「昼飲み」カテゴリーアーカイブ

「KOBE CINEMA PORT フェス」チケットで飲み食い歩き・前編(神戸・神戸駅南)

img5b6c056ac4d67_xl
神戸のミニシアター4館合同の映画祭・「KOBE CINEMA PORT フェス」というイベントが開催されています。様々な企画がありますが、このフェスの共通チケットで各館で映画が見られる他、フェス協賛のお店で飲み食いもできるんです。映画も好きだけど飲み食いも好きな妻と僕、そして京都在住だけど時々神戸に帰ってくる友人の3人で昨日飲み食い歩きしてきました。前売りチケットは6枚綴りで3000円、今回巡ったお店はチケット1枚=500円で行ける店ばかり。
 

2018-09-22 11.36.42
一軒目は創業昭和20年、稲荷市場のかの有名なお好み焼 ひかり。以前から知ってたけど3人とも初めてでした。

2018-09-22 11.13.17
こちらではチケット1枚でソフトドリンクと名物の「のり巻き焼」がいただけます。友人と妻はラムネ、僕はアップルを選択。アップルって神戸の下町で親しまれているんだけど、他地域の方はご存じないでしょうねえ。
 ◎参考リンク:リターナブルという商売

2018-09-22 11.21.10
店のおばちゃんが「のり巻き焼ばっかりじゃなくて一つ焼そばにしよか」と気を使ってくれたので、お言葉に甘えました。水分がいい具合に飛んでてうまかったっす。

2018-09-22 11.24.40
こちらがのり巻き焼。薄くのばしたお好み焼を海苔で巻いて巻き寿司状にしたもの。このまま食べてもいいし、ソースや一味を加えるのも可、もちろんビール追加。おいしかったし居心地が良かったのでもうちょっとゆっくりしたかったけど、お店が忙しそうだったので食べ終わったらすぐにお勘定してもらいました。
 

2018-09-23 08.50.11
二軒目はひかりの北側すぐにある中畑商店で、ここも3人とも初めて。

2018-09-22 11.39.14
光って見にくいですが、ホルモン1本50円、その他串もの1本100円。朝の9時半開店というのも素晴らしい。

2018-09-23 08.49.58
こちらではチケット1枚でホルモン5本とチューハイ。

2018-09-22 11.43.04
臭みなど全くなく適度な噛み応えのあるホルモン。タレもいい塩梅で5本食べるとけっこうお腹が膨らんでしまい、気分的にはビール欲しかったんだけど飲めませんでした。チケット分だけになってしまって、おっちゃんごめんね。
 

2018-09-22 13.10.54
近いところ2軒で予想以上にお腹が膨れてしまったので、しばらく歩いて腹ごなしをすることに。稲荷市場から新開地・湊川を経て荒田公園近くの課題の店をロケハンに。

2018-09-22 13.13.36
そうそう、ここも課題店でした。

11時からスタートして、この段階で13時過ぎ。少しはこなれてきたところで後編に続きます。
 


映画の前にちょっと寄り道


ミント神戸で映画を見る前にうろうろしていたら、地下一階にあった寿司屋が「山海」という居酒屋っぽいお店に業態変更してました。「平日15時から19時は日本酒を除くアルコール半額」という表示につられて吸い込まれるように入店。串カツ盛合せ480円にプレーンサワー480円の半額で240円。ソースじゃなくてタルタルが出てくるのは珍しいですな。
お寿司も継続して食べられるので、以前より幅が広がって使いやすくなったんじゃないでしょうか。隣に時間制でワイン飲み放題の店もあるし、アルコール半額とどっちにするかなかなか迷うところです。
 


青春18きっぷで浜松日帰り一人旅(後編)〜小ネタ集

2018-09-03 12.40.37
この日目覚めてからまだ天丼しか食べてなかったとは言え、さすがに連発で何か食べる気にもならず、散歩がてら駅の北側ゾーンをうろついてみました。あとで調べたら有楽街とか肴町あたりのようで、飲み屋が多く昼間はそれ程賑わいを感じませんでした。そんな中、ちょっとオーラを感じる店が目に入ったもんで寄ってみたら、あの「夜のお菓子・うなぎパイ」で有名な春華堂の本店でした。うなぎパイは当然知ってるけど、店名知らなかったなあ。もちろんお土産に買って帰りましたよ。
 

2018-09-03 13.04.40
その後駅の南側に移動して、本来なら天丼のあと昼飲みに来ようと思ってたのに直前で定休日だと判明した「いりかま」をロケハン。残炎やなあ、ええ店っぽかったのになあ〜
 

2018-09-03 13.22.27
昼間開いてる店が少なく月曜定休が多いようで、開いてる店がそもそも少なく、適当に入った店でせっかくなので浜松餃子とチューハイ。茹でもやしを添えるのが定番なんでしょうかね。ま、なんちゅうか可もなく不可もなく。
 

2018-09-03 14.03.42
その後駅の北側に戻って、線路沿いにずんずん東へ。

2018-09-03 14.42.06
行ってみたかったのは、浜松市楽器博物館。浜松と言われて思い浮かぶのは、一にうなぎ二に楽器。ヤマハ・河合・ローランドなど、著名楽器メーカーが集まっているんです。

2018-09-03 14.43.022018-09-03 14.44.102018-09-03 14.44.58
弦・打・管など色々、世界各国・古いものから新しいものまで幅広く揃えて展示されています。試奏コーナーもあり、ちょっとお琴を弾いてみたり。一番面白かったのは、ピアノの構造(弦を弾く仕組み)を断面模型で歴史を追って展示してあるコーナーかなあ。(ちなみに僕はピアノは猫踏んじゃったしか弾けません)

2018-09-03 14.47.24
電子楽器も色々揃っています。こちらは一世を風靡したフェンダー・ローズ。これで思い出すのはデイブ・グルーシンとかジョー・サンプルとか。

2018-09-03 14.48.19
こちらはムーグ・シンセサイザー。これで思い出すのは、キース・エマーソンとリック・ウエイクマン。つまみが多いのだけを見ても単純に「おっ、スゲッ!」と思ったものでした。
(すんません、古くて)
 

2018-09-03 22.16.36
帰り時間が遅くなると台風の影響が心配なので、余裕を持って帰路に。浜松まで来てうなぎを食べない手はないのでどこかで持ち帰ろうとは思ってましたが、結局駅ナカにあった浜名湖養魚漁業協同組合直営店でちょっと上等な「直虎」といううなぎ弁当を購入。値段をちゃんと記録してないんですが、2500円前後だったと思います。

2018-09-03 22.17.10
家に帰って妻と半分こ。浜松では関東風と関西風と両方あるそうで、こちらは前者。温めずにそのまま食べたせいか、柔らか過ぎることがなく妙に脂が多すぎることもなく、期待以上のおいしさでした。この価格とボリュームなら値打ちものじゃないでしょうか。
こういうのを食べると、持ち帰りじゃなくてお店で食べたくなります。今度浜松に行ったら鰻屋のハシゴしたいなあ。
 


いつもの高田屋京店にて(神戸・新開地)

2018-08-27 12.49.37
昨日は休日だったもんで、課題の店に運動がてら歩いて行こうとしたら、余りの暑さと朝から何も食べてなかったのとで途中でめげてしまい、いつもの高田屋京店で途中下車?することにしました。
 

2018-08-27 12.31.05
アテはサクッとポテサラ(250円)とおでんのすじ(220円)。一番搾りを頼もうとしたら、今の時期は「秋味」を仕入れている(仕入れさせられている?)そうで。まだまだクソ暑い日々が続いているのに、お盆過ぎたら業界的には秋なんですかねえ。
 

2018-08-27 12.55.24
本来の目的地に行く前にもうちょっと食べておきたかったのでアジの南蛮漬けを頼んだら、250円で3尾もついてきました。もちろん頭から丸かぶり。魚食べたかったし酸っぱいもの食べたかったし、いい選択でした。

さてこれで燃料補給もできたので、課題の店に向かいましょうかね。
 


東京一人旅(6)〜旅の〆はLista/リスタ②で(東京・新中野)

2018-06-20 12.30.32
最終3日目の朝は宿でゆっくりし、遅めのランチタイムに新中野のリスタ②へ。去年の冬以来で通算三度目なのにすでに常連気分で、東京に来たら必ず寄りたいお店になったのも、「赤ひょうたん」が取り持つ縁。雨模様だったので、写真に傘が写ってしまったけど、まあこれはこれでいいか。
 

2018-06-20 12.35.53
シェフとマダムにご挨拶して、何はともあれ泡。他のお客さんもいらっしゃるので、とりあえずおとなし〜くちびちび飲みながらメニュー検討開始。
 

2018-06-20 12.33.15

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

新中野の青梅街道からちょっと路地を入った立地で、この内容のランチが1000円とはひいき目なしですごくリーズナブルだと思います。基本イタリアンのお店なのに、若布とかニラとか使ってるのが面白い。
 

2018-06-20 12.40.16
まずは前菜・具だくさんの野菜サラダはほんとに具だくさん。野菜サラダの上になんだかんだ載っかっている具で、充分お酒のアテにもあります。トマトソースっぽいのはカポナータ、これが特に旨かったです。
 

2018-06-20 12.51.162018-06-20 13.00.45
最初の泡だけで足りるわけもなく、おまかせで赤ワインをお願いしました。昼間っから飲めていい気分〜
 

2018-06-20 13.14.07
そしてパスタは、旬のニラと豚バラ 黒胡椒パルミジャーノ リガトーニ(ペンネを太くしたようなショートパスタ)。シンプルに素材をぐわっと盛り合わせただけといえばそれまでなんだけど、具材の組み合わせと加減が達者なんですよねえ(生意気言ってスミマセン)。ニラがいいアクセントになってて、面白い一皿でした。
 

2018-06-20 14.28.08
別途食後のデザートをいただく頃には、ランチタイムの営業時間は終了。他のお客さんがいなくなってからシェフもマダムも僕のテーブルに座って、なんだかんだと積もる?話を色々おしゃべり。結局お店には2時間くらいいたかなあ。おっとりしたマダムはもちろん、一見強面に見えるシェフも実はすごく面白い方。もし僕が東京在住なら、しょっちゅうここに来てると思います。

これにて東京エントリは終了。一人旅とは思えないほど、いろんなものを食べていろんな人に会えた2泊3日でした。東京に住みたいとは思わないけれど、年に2,3回遊びに来られるのがベストなんだけどなあ。