「昼飲み」カテゴリーアーカイブ

昼飲みがてら「大力」でランチ(神戸・新開地)

2017-05-29 12.56.33
初めて行って以来、二度目が延び延びになっていた「割烹喫茶大力」へ一年ぶりに。こんなに間があいたのは、典型的な「近くだからいつでも行けるわ」パターンですなあ。

2017-05-29 12.56.45

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
夜は昭和28年創業の割烹、お昼間12時から14時半の間は喫茶として営業されており、数量限定・880円でランチがいただけます。中間休みの木曜を挟んで、週の前半と後半で主菜と小鉢3品の内容が替わるんだそうです。

2017-05-29 13.00.02
こちらは喫茶メニュー、飲み物それぞれにこだわりあり。お酒のアテにもなる「ATE SWEETS」ってのもあって、酒粕プリンが気になりつつも未経験。持ち帰りできるのかな。


2017-05-29 13.05.10
この日のメニューは、ヒレカツ・野菜和風カレーシチュー・菜っ葉の炊いたん・筍とこんにゃくおかかまぶし・名物そばずし・だし巻き・自家製お漬け物・味噌汁・ご飯。休日だったもんで当然の如くビールを注文、アテとしてつまみながら飲んで最後にご飯でしめても、品数豊富なのでおかず不足なんてことはありません。


2017-05-29 13.05.31
主菜のヒレカツは注文してから揚げてくれるので、アツアツ。そういや前回も主菜はたまたまヒレカツでしたが、変わらず肉質いいです。肉じゃがっぽいカレーシチューは、薄味でアテでもご飯のおかずでもどっちでもオッケー。

2017-05-29 13.05.48
ビールを飲まないとしたら僕的にはご飯が足らないくらい品数豊富なので、ご飯お替わり(1回は無料)必須でしょう。落ち着いた雰囲気のお店でゆっくりいただけて、これで880円はとても満足度が高いです。

2017-05-29 13.09.53
名物のそば寿司は椎茸・高野豆腐・玉子焼・胡瓜と茶そばの海苔巻きで、予め味がついているのでそのままでいただけます。食事としてももちろん日本酒が欲しくなる一品、なんかいいなあこういうの。


2017-05-29 12.58.41
昼間はご主人の奥様と娘さんがお店に立っておられ、夜は割烹営業の別バージョンとして、金曜土曜の夜だけ居酒屋になります。ちゃんとした?割烹バージョンもだけど、この居酒屋も来てみたいんですよねえ。

2017-05-29 12.59.37
最近糖質制限してるんですが、やっぱりここだと日本酒にしたいですねえ。夜営業は21時までなので、早めに来ないといけませんな。




冨月でちょこっと(神戸・新開地)

2017-05-29 14.11.06
昼ご飯を食べた後、ちょっとだけ飲みたかったので冨月へ。ハモ皮煮こごりを食べたかったんだけど見当たらず(後で他のお客さんが注文してはりました)、ここでは初めての焼豚(300円)をアテにチューハイ。このあとお替わりしても1000円以内に収まりました。近いうちにまた炒飯食べに来なければ。


高田屋京店でいつものように(神戸・新開地)

2017-05-25 15.15.39



2017-05-25 13.43.18



2017-05-25 14.06.26



2017-05-25 14.36.31


チューハイ ポテサラ 鯖塩焼き おでんは大根とすじ。
特別なものは一見何も無い。
なんでこんなに落ち着くんやろなあ。


京都でハシゴ・その1〜もみじ(四条木屋町)

20170510京都もみじ
ご無沙汰している同級生に会いがてら、京都で昼間っからハシゴしてきました。いつもと同じ店ばかりでは面白くないので事前に調べた結果、ヒットしたのが「もみじ」。12時開店・四条木屋町北側すぐと便利な立地・リーズナブルでメニュー豊富。なんぼ立ち飲みでもこんなにいい場所でなんでこんな価格でやっていけるのかと半信半疑でしたが、ネット上の感想も良さげだったので、ここからスタートしてみることにしました。


20170510京都もみじ
入店したのは13時半ごろ、さすがに平日の真っ昼間なので先客パラパラ。ぱっと見では特に魚介類が充実してそうな様子です。

20170510京都もみじ

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
20170510京都もみじ
スタンダードなアテにもちょっとひねりが加えられていて、これはどんなんだろうと興味が沸いてきます。


20170510京都もみじ
まずは春キャベツとほうれん草の白和え(180円)、胡麻がきいてて野菜たっぷり、リーズナブルでおいしい。白和えとか卯の花とか好きなんです。

20170510京都もみじ
腹減りモードの友人は、アテよりメシ。まずは海鮮太巻(ハーフ600円?)をがっついておりました。

20170510京都もみじ
アテモードの僕は、加茂茄子揚げだし(230円)を。特にひねりは無いけれど、手がかかっていていいですなあ。

20170510京都もみじ
続いてもずくとじゅんさいの酢の物(260円)。海のものと沼のものとの組み合わせ、どちらもつるっとしててこれも好物。いいですわ、この店。

20170510京都もみじ
まだ食べ足りない友人は、手巻き寿司3種をオーダー。巻き寿司は一本120円〜200円・種類豊富で、この日の19時からは1000円で2時間手巻き寿司巻放題イベントが予定されていました。

20170510京都もみじ
写真を撮ってなかった串もの・揚げ物・一品メニューから、友人オーダーの焼鳥6種。一本120円〜150円でボリュームあり。

20170510京都もみじ
ポテサラ(280円)もぬかりなし。ややクリーミータイプでした。

20170510京都もみじ
相変わらず友人はメニューを指差し「ここからここまで」と焼きとん5種。こちらも一本150円ほどでボリュームありました。(しかし良く喰う奴だ)

おいしい・安い・立地がいい・メニュー豊富・昼から夜まで通し営業。これで流行らないわけがありません。評判通りのいいお店、京都での定番が一軒増えました。

{お店データ}
住所:京都市中京区鍋屋町225
電話:075-241-6256
営業時間:12時~23時
定休日:不定休


◎2軒目
2017-05-10 15.18.57
それなりに食べて飲んで満足したので周囲を散策、ここまで立ちっぱなしだったので一休みということで、おっさん2人鍵善良房くずきり。2人とも甘辛両刀だからこその選択です。さすが平日でもよう流行ってはるにもかかわらず、急かされてる感がなくゆったり談笑できるのがさすが老舗。くずきりちゅるん、黒蜜まったりでおいしいよ。


くら寿司で昼飲み

2017-05-24 12.33.11
ちょっと試してみたいものがあって、くら寿司に行って来ました。家から散歩気分で行ける神戸長田店は、間に吉野家を挟んでスシローがあるという珍しい立地。この光景見る度に、間に入った吉野家が「まあ色々あるけど仲良くやっていきましょうや」と気を使ってるような気がしますw


2017-05-24 11.38.12
口開けは回転寿司に来ると必ず食べる海鮮ユッケもの、今回はまぐろユッケ。生ビールはセルフだそうで、瓶ビール(500円)は店員さんが持ってきてくれました。

2017-05-24 11.44.53
お寿司は当初から2皿と決めていました。もう一皿は迷ったあげく肉厚とろ〆さば、ちょっとしまりすぎ気味。

2017-05-24 11.46.06
ご飯粒はもういいので、天ぷら盛り合わせ(230円)を。海老2・玉ねぎ2・イカ1で揚げたてなんだから、安いですねえ。1種類ずつだと2個で100円、トウモロコシのかき揚げも選べます。かけうどん(130円)のトッピングにする手もあり。


2017-05-24 12.02.41
本日のお目当ては、こちら「胡麻香る担々麺」(360円)。テレビでやってておいしそうだったという妻の話を聞き、そういやくら寿司のカレーとかラーメンとかもまだ食べたことないなあと思ったもんで。

2017-05-24 12.03.11
胡麻ペーストが載っかってるので運ばれてきていきなり香ります。スープは程良く辛くコクがあり、三つ葉がアクセントとして効いてます。麺はやや太めで量は少なめ、ちょっともの足らないような気もしたけど、よく考えたらここは寿司屋。あんまり多かったら他のもの食べられなくなるし、値段のことも考慮すれば妥当な量でしょう。
確かに脇役メニューとしてかなり良く出来ているとは思うものの、これだけ別種な香りを周囲にふりまくと他のお客さんの邪魔になってないかとちょっと気を使ってしまいました(小心者だもんで)。既にカレーやってるんだからまあいいか。

お寿司二皿+瓶ビール+天ぷら盛り合わせ+〆のラーメンで税込1393円。くら寿司昼飲み充分アリですね。