新入り食器でテケトーな麺類

麺類
汁物の残りを使って、昼ごはん用にテケトーな麺類を作りました。汁物は醤油味ベースで、具は大根・人参・白ネギ・こんにゃく・なめこ。なめこが入っているので、ナチュラルにあんかけっぽくなってます。
使った麺は最近いただいた「むぎくら」ってとこの平麺。奈良の桜井の会社ので、一言で言うと平べったい素麺。当初は茹でてから一旦水で締めて温めなおそうと思ってたのに、ボケてて茹で上がりをそのまま使ってしまいました。茹で時間が5分ほどなので手軽だし、幅広なのでちょっときしめんっぽくもあるし、なかなか面白い麺です。
 


器がボウルみたいですが、これは先日台北に行った時にお土産として買ってきたもの。アルミ製で二重になってて、断熱性があるんです。軽くて洗いやすくて割れないからか屋台なんかで結構使われてて、面白そうだったので向こうのドラッグストアで探して購入しました。いろんなサイズがあって、このラーメンどんぶりサイズで一個千円しなかったと思います。温かいものだけでなく冷たいものにも使えるので、使い出がありそうで楽しみ。