「昼飲み」カテゴリーアーカイブ

1泊2日で祇園祭(1)〜宵山の昼食は「いづう」で

DSCF6965
ちょうど1年前、何かの拍子に「来年の祇園祭(前祭)は宵々山・宵山・山鉾巡行が土日祝やん!」と気づきました。僕はかなり前に宵山に行ったことがあるけれど、妻は未経験。週末なら都合がつきそうだし、どうせなら泊まりがけでと思って検索してみたら、2人で1泊1万円の宿が見つかったので取り急ぎ予約。仕事の都合も何とかついて、1年越しの計画が実現しました。

DSCF6967-2
7月16日日曜日・宵山の日のお昼頃、四条河原町に到着。烏丸方向にかけて混雑しているのはわかっていたので、とりあえず祇園方向に逃げました。見慣れた街並みもあちこち祇園祭モードで、特別な日の空気感がありあり。

DSCF7021-2
それでなくても京都の夏は暑い・日曜に加えてお祭りだから人だらけ・いつ凄まじい豪雨がやって来るかわからない、なんてことは覚悟の上。それでもやっぱりあづい〜・人多い〜・どこで昼ご飯食べられるんやろ〜


DSCF6970
人混みを避けようととりあえず四条通から北方向へ逃げたら、お、「いづう」があるじゃないですか。創業以来200数十年、言わずと知れた鯖姿寿司が名物の超老舗。僕は何度か行ったことがあるけど久しぶり、妻は初めてってことで、とりあえずトライとガラリ戸を開けてみました。

DSCF6979
幸い先客は2組ほどで、入り口で待たせてもらうことにしました。超有名なのにそんなに混んでないなあと思いきや、このあと続々とお客さんがやって来て待つなら外でだったので、あきらめる方々多数。たまたまタイミング良くてラッキーでした。

DSCF6972

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
メニューは鯖姿寿司以外に、季節ものも含めて色々。ランチにしては贅沢な気もしますが、それなりの寿司屋で食べることを思えば、トータルでみて充分価値ある内容だと思います。


DSCF6984
お店はそれ程広くなく、席数も少なめ。でも、相席をさせず一人客でもゆったりと味わえるところが老舗の余裕というか気遣い。外は暑くて騒がしくても、ここはほっと心静まる空間です。



2017-07-16 13.18.47
席について程なく現れた、京寿司盛り合わせの姿が美しい。玉子と海老・鱧の焼き身・小鯛の箱寿司は、工芸品のように巧みで端正、器もそれに負けじと華やぎがあります。


2017-07-16 13.19.01
反対側には太巻きと鯖姿寿司。ぱっと見ではそれ程ボリュームはありませんが、食べてみればそれぞれの凝りよう・深さ・絶妙な味のバランスが感じられて、この一皿で充分完結しています。めっちゃ久しぶりだけど、こんなに旨かったのかなあ、特に酢飯がめちゃうま。


DSCF6996
暑かったのでビールが欲しかったんだけど、置いてないのでお茶だけにするつもりでした。でも余りの旨さに、これはお酒なしはもったいないと冷酒をオーダー。酢飯だけでも充分アテになります。


2017-07-16 13.19.08
続いては、まるで箱庭のような京ちらし寿司。錦糸玉子の上に散りばめられた、海老・鯛・いか・きくらげ・木の芽の色合いが美しい。

2017-07-16 13.19.56
基本となる酢飯が美味しいので何食べても美味しいんだけど、驚いたのは錦糸玉子の細さ。単に見た目だけではなく、口に入れた時の綿のようなふんわり感が、ネタや酢飯に独特の食感をプラスしてくれます。ううむ、なんちゅうか、よく考えられているというか巧妙というか、さすが京都は深い。



DSCF7001
超有名店ゆえあまりにベタな選択かなあと思いつつの入店でしたが、久しぶりに食べてみてこんなにもおいしかったのかと、恥ずかしながら再認識。ベタでもなんでもいい、また来たいと強く思いました。一皿一皿にどれだけのものが詰まっていることか、あな恐ろしや。(そりゃそうどす、うわべだけでは200年以上は続きまへんえ〜)


{お店データ}
住所:京都市東山区八坂新地清本町367
電話:075-561-0751
営業時間:[月〜土]11時~23時 [日・祝]~22時
定休日:火曜 (祝日を除く)



幡多バルにて(神戸・元町)


四万十鶏唐揚げとビールで一服。ミュンヘンの唐揚げ食べたかったんだけど、多いしなあ。


新開地で昼酒ハシゴ

2017-06-26 14.18.49
この日は朝ご飯をごくわずかに食べただけで、昼食がてらに新開地へ。なんも考えてないとついつい居心地のいい高田屋京店ばかりになってしまうので、久しぶりの「世界長 新開地直売所」を選択しました。

2017-06-26 14.20.30
店に入ってほぼ反射的に瓶ビールとポテサラをオーダーしていました。季節外れですが、この桜柄の小皿、いいですね。

2017-06-26 14.36.23
ここのところ焼鳥食いたいモードだったので、つくね・ズリ・皮を一本ずつ。何も言われず何も言わずにいたら、全部塩で出てきて、予想以上にボリュームもあって旨し。ここで焼鳥は初めてだと思うんだけど、こりゃええわ。何を選んでもスキがないなあ。

2017-06-26 14.50.43
ちょっとだけ揚げ物も食べたかったので、蓮根とまぐろをカツにしてもらいました。

2017-06-26 14.52.34
こちらのお店は鮪が名物の一つで、ついつい剥き身ばっかり頼んでしもうから別の食べ方をと思い、鮪の串カツってあんまり食べた記憶がないので選んでみました。最初そのまま、途中から少しだけ醤油をたらして、おいしいもんですね。これはかなり気に入りました。


2017-06-26 15.34.56
世界長で居続けても良かったんだけれど、もう少し食事っぽいものが欲しくなったので、すぐ近くの「冨月」へ移動。この辺り、昼飲みでもお店の選択肢は潤沢にあります。

2017-06-26 15.05.21
既にメニューは決まっていたので、チューハイプレーンと共に注文。同時にここはキャッシュオンデリバリーなので、目の前の籠に1000円札を一枚入れておきます。

2017-06-26 15.10.37
食べたかったのは、焼飯(350円)。今日は初めて奥さん作で、大将のとはちょっと趣が違いましたが、これまたシンプルでよし。ご飯もので飲むってめったにしないんだけど、なんだか知らんがここのは僕にはいいアテになります。

ほんとはまだもう少し飲みたかったし食べたかったけど、過ぎると晩ご飯が作れなくなるのでこれにて終了。やっぱりどちらもいい店です。


昼飲みがてら「大力」でランチ(神戸・新開地)

2017-05-29 12.56.33
初めて行って以来、二度目が延び延びになっていた「割烹喫茶大力」へ一年ぶりに。こんなに間があいたのは、典型的な「近くだからいつでも行けるわ」パターンですなあ。

2017-05-29 12.56.45

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
夜は昭和28年創業の割烹、お昼間12時から14時半の間は喫茶として営業されており、数量限定・880円でランチがいただけます。中間休みの木曜を挟んで、週の前半と後半で主菜と小鉢3品の内容が替わるんだそうです。

2017-05-29 13.00.02
こちらは喫茶メニュー、飲み物それぞれにこだわりあり。お酒のアテにもなる「ATE SWEETS」ってのもあって、酒粕プリンが気になりつつも未経験。持ち帰りできるのかな。


2017-05-29 13.05.10
この日のメニューは、ヒレカツ・野菜和風カレーシチュー・菜っ葉の炊いたん・筍とこんにゃくおかかまぶし・名物そばずし・だし巻き・自家製お漬け物・味噌汁・ご飯。休日だったもんで当然の如くビールを注文、アテとしてつまみながら飲んで最後にご飯でしめても、品数豊富なのでおかず不足なんてことはありません。


2017-05-29 13.05.31
主菜のヒレカツは注文してから揚げてくれるので、アツアツ。そういや前回も主菜はたまたまヒレカツでしたが、変わらず肉質いいです。肉じゃがっぽいカレーシチューは、薄味でアテでもご飯のおかずでもどっちでもオッケー。

2017-05-29 13.05.48
ビールを飲まないとしたら僕的にはご飯が足らないくらい品数豊富なので、ご飯お替わり(1回は無料)必須でしょう。落ち着いた雰囲気のお店でゆっくりいただけて、これで880円はとても満足度が高いです。

2017-05-29 13.09.53
名物のそば寿司は椎茸・高野豆腐・玉子焼・胡瓜と茶そばの海苔巻きで、予め味がついているのでそのままでいただけます。食事としてももちろん日本酒が欲しくなる一品、なんかいいなあこういうの。


2017-05-29 12.58.41
昼間はご主人の奥様と娘さんがお店に立っておられ、夜は割烹営業の別バージョンとして、金曜土曜の夜だけ居酒屋になります。ちゃんとした?割烹バージョンもだけど、この居酒屋も来てみたいんですよねえ。

2017-05-29 12.59.37
最近糖質制限してるんですが、やっぱりここだと日本酒にしたいですねえ。夜営業は21時までなので、早めに来ないといけませんな。


冨月でちょこっと(神戸・新開地)

2017-05-29 14.11.06
昼ご飯を食べた後、ちょっとだけ飲みたかったので冨月へ。ハモ皮煮こごりを食べたかったんだけど見当たらず(後で他のお客さんが注文してはりました)、ここでは初めての焼豚(300円)をアテにチューハイ。このあとお替わりしても1000円以内に収まりました。近いうちにまた炒飯食べに来なければ。