れるって不思議ですよねえ。(以前からこれをやってみたかった)

R0002269
宮島口から宮島まで約10分。

IMG_2421
宮島に着いたら花火大会のうちわを配っていました。19時半開始なのに、島内はすでにごった返しており、花火が見えるポイントはほとんどがシートで場所取りされていました。始まるまでまだまだ時間あるし、帰りはフェリー2航路だけだからアホほど混むんだろうし、みなさんお元気なことでw
 

R0002277
人が多いせいか、島内に多数いる鹿も興奮気味? 場所取りシートに置いてある荷物から食料を引っ張り出して勝手に食べようとする姿も何度も見かけました。

R0002276
かの有名な鳥居は、なんと修復中でこのようなお姿に。妻曰く「まあある意味では貴重な光景やね」とあくまで前向き。

R0002279

R0002280
昔えて吉さんと来た時は拝観料払う手前で帰ったなあと思いながら、今回はちゃんと厳島神社に入場。

R0002283
潮の満ち引きによって状態が変わるのですが、この時間はやや干潮気味の時間だったようです。(干潮の時刻だと、鳥居まで歩いていけます)
 

IMG_2425
拝観し終わっておみやげを買って、喉が乾いたのでMIYAJIMA BREWERYで一服。地ビール2種類頼んだんだけど、何だったかは失念。
 

R0002294
ブランチに食べたお好み焼がボリュームたっぷりだったので、結局その後は何も食べずに宮島口から列車に乗って神戸まで戻ってきました。自宅に帰り着いたのが20時半頃。ちょうどお腹もこなれていたので、楽しみにしていたあなごめしを早速いただくことに。

R0002295
いつ見ても飾り気がなくシンプルな剛速球ルックス。温めることもなくそのままいただきました。数年前から新大阪駅で買えるようになったので(今も買えるのかな?)以前ほどのレアもの感はなくなりましたが、久しぶりに食べてみて、やっぱりこれはうまいとしかいいようがない。できれば大きい方のサイズのを買いたかったけれど、待たずに買えただけでも充分と思わなければ。

長々続いた広島編もこれにて終了。まだまだ食べたいモノがいっぱいあるので、また来たいです。今年の夏は青春18きっぷで例年よりも多く3度も旅ができました。冬になったらまたトミーツアーは行くだろうけど、もう一箇所くらいは別のところにも行けたらいいなあ。
 

青春18きっぷで1泊2日広島の旅(4)〜ブランチを「八昌」で(幟町)

R0002236
今回泊まったホテル・ネストホテル広島八丁堀は地理的なことはあんまり考えずに決めたんだけど、結果的には何をするにもとても便利な場所でした(おすすめ!)。中でも一番恩恵を被ったのは、こちら「八昌」がすぐ近くだったことでした。
どこかで広島風のお好み焼を食べようとは思っていたんだけど、2日目のお昼時になりそうだったのでそのつもりで事前に探していたら見つけたのがここ。営業時間は10時から15時まで、そして詳しいことはよう知らんのですが、あちこちにある八昌と名がつく店の原点となる方がなさっている人気店とのことで、こりゃあ早めに行って並ばないとと開店30分前に行ったら、調度早めに店を開けたところで全く並ばずに入店することができたんです。(上の写真は食べ終わってから撮りました)
 

R0002218

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

朝からお好み焼なんてってお思いでしょうが、すでに広島で14年前に経験済み。やさい肉玉って麺抜きもありましたが、広島風にはそば(orうどん)とイカ天はマストだと思ってるので、妻も僕もそば肉玉にイカ天トッピングでお願いしました。(ちなみにイカ天はこんなのです)

R0002220
瓶ビールはなかったので、焼き上がってから生ビールをお願いしました。車じゃなくて列車だから朝からこんなことできるんですよね〜
 

R0002224
ソースはオタフク。焼き上がった時にソースを塗って出てくるので、これは追加用。終盤少し足らなかったので追加しました。
 

IMG_2405
焼くのは三人の分業制で、一人目はコナを引いてキャベツ・もやし・豚肉・イカ天・天かすなどを載せて、再度コナをまわし掛けてひっくり返すまで。さすが手慣れたもんで、これだけ高さと厚みがあってもいとも簡単に返していきます。ひっくり返すというよりも、むしろ「コロンと転がす」って感じのテコの使い方でした。
 

R0002226
頃合いを見て、二番手・伝説のご主人が麺をずんどうで茹で始めます。

R0002229
鉄板の上に一人前ずつ麺を盛り、適度にパリッとするまで水分を飛ばして焼いていきます。麺の手前・ひっくり返した野菜部分の上には、ケチャップで所々マーキングされており、焼き手側から見て「W」は麺2玉・「う」はうどんだと思いますが、「・」「・・」は不明。イカ天入りとかですかねえ。

IMG_2407
分厚い野菜部分に圧を加えるのに重しは使わず、あくまでテコを使ってギューギュー押していくだけで、この作業はご主人担当。僕らが見てる間だけでも相当数焼いてはりましたが、1日5時間の営業時間で何枚焼かれるのでしょうか、これはかなりな重労働だと思います。
この後の手順をよく憶えてないんだけど、焼いた麺の上に野菜部分を載せて再び圧を加え、鉄板に玉子を落として黄味を潰した上に麺+野菜部分を載っけてひっくり返したんだったかと。
 

R0002230
以降は三人目にバトンタッチ、ソースを塗り青のりをふりかけ・注文に応じてトッピングを盛り、各自にサーブされます。
 

R0002232
テーブル席も含め、どの席もお皿からではなく鉄板から食べることができます。テコで切ってお皿に載せてお箸で食べる人もいましたが、僕らはいつも通りお箸を使わずテコでそのまま口へ。
ここんとこちょっとブランク空いてますが、僕はだいたい年に2〜3回は大阪や神戸で広島風を食べていると思います。一番特長として感じたのは、麺がうまい。生麺から茹でているのもあるんでしょうが、焼き加減が絶妙、パリッととバリッとの中間くらいで、麺と野菜部分とソースの3つの味を同時に楽しめます。神戸タイプのモダン焼は、焼きそばをコナでサンドイッチしてる状態のもので、これに比べると麺のおいしさを個別にでも味わえる点では、皿うどんとか中華のあんかけ焼きそばに通じるものがあるような気がしました。
麺だけが突出しておいしいわけではなく、当然お好み焼としてとってもおいしい。食べ始めた時点では麺がおいしいのでダブルにすれば良かったかなあと思っていましたが、最終的には満腹で夜まで何も食べなかったほどボリュームもたっぷりで大満足。やっぱり本場は違うなあ、こんなにおいしいのを並ばずありつけてラッキーやったなあと、(ちょっと遅めだけど)朝からいい気分にさせていただきました。

R0002238

{お店データ}
住所:広島市中区幟町14-17
電話:082-224-4577
営業時間:10時~15時
定休日:第2・4日曜、月曜
 

青春18きっぷで1泊2日広島の旅(3)〜夜は「酒菜 竹のした」

R0002182
広島行きが決まって最初にしたことは、7年前に行ってすごく気に入った「むろか」の予約を取ることでした。ところが満席でアウト。しょうがないので色々調べた結果見つけたのが「竹のした」。

R0002183
しょうがないとは失礼で、こちらもなかなか予約が取りにくいお店らしく、当日行ってみたらすでに満席でした。

R0002184
お店は階段を上がった二階。ちょっと割烹っぽい雰囲気も漂うエントランスでしたが、お店に入ったら「センスのいいカジュアル居酒屋」的な感じでした。
 

竹の下

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

こちらドリンクメニュー。日本酒は、地元広島のお酒中心に揃えられています。

R0002189R0002191
一方食べ物メニューは、手書きの日替わりのみ。季節ごとの定番とかがあるのかもしれませんが、定番を持たないというポリシーがいいですねえ。
 

R0002196
まずはビール。お通しは、バイ貝の煮付け・シャコと胡瓜の酢の物、どちらも瀬戸内を感じさせてくれます。

R0002199
刺身盛り合わせは、いか・かんぱち・鮪・鯛・甘エビ・水蛸、こちらの料理は基本的に2人前として提供されます。メニューには1800円からと記載されているのでいくらかはわかりませんが、質・量からするとかなりリーズナブル。6種のうちでは水蛸の吸盤が珍しく、楽しい味わいでした。
 

R0002203
続いては、この組み合わせにある想い出があるもんで雲丹ホウレン草(1400円)を選んだんですが、今調べたら「ウニホウレン」と呼ばれている広島のご当地グルメだったんですね。知らんかった〜そうだったのか〜 普段はセーブしている日本酒を解禁、広島のお酒をこの日は何種かいただきました。
 

R0002205
野菜が欲しかったので、季節野菜の冷し鉢(880円)というのを頼んでみたら、大振りな鉢に入った野菜の炊き合わせが出てきました。トマト・玉ねぎ・じゃがいも・アスパラ・とうもろこし・かぼちゃ・レンコン・しいたけと、とくに珍しくない素材ばかりなんだけど、それぞれの歯応えを残しつつちゃんとしただしの味がしゅんでいて、妻も僕もこれが今回の一番。中身も器も適度に冷やされていて気遣いも感じられ、こういう地味だけど手間がかかってる料理がおいしいと、ここを選んで良かったなって気分にさせてくれましたね。
 

R0002210
続いての地鱧と胡麻豆腐の揚げ出し(980円)は、コストパフォーマンスがいい、おいしい、そしてあっという間になくなる。

R0002214
〆のご飯ものに煮穴子めし(1400円)を頼んだら、想像を超えるえらくたっぷりなのが出てきました。トロトロの煮穴子だらけでご飯が見えず、もともと穴子とか鰻とか好きなもんでこりゃたまりませんです。小食だったらこれだけで充分やないかと思うほどの満足度、焼きもいいけど煮穴子もいいもんやなあと改めて思いました。

どれをとっても手間がかかっていてリーズナブルでおいしいくて、さすが予約が取りにくいお店だけのことはあります。難を言うなら、2人だとこれくらいしか食べられないことw まだまだ食べてみたいものが一杯あったので、できれば4人ぐらいでまた来てみたいなあ。

{お店データ}
住所:広島市中区立町3-23-2 アップビル 2F
電話:082-247-1986
営業時間:17時半~23時
定休日:日曜・祝日