「昼飲み」カテゴリーアーカイブ

ちょこっと「茶々」へ(神戸・三宮)+α

IMG_9937
ここんとこなにかと忙しくこの日も三宮でゆっくりしたかったんだけど時間がなかったので、久しぶりに「茶々」へちょこっと寄りました。
 

IMG_9939
会員サービスで赤ワイン一杯無料、組み合わせ的には変だけどなんとなく食べたかったので天ぷら盛り合わせ(599円)を。ワインに続いては会員価格で390円のハイボールをいっときました。
 

IMG_9941
続いていぶりがっこ(299円)をアテに、ちょっとぜいたくして兼八(590円)をロックでちびちび。やっぱり兼八は好きやなあ。結局この組み合わせが一番良かったです。
 

 
IMG_9942
その後なんやかんやとウロウロして、〆に元町の赤萬で餃子をほんとは二人前食べたかったけど我慢して一人前だけ。いつもどおり鉄板の旨さです。
このブログを読んでいただいている方にはワンパターンで面白みにはかけるでしょうけど、やっぱり馴染みの店はいいなあ。
 


この日もまた金時食堂(神戸・元町)

IMG_9901
ステーキは食べたけれどそこで飲むのは我慢して、歩いてすぐの金時食堂に流れてきました。最近はここに来る率高いなあ。
 

IMG_9909
とりあえず瓶ビール(この時間は450円)頼んで何をアテにするか考えたあげく、またもやカキフライ小(4個入り550円)。粒がでかけりゃいいってもんではないと思ってるんだけど、大きいだけでなく今シーズンのカキはほんとに出来がいいもんで、ついつい選んでしまいます。
お店の人が調理場に「ミニカキ!(カキフライ小の意味)」ってオーダー通すのを聞いてた他のグループのお客さんが、「あのすみません、”耳かき”ってどんなもんなんですか?」って尋ねてて、空耳だとわかって爆笑してはりましたw
 

IMG_9910
その他モロモロ楽しい気分だったので、もうちょっとということで並んでるおかずの中から炊き合わせ(380円)を取ってきて、麦焼酎のロック(この時間は290円)にチェンジ。この炊き合わせ、色々入ってて、予想どおりいい意味での甘味が効いた味付け。やっぱり我慢せずに日本酒と合わせるべきだったかなあ。
老若男女客層幅広く、グループもいれば一人客も、飲んでる人もいれば食事だけの人もいたりで多種多様。料理も安くておいしいし、ほんとに飽きが来ないいい店だと思います。ついつい食べ過ぎてしまった…
 


串かつ明石焼などの新店「みつは」(神戸・元町)

IMG_9835
元町商店街の5丁目に1月末に出来たらしい新店「みつは」が目に入ったので、サクッと入ってみました。店名の由来はわかりませんが、みつはと言えばこの映画を思い出してしまいますねえ。
 

IMG_9836
どんな店なのかは店頭のこの看板を見れば一目瞭然。営業時間が5時間しかないのがちょっと珍しいけど、この場所で夜営業しててもちょっとしんどいかもなので、これで正解かもなあ。
 

IMG_9837
店頭には各種串カツが並んでいて、明石焼(というか玉子焼)も持ち帰り可能。この後お店に入って観察していたら、持ち帰りのお客さんがけっこういてはりました。最近このあたりにマンションとか増えてるのも関係あるのでしょうかね。
 

IMG_9851
オープンしたばかりなので当然店内はきれいで、スタッフも若めの女性が多く、誰でも入りやすい雰囲気です。
 

IMG_9842IMG_9844
メニューは、串かつ・明石焼き・おにぎりとシンプル。アルコール類もあるので元町界隈を散歩してちょっと休憩したい時にも使い勝手がいいです。
 

IMG_9841
テーブルに備え付けの注文書に食べたい本数を書いて注文するわかりやすいシステム。串かつネタとしては珍し目なたこゲソとかブロッコリーとか菜の花ベーコンは次回以降の楽しみに置いといて、まずはベーシックなものを選んでみました。
 

IMG_9849
ソースを持ってきてくれますが、頼めば塩も用意してくれます。牛肉は小さめだけど肉汁豊かで、どれも揃って及第点。品揃え的にはメトロ神戸のよつばやに似通っていて、ちょっと立ち寄る感じの利用が便利そうです。

{お店データ}
住所:神戸市中央区元町通5-7-1
電話:078-381-8588
営業時間:11時〜16時
定休日:水曜・日曜
 


高田屋京店で弛緩する(神戸・新開地)

IMG_9572
一年で一番めんどくさい仕事が昨日やっと終わりました。何度やっても難しいですが、何とかこなせてまた来年へのカウントダウンが始まります。
このめんどくさい仕事に備えるべく、前週には久しぶりの高田屋京店に昼間っから行って、のんべんだらりと過ごしてきました。
 

IMG_9571
ちょっと寒い日だったので麦のお湯割りに、とりあえずのおでんのスジ(220円)を味噌かけなしで。
 

IMG_9576
串カツと迷った結果、選んだカキフライが大正解。ソースがついてきたけれどとりあえずレモンとちょこっと塩だけで食べてみたら、これで充分なおいしさ。粒が大きく質も良くて、これで500円はすごく値打ちものでした。やはり今年のカキは出来がいいんですかねえ。(ちなみに翌日妻と二人で来て、またこれ食べました)
 

IMG_9581IMG_9583
麦のロックにチェンジして、今シーズンここでは多分初めての粕汁(小300円)を。小でこんなにデカかったっけ。大根・人参・うす揚げ・鮭のアラが入って、深みのある出しがさすがっす。
 

IMG_9585
〆は個人的定番のおでんそば(150円)で。今日はちょっと出しが甘めに感じたので、七味を多めに振りかけていただきました。

ここのお店の皆さんは昼と夜との二チームに分かれていますが、メンバー構成がほとんど変わりません。一番上の写真のメニューイラストに描かれている女将さんが夜チームで目を光らせるほか、ひょっとしたらこの方は娘さん?ひょっとしてお孫さん?それとも単なるパートのおばちゃん?などと、どうでもいいことを想像しながら過ごすのも居心地がいいんです。いつ来てもリラックスできるなあ、ここは。
 


初めての「香港食館」は期待以上(神戸・兵庫県庁東側)

IMG_9412
ず〜っと前から行きたかったのに何故だか縁がなかった「香港食館」。急に思い出したもんで、一人で行っても良かったんだけど、京都在住で時々神戸に帰ってくる友人と一緒に行ってきました。
 

IMG_9443
店頭にでーんと置いてある焼豚他の焼き物が、いいプレゼンテーションしてますねえ。

僕はあらかじめ予習していたけれど、友人の為もあり店頭のランチメニューを再度確認。
 

IMG_9415

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

IMG_9416
IMG_9413
どうせビールを飲むつもりだったので、お得そうな生ビールセットに即決。僕は前菜3種・点心3種・揚げ物2種・香港風焼そばのAセット、友人は前菜3種・XO醤野菜炒め・麻婆豆腐・香港風焼そばのBセットを選びました。
 

01
表メニューには書いてませんでしたが、どのメニューを選んでも中華粥が食べ放題。こればっかり食べてると他が入らなくなるので実際には最後に回したところ、ほぼ無くなっててジャーの底のを何とかすくい取りました。煮詰まってたのか割りとしっかりした味付けながら、いい出汁(鶏ガラと貝柱?)出てました。
 

IMG_9418
最初はA,B共通の前菜3種。腸詰め・焼豚・蒸し鶏・クラゲと何故か4種で、これが一人一皿ずつ。値段が値段なのでちょろっと出てくるのかと思いきや、思った以上の量に二人とも「ほー」。どれも真っ当なおいしさで、特に店頭にぶら下がってた焼豚がきっちり焼き上げられていて、かなりなレベルでした。
 

02
続いてBセットのXO醤野菜炒め・麻婆豆腐。どちらも二人で取り分けて楽しめる量で、色々食べられてありがたい。麻婆豆腐は土鍋に入ってグツグツ登場、辛味もしっかり効いてて友人は汗だくになってました。
 

03
こちらはAセットの点心3種(海老餃子/フカヒレ餃子/豚肉シュウマイ)・揚げ物2種(揚げ餅餃子・春巻)を二人で適当にシェア。なんでここに来たかったかといえばこの手の点心類を食べたかったからで、充分その欲求に応えてくれました、というか他の点心をもっと食べたかったなあ。
 

IMG_9442
〆の上海風焼そばはこれが一人分で、フツーサイズの8掛けといったところでしょうか。セットのビールだけでは足るはずもなくお替わりしていたので、この焼そばと最初に出てきたお粥少しを食べ終わったらほぼ満腹。飛び抜けて旨いと言うこともないけれどどれもハズレがなく、この内容このボリュームにこの価格なら大満足。さすが評判がいいだけのことはあるなあと思いました。
 

IMG_9435

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

その他単品・コースも色々あり。変わってなければ土日のみの380円モーニング飲茶もやってるはず。繁華街の中心部からはちょっと離れた場所にあるせいか、ゆる〜い雰囲気なのも魅力です。次回は今度こそ飲茶攻めまくってみようかな。

{お店データ}
住所:神戸市中央区下山手通4-6-6
電話:078-392-8802
営業時間:
8時半〜10時半(土日のみ)/11時半〜14時半/17時半〜22時
定休日:月曜(月曜が祝日の場合、翌日)