「昼飲み」カテゴリーアーカイブ

応援します 「わさびと魚」(神戸・鯉川筋)

IMG_6440
前回行ったのがいつだか思い出せないくらい久しぶりに「わさびと魚」へ行ってみることにしました。

IMG_6442

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

これまでに来ようとしたことは何度かありました。でもここの超お値打ちランチの人気が高くって、満席だったり売り切れだったりで振られてしまったんです。
 

IMG_6462
平日13時ごろ恐る恐る扉を開けてみたら、たまたまかもしれないけれど、ぶっちゃけ拍子抜けするほどの空き具合。やっぱりここもコロナの影響を受けてるんやなあ…まあそれでも僕らの後に何組かピークタイムを避けて入って来られたお客さんがいたので、一安心でした。
 

IMG_6449
お昼時は2段重ねのお重で出てくるこの松花堂のみ。ご飯・お造り・小鉢・サラダ・魚料理に加えて…

IMG_6459
汁物と天ぷらまでついて、これで1000円(税別)とは素晴らしいコストパフォーマンス!15年前は924円だったから、消費税分除けばなんと100円しか値上がりしてないんですよ。
 

IMG_6452
こちらのお店は70年以上も続く魚屋さんが経営しているから、いいネタをリーズナブルに仕入れることができるんでしょう。この日のお造り3種も品のいい旨味が感じられて、まずは当然ビールとともに。1種はヅケになってるし、わさびは当然本物のおろしたて、できれば日本酒にしたかったなあ。この手の上質な和食がリーズナブルにいただけるお店ってなかなかないので(特にお昼時)、とても貴重なお店だと思うんです。

IMG_6453
ボリューム十分なので、まずはアテにして飲んでその後ご飯のおかずとしていただいても、足らないなんてことはナシ。ムッチャ脂が乗ってる塩鯖半分ほどとお吸い物だけで、固めに炊き上がったご飯(おいしい)をきっちり平らげさせていただきました。久しぶりに来たけど、やっぱりおいしいし安いしレベル高いし、価値あるわぁこのお店。
 

IMG_6463
あまりにお得なものでついついランチに目がいってしまいますが、夜メニューもこんなに豊富で魅力的。さすが店名に「魚」の字を入れてるだけのことはあって、食べてみたいものだらけ。

IMG_6464
このご時世、外出はできるだけ控えるべきなんでしょうが、かといってずーっとこもりっきりなのも精神衛生上良くありません。もちろんいろんな点で注意は必要だけれど、「三つの密」を避けつつ、微力ながら大事なお店を少しでも応援できればと思っています。

{お店データ}
電話:078-321-1300
住所:神戸市中央区下山手通3-6-4
営業時間:12時~13時頃(売り切れ次第終了) 17時半~22時半
定休日:不定休
 

応援します 金時食堂(神戸・元町)


瓶ビール480円にチキンカツ580円で、ちょい飲み。
いつもどおりの店内に一安心。どうぞずっとこのままで。
 

辰己寿司の寿司御膳で昼飲み(神戸・長田神社前商店街)

IMG_5742
久しぶりに長田神社方面に行きたくなって、妻と一緒に僕が子供の頃から馴染みの「辰己寿司」へ昼飲みしに行くことにしました。
 

IMG_5746

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

ここのお寿司はお店で食べるよりも、実家に出前してもらうほうが多かったんです。その頃の定番は、ちらし・上巻き・穴子箱・バッテラ・新香巻・穴きゅう巻など。握りは特別な日だけでしたね。

IMG_5745
今回の目的はこちらのすし御膳。色々ついてて昼飲みに良さそうなので、何年も前から気になってたんです。
 

IMG_5749
ビール頼んで程なく登場。少し遅れて小さめながら熱々の茶碗蒸しも出てきましたよ。
値段が値段なので高価な素材は使われていませんが、煮物・揚げ物・茶碗蒸し・お寿司と色々揃ってて、ちまちまつまみながら飲むのに好都合。流石に人気らしく、他のお客さんの注文もほとんどこれでした。
 

IMG_5759
…しかしながら、子供の頃からここのお寿司を食べている僕としては気分的に物足らなかったので、上巻きをお土産に買って帰って晩御飯にいただきました。子供の頃はしいたけが嫌いで、これだけ抜いて食べてたなあ。ここのはちょっと甘めでおやつ代わりに食べられるほど。次回は穴子箱やバッテラにしましょうかね。
 

一泊二日名古屋飲み食い旅(2)〜伏見地下街(長者町横丁)の酒津屋でちょい飲み

01:29 13.47.06
1軒目の宮鍵から伏見駅方向へ歩き、駅の地下街・伏見地下街(長者町横丁)へ。

01:29 13.48.50
昭和32年開業だそうでけっこう古びていますが、徐々に新陳代謝が起こっているようで、床にはこんなアートなもの?が描かれてたりしています。(スリッパ脱ぎ捨ててあるんじゃないです)

01:29 13.52.40
名古屋ってこういう古いフォントがまだまだ見られて楽しいんですよね〜

01:29 13.46.52
14時少し前と中途半端な時間なので、どの店にもあまり人気(ひとけ)はありません。

01:29 13.51.42
モーニングもランチも終了していたこちらの喫茶店、写真をよく見ると「小倉サンド中止致しました」って書いてるのは、小豆不足のためでしょうか。(←考え過ぎ?)

01:29 13.50.44
本来なら居酒屋もたくさんあるそうなんですが、中途半端な時間なので、まだ開店してないか準備中がほとんど。
 

01:29 15.01.18
そんな中、11時からやってる酒津屋伏見店はありがたい存在。元々は老舗の酒類販売店で、栄の本店は7時から24時まで営業してるんだそうです。

01:29 14.29.56
店内は油の匂いが充満していたので通路席で飲むことにしましたが、こういう風景見ながら飲むのは経験ないですなあ。

01:29 13.59.34

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

単品メニューよりセットメニューのほうがお得。男性でもOKなレディースセットを2つとせんべろセットを1つ選び、その中からいろんなアテを注文しました。

01:29 14.04.56
ちなみにランチメニューもあり。せんべろセットの方がお得に思えるのは気のせい?
 

01:29 14.15.42
セット3つ頼んだだけでテーブル状はプチ宴会状態。鰻と味噌鍋食べてきたばかりなので、これだけあれば飲むのには十分過ぎるほどです。

01:29 14.15.16
メニューの中でも特にプッシュされていた酒津屋名物・エビカツは、エビを4本並べて串を打った串カツで、ボリュームあるしぶりっとしてておいしかったです。名古屋の人がエビフリャー好きってのは嘘だと聞いたことがありますが、実際のところはどうなんでしょうかねえ。
 

01:29 15.07.42
2軒はしごして、お腹は大きいし軽く酔いも回っていたので、再び歩いてホテルにチェックインすることにしました。するとその道中こんな案内板に遭遇!鰻好きとしては大興奮してしまいました。
 ◎参考サイト:かつてその町は『蒲焼町』と呼ばれていた。〜伏見と、名古屋と、お仕事と。

チェックイン後は各自の部屋に別れて一旦休憩、夜の活動に備えます。(まだまだ続く)
 

一泊二日名古屋飲み食い旅(1)〜「宮鍵」で鳥すきなど

以前だいこんさん・えて吉さんとの3人で名古屋に行ってえらく楽しかったので、3年ちょいぶりにまた行こうということになりました。今回は僕の希望が一つだけあって、それ以外は「住んでるんやないか」と思うくらい名古屋に詳しいだいこんさんに前回同様全部お任せすることにしました。
 

01:29 12.28.30
近鉄特急で名古屋にお昼ごろついて、そのまま徒歩で向かったのが「宮鍵」。明治32年(1889年)創業の歴史が感じられる外観、看板に書いてあるとおりかしわ(鶏肉)と鰻のお店で、こういう取り合わせもなかなか珍しいのではないでしょうか。

01:29 12.29.0601:29 12.31.52
店内は趣があって渋目ないい感じ。12時半ごろだったのでお昼ごはんのお客さんがほとんどで、我々は2階の座敷席に案内されました。
 

メニュー

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

昼時だと定食を頼まれる方がほとんどなんでしょうが、こちとら飲む気満々。主たる目的は鍋なんですが、その前にアテをいただいてからってことになりました。

アテ
(上)鶏のわさびあえ(940円)・(下)鰻長焼(3400円)。わさびあえはさっぱり、鰻は名古屋らしくコックリした味わいで、2時間電車に乗った後だけにビールが余計に進みます。
 

鍋
3種類ある鍋料理の中から、だいこんさんおすすめの「みそすき」を単品(3900円)で2人前注文しました。仲居さんがついて調理してくれるので、昼間っから贅沢な気分。名古屋コーチンより柔らかい三河赤鶏のモモ肉、レバー、ハツなど様々な部位が入ってます。(ちなみにメニューにある「白たき」というのは、水炊きのようなものだそうです)

01:29 12.37.40
年季の入った銅の合金の鍋(砲金鍋?)で鶏脂を熱し、鶏がらスープに続いて八丁味噌ベースの味噌ダレを溶いていきます。

01:29 12.38.30
火加減は心配になるほどの強火。味噌が入ってるから焦げ付くんやないかと気が気ではなく、仲居さんがいない隙によっぽど弱火にしようかとも思いましたが、これがこちらのやり方だしなんとか我慢しましたw

01:29 12.39.10
鶏肉に続いて野菜類を投入。強火なので鍋の周りになんだかんだとけっこう飛び散ります。

01:29 12.44.12
ブレた写真で申し訳ありませんが、これで食べて良しの状態。ネギを除いてはまっ茶々な見た目が名古屋らしい〜

01:29 12.44.44
めっちゃ濃い味を覚悟していたのですが、溶き卵にくぐらしてからいただくので、さほどでもありません。濃厚でちょっと苦味がある八丁味噌味が美味、鶏肉も旨味が抜けておらず適度な硬さでおいしい。そしてこの味噌味にはやはり豆腐とかネギとかがすごく合います。卵も合うやろなあと言ってたら、仲居さん曰く生卵がダメな外人さんが勝手に鍋に放り込むことがあるんだとか。そうすると鍋にこびりついて後始末が大変なようです。
シメにきしめん投入というオプションもあるのですが、流石にそれはきついので、むしろ白ご飯が欲しいところ。でもハシゴする予定だったので、それはパス。お店の雰囲気も良く、いかにも名古屋っぽくいいスタートを切って、次の店に出発〜

{お店データ}
住所:名古屋市中村区名駅南1-2-13
電話:052-541-0760
営業時間:11時半~14時 17時~21時
定休日:第4水・土曜(連休が入る場合不定休)・盆明け・年末年始